2017年2月27日 (月)

「舞楽」と「ガラス絵」と

1昨日は国立劇場で舞楽を鑑賞しました。50周年記念。
426x460 309x460_2

278x460 460x332


430x600舞楽は雅楽の演奏形態の一つで、唐楽(左舞)と高麗楽(右舞)を伴奏として舞うもの。上演は左舞と右舞をペアにした番(つがい)舞として演奏される。中国、朝鮮半島から渡来した。

左舞「太平楽」は、漢の高祖と楚の項羽が鴻門で宴を催したとき、項羽の臣の項荘が剣を抜いて舞いながら高祖を殺害しようとするが、項羽の叔父の項伯もまた剣を抜き舞いながら高祖を守ったという舞。

右舞「古鳥蘇」はかつての渤海国の鳥蘇里(ウスリー)地方の風俗舞。
460x320
「太平楽」は天皇即位の大礼に舞われる。今上天皇の即位式では平成2年11月12日から15日まで「祝宴の儀」で舞われた。
最も豪華絢爛な装束を纏っています。常装束の他に別装束が加わり、絹、金物、革、木材、漆、螺鈿などの材質で卓越した名工によって作られる。
その着付けはプロの装束でも一人当たり25分かかり四体の武者人形の完成まで100分を要するそうだ。身につける品物は26点、全部で57本の紐でしっかり縛り上げる様に着付けられる。
さぞかし重く苦しいのでしょうね。音楽もさることながらずっとその装束と舞に見とれていました。
国の重要無形文化財であり、ユネスコ無形文化遺産保護条約への記載決議がなされた。

        小さな干菓子や歌舞伎煎餅が入っていてお雛様飾りに460x198

       *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
322x460
昨日はこの日で終わってしまう府中市美術館の「ガラス絵」展に行ってきました。
ちらしがプラで出来ていて、ガラス絵の雰囲気を出しています。
ガラス絵って聞いたことがなかったけれど、ステンドグラスをイメージして行ったのですが、全然違いました。
これがガラスに描かれている?普通の油絵なんかとどう違うか?いろいろ観察してみてもよくわからない。色彩が素晴らしいとは思いました。

絵は透明なガラス板の裏面に描き、表面から鑑賞する。だから左右を逆に描き、一番表に出る色から塗っていくのでなかなか難しそう。何故裏から描くかはわからない。
チラシによれば、
古くはヨーロッパの宗教画に始まり、中国を経て、日本へは江戸時代の中期に伝わった。それから200年経つが、幕末明治期には異国風景や浮世絵風のガラス絵が描かれた。
大正・昭和初期には小出楢重、長谷川利之。戦後は藤田嗣治、川上澄生、芹沢銈介、桂ゆきの絵が存在感がありました。今回は130点。浜松市美術館と福島県立美術館の所蔵が突出していました。
600x325
600x450
600x260

       *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

日本人の死亡リスクにおいて「高血糖」や「塩分の高摂取」等を抑えて「身体活動の運動の不足」が第3位となっているという。
日本人は世界的に見ても一日のうち座っている時間が長く、一日平均7時間半も座った姿勢のままだという。結果として血流を悪くし、知らないうちに身体の痛みやコリを引き起こしてしまっている。
私もここ10年以上、暇なくせに家事をサボり、そんな傾向が続いていました。
現在、目が良く見えるようになって、家の中全てがとても汚いので、腱鞘炎が起きそうなくらいあちこち掃除に余念がない。いつまで続くやら。果てしなく汚くなるあちらこちらに少々うんざりではあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

すみだ北斎美術館

・昨日の朝、テレビで観たところによると、中国人の「爆買い」が減って、「爆受験」「爆留学」が凄いのだそうだ。
2年内に受からないと中国へ帰らなければならないそうだが、日本語を覚え、東大、京大、名古屋大などなど名門を狙ってどんどん合格し、入学するようになったという。
それは自分の未来が高収入で大きく開け、世界に羽ばたけるから夢に向かって、どんなに苦労しても、ずっと勉強だけを貫くというもの。
さすが中国の人、欧米だけでなく日本にも攻めてくるのですね。日本の名門校も何割かが中国人で占められるようになるのか。

