« 本『一遍の語録を読む』 | トップページ | 古代ローマの住宅事情 »

2006年2月12日 (日)

寂しい庭

  roubai2 suisenn  

去年買った蝋梅が3つ蕾を付け、やっと咲きました。
水仙が消えてしまったので、買ってきたのがテター・テートで満開です。
今年はたった1つしか咲かなかった冬咲きクレマチス、寒すぎたのでしょう。沈丁花の蕾も大きくなってきました。

kurematisu zinntyouge

ka-pasu2 biro-domouzuika

散歩の道すがら、あるお宅の温室の前でいつも足を止めてしまいます。
南側のお部屋に続く温室に、それはそれは見事なお花をいつも咲かせています。
今は胡蝶蘭とかシンビジウムやオンシジウムが咲いています。普通はシンビジウム以外は咲かせるのが難しくて、絶対成功しないのにここの奥さんは本当に上手です。
3年前、覗いていたら咲き誇っているストレプトカーパスを挿し芽で増やすようにくださいました。ところが去年完全に消滅してしまいました。親戚に分けておいて、そちらが生きているので良かったですが。
で、先日また顔が会って、そのストレプトカーパスをまた戴いてきてしまいました。今度こそ枯らさないように頑張りましょう。もうすぐ開きそうです。

1番右はビロードモウズイカで去年の夏、知らないお宅に咲いていました。あまりに奇妙な花だったので帰って調べたらビロードモウズイカでした。次に通りかかったとき奥さんがいたので、この花のことで図々しくも話しかけたら、名前をご存知なくて喜んでくれました。おまけに初めての私を家の中に上げて庭まで見せてくれました。
そんなこんなでお花を通して知らない方とお友達になれるのは嬉しいことです。

|

« 本『一遍の語録を読む』 | トップページ | 古代ローマの住宅事情 »

コメント

私的考えですが、花・植物の好きな人に悪い日とはいない!と。
私もよくありますが、ホームセンターの園芸ショップを見ていて、いつの間にか知らない人と親しげに話してたり…(笑)
確かに蘭系は難しいですよね。
我が家にも何の蘭でしょうか?
蕾を持ちました。
でも~ この寒さに、ちゃんと咲いてくれるか心配でなりません。

投稿: pochiko | 2006年2月12日 (日) 16:15

ガーデニングブームのせいでしょうか、この頃花を育てている方が多いですよね。

育てるにはある程度それなりの知識と、手入れが必要だと思います。近くにもいつもきれいに花のあるお家があります。
冬はどうしても花が少なく、庭が寂しくなるのは避けられません。プリムラ、耐寒性のパンジー、ビオラ、シクラメンなどありますが
やはり春が待ち遠しいこの頃です。
温室があれば言うこと無しですがね。

私もラン科ではシンビジュウム、ウチョウランを育てています。クレマチスは種類も多いです。一般的なのは紫の大きな花なのが一般的ですよね。家にはクレマチスモンタナ(白い花)があります。水仙は3種類位がいっぱい増えました。(地植)

ストレプトカーパス、あんまり見かけませんよね。調べました。有茎種と無茎種があるそうです。
園芸種としては無茎種が多く出回っているそうです。写真は有茎種だと思います。
日陰で育てる。挿し木、無茎種は葉差しで増やす。....とありました。
いずれにせよ花のある生活は潤いがありますよね。 

投稿: 夢閑人 | 2006年2月12日 (日) 20:13

私は、正直tona さんのブログにコメント
する資格ないですね。それは、私があまり
にもお花についての知識がないからです。
でも、これから勉強するということで
ご容赦願います。これから、次第に暖かく
なれば、益々いろいろな花が咲き始める
わけですね。ということは、これから
今まで以上にtona さんはじめ皆さんの
ブログにお花の写真が載るわけですね。
花の名前を知らなくても、美しいなーと
観賞は出来るわけで、それでご容赦くださいますか?

