« 携帯で死者をパチリ | トップページ | 蛸とたこ焼き »

2006年2月24日 (金)

フクロウ

hukuro2 hukurou1

フクロウはギリシャの女神アテネ(ローマはミネルヴァ)の使いとして崇められ「知恵・学芸・農業・福を呼ぶ神様」などとされてきました。
フクロウ=不苦労=福を招くということで10個ばかり集めて、職場にも、いつも福があって欲しいと欲張って飾っていました。

先日そのフクロウに富士国際花園に行くと会えるということで見てきました。
いるわいるわ!!36種200羽が。大きいのからネズミくらいのまで、実に様々な顔、羽角があるのやないのやで見ていて飽きません。
丁度フクロウショーがあって、よく馴れたフクロウが名前を呼ぶと遠くから飛んできて腕にとまったり、2足歩行したりします。その後触らせてもらえました。羽毛が柔らかくて滑らかです。
そして良く馴れたインコが頭に6羽もとまったり、餌をあげなかった(あとでエミューに謝りました)のに寄って来てくれました。

hukurou3 hurou4    

emyu-

日本最大級のベコニアとフクシャがそれは見事に咲き誇っていました。よくぞ、こんなに全部たくさん、大きく花をつけているものよと、ただただ驚くばかりでありました。藤色の花はストレプトカーパスです。

hana1 hana2 hana3 hana4 hana5 hana6 hana7

|

« 携帯で死者をパチリ | トップページ | 蛸とたこ焼き »

コメント

あそこに行かれたんですね。私が行った時は、屋根がすっぽりベゴニアの花畑で驚きました。勿論建物の中も。
本当に見事でしたね。今は寒いから中だけかもしれません。

tonaさんは小まめにお出かけされるんですね。其処からですと、富士山も近いでしょう。
私はふくろうに鼻水をかけられました。何か気に障ったのかも知れません。


あの近くにオウム真理教の施設があったようですね。

投稿: ねむウサギ | 2006年2月24日 (金) 18:20

いいな、いいな♪
フクロウに触れたなんて目茶苦茶羨ましいです。
フクロウグッズ、たくさんありますよね。
可愛くて欲しい♪って思うけど、掃除嫌いなので置き物はなるべく飾らないようにしてるんです。
埃かぶって可哀想で。。。(なら掃除しろよって話ですが)
ベゴニア&フクシア、咲き乱れてますね~
色がキレイなので見ごたえあったでしょう?
うつむいて咲く花好きの私、フクシアは好みの花です♪

投稿: ちょびママ | 2006年2月24日 (金) 20:14

●ありがとうございました

★ねむウサギさま

ここで作り出されたベコニアもあって、数も半端でなく本当に驚きました。
プロのお仕事とはいえすごいですね。
随分大きな部屋で半分は途中の段階のですが、それさえも花をいっぱいつけていました。
なになに、フクロウが鼻水をかけたのですって。駱駝ではなくてよかったですね。

上九一色村ありましたよ。3月に合併するそうです。雪が降っていました。

投稿: tona | 2006年2月24日 (金) 20:47

★ちょびママさま

今回は花もさることながら、フクロウに触るのが目的でしたから満足でーす。

うちはどれもこれも、置物埃かぶっています。今日拭きました。
老眼でめがねかけていないときは全然汚いもの見えないので幸いです。

フクシャ一体何種類あったのかしら。20種はありましたね。綺麗なのがあるんですね。

投稿: tona | 2006年2月24日 (金) 20:56

すごい花 派手派手ですね
富士国際花園は、富士山麓の朝霧高原にあるんですね 相当広く 国際色豊かな花がいっぱい 行って見たくなりました
フクロウ=不苦労 福を呼ぶって解釈 勉強になりました
フクロウは首がくるっと回ってかわいいですね 嘴が鋭く怖い感じ 妻は気持ち悪いといいます 

投稿: T.O | 2006年2月24日 (金) 22:46

そうそう 玄関先にふくろうの飾り物を置くと福を呼ぶって言われていますね。
我が家にも小さいですけど置いてありますよ^^
うちに置いてあるふくろうの置物は、市内のとある身体障害者の作業所で作られたものですが、スーパーへ買物へ行った際に買い求めました。

投稿: pochiko | 2006年2月25日 (土) 00:53

★T.Oさま

本当に派手ですね。30種類の花が何時の季節にも満開みたいです。
朝霧高原にはあと牧場もあり乳製品が美味しいです。

フクロウ首がくるくる回って写真がぼけてしまいました。
円形の目が全部出ているのは怖くないかもしれません。


★pochikoさま

玄関先に置くとご利益があるのですね。
では1つ移動しようかしら。

作られた人がわかっているのも愛着があっていいいですね。我が家のもよく眺めると寄り目のやら首をかしげているのやメガネをかけているのや様々で可愛く作ってあります。


投稿: tona | 2006年2月25日 (土) 08:26

ふくろうに触られたんですか?うらやましぃ~
どんな感触でしたか?