・ある本に世界中の人間を全部合計した重さは、世界中のアリを全部合計した重さとほぼ同じであると書いてあるそうだ。椎名誠著『ソーメンと世界遺産』より。
世界中のアリの数を想像できますか。もう天文的な数のアリが地球のあらゆる場所に巣を作って生きているのですね。なんだか怖いくらい。

            ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

【すみだ北斎美術館を支えるコレクター ピーター・モースと楢﨑宗重二大コレクション展】

すみだ北斎美術館は昨年11月22日に開館して、2ヶ月で10万人を超え当初の年間20万人の半分に達した。北斎や北斎の弟子らの作品など1800点を収蔵。
建築家妹島和世氏が設計した。
460x345 345x460

中に入ってみて、設計ミスのような事態に驚く。エレベーターが2台あるものの、3階から1階へ下りる階段がないのです。展示場は3、4階です。当然人が多いとエレベーターに乗り切れず行列が出来る。
小学生もいっぱいいたけれども階段があればどんどん下りて行かれるのに。こんなに人が入るとは思わなかったのか。そのうち人が減って大丈夫になるのか。

439x600今は開館記念展Ⅱとして「ピーター・モースと楢崎宗重二大コレクション」展が開かれている。

ピーター・モースは大森貝塚を発見したエドワード・モースの弟の曾孫。北斎を研究した米国人収集家で、93年都内で開かれた北斎展で来日中に急逝した。遺族はコレクションの散逸を防ぐため、約600点を墨田区に一括譲渡したとのこと。
楢崎宗重は浮世絵研究の第一人者で「北斎論」を著した人。北斎作品は少ないが、近世絵画・版画を約480点墨田区に寄贈した。

84歳ころの北斎のアトリエの模型 北斎はこたつに半分入りながら熱心に絵を描き、傍らで阿栄は見守る。障子は破れ、ゴミが散らかり大変質素な部屋。門人の露木為一が絵に残しているのを再現した。
460x345_2

ピーター・モースコレクションは今回前期は38点、後期と合わせると67点の北斎画が見られる。
モース氏が「最小サイズの絵暦から最大サイズの地図まで、型にはまってマンネリ化したものがひとつもない」と言葉を残しているように、ありとあらゆる手法、サイズ、種類、モチーフを描いた、さすが世界の100人に入る北斎。
国芳風の武者絵や歌川派の様々な画風、歌麿風、そこで絵を学んだ勝川派の画風、本の挿絵、北斎漫画、略画早指南(はやおしえ)、70歳過ぎてからの、富士山、橋、滝、海などの風景画、細かい地図(びっくり!)、小布施にある作品や肉筆画など、こんなのまで描いていたのと北斎展を見るたびに感動します。

今回の注目作品
「富嶽三十六景 甲州石班沢」波が凄い。「神奈川沖波裏」と比較したりして楽しめる。(絵葉書)

460x317
                                    「牡丹に胡蝶」(絵葉書)460x308
常設展示室のレプリカ(一部を除いて写真撮影可能)

                    「略画早指南」460x352_2
                   「百物語 さらやしき」345x460_2
楢崎コレクションも北斎ほか、永澤蘆雪、国貞、国芳、渓斎英泉、渡辺崋山、川瀬巴水、河鍋暁斎、高橋由一、熊谷守一他たくさんの画家の作品がずらりです。

両国駅そばの「ちゃんこ霧島」。新宿には「ジンギスカン霧島」もあるらしい。460x320
               ちゃんこ鍋の鶏がとても美味しい460x345_3

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2017年2月19日 (日)

