« 今日の散歩 | トップページ | インド人は優秀 »

2006年3月27日 (月)

ターシャ・テューダーの世界に浸る

ta-sya1 ta-sya2 ta-sya3

10年前ふと本屋で目に留まった本、何度も読み返した本
『ターシャ・テューダーの世界』『ターシャ・テューダーのガーデン』『暖炉の火のそばで』
究極のナチュラルガーデンとして世界中のガーデナーの憧れの庭を1人で作り上げた人、
電気・水道など最小限に押さえて不便な生活を頑なまでに続ける1人暮らしのターシャ、
絵本作家として4人の子どもを1人で育てあげたターシャ、
生活に必要なものは自分で作るーそれは野菜果物・保存食作り、鶏や山羊その他たくさんの動物を飼い、料理は本も出すほど得意、木工、かご編み、糸を紡いで染め、織り、編み、縫う。子どもにマリオネット、ドールハウス、ぬいぐるみを作る事だった。若い頃は殆ど寝ていないのじゃないかと思うほどの働きぶり。

「喜びは創りだすもの」としてテレビ放映され、この庭が映像になった。ターシャの声も聞いた。3回も見てしまった。
ターシャは言っている。
大切にしていることは花を愛し、動物を慈しむ。自然を敬い、その恵みに感謝を忘れない。
夢を実現するには忍耐を必要とする。まず行動し、努力を惜しまない。喜びは創りだすもの。美しいものに包まれる幸せ、自分の手で作る喜び、自然と調和する安らぎ、90歳の今が人生で一番幸せよと。

私もここに書きとめて座右の銘にしたいと思うのです。ta-sya4

|

« 今日の散歩 | トップページ | インド人は優秀 »

コメント

テレビ放映、私、見逃して地団駄ふんだんですよ。
ある方のブログでこの方のお話を聞いて大感動!
なんて素敵な方なんだろうと。。。
喜びは創りだすものって素敵な言葉ですよね。
与えられる事しか知らない人間には分かりにくい幸せだと思います。
私も彼女に近づきたい!って、真剣にそう思います。

投稿: ちょびママ | 2006年3月27日 (月) 17:49

★ちょびママさま ありがとうございます。

それは残念でしたね。DVDになって売り出されるとい話も聞いたことがあるのですが・・・。
近くだったら持っていってあげるのですが。

出版された本は殆ど買いました。
何度読んでも発見があるのです。
言葉1つ1つ宝石のように輝いているのです。私も少しでもいいから近づきたいです。

投稿: tona | 2006年3月27日 (月) 20:07

tonaさん、はじめまして。
ちょびママさんのところからよくお越しいただきました。ありがとうございます。ちょびママさんには大変お世話になっています。

私もこの方が好きでテレビは見ていないのですが、本を買い素晴らしいお庭に癒されています。

病後7年目の春を迎えます。2回の入院を経て今は元気にリハビリ通院しています。ブログまでやれるようになって幸せです。今まで励ましてくださった方へのご恩返しのつもりでがんばっています。またいつでも遊びに来てくださいね。ありがとうございました。

投稿: 未歩 | 2006年3月27日 (月) 20:15

★未歩さま

ありがとうございました。
まあ、もう7年ですか。長いでね。
私には想像もつかない闘病生活ですね。
以前切腹で25日間入院したことがありますが、入院も退院した後もそれはそれは大変な思いをしました。が未歩さんは7年も。そして今も大変な状態が続いているのですものね。本当にお大事に。

ターシャの本は不思議な力でいつも私を引きつけてくれます。
よい本があったらまた紹介してください。

投稿: tona | 2006年3月27日 (月) 21:18

ターシャ,TVをみて、「思い切って液晶を買ってよかった」と思いました。素晴らしい映像、それにもましてターシャのように生きてこれたら!とため息も出ました。

投稿: saheizi-inokori | 2006年3月27日 (月) 21:38

私がこの方のことを知ったのは、去年でしたか…
まだ日が浅いです。
たまたま訪問させていただいたブログで紹介されていて
ほぉっ…と心惹かれるものを感じました。
といっても本も映像もまだ見たことないのですけれど。
ファンの方がこんなに多いと、ますます惹かれます。
tonaさんは何度も読み返していらっしゃるということですし…

投稿: ポージィ | 2006年3月27日 (月) 21:55

tonaさまのブログでターシャ・テューダーを知ることが出来ました。
ネットで早速検索しました
「この世の楽園」で動物や植物の世話、食事をつくり、絵画、洋服、ぬ いぐるみを縫い、手や身体を動かせることを喜こんだ彼女の魅力的なところを知りました。
もっと突っ込んで生き方を知りたくなりました。
お教え有難うございました。

投稿: T.O | 2006年3月28日 (火) 17:37

●コメントありがとうございました。
ココログのメンテンンスがあって遅くなりました。

★saheizi-inokoriさま

こういう花園の映像は液晶だとまるで自分がそこに居るようですね。紀行物も行ったような気になります。昔のテレビに逆戻りできません。
ターシャのような人を輩出するアメリカの懐深い自然と人間性には島国日本では考えられない面があって興味があります。現代のハリウッド映画と違って。
残りの人生ターシャのように意志が強く生きられたらいいのですが。

投稿: tona | 2006年3月28日 (火) 19:49

★ポージィさま

ポージィさんもきっと素晴らしいと感じるに違いありません・・と私は確信します。

決してターシャのような不便な生活はしたくありませんが、子どもが全部仕上がってから、自分で創り上げた世界は夢が実現したものだったんですね。ものすごい忍耐の結果出来たものです。普通の人にはとても出来ないから、世界中の人が憧れるのでしょう。幸せの基準をどこに置くかでしょうね。
日本でも今年訪問する人がいますね。