投稿: 茂彦 | 2006年2月12日 (日) 20:40

●ありがとうございました

★pochikoさま

やっぱり花や犬のことだとお話してしまいますね。
蘭に蕾がつきましたか。咲いたら是非見せてくださいね。
うちは4~5月頃にならないと咲きません。
寒くてスパッティフィラムやパキラが枯れてしまいました。

投稿: tona | 2006年2月12日 (日) 21:37

★夢閑人さま

ガーデニングについていろいろありがとうございました。
日本も余裕が出来て、各家庭お花がとても綺麗に咲いています。
プリムラ、パンジーも植えていらっしゃるのですね。寂しいなどと言ってないでこういうのも来年植えてみます。
水仙も増やそうと思っています。これから春はムスカリ、クロッカス、チューリップが咲くはずです。春が待ち遠しいです。
ストレプトカーパスの無茎種について調べてみます。

投稿: tona | 2006年2月12日 (日) 21:46

★茂彦さま

とんでもない。そんなことおっしゃらないでくださいませ。
私もあまり知らなかったのです。退職前から急に好きになりました。それまで忙しくて庭もほっぽり放しでした。
昨年あたりから随分覚えたつもりが、数ヶ月で忘れたのも多いのですよ。
道を歩きながら花の名前を暗記したこともありました。
そんなわけで殆ど同じ出発ですからよろしくお付き合いくださいませ。

投稿: tona | 2006年2月12日 (日) 21:53

なかなか咲かない蝋梅を咲かせましたか おめでとうございます 
先日NHKで蝋梅の挿し木を説明していたそうです 私は見ていませんが今月末に挿すと根が着くそうですね
温室では色んな植物が見られますね 知らないものがいっぱいです とても覚えられません 最近はメモ帳が必需品になりました

投稿: T.O | 2006年2月12日 (日) 23:22

★T.Oさま おはようございます。

蝋梅も挿し木が出来るのですか。もし大きくなったらやってみたいですね。(2月末と覚えておきます)
たった3つでもいい匂いなので、たくさん蕾をつけてくれる日を夢見ています。

私も常にメモ帳とカメラを持ち歩くようになりました。

投稿: tona | 2006年2月13日 (月) 08:16

これだけあれば、寂しくなんかないですよ(^^)
明るい色の花は、1輪でも2輪でもあるとぱぁっと庭が華やぎます。
数が少ないとそれだけ、その花が愛しくもなりますし。
それに、春の花が一斉に咲き始めるときの喜びも
いっそう大きくなると思います。
(と、私は自分を慰めています ^^;)

投稿: ポージィ | 2006年2月13日 (月) 12:13

ロウバイが花をつけるのに十年かかるって聞きました。
十年。。。気が遠くなる話だぁって思いながら
十年なんて案外すぐかも、って思ったり(笑)
私もよく影も形もなくなります。
いつまで経っても芽がでないので掘り返してみると球根自体がなくなってるんですよね。
今年は鉢植えの花も、寒さが厳しかったので大分ダメにしました。
それでもしつこく春になると芽吹くかもと大事に置いてますが。。。
お花がご縁で話が弾む、顔見知りになる。。。確かに!(笑)

投稿: ちょびママ | 2006年2月13日 (月) 16:26

●コメントありがとうございます

★ポージィさま

すぐその気になるので、ポージィさんのお言葉に深く頷いております。
ポージィさんのお家の庭はきっとセンスがいいでしょうね。
想像するのは楽しいです。
来年からは春1番の花も植えて楽しみたいと今年はしみじみ思いました。


★ちょびママさま

ロウバイ10年もかかって花が咲くのですか。
とするとうちは花の咲く寸前のを買ってきたわけですね。
毎日鼻を近づけていい匂いをかいでいます。

四国でも鉢植えだめになりましたか。こちらもかなりの被害がありました。
ヒマラヤユキノシタやクリスマスローズも殆ど死にそう。悲しいです。


投稿: tona | 2006年2月13日 (月) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8621244

この記事へのトラックバック一覧です: 寂しい庭:

« 本『一遍の語録を読む』 | トップページ | 古代ローマの住宅事情 »