たくさんの肩書の人:戸井十月

『戸井十月全仕事』「シャコタン・ブギ」~「五大陸走破」まで世界を駆け抜けた作家の記録 862頁
戸井十月(といじゅうがつ)氏の肩書が長い。十月という名前も珍しい。バイクレーサーというイメージの人だけど。
さて、肩書:作家、イラストレーター、フリーライター、レポーター、司会、コメンテーター、ルポライター、俳優、旅人、バイクレーサー、映画監督、映像ディレクター、演出家、漫画原作者、翻訳家、脚本家、童話作家、カメラマン、プロデューサー、インタビュアー、そして世界五大陸をバイクで走破した冒険家。
全部で21の肩書。凄いというほかない。以前資格マニアの話題を挙げましたが、それとは違って、実際にこれだけのことを64年の生涯に成しえたことに驚きを禁じ得ない。

自分を考えたら退職するまで1つ、そして今までずっと続いている中途半端な主婦、何のとりえもない無職という肩書。年なのでそれでもまあーいいか(ノ_-;)ハア…。今更頑張れない。ただ病気を作っては医療費が時にははみ出しているのは申し訳ないけれど。

話を前に戻して、戸井十月氏の数々の仕事では、インタビュアーの才能がずば抜けていると思う。自分の父親に当たる年齢の人、「小野田寛郎」「植木等」「水木しげる」「堀文子」「金子兜太」など、あるいは重い口を上手に開かせる、本当の心の内を語らせるその能力が凄いと感心させられた。
そして五大陸走破の内訳話風の内容はただただ凄いというしかない。
家族、多くの友人に恵まれたということは、これがまた一つの才能です。こんな人が存在していて、そして癌で散って逝ってしまった。その人生最後の旅こそ戸井氏の「今までで一番すごい冒険をしてしまった」ということなのです。

      ~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~

文旦がたくさん届いたので、今年は小さいのを木に刺したら、ヒヨドリだけが美味しそうに毎日やってきます。つがいで1日1個をすぐ完食です。
215_400x300
215_400x300_2
215_400x300_3
215_400x300_4

     文旦マーマレードはほろ苦くパンやクラッカーに載せると美味しい
400x300
      
            子どもが寄るときだけは三菜ではありません
17218_450x338

浅草のおこしを送ってもらいましたが様変わりです。ネーミングも違い昔よりやわらかい。
P1040724_400x300

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

早咲き桜を見に新宿御苑へ

昨日は風もなく快晴、気温13℃。外国人の方が多いというこの頃の新宿御苑へ行ってきました。実際に白人も多かったです。

今一番咲いているのがスイセンで、入口はじめあちらこちらで満開です。
460x345 460x345_2

                                                河津桜 460x345_3
460x345_4
                                     寒桜 もう葉が出ています460x345_5
460x345_6
                                     修善寺寒桜 咲き始めでした 460x345_8
460x345_9
460x345_10 460x345_11

椿寒桜 カラミザクラとカンヒザクラの種間雑種の栽培品種。愛媛県松山市の椿神社に原木があったことから名づけられた。460x345_12
460x345_13
黄色い花
                                              ロウバイ460x345_14
                                              マンサク460x345_15
                                            サンシュユ460x345_16
                                                ミツマタ460x345_17
                                        葉ボタン 
460x345_18 460x345_19

