« 本『秘境駅に行こう!』 | トップページ | 茅ヶ崎 »

2006年1月28日 (土)

図書館にて

昼の光を浴びていると春を感じ、日が随分北に沈むようになりました。
椋鳥と尾長の合唱が聞こえてきて、見上げていたら、危うく鴉の糞を浴びるところでした。
よく鳥の糞が服に付くと、ウン(運)が落ちたとか運がついたというが、私は運がついたと解釈することにしています。

sumi
図書館の本箱の隅にこんなものがさりげなく置いてあるのに気がつきました。
入れ物の中に匂い消しの備長炭が入れてあって、その上にアジサイと名前の分からないドライフラワーが載っていました。
職員のどなたかの心配りでしょうか。
アイデア、組み合わせに、いたく感動してしまいました。家でも各部屋に隠して置いてあるのですが、ちょっと真似してみましょう。
日頃、私たちは人のやさしい気配り、心配りによってとても嬉しい気持ちにさせられます。
では自分は気配りがあるほうかと問われれば、50点にもならないでしょう。自分が心地よく感ずることは、人にもしてあげて喜んでもらえるようにしたら、少しは愛される年寄りになるでしょう。心がけます。

|

« 本『秘境駅に行こう!』 | トップページ | 茅ヶ崎 »

コメント

気配りって難しいですよね。
下手したらお節介になりかねなくて。。。
それに自分がそれほど大した人間じゃないのに、なんて思いもあったりして。。。
だからありがとうの言葉や、笑顔を向けて頂くと嬉しくなります。
自分が逆の立場なら。。。そう胆に銘じてさりげなく、何かしら喜んで頂く事が出来たならと、考えるようにはしています。
それと、さりげない事に気がつくtonaさんは何十年か先、必ずや愛されるお年寄りになると確信してます。

投稿: ちょびママ | 2006年1月28日 (土) 14:56

ちょびママさんの言われるとおり気配りとお節介、自己中心人間の多くなった今の世間では紙一重かもしれません。それだけに混み合った電車の中で「どうぞ」と言われて若い人に席を譲られたときは嬉しい。

ある日、駅について急に降り出した雨、「どうぞお使いください」と書いた傘たての中に傘を置いてある。ご厄介になって助かった。

街路樹の植え込みにせっせと花を植えてる人に出会ったことがある。聞くと「頼まれてやっているわけではない。気持ちです」
すばらしいと思った。

そのほかにもそれとなく置かれたものに、人の心の優しさを感ずることが多々ある。
残念ながらその反対もある。
人の気配りに感謝する、花を見て美しいと思うとき、その人の心は仏のように美しい。

投稿: 夢閑人 | 2006年1月28日 (土) 16:15

気配り 心配りは 大好きな言葉です
隠れた心遣いは、心に伝わります
このような人は少なくなりました 

投稿: T.O | 2006年1月28日 (土) 16:58

tona さんはお宅に隠して置いてある
のですか?素晴らしい心使いですね。
備長炭はいろいろな効用があると聞きますが、
実際に体にもいいのでしょうか?
これも優れた日本人の知恵ですね。

投稿: 茂彦 | 2006年1月28日 (土) 19:14

★ちょびママさんへ ありがとうございます
そうなんです。やりすぎたりしてお節介をしてしまったこともありました。
気配りってそういうことの程合いがうまく出来て初めて出来たと言えますね。
ちょびママさんこそ気くばりの人と皆思っていますよ。
ほほほ!何十年ではないんですよ。
もうすぐ年寄りですよ。だからあわててしまいます。

投稿: tona | 2006年1月28日 (土) 21:07

★夢閑人へ ありがとうございます
いろいろな場面をご紹介下さって一つ一つ頷いてしまいました。
失われていきつつあると言われている、気配り、親切、まだまだ捨てたものではないのですね。
確かに不愉快なことが昔より多いと感じますが、自分が相手に感動を与えていかなければと思いました。

投稿: tona | 2006年1月28日 (土) 21:15

★T.Oさんへ ありがとうございます
隠れた心遣い・・・してやっているということがない・・奥ゆかしいものですね。
少なくなった日本人の心遣い、年上が若い人に、親が子どもに背中で示さなければならないこともありそうですね。

投稿: tona | 2006年1月28日 (土) 21:21

★茂彦さんへ ありがとうございます
備長炭、体にいいのかは考えたこともありませんでしたので、調べてみようと思います。
匂い消しは本当のようです。
そして日本人の知恵もまとめていければと思います。

投稿: tona | 2006年1月28日 (土) 21:25

tonaさんは気配りのおできになる方だと思いますが。
私は、頭の回転が鈍くて、いつも時機を逸してから、
ああ言えば良かった、こうすれば良かった、と思いつくのですよ。
嘆かわしい…(T T)

お店や公共の施設でも、さりげない気配りがされていると
気持ちよくなって、また足を運びたいという気持ちになりますよね。

投稿: ポージィ | 2006年1月28日 (土) 21:40

なかなかおしゃれな心遣いですね。
さりげなく、誰が置いたかわかりませんが備長炭にドライフラワー、なにやら嬉しくなってしまうような置物です。
図書館というと、どうしても堅苦しいイメージですが、何となくほんわりとした優しい雰囲気にさせてくれますね

投稿: pochiko | 2006年1月28日 (土) 23:45

●コメントありがとうございました。

★ポージィさんへ
日常茶飯事、後から後悔するすることばかりです。年取っても全然進歩しないということは、もう直らないのかも。

そうですね。特に公共の場所って殺風景でありがちなので、嬉しい気持ちにさせられました。


★pochikoさんへ
引越しが多くてあちこちの図書館に出入りしましたが、初めてです。
昔、市役所や郵便局の人の対応がつっけんどでいやな思いをしましたが、この図書館の1人は借りて下さってありがとう、という雰囲気で応対する人がいます。
世の中変われば変わったものですね。

投稿: tona | 2006年1月29日 (日) 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8377209

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館にて:

« 本『秘境駅に行こう!』 | トップページ | 茅ヶ崎 »