« 風邪 | トップページ | 夫も一人で厨房に立つ »

2006年1月 4日 (水)

アロエのジュース

西洋医学の化学合成による薬の威力はすごい。ほっといたらいつまででも下がらない熱をぐっと下げたんです。だから安易にすぐ下げようと呑むと、体が菌と戦わずして自然の治癒力までも奪ってしまうのでよくないと聞きました。
漢方はそうはいきません。現代に生活している身には気が遠くなるようなものです。aroe

アロエの花が25年前の祖先から初めて咲きました。しかも3つも。よく咲いたねと撫でてしまいました。

夫は腸が非常に弱い人でした。
25年前にアロエのジュースが胃腸にすごくいいと聞いて呑み始めました。
アロエ・人参・キャベツ・あれば松や竹の若葉・りんご・牛乳・きなこ・はちみつ
これを25年間も呑み続け今も続いています。
今思うに10年は効き目がなかったです。ところが漢方のすごいところです。出張でインドネシア、ベトナム、スリランカなどへ行ってもお腹を壊さず元気に帰ってきました。昔の夫からはとても考えられないことです。娘と私は「よくあんなまずそうなジュースを何杯も呑めるね」とあきれてたのですが。私も1昨年から1杯だけ参加していますが、効き目が現れる頃はあの世へなんても思ったりしました。

|

« 風邪 | トップページ | 夫も一人で厨房に立つ »

コメント

ブログを書けるほどに回復されてよかったです。
それにしても、アロエのジュースを25年間飲み続けられたのですか?そして、その効果が出たということですね。もうびっくりしました。アロエ、人参、キャベツ、などなどいいと思うのですが、普通の人にはなかなか続けられないことです。見習わなくては、と思うのですが、私にとっては、今からでは遅いかもしれませんね。まあ、それでも出来ればやってみたいと思います。
いいこと教えていただきました。

投稿: 茂彦 | 2006年1月 4日 (水) 17:31

★茂彦さん
コメントをいただいたのに返事も遅くなってしまってすみませんでした。
お陰さまで突然別人のように回復し元気になりました。ありがとうございました。
ジュース是非実行してくださいませ。胃の方も絶好調になってしまって、飲めないお酒まで夕飯時と寝る前までやるようになったのは大きな誤算でした。
兎に角会社を休んだことがないくらい元気なのはこのジュースのお陰だと思われます。

投稿: tona | 2006年1月 4日 (水) 19:01

熱が下がった 良かった
今日出かける前にブログ見ても書き込みがない 心配しましたょ
私は薬の副作用をいつも心配しています いつまでも続けないで、一旦中断して病院の先生に相談してます 
アロエ ほんとにきれいな花ですね このような人参の色が滋養にいいんですね

投稿: T.O | 2006年1月 4日 (水) 20:28

アロエジュース、義母が飲んでました。
聞けば若い頃から飲んでたようです。
やはり調子良かったようです。
義母は便秘が治ったって言ってました。
tonaさん、大分良くなったようで何よりです。
でも、しっかり回復するまではムリしないでくださいね。

投稿: ちょびママ | 2006年1月 5日 (木) 00:08

★T.Oさん
ご心配おかけしました。
いきなりよくなったのです。
ですからおっしゃるように副作用が心配になります。いただいた日数分全部呑まないようにしています。
アロエの花を咲かせるのは難しいというか、どういう条件で咲くのかはわかりません。1つの株を切り尽くさないで大きくするのがコツなのかなあと思うのですが。

投稿: tona | 2006年1月 5日 (木) 08:31

★ちょびママさん
やさしいお言葉ありがとうございました。
お陰さまでよくなりました。暫くは無理はしません。
お義母さまも飲んでいらっしゃったのですか。だから介護の力の他に88歳という高齢なのに病に耐えていかれるのでしょうか。
私も飲み続けようと思います。

投稿: tona | 2006年1月 5日 (木) 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/7994532

この記事へのトラックバック一覧です: アロエのジュース:

« 風邪 | トップページ | 夫も一人で厨房に立つ »