                                   ルリビタキを見つけました heart04460x307
460x307_2

<温室へ> 温室が改修されて開館した直後はまだ十分でなかったが、今回はとても充実していました。

ヒスイカズラ(マメ科)フィリッピン諸島原産。久しぶりのヒスイカズラ、たくさん咲いていました。345x460
ほんの一部のラン 

460x345_20 460x345_21


460x345_22 460x345_23


460x345_24 460x345_25

460x345_30 460x345_31

ムクゲパイプバナ(ウマノスズクサ科・中国原産)   ウツボカズラ
460x345_26 460x345_27

        パパイア                            ソテツの実
345x460_3 460x345_32

   オオベニゴウカン(マメ科)          ハランアナナス(パイナップル科)
460x345_33 460x345_34

   キンシャチ(サボテン科)           ベニゲンペイカズラ(シソ科)
460x345_35 460x345_36

    シダの新芽             アカンツス・モンタヌス(キツネノマゴ科)
460x345_37 460x345_39

アフリカスミレ(セントポーリア属・イワタバコ科)タンザニア中心に東アフリカ
460x345_40 460x345_41

460x345_42 460x345_43

      〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

お陰様で白内障の手術が終わって2週間、両目の視力は1.0に落ち着きました。18日ぶりに洗顔が出来、保護メガネなしに寝ることが出来ることがありがたい。
花々が綺麗に見える!日本の空の色が素晴らしい色に見える!(中国北京程でないにしても昔は日本も排気ガスなどで正月以外はきれいでなかった)
毎日毎日が感動の連続です♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン。花や絵やいろいろな物をたくさん見たい、そんな感じのこの頃です。
この手術も、2~3千人に一人は失明するとのこと、とりあえずそんなことがなくて良かった。そしてこの後、もしかして後発性白内症になって視力減退することがあるとのこと、その時はレーザー治療で治るそうだ。

先日日曜日、近くの小川で小さな子を2人連れたご夫婦が、家族で川のごみを大きなビニール袋に集めていました。素敵なお父さん、お母さん。何だか感動して、この子供たちは大きくなるとどんな人になるのだろうといろいろ想像してみました。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

百舌鳥の♀?

バードバスには今年もついに鶫(ツグミ)も登場して、雀、鵯、目白、四十雀、尉鶲(ジョウビタキ)、鳩と常連が揃いました。
ところが、ジョウビタキかとまたもや色で判断していたけれども顔の色が違う。
モズ♂は目の横が黒い。図鑑で見るとこの目は♀のようです。
良く動くね。部屋の中からそれでも撮れました。
400x300
400x300_2
400x300_3
400x300_4
そこへヒヨドリがやってきて、この寒さの中水浴びを始めるために他を押しのける。400x300_5
暮れから部屋に飾っておいた千両が干からびてきたので、鳥が実を食べるのではないかとそのまま捨てるのに忍びなく、このように立て掛けておいたら、つがいのヒヨドリがあっという間に実を殆ど食べてしまいました。相も変わらずの何という貪欲さ。あっぱれ、ヒヨよ。460x345
        *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

近所のアトリエで吊るし雛の展示が始まりました。今年は読売、朝日新聞に出たそうで初日は激混みで、空いた昨日見せてもらいに行きました。
全く日本のひな祭りのお飾りには圧倒されます。吊るし雛の一つ一つに意味がちゃんとあって丁寧に縫い込められているとのこと、布地を集めるのも大変とのことなどいろいろお話を伺ってきました。ひな祭りだけでなく、その他のこまごました様々なグッズの数々、その創意工夫に日本って、本当に凄いと感じます。
「美の壺」や最近は「ぶらぶら美術館」で見た静嘉堂文庫の「刀剣展」の奥の広さにびっくりでした。刀剣女子も物凄い勢いで増え、行列が出来るほどの人気ぶりとか。
螺鈿や漆、陶芸等々人間国宝級の職人の技にもますます魅了されるこの頃です。
460x345_2
460x345_3
345x460
460x345_4
460x345_5
345x460_2
460x345_6
460x345_7

        *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今年夫がもらった娘からのチョコには猫がいます。食べるのがもったいない。
460x217

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2017年2月10日 (金)

セツブンソウ(昭和記念公園)