そういえば、保育園児だったとき、祖母が畑にいたといって
ふくろうを持って帰って見せてくれたことがありました。
どうして捕まえることができたのか、その後どうしたのか
全然知らないのですが、びっくりしましたよ。
ちょっと離れたところからおそるおそる見た覚えがあります。
あの頃はまだまだ動物への関心が少なかったのかなぁ。
いまだったらもっと、しげしげまじまじと観察したでしょうに。
惜しいことをしました。

天井?一面のベゴニアの花、見事ですね!

投稿: ポージィ | 2006年2月25日 (土) 11:27

フクロウ=不苦労。福を招く。なるほど
生家の裏に大きな楠木があって、そこにフクロウが住んでいました。目がまん丸で可愛い顔をしてました。首がくるくる回っていました。福を招いてくれたのかな?。

花も集まれば見事なものですね。こんな大きなフクシャ、はじめて見ました。
ボールのようなハンギングストレプトカーバス、すべてが見事なもの。気持ちをこめて手入れをすれば報いてくれるんですね。

投稿: 夢閑人 | 2006年2月25日 (土) 12:12

珍しいところへ行かれましたね。それにしても「フクロウ」が「不苦労」だとは面白いです。「福を招く」につながるのですね。初めて知りました。ふくろうも芸をするとはもうビックリです。そしていろいろな植物、驚くことばかりです。

投稿: 茂彦 | 2006年2月25日 (土) 12:44

★ポージィさま

おばあさまがフクロウを捕まえて見せてくださったのですか。
自然豊かなところで生活していらっしゃたのですね。
一見すると怖そうだったので、犬とは違って触れなかったでしょうね。
クックちゃんを触っているようかもしれません。体温は感じられませんでしたが、気持ちよかったです。

花は天井、側面、下と全部埋めつくされていました。すごいの一言です。

投稿: tona | 2006年2月25日 (土) 16:03

★夢閑人さま

フクロウがすんでいたとは!
夢閑人さまの生家の守り神のようですね。
フクロウは本当によく首を左右に回します。
写真の撮りにくいことといったら、随分ピンボケになってしまいました。

ストレプトカーパスと同じ大きさのベコニアのハンギングもたくさんぶら下がっていました。どのようにしたらこうなるのでしょう。

投稿: tona | 2006年2月25日 (土) 16:10

★茂彦さま

フクロウは元来野鳥なので人に馴れにくいそうです。
しかも一日のうち5%程度の時間しか活動しないため、動いているフクロウを普通は見ることができないそうです。そういえばどれもみんなじっとして全然動きませんでした。
ただショーがあったのでよく訓練された動くフクロウを5羽も見ることができたのです。メンフクロウというのが1番変わった顔をしていて興味深かったです。

投稿: tona | 2006年2月25日 (土) 16:21

追伸
家に住んでたフクロウはなぜかずいぶんなれていました。夕方暗くなる頃よく下に降りてきてました。敷地の中に小川が流れていて野ネズミとかを捕って食べていました。嘴は鋭く引き裂いて食べていました。子供の頃よく見てました。(遠くから)

その他ムササビとかイタチもいました。イタチもよく庭で見かけたのを覚えています。
そうそう小川には鴨、きれいなオシドリもいました。今周りはすっかり住宅地になっていました。残念です。

投稿: 夢閑人 | 2006年2月25日 (土) 19:59

★夢閑人さま

追伸ありがとうございました。
野ネズミが餌ですか。この間のフクロウの餌箱には鳥(鶏?)の雛が入っていました。
肉食なのですね。
イタチは私も九州若松で見ました。胴がダックスフンドのように長く見えました。

それにしても小川が流れ、鴨やオシドリがいるなんて、今なら億万長者のお屋敷にもない、郷愁を誘う絵のような世界ですね。
そこで育ったことが、夢閑人さんには随分プラスになっているのでしょうね。

投稿: tona | 2006年2月25日 (土) 21:14

ワタシもここに3年ほど前かな、行ったことあります。
フクロウに触ったり、写真を撮ったりしましたよ。ここって、入り口やフクロウ展示の建物が重厚な和風建築なので、最初大きな料理屋さんかと思いました(^^;)
昔、羽を痛めたフクロウを保護しているレストランで、そのフクロウが鶏の頭を食べているのを見たことがあります。やはり猛禽類。

投稿: 虫主婦 | 2006年2月27日 (月) 09:11

虫主婦さま

コメントありがとうございました。
富士にいらっしゃったんですね。

私も「国際」ってつくのに、入るとき和風だったので?と思いました。

クロワシミミズクなていうのもいますし、嘴がワシに似ているようで、猛禽類というのも頷けます。餌箱を覗いたときはびくっとしました。

投稿: tona | 2006年2月27日 (月) 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8814527

この記事へのトラックバック一覧です: フクロウ:

« 携帯で死者をパチリ | トップページ | 蛸とたこ焼き »