« 携帯電話 | トップページ | 月光王と森鴎外「うたかたの記」 »

2006年1月15日 (日)

善福寺公園とこけし屋

kamo kamo4 kamo1 kamo2

07~08年は「国際極年」だそうで、1年も早く気象が敬意を表して、寒い冬を演出しているのでしょうか。国際極年とは南極、北極という厳しく広大な環境での研究には国際協力が欠かせず、世界にその重要性を広めていこうというものだそうです。

コハクチョウが来ているというニュースが数日前あったので、善福寺公園へ出かけてみました。
ところが1羽もいないではありませんか。今日が暖かなのでもっと寒いところへ移動してしまったのでしょうか。オナガとマガモの雌、ダイサギとアヒルのみ。井の頭公園だとキンクロハジロやホシハジロやカイツブリなどいろいろ見られるのですが。
このあたりは隣り合う東京女子大と共に桜の名所で、16年前にこの西荻に住んでいたので、懐かしいところです。

kokesi うなだれながらも、懐かしいついでに昼食をと『こけし屋』に寄りました。名ryouri 前が和風なのに、洋風料理とケーキの老舗でこの界隈では有名なお店です。店内にはあちこち、こけしが飾ってありますが、雑然としてインテリアとしては50点以下。
コース料理は高いがもう予約でいっぱいで、ランチ(豚肉の煮込みサラダ添え)1,050円也を食べました。中くらいの満足度で帰って参りました。

デジタルドッグトレーナーが発売されたという話しが出ていました。
8つの音声命令が録音できて、声に出さずに超音波で意志伝達、訓練できるとのこと。
公衆の面前で大声を出さなくてもOKだそうです。わんちゃんにとってはどんななのでしょう。一体どういう状況の人が買って、どのくらい売れるのでしょうか。その後が知りたい道具です。

|

« 携帯電話 | トップページ | 月光王と森鴎外「うたかたの記」 »

コメント

コハクチョウがいなくても、全福寺公園で、鳥達のいい写真が撮れましたね。天気もよし、公園散策はさぞ気持ちがよかったことでしょう。
「コケシ屋」という名前で、洋風料理とケークのお店というミスマッチがなんとなくほほえましいです。

投稿: 茂彦 | 2006年1月15日 (日) 17:43

善福寺公園のコハクチョウは見れず また、食事はあまり美味しくなかった様子でがっかりでしたね 西荻窪だからご自宅から近いですね また見れますよ
いい鴨の写真の写真撮れましたね 4枚並べて見やすいです

投稿: T.O | 2006年1月15日 (日) 18:45

善福寺公園のコハクチョウは見れず また、食事はあまり美味しくなかった様子でがっかりでしたね 西荻窪だからご自宅から近いですね また見れますよ
 いい鴨の写真の写真撮れましたね 4枚並べて見やすいです

投稿: T.O | 2006年1月15日 (日) 18:47

★茂彦さん、コメントをありがとうございました。
今日は13度とか、3月の気温ということで楽ですね。
茂彦さんも毎日散歩をなさっていらっしゃるのでしょうね。何か1つ発見があるものですね。
こけし屋の名前の由来は分かりませんでした。

投稿: tona | 2006年1月15日 (日) 19:38

★T.Oさん、コメントをありがとうございました。
T.Oさんのお散歩は早朝でカメラも作動しないほどだとか。この冬は氷点下の中を歩いていらっしゃるのですね。偉い!
とても見習えません。
コハクチョウだめだったので、今度井の頭公園の水生物園に行って見てきます。(緑の日と都民の日が無料です)

投稿: tona | 2006年1月15日 (日) 19:46

「こけし屋」で洋食ですか。
が。。。インテリアも味もミスマッチでしたか(笑)
鳥も食事も残念でしたね。
デジタルドッグトレーナー。
何だかなぁって感じです。
声が出ない、出づらい方には便利でしょうけど
そうじゃなかったら、言葉でコミュニケーションとりたいものです。

投稿: ちょびママ | 2006年1月16日 (月) 00:11

★ちょびママさんおはようございます。
コメントありがとうございました。
デジタルドッグトレーナー、なるほど、声が出ない人、出づらい人にはいいですね。
普通は何もこんなもの必要ないわけですね。利口なレトリーバーさえも訓練を受けてもすぐ忘れる、なんて近所の人が嘆いていましたが、その犬によるのでしょう。

投稿: tona | 2006年1月16日 (月) 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8172679

この記事へのトラックバック一覧です: 善福寺公園とこけし屋:

« 携帯電話 | トップページ | 月光王と森鴎外「うたかたの記」 »