« アオモジの蕾 | トップページ | 本『一遍の語録を読む』 »

2006年2月10日 (金)

いちご(やよいひめ・あきひめ)

itigo

毎年この時期、西へ北へとイチゴ狩りに行く娘夫婦からもらったイチゴ。
今年は群馬県産「やよいひめ」と「あきひめ」です。
形も違うし、味も微妙に違っていて甲乙つけがたい。

スーパーに売っているイチゴといえば僅か栃木県の「とちおとめ」、福岡県の「とよのか」「あまおう」を知るのみ。
まだまだ名前がついているのがいろいろありそうです。

せっかくなのでイチゴ大福と小豆餡の大福を作りました。
電子レンジを使う方法なのでとても簡単です。

itigo4   

itigo3

|

« アオモジの蕾 | トップページ | 本『一遍の語録を読む』 »

コメント

娘さんからの心のこもったお土産 新鮮ないちご貰っていいですね 
イチゴ大福美味しそう 電子レンジでOKとは どうやって作るのやら??
どこかレシピありますか?

投稿: T.O | 2006年2月10日 (金) 18:01

 いちご、美味しいですよね。私も大好きです。
先日、埼玉県久喜に住む弟が、やはりお土産に
いちご持って来てくれました。ただ、なんという
イチゴだったか?覚えてないです。
甘くて美味しかったです。私、いちご大福
というのは食べたことないです。家庭でも
作ることが出来るのですね。tona さんは
なんでも出来るのですね。素晴らしい。

投稿: 茂彦 | 2006年2月10日 (金) 19:26

★T.Oさま コメントをありがとうございました。

大福餅のレシピです。是非作って奥様に差し上げてください。まだお孫ちゃんは食べられないですものね。
 餅粉 200g
 砂糖 大匙2
 水  250cc
 片栗粉 少々
①餅粉と砂糖を混ぜて水を少しずつ入れて混 ぜる。
② ①にラップをして電子レンジで8分
③出来上がった②を10等分して、暖かいうちに広げて餡を入れる。
④ ③に片栗粉をまぶして形を整えたら出来 上がり。
餡の他にいちごや梅の甘く煮たものを入れても良いです。

投稿: tona | 2006年2月10日 (金) 19:28

★茂彦さま コメントありがとうございますした。

私もたった3つしか名前を知りませんでした。美味しいのは確かにいろいろありますよね。果物ではイチゴだけでしょうか。こんなに各地で競い合って新種を出しているのは。

T.Oさんも作られるかもしれませんので、茂彦さんも是非挑戦してくださいよ。私が作るのも格好は悪いけれども、簡単なのが魅力です。

投稿: tona | 2006年2月10日 (金) 19:36

美味しそうな苺たち!
苺大好きなんです。でも、安いものでも1パック¥380くらいどまり。
たまに食べるだけで我慢しています。本当は毎日でも食べたい~
そんな私なのに、小さいときは嫌いだったらしいのです。
なぜでしょうね。最初に食べたのが酸っぱかったのでしょうか(^^)

なんとtonaさんはいちご大福まで手作りなさるんですね!
餡はどうされるのですか?

投稿: ポージィ | 2006年2月10日 (金) 21:17

美味しそうなイチゴですね^^
最近は年中イチゴが出てますけど、これからが美味しい時よね。
うちでも、家の前の小さい畑にイチゴを作っています。
会津の方では5月頃ですけどね。
でも売ってパックに入ってるイチゴは喜んで食べるのに、家で作ったのは自分で取って来るのが面倒なのか食べてくれません。
畑から取って、洗ってヘタを取ってお皿に出さないとダメなんですよ^^;
畑で取り立てのが一番美味しいのに~~!!

投稿: pochiko | 2006年2月10日 (金) 22:06

至福のとき
昔、高校の頃だったと思いますが、中学の同級生の家のイチゴ畑を「収穫する人手がないから、好きなだけ食べて帰って!」といわれ、呼んでもらった「オイシイ話」を想い出しました。
畑に小さな腰掛と水を入れたバケツを持ち込んで、ちぎっては食べ、ちぎっては食べ(笑)
前の方も書かれてますが、おいしかったのなんの…
もちろん、おなかをこわす直前でやめました(笑)

話は変わりますが、先日NHKのTVで「イチゴ摘み取りロボット」を開発中、というのが放送されました。
農家の方曰く、収穫作業が結構(体の、特に腰)負担が大きいので、実用化できればありがたい、そう。
ロボットのセリフ「採レターッ」がケッサクでした(笑)
露地だと熟れたころナメクジにやられるので、栽培するのは結構たいへん…(経験者)

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2006年2月11日 (土) 00:17

私、嫁に来て任せられたのはイチゴでした。
自家用なのでそれほど神経質にならずに出来たのも良かったです。
赤く色づいたイチゴをもぐのがまた楽しくて♪
たくさん作ってたので知人にもおすそ分け。
イチゴは喜ばれましたね。
クズいちごはジャムに♪
あ、この頃からジャム作るのが好きになったのかも。
今はもう作ってません。
口うるさい義父を見送ったら
また作ってみたいな~とは思ってますが。。。

投稿: ちょびママ | 2006年2月11日 (土) 01:24

●コメントありがとうございました


★ポージィさん
本当にイチゴは食べたいのに買えませんね。
買うより戴いたのを食べる方が多かったりして。
途中から嫌いなものが好きになるのは、珍しいことですが、好きになって良かったですね。
餡は出来上がったものを買ってきます。
粒餡は簡単ですが、漉し餡は大変面倒なので2度くらいやったきりです。


★pochikoさん
お家で作っていらっしゃるのですか。
大変だけれども美味しいでしょうね。
ご苦労も知らずに言いますが、土地があるのが羨ましいです。
高いのでジャムやケーキにも回らないで、もっぱらそのまま食べるにとどまります。 

投稿: tona | 2006年2月11日 (土) 08:32

★讃岐の団塊オヤジさん
おお!うらやましい。
一体何個食べたのでしょうね。1回だけイチゴ狩りに行ったとき20個位が限度でした。
1番食べた人は120個だったそうです。
で、何故水の入ったバケツ?手を洗いながらでしょうか。
ロボットもいろいろ開発されていますが、大変な作業にこそ作られるべきですね。
イチゴ作りも採って食べやすいように観光農園では高く作っているところが出来たそうです。


★ちょびママさん
ちょびママさんも作り続けていたのですか。
畑仕事は腰にきついでしょう。そういえば
今も玉ねぎやじゃがいもを作られて収穫していましたね。
イチゴがジャム作りの原点ですね。
ちょびママさんのお陰で私もジャム作りに励んでいます。感謝しています。


投稿: tona | 2006年2月11日 (土) 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8592442

この記事へのトラックバック一覧です: いちご(やよいひめ・あきひめ):

« アオモジの蕾 | トップページ | 本『一遍の語録を読む』 »