投稿: tona | 2006年3月28日 (火) 20:04

★T.Oさま

わざわざ検索してくださってありがとうございました。
とても素敵な生き方なのですよ。
現代の便利な文化的な生活からは隔絶されているようなところで、また1830年代の不便な生活を一番幸せと感じて生活しているのです。真似は出来ないけれどもその意志は感じたいです。
奥様やお嬢様にも本は喜ばれるのと思います。

投稿: tona | 2006年3月28日 (火) 20:12

メンテナンスは終わられたようですね。

喜びは創りだすもの…確かにそうですね。
自分で創り出したからこそ、出来上がっているものよりも何倍も何倍も嬉しいのだと思います。
なんか分かるような気がします。

tonaさんはよく本を読まれますね。
私も読みたい本はあるのですが、最近活字離れをしています。
ちょっと反省ですね。

投稿: pochiko | 2006年3月28日 (火) 21:14

最初のテレビ放送のときに見損なって、確か衛星放送のとき今度は見逃すまいとちゃんとビデオに撮りました。

心から自然を愛し、花を愛し、絵も楽しまれる。お年ながら一人でコツコツと手入れをされている。雪の季節の前に球根を植え、春を待つ。
自分のレイアウトしたすばらしいナチュラルガーデンが見事に表現される。愛犬(コーギー)と二人で花を愛する静かな生活、お話共々心を打たれました。

若いお嫁さんにも花のことを教え、一緒に手作りのキャンドルをつくる。心の優しい素敵なおばあちゃまです。

投稿: 夢閑人 | 2006年3月29日 (水) 12:04

ターシャデューダについての記事拝見しました。
「喜びは作り出すもの」「夢を実現するには
忍耐を必要とする」などなど、教えられること
多いです。
「まず行動し努力を惜しまない」
tona さんのブログではいつも教えられる
ことばかりです。私もこのような言葉を
座右の銘にしたいと思いました。

投稿: 茂彦 | 2006年3月29日 (水) 12:45

●コメントありがとうございます。

★pochikoさま

考えてみると自分で創り出す物っていろいろありますね。人によって様々ですけれども。
自分で楽しめば、あるいは人の模倣から創り出すっていうことも許されますね。
でもターシャは喜びは与えられるものでなく自分で創ると言っているのでした。これからどんどん創り出していきましょう。
読書は好きです。しかし難しいのがだんだんだめになって注意散漫、集中力・思考力の衰えを感じています。


★夢閑人さま

夢閑人さんもご覧になったのですね。私はビデオは永久保存します。
書かれている文字を辿っていったらまたあの世界が蘇ってきました。
コーギー犬や鶏までちゃんと庭作りに貢献しているのですね。
ターシャさん、さすがに80歳のときと違って年を取られやつれて痛々しく映りましたが、あの広大な庭を半年も1日中手入れしている姿に頭が下がります。「庭は1日にして成らず」「近道を捜そうとしないこと」などの言葉もいいですね。


★茂彦さま

ずっと小さいときからいろいろ学んできた筈ですが、ターシャから学んだことがたくさんあります。
「欲しいものを手に入れるために私はずっと頑張ってきたのよ」という言葉にも頷いてしまいました。
頑張らないで手に入れようとしている、あるいは手に入らないと暴言を吐く自分を反省します。
何も分からないのにブログを始めたことは、まず行動してしまったということで、行動することは大変なことと痛感してはいます。


投稿: tona | 2006年3月29日 (水) 15:35

tonaさんもターシャさんのご本を繰り返し大切に読まれているのですね。
 私は一昨年から絵本を中心にターシャさんの本を読んでいました。絵本作家としてのターシャさんを先に知りましたが、NHKの番組を通して、園芸家としてのターシャさんを知り、改めて尊敬の念を抱いています。

 4月21日に発売されるDVDも早速予約しました。届くのが楽しみです。

投稿: まざあぐうす | 2006年4月 1日 (土) 22:21

★まざあぐうすさま

おはようございます。ありがとうございました。
絵本は娘が買い集めましたので読みました。
描かれている場面が全部架空でなく実際のターシャさんの生活場面なのが驚きでした。
自伝や料理やクリスマスそしてドールハウスの本もありますね。本当に素晴らしい方です。

国分寺で学生時代を過ごされてとか、中目黒といい、何か親近感を覚えました。

投稿: tona | 2006年4月 2日 (日) 08:35

tonaさん こんばんは
先日奥さんがターシャさんのDVDを買ってきて見ていました。
わたしはその日は忙しかったので、ちらっと見ただけですが、ちょうどローソクをつくっているシーンでした。
昔の人はこんな風につくっていたのか・・って興味深かったのと、ターシャさんがロウソクの灯をとても大切にしていることのすばらしさを感じました。

時間をみつけて初めからじっくり見たくなりましたよ。

投稿: なかなか | 2006年4月26日 (水) 21:39

★なかなかさま ありがとうございました。

まあ、DVD買われたのですね。
是非全部見てくださいませ。
ターシャ風ガーデンは素晴らしく、その努力、その花に関する知識の深さには敬服してしまいます。
ローソク作りの場面いいですね。クリスマスのときにローソクの素晴らしさが発揮されます。この場面はこの映像にはなかったですが。
ターシャさんは私が素晴らしい人に映像ではありますが、めぐり合えたことに感謝した一人です。

投稿: tona | 2006年4月26日 (水) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/9282721

この記事へのトラックバック一覧です: ターシャ・テューダーの世界に浸る:

« 今日の散歩 | トップページ | インド人は優秀 »