« 茅ヶ崎 | トップページ | ぬいぐるみの親子 »

2006年1月31日 (火)

肩こりと心中

肩こり stiff neck , stiff shoulders
心中  double suicide 

欧米諸国には、肩こりと心中(英語の単語はある)は殆どなかったし、今も少ないそうです。
どうしてなのでしょうか、不思議です。

肩こりに関しては、あちらの人々はすごく姿勢が良くて歩いている姿は美しく颯爽としています。
かたや日本人は概して姿勢が悪く歩き方も美しくありません。だからなのでしょうか。
私も気がつくと背中が丸くなっています。今はいいけれども、これがもっと年がいくと固まって丸くなってしまうのです。本心から真面目に気をつけようと思います。

心中は日本でも、古代・中世に確認されていないそうです。
流行したのは戦国乱世が終息した後の、生命の危機がなくなった泰平の世になってからです。
泰平になって増えてきた諸々の困った現象、数えても山のように浮かんできますが、仕方ないことかもしれません。
だからといって、決して戦争とか災害に遭いたくないですから。

takosu nasigorenn1 nasigorenn2 昨晩は南国チャーハンシリーズ②バリ島編「ナシゴレン」を作ってみました。少し辛い エスニックな味でした。

ちなみに①は沖縄編「タコス風チャーハン」  ③はインド編「カレーチャーハン」です。

|

« 茅ヶ崎 | トップページ | ぬいぐるみの親子 »

コメント

肩こりと心中言葉は欧米にないことよく判りました 
肩こりは、妻が肩がこるとよく言います 私は肩こりは年に何回かでほとんどありません
毎日散歩でお年寄りと出会いますが腰の曲がった人に会いませんね 田舎ではお年寄りは腰が曲がってて当たり前と思ってましたのに

投稿: T.O | 2006年1月31日 (火) 14:43

欧米には肩凝りはないという話は、私も以前何かで聞きました。
でも、同じ人間、似たような格好をするのでないわけないんじゃなかろうか、
日本語の凝るに相当する表現がないだけじゃなかろうか、
などと思っていました。
でも、姿勢のよさは関連がありそうな気がしますね。

心中については初耳でした。
欧米諸国はクリスチャンが多く、キリスト教では自殺はとんでもなく
重い罪ということになっていますから、人を殺めて自分もというのは
少ないのかもしれませんね。よって言葉も少ないと…

投稿: ポージィ | 2006年1月31日 (火) 16:35

肩こり。。。これにはもう随分と悩まされてます(涙)
ひどくなると肩、首の張り、電気が走るはもちろん、頭が痛くなり、歯が浮き、終いには風邪を引く。。。
何かに熱中すると目が悪いせいもあり、かなり前のめりになりますからね。
姿勢も悪くなってる事でしょう。
日本人は俯き仕事が多いせいで肩こりが多いんじゃないでしょうかねぇ。
掃除一つでもあちらはしゃがみ込んでっての、あまり想像できませんもん。
などと勝手な講釈を並べましたが、気がついたら背筋は伸ばしておきたいものですね。

投稿: ちょびママ | 2006年1月31日 (火) 17:06

肩こり、昔アメリカで娘に聞いてもらったら、症状としてはあるそうです。でもそれを独立したもの(病気?)として捕らえないようでした。

美容院で「少し肩が凝ってますね」と言われることがありますが、普段はあまり自覚がないのです。
でも流感にかかると肩が痛くなります。

インドネシアではナシゴレンには、必ず揚げ煎餅(薄く延ばしたかき餅を油で揚げたもの?)が添えられてるんですよね。
アイスクリームにウエハースが付いているように。
それがまた意外とおいしくて。ポテトチップスと同じく袋に入れて売られていました。

ナシゴレン、フルーティな味がして好きです。

投稿: ねむウサギ | 2006年1月31日 (火) 17:28

欧米では肩こりがほとんどないという
お話、何故なのでしょうね?不思議
です。日本人では、重い肩こりに
悩まされている人が多いそうですね。

心中のお話も、一寸意外な感じがしました。
欧米でも悲恋物語は結構あるように思って
いましたので。

考えれば、考えるほど分からなくなります。

投稿: 茂彦 | 2006年1月31日 (火) 19:33

●コメントありがとうございました。

★T.Oさんへ
農業のやり方を前の畑で見ていますと、機械を使うことが多く、腰が曲がらないと思いました。
肩は年中凝りどおしです。奥様つらいと思います。T.Oさんいいですね!

投稿: tona | 2006年1月31日 (火) 19:46

★ポージィさんへ
私もポージィさんと全く同じに思っていました。
姿勢かなあとこの頃結論づけていました。

心中のこと。そうですね。気がつきませんでした。キリスト教ですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2006年1月31日 (火) 19:51

★ちょびママさんへ
私もかなりひどい肩こり人です。
毎日肩こり体操も腰痛体操と一緒にしていて、太極拳と合わせるとかなり時間がとられます。仕方ないですね。
そう言われてみればあちらさん、あまり俯いていないですね。お辞儀でさえ握手みたいなものですからね。
とても参考になりました。


★ねむウサギさんへ
お嬢様アメリカにいらしたんですか。
肩こりを病気として捕らえないとは、アメリカ人のバイタリティを感じます。
肩こりの自覚がないとは何とも羨ましい限り
です。
インドネシア方面にいらっしゃったのですか。揚げ煎餅が添えられるとは知りませんで本場のを食べてみたくなりました。

投稿: tona | 2006年1月31日 (火) 20:06

★茂彦さんへ
茂彦さんは肩こりないのでしょう?
何故か、男の方のほうが肩こりが少ないような気がするのですが。

世の中分からないこと、不思議なことが
一杯ですが、教えてくださる方もあって
そんな時嬉しいですね。

投稿: tona | 2006年1月31日 (火) 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8432805

この記事へのトラックバック一覧です: 肩こりと心中:

« 茅ヶ崎 | トップページ | ぬいぐるみの親子 »