国営昭和記念公園のHPにセツブンソウがたくさん咲いていると出ていたので、前日のリベンジで行ってみました。
パークトレインに乗ってこもれびの里へ向かう。

           途中高校生のマラソン大会が行われていました

Photo

感激!!たくさんのセツブンソウが3ヶ所に渡って咲いていました。松ぼっくりに比較すると小さい花のスプリング・フェメラルド。460x345
460x345_2
460x307
460x345_4
460x345_5
460x345_6
600x445_3
460x307_2
           今休ませている花畑は一面のホトケノザでした460x307_3
            展望台に登ってみると富士山が見えていました460x345_2_2
         みんなの広っぱからも富士山が見えていました(初めて)460x345_7

こもれびの里・古民家ではお雛様が飾られていました。狛江市の19世紀初頭の石井家が主屋、長屋門、内蔵と外蔵が水車小屋と一緒に移築されています。

                  内蔵、屋根が面白い345x460
                      主屋460x345_8
460x345_9
460x345_10
お祭りの幟を建てる竿の下の鋏み木にこの木の飾り彫刻が付けられる。とても立派な彫刻だ。460x345_11
                    外蔵とお雛様460x345_12
460x345_13
                      長屋門460x345_14
                      水車460x345_15
園内は今野鳥がたくさんいる

ジョウビタキに似ているがお腹が白い?アトリ(スズメ目アトリ科)と教えていただきました。ポージィさんありがとうございました。460x292
                      コゲラ460x358
フクジュソウ
Hukuzyusou_1_460x307 Hukuzyusou_2_460x307

Hukuzyusou_4_460x307 Hukuzyusou_3_460x307

                    シナマンサク460x345_16
460x345_17
460x345_18
460x345_19



| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

今日の都立薬用植物園

1月末にセツブンソウが咲いたとのこと、ちょっと遠出が出来るようになったので一人で近くの都立薬用植物園を散歩しました。
しかしセツブンソウは跡形もなく、地面に咲いていたのはフクジュソウとスハマソウとスノードロップ、それも一株だけという寂しさです。そしてクリスマスローズが2種。
樹木はソシンロウバイ、枝垂れ梅、紅梅でした。温室に入るのを楽しみに、まず北風吹きすさぶ外を。

                 青梅産・野生種フクジュソウ460x345
スハマソウ(キンポウゲ科ミスミソウ属、別名雪割草)日本海側は紅色や紫色を帯びる。佐渡島で見ました。460x345_2
                    スノードロップ460x345_3
        クリスマスローズ・ジョセフレンパ―(キンポウゲ科で有毒)460x345_4
                クリスマスローズ・ピンクフロスト460x345_5
同じ花と一緒にある、これは種になってしまったのか?調べてみたら実のようでした460x345_6
ソシンロウバイ 種子がアルカロイドを含み有毒と、さすが薬用植物園だから時々このような事が書いてあります。でも実を見たことがあったかしら?460x345_7
460x345_8
460x345_9
                      枝垂れ梅460x345_10
460x345_11
460x345_12
                       紅梅460x345_13
460x345_14
林の方でシロハラにやっと会えました。どんどん歩いて行ってしまうのでズームで撮りました。460x281
        ノグルミには果実が落ちて残った果穂がたくさん残っている460x345_15
                ムクノキ(ニレ科)の樹肌が美しい345x460
タカネゴヨウ(高嶺五葉)中国雲南省や台湾原産で標高1200~3500m高地にある。葉がとても長い。345x460_2
460x345_16

<お楽しみの温室>

ムユウジュの花 摩耶夫人がこの木を愛で、一枝折ろうとしたとき右脇から釈迦が誕生したと伝えられる。460x345_17
インドボダイジュの葉 葉の先端が細長くて特徴がある。釈迦が悟りを開いた所にあった木。釈迦が亡くなった所にあった、サラソウジュはなかった。夏椿と間違えられることが多い。460x345_18
             キバナアマ(アマ科)別名:雲南月光花460x345_19
                    パフィオペディラム460x345_20
                      サクラソウ460x345_21
                    ベゴニアの一種 345x460_4
                   ポインセチア5色5_460x345
                    ジュズサンゴ460x345_22
              サンジャクバナナ(芭蕉科)中国南部原産345x460_5
ココアの実、若い実はピンクや薄緑。中に種が25~36個入っていて、乾燥するとココア豆になる。460x345_23
460x345_24
345x460_6

