« もう1つの渾名 | トップページ | アオモジの蕾 »

2006年2月 7日 (火)

オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」

kageki 昨晩、モーツァルト作曲 オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」新国立劇場 を鑑賞した。

指揮:オラフ・ヘンツォルト
管弦楽:東京交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団
出演:リカルダ・メルベス、エレナ・ツィトコーワ、中嶋彰子、高橋淳、ルドルフ・ローゼン、ヴォルフガング・シェーネ
物語:2組のカップルが恋人を交換という喜劇

モーツァルトの生誕250年を記念してテレビで放送していた、ベルリン歌劇場のと比較出来てより楽しめた。演出、舞台装置、衣装が違うとこんなにもオペラの印象が違うのかと驚いた。
ベルリンの方が時代設定がミニスカートの時代で違和感を感じた。日本のは合唱団が舞台に何度か現れるのだったが、その衣装が女子のはミニ・袖なし・黒のタイトのワンピースで何だか変でロングドレスにして欲しかった。
劇場の音響効果良し、管弦楽も良し、歌手の溢れんばかりの声量と巧みな歌いまわしが素晴らしく、急な代役高橋淳さんの世界のベテランに負けない歌いっぷりが良かった。

|

« もう1つの渾名 | トップページ | アオモジの蕾 »

コメント

趣味の幅が広いですね
まだ一度も本格的なオペラを楽しんだことがございません 時間もたっぷりありますのでこれからは芸術・絵画等にも行って見たいと思っています

投稿: T.O | 2006年2月 7日 (火) 18:30

★T.Oさん、こんばんは

その昔1度行ったきりで、去年久しぶりに行きました。すごく感激したので、年に1,2回行くようにしようと思いました。
T.Oさんもきっと堪能されると思います。
男の方が多かったんですよ。

投稿: tona | 2006年2月 7日 (火) 19:45

オペラ鑑賞ですか?いいですね。
モーツァルト好きです。今年は生誕250年
ということで、TVでも毎日放映しています
し、いろいろ催しも多いことでしょうね。
テレビでベルリン歌劇場を放映していました
か?やはり違うのでしょうね。
私は、来週、「フィガロの結婚」を聴きに
行く予定です。私の友人(女性)が、3幕、
4幕で伯爵夫人を演ずることになっています
ので、すごく楽しみにしています。

投稿: 茂彦 | 2006年2月 7日 (火) 19:54

★茂彦さん
よく音楽会にいらっしゃっていますよね。以前のブログで拝見しました。
フィガロの結婚と魔笛と皇帝ティトスの慈悲、ドン・ジョヴァンニをテレビで見ました。
昨日のも昨年見たドン・ジョヴァンニも全然雰囲気が違うので面白いくらいです。
「フィガロの結婚」楽しみですね。伯爵夫人はソプラノでなかなか切ない役柄ですね。
ご友人なら聴くのも熱が入るでしょうね。

投稿: tona | 2006年2月 7日 (火) 20:40

こんばんは^^
tonaさんは、よくオペラに行かれるんですか?
pochiko地方、オペラの見れる所なんてありませんし
公演される事もない場所なんです。
だから、実際に観た事はないんですけど、テレビなどで垣間見る程度で(^^ゞ
ただ声量はすごいのではないかと思われますが…?

投稿: pochiko | 2006年2月 9日 (木) 00:46

オペラ。。。全くなじみがないです。
周りに詳しい人もいなかったので今まで縁なく過ごしてきました。
オベラ歌手の方って体格のいい方が多いですよね。
あの体がないとあの声量は出せないのかもしれませんね。
体格だけなら負けないんだけど(笑)

投稿: ちょびママ | 2006年2月 9日 (木) 03:03

●コメントありがとうございます

★pochikoさん
オペラは3回目です。最初から40年間くらいの空白の後、この年になってようやくです。

声量はすごくて、傍に居たらきっと私の鼓膜は破れることでしょう。しかし同じ人間でありながら、何であんなに大きな声が出るのでしょうね。訓練とはすごいです。

★ちょびママさん
ホント、例外なく体格がいいですね。喉も太いような。
ちょびママさんがいくらなんでもあの体格とは思えませんよ。
あれだけ大きな声を山や川で叫ぶことが出来たらストレスが消えそうです。家の中で発声したら夫婦喧嘩していると思われてしまうから。場所がないです。

投稿: tona | 2006年2月 9日 (木) 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8548196

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」:

« もう1つの渾名 | トップページ | アオモジの蕾 »