« 寂しい庭 | トップページ | 風に吹かれて豆腐屋ジョニー »

2006年2月14日 (火)

古代ローマの住宅事情

huri-zya まだ上下水道もない頃のパリやロンドンなどの100万都市では、家の上層階の窓から、庶民は糞尿を投げ捨てていて、道は非常に汚れ、臭かったという話がある。
一方、ルイ14世など王族の住んだヴェルサイユ宮殿内にはトイレがなくて、外に捨てに行っていたそうで、かなり最近まで宮殿内は臭かったそうだ。いづれにせよ、身分の上下にかかわらず、トイレ事情は厳しかったようだ。
それに比較して、わが江戸は汲み取り便所があって、世界で最も清潔な都市であったそうである。

この道路の糞尿まみれは、実は古代ローマからあったのだそうだ。
古代ローマの首都ローマの人口は、キリストが生存していた頃80万人で、五賢帝の頃でも100万人だったという。面積は山手線内の4分の1程度。その混雑ぶりは今の東京都心に勝るとも劣らなかった。
そのため土地不足を生じ、土地価格の高騰と住宅の3~4階の高層化を生じた。トイレはなく水道施設も上階にはなかった。火事や崩落の危険もあって、上層ほど賃料も安く貧しい人々が住んだ。
上層階のマナーの悪い人は、ゴミや糞尿、壷や皿などの硬い物体を投げ捨てた。通行人はおちおち窓の下を歩けなかったそうだ。

つい150年前と2000年も前と全く同じ状態であったことに驚いてしまった。
現代日本は抗菌抗菌といって、潔癖にますます磨きがかかり、日本から出るとお腹を壊し、バリ島では日本人だけが赤痢とかチフスなどの伝染病にかかった。今多くの人が苦しむアレルギー現象も清潔すぎたのが原因とか。
しかし衛生状態がいいということが、長寿の原因の1つでもあるわけで複雑な気持ちです。

|

« 寂しい庭 | トップページ | 風に吹かれて豆腐屋ジョニー »

コメント

先日、テレビで(番組名は忘れました)江戸の生活を識者が話していました
3000万人が住んでいた江戸の生活は?工夫が見られた話に聞き入りました
参考になればネット 
江戸時代の生活
http://maplesyrup.tea-nifty.com/365/2006/02/post_f8a4.html#comments

投稿: T.O | 2006年2月14日 (火) 16:27

★T.Oさま
江戸時代の生活ありがとうございました。
石川英輔さんの本は読んだことがあります。
今、日本に石油がなくなったら3000万人がやっと生きられる状態だそうですね。しかもこんなに便利な生活は出来ないようです。
しかしすべてリサイクルで回っていて1つも無駄なく捨てるものがなかったのは驚異的なお話ですね。

投稿: tona | 2006年2月14日 (火) 21:09

究極のリサイクル社会だった江戸の話と、
糞尿投げ捨てのばっちいヨーロッパの話、私もしばしば
読んだり聞いたりします。
日本から、江戸時代の素晴らしいリサイクル社会が消えたのは
もったいないけれど、やろうと思えばまたできるのかなという
気もしますね。
一方、理解できないのがヨーロッパの下水事情がどうして長いこと
投げ捨てのままだったのかということです。
さぞかし臭くて不衛生だったでしょうに…ウップ
時折り取り上げられる、フランスなどの道路が犬の糞だらけというのは
その辺りの名残なんでしょうか??
衛生的になりすぎはかえって免疫力のバランスを崩すのかもしれませんが、
やっぱり、ゴミや糞尿はちゃんと管理されている社会であって欲しいです。

投稿: ポージィ | 2006年2月14日 (火) 22:04

★ポージィさま
今のきれいなヨーロッパとあの頃の下水事情の劣悪さとのあまりのアンバランスは理解に苦しむところです。本当にどうしてだったのでしょう。
私もフランスの犬の糞の話し、そのように思いました。フランスだけというのが不思議ですが、最も個人主義が徹底している国だからかなあとも考えたこともありました。
それにしても糞まみれの生活、慣れはあったでしょうけれども悲惨だったでしょうね。下水道完備のありがたさを実感します。

投稿: tona | 2006年2月15日 (水) 08:26

今の時代では考えられない状態があったのですね。

以前、イタリアに旅行したとき、ミラノだったと思うが、きれいな街なのに歩道に犬の糞がごろごろ落ちている。上を向いて歩けない。景色を眺めていると踏んじゃう。
聴くところによれば市の清掃車が来て定期的に掃除しているとか。他の街では無かったように思う。
日本では考えられない情景だった。

ナポリの近くの「ポンペイの遺跡」では、通りの横に一段高いところの丸い穴のある公衆トイレがあり、下には水の流れる溝があった。2000年前から水洗トイレがあったのだ。

投稿: 夢閑人 | 2006年2月15日 (水) 14:36

★夢閑人さま
ミラノでそんなことがあったのですか。
私は幸いミラノでは大丈夫でした。
パリでは清掃車を見ました。

ポンペイには皆が話し合いながらトイレで用を達したと説明がありましたね。
水洗トイレだったのに下水処理が出来なかったので伝染病がはやって多くの命が奪われたそうですね。
インフラが整備されない大都市では、不潔はどうしょうもないことだったのだと納得しました。

投稿: tona | 2006年2月15日 (水) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8656098

この記事へのトラックバック一覧です: 古代ローマの住宅事情:

« 寂しい庭 | トップページ | 風に吹かれて豆腐屋ジョニー »