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

岩佐又兵衛


岩佐又兵衛については聞いたことがある名前でしたが、どんな人か?大河ドラマ「軍師官兵衛」をやっていた時にはまだ知りませんでした。官兵衛が村重に水牢に入れられ廃人同様になった姿が思い出されます。
有岡城主「荒木村重」が織田信長に反旗を翻したその時に、村重を父として生まれたのが又兵衛だった。
信長に攻め込まれた村重は花隈城に籠り降伏しなかったので、信長は郎党男女500人を焼き殺し、ついで荒木一族30余人を京都に護送し六条河原で処刑した。
そのとき「だし」というおそらく又兵衛の母と言われる女性の刑場での最期が毅然として美しかったという。
その辞世の句が涙をそそります。
 消ゆる身は 惜しむべきにもなきものを 母の思ひぞ 障りとはなる
 残し置く そのみどり子の心こそ 思ひやられて 悲しかりけり

村重とだしの子、又兵衛は、2歳だったが乳母の手で城から救い出され、京都西本願寺のもとにかくまわれ、母方の岩佐の姓を後に名乗った。
父村重は城から抜け出し尼崎から船で毛利方に逃れ、尾道に住んでいたが信長が倒れると畿内に戻り、千利休の高弟となり、秀吉の茶会に招かれたりした。

岩佐又兵衛については誰に育てられ、どのように成人したか、知る手掛かりが殆どないが、絵画だけでなく和漢の幅広い教養を身につけていた
大坂夏の陣で豊臣が滅亡したとき38歳になっていて、松平直忠の城がある、越前北之庄に都落ちした。その後60歳から江戸へ行き、73歳で没するまで活動を続けたという。

又兵衛は第1期浮世絵の元祖と言われ、菱川師宣が版画という、より量産に適した形式に移して、さらに幅広い町人階層の生活の場で愛されるものにし、第2期浮世絵の元祖となった。

明後日5日まで「岩佐又兵衛と源氏絵展」が出光美術館で開催されています。私は行けなかったですが、夫が行ってそのちらしを見せてもらったのがこのような絵です。
421x600_3
600x600_2
600x394_2600x276_2600x300
辻惟雄著『岩佐又兵衛』では展示作品以外に様々な古典を描いた作品をたくさん見ることが出来ますが、その細かな描写、当時の風俗、深い教養が見てとれ、処刑されたお母さんが生きていたらどんなにか喜んだことでしょう。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

『ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修

                            『ざんねんないきもの事典』今泉忠明監修
396x600
地球には人間がまだ見つけていない生物も含めると、数億種になるとも言われている。
これだけたくさんいると凄い能力を持つものもいるが、中には「どうしてそうなったの?」と進化の結果、なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物を紹介した本。

イラストや吹き出しがこんな感じで(ざんねんな体に紹介されている)、実に面白い。本当に残念というかお気の毒というか、人間の自分にも残念・気の毒がたくさんあって同情したり、不謹慎にもおかしかったりで楽しい本でした。120余の動物が紹介されています。解説を読んで納得。         (クリックで大きくなります)700x584

<ざんねんな体>・・・どうしてこんな姿になってしまったの!
・世界最大の鳥でありながら、脳みそが目玉60gより小さくて40gしかない。記憶力が悪いそうだ。
・グラスフロッグは内臓が外から丸見え(透明人間を思い出した)
・デンキウナギはのどに肛門がある
・メガネザルは目玉が大きすぎて動かせない
・オオアタマガメは頭が大きすぎて甲羅に入らない。敵の攻撃をやり過ごせないけれど、木には素早く登れる。

