« イイギリの巨木 | トップページ | タイミングが悪い »

2005年11月 2日 (水)

釜山・慶州雑感

kankoku1 kankoku2 kankoku3飛行機で2時間、釜山に到着すると高層マンションが山懐まで林立している。なんでも日本と違って地震が殆どないので安全だそうだ。その壁面に絵が描いてあったり色彩が施されていて面白い。山が国土の70%で日本と同じ山ばかり、今丁度稲刈り真っ最中、畑の代わりにビニールハウスで野菜は栽培されている様子。英語はたまに表記されているもののハングル文字一筋、家の建て方が違うのを除けば日本の田舎にいるような感じであった。チマチョゴリを着ている人は3日間で4人しか見かけない。頭にものを載せて、それも液体の入ったビンを支えなしで歩く人には思わずみとれてしまった。尾篭な話、トイレは水洗でも紙が流せないのが隣の国と同じであった。今回はお寺と食事と紅葉が目的であった。お寺は6つ、うち3寺が2つの世界遺産に属しどうして世界遺産になったかがわかった。わが国よりお寺の色彩は中国により似ているがそれでもすこし淡いと言う感じ。お寺のアプローチが長く川が流れ紅葉の木々も美しく京都や奈良と違ったたたずまいであった、。食事はカルビを除いてたんぱく質は殆どなくキムチ風の野菜ばかりで韓国の人がスリムなわけです。実は日本の焼肉屋で美味しくいただいているので期待したほどでなかったのは贅沢というべきか。目的3つ目の紅葉は素晴らしかった。慶州には人口と同じ30万本の桜があって花が咲く頃はどんなにかと思わせるほど、今は赤く銀杏と競い合っている。八公山道立公園のは茶色で1ヶ月前に見たカナダのトレンブランとはまた違った色合いで楽しめた。そんなこんなで今年は外国の紅葉を楽しんでまことに幸せでありました。

|

« イイギリの巨木 | トップページ | タイミングが悪い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/6851962

この記事へのトラックバック一覧です: 釜山・慶州雑感:

« イイギリの巨木 | トップページ | タイミングが悪い »