« 出会い | トップページ | ポーラ美術館の印象派コレクション展 »

2006年1月25日 (水)

初めて見たナギイカダ

tekomanntebenusuta pirosutegiabenusuta

22日の朝日新聞に「お待たせ ピンクのラッパ」という記事が載りました。

  

   調布市の都立神代植物公園の温室で、ニューギニア原産の華麗な花、
   テコマンテ・ベヌスタが初めて咲き=写真=、来場者の目を楽しま
   せている。
   テコマンテ・ベヌスタはノウゼンカズラ科の大型のつる植物。
   5~6センチのラッパ状の濃いピンク色の花が十輪ほどで1つの群
   をつくって咲く。
   同植物公園では、99年から栽培を始めた。今月になって初めて十群
   ほどがつぼみを付け、花を咲かせ始めた。花は2月中旬ごろまで
   楽しめそうだという。

先日丁度行き合わせて、このテコマンテ・ベヌスタを撮りました。立派なカメラを抱えた人が数人撮影していたところに、横からもぐりこんで撮りました。新聞に掲載される前から、世の中の人は良く知っているなあ。
名前も覚えようとすれば、何とか覚えられそうな可愛い名前です。
すぐ隣には同じ形でオレンジ色のピロステギア・ベヌスタが仲良く咲いていました。

こちらはよそのお宅にあったユリ科のナギイカダです。ハナイカダと関係あるのか?
葉に特徴があり、赤い可愛い実がついていました。
この名前{植物園へようこそ!}で教えていただきました。ここでは半年で15位お世話になりました。本当にありがたいことです。
              baranomi       やっと見つけたバラの実、初めてで嬉しかったです。        wakaranai                                                                                                      

|

« 出会い | トップページ | ポーラ美術館の印象派コレクション展 »

コメント

珍しい花をご覧になれましたね。
名前、覚えられそうですか?
テコマンテ・ベヌスタ テコマンテ・ベヌスタ …
私には無理そうです(^^;)

左下のナギイカダ、先日あれは何だろうと横目で見ながら
通り過ぎた木でした。tonaさんのおかげで名前が分かりました。
ありがとうございます(^^)

ハナイカダとは全く別種のようですが、花の付き方が似ている
ということから、またナギという木にも葉が似ているから、
ということで両方からナギイカダとなったとか。
(よそ様のサイトからの受け売りです) 

投稿: ポージィ | 2006年1月25日 (水) 13:11

私も覚えられません(涙)
舌かみそう。。。舌短いんだけど(笑)
ハナイカダ、見た事ないんですよね。
もちろんこのナギイカダも。
花のつき方が面白いから実物も見てみたいです。

投稿: ちょびママ | 2006年1月25日 (水) 14:05

ベヌスタ原産地違いの2種類初めて見ました 随分弦が長いんですね 一方はピンクのラッパ こちらの名前が覚えやすいですね
下にある不明な木 面白い葉っぱです赤い実が包まれてかわいいです

投稿: T.O | 2006年1月25日 (水) 18:04

コメント有難うございました。
題名ナギイカダをハナイカダと間違えまして失礼いたしました。

★ポージィさんへ
ナギイカダについて教えていただきありがとうございました。
覚えて言いようのない喜びを覚えるのですが、来年の今頃見ても、もう名前を忘れているんですよね(T T)


★ちょびママさんへ
前のブログを見させていただきましたら
いろいろのお花だけでなく、木もすごく詳しいですね。
これからも教えてくださいね。宜しく。


★T.Oさんへ
ナギイカダですね。とても特徴のある葉に、赤い実が可愛いんですよ。
いつか見つけてください。


投稿: tona | 2006年1月25日 (水) 20:12

ナギイカダ、初めて見ました。
世の中には、いろんな種類の花がありますね。
薔薇の実は去年の秋、我が家の庭に咲いた薔薇の木にたくさん生っていました。
なにやら、いろいろな利用法があるようです。

投稿: pochiko | 2006年1月25日 (水) 21:13

22日の朝日新聞ですか?あとで
見てみます。植物に弱い私にとっては
なにか舌をかみそうな、ネーミングですね。
ノーゼンカズラ科ですね。私も
少しは勉強しないと・・・・
お話について行けなくなりそう。

投稿: 茂彦 | 2006年1月25日 (水) 21:16

何時もこっそりと聴講させていただいていました。
物知りでご趣味の幅も広い方なので、おおっぴらにお邪魔するのは気後れがしていました。
ブログの世界には、いまだ片足を置いているだけの状態が続いています。

でも、このバラの実って言うんですか。そんな貴重なものとは知らずに、以前撮った記憶があります。千葉市花の美術館で。
でも多分削除してしまった。(がっくり)

投稿: ねむウサギ | 2006年1月25日 (水) 22:48

★pochikoさんへ
コメントありがとうございました。
初めて見た植物の名前が分かったときの嬉しいことといったらありません。
バラの実の効用、興味ありますね。
また、私も勉強しますが教えていただければ
幸いです。

投稿: tona | 2006年1月26日 (木) 08:02

★茂彦さん
コメントありがとうございました。
私なんてその辺にあるのがやっと少し分かる程度です。
野山や、木に到っては何もわかりません。
ご一緒に勉強しませんか。

投稿: tona | 2006年1月26日 (木) 08:07

★ねむウサギさん
コメントありがとうございました。
千葉市花の美術館、知りませんでした。
今度1度行って見たいです。
バラの実、自分で確認したのは生まれて初めてです。家のは次々と花が終わると切ってしまうので出来なかったんですね。

投稿: tona | 2006年1月26日 (木) 08:12

「ナギイカダ」ずいぶん昔生垣にしてあるのを見たことがあります。ちょっと珍しい植物ですよね。葉の真ん中に花が咲き実ができる。
冬になると赤くなる。葉の先には鋭い棘がある。葉のように見えるのは実は枝の変形したもので、本物の葉は小さな鱗片状に退化しており、ほとんど目立たない。葉の真ん中に花が咲くところは、ハナイカダに似ていると資料に書いてありました。

バラの実、珍しいです。ノバラには結構実のついているのを見たことがあります。

投稿: 夢閑人 | 2006年1月26日 (木) 14:23

夢閑人さんへ
コメントありがとうございました。
ハナイカダの花の咲いているのは見たことがあります。葉の真ん中に咲いているのが珍しいですよね。
ナギイカダも花が咲いているのを見たいものです。
葉のようなのが枝の変形で、葉は目立たないというのも変わっていますね。
いろいろありがとうございました。
バラは花が終わるとすぐ切ってしまいますから、家では絶対見ないです。

投稿: tona | 2006年1月26日 (木) 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8327610

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて見たナギイカダ:

« 出会い | トップページ | ポーラ美術館の印象派コレクション展 »