<ざんねんな生き方>
・スカンクはおならが臭いほどもてる。
・ミノムシのメスは蓑の中に引きこもったまま一生を終える。
・キツツキは木に穴を開けるとき、頭に車が衝突したくらいの衝撃を受けている。長い舌が頭の骨を囲んで保護しているそうだ。
・イルカは眠ると溺れる。数分ごとに目を交互に閉じて脳を半分休めることを一日300回以上繰り返して何とか眠っているとか。気の毒!
・コアラはユーカリに含まれる猛毒のせいで一日中寝ている。

<ざんねんな能力>
・世界最大の動物シロナガスクジラはシャチに負ける。
・コオリウオは0℃の海でも凍らないが、水温が3℃以上になると死ぬ。
・チンパンジーがしゃべれないのは、喉の構造のせい。賢いから手話で人間と話すことが出来るのに。
・カメムシは、自分のにおいがくさすぎて気絶する。
・チーターはスピードに特化しすぎて肉食動物なのに弱い。

                  エンジェルストランペットの若葉が暮れから芽生えました
285x380

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

平岩弓枝著『はやぶさ新八御用旅(二)中仙道六十九次』

昨年文化勲章を受章した平岩弓枝さん、『御宿かわせみ』をテレビでちらちら見ていましたが、本は読んだことがありません。
この本は「はやぶさ新八」の新シリーズで、その(一)は東海道五十三次でその(三)は日光例幣使道の殺人です。
大山街道が終わったら、日光街道のとりあえず都内だけでもという話がありますが、その後、私の強い希望は中山道です。東海道を殆ど一人で歩いてしまった、今の大山街道のリーダーさんが連れて行ってくださるかしら。この本もリーダーさんが貸してしてくださったのです。
この街道は峠も多く登山が楽しめそうで、しかしながら上州、信州、木曽、美濃、近江と美しい自然や山々が望めそうです。
平岩弓枝さんはこの道中をちゃんと歩いていらっしゃるのでしょうね。京都から始まって江戸へと、新八と道中一緒の人たちが遭遇する事件を解決しつつ、江戸時代の宿場や街道の様子がずっと綴られていきます。
行ったり通った所もあります。石山寺、琵琶湖、伊吹山、関ケ原、各務原、犬山、木曽の馬籠・妻籠、上松、福島、塩尻、下諏訪、望月、追分、軽井沢、松井田、安中、そして高崎から埼玉県内と。小説と中山道紀行が同時に楽しめて面白かったです。

※本は「中仙道」になっていましたので題名だけ書き直しました。今は中山道がふつうに使われます。

今日の散歩から

           お寺のカンアオイの花芽がたくさん出ていました460x345
                 ジンチョウゲも蕾が一杯460x345_2
             午後3時49分でもスカイツリーが見えました460x452
                      公園の池460x345_3
                       ユリノキ460x345_4
                 オオカナメメモチと赤い新芽345x460
460x345_5
                     ミモザの蕾460x390
              河津桜が一輪だけ咲き始めていました460x345_6
                 白梅が満開で良い香りです460x345_7
460x345_8

             :::::::::::::::::::::::::::::::::::

1昨日白内障の手術を受け昨日眼帯が取れたら、まあ、景色の明るいこと!白黒が鮮明で色がとてもきれいです。0.1の視力が1.2に回復し、老眼になる前1.2だった時こんな明るい世界の中にいたのだと信じられないくらいです。
でも、鏡で顔を見たらもうびっくり仰天。シミ、そばかす、皺が凄い。まともに見ていられません。
来週は左目ですが、1.2になるかはわかりませんが、読書に老眼鏡をかけるだけです。1ヶ月くらいおとなしくしていれば美しい春の花々が迎えてくれると思うと胸が弾みます。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

«原町田七福神巡り