« イナバウアー | トップページ | 奇妙な形の大根 »

2006年3月14日 (火)

今井通子さんから教えられた

歩いて見つけた、オオカナメモチの花芽とカンアヤメとサンシュユです。

ookanamemoti kannayame  sannsyuyu

まだ10年にはなりませんが、今井通子さんが新聞のコラムに「お風呂の水を植木や花の水遣りに使っている」という趣旨のことを書かれていました。
読んで暫くはお風呂の残り湯を使ったら、土がお風呂臭くなるのではと思って実行に踏み切れませんでした。ですが昔と違ってシャワー併設ですし、人数も少ないので風呂の水も意外ときれいなことに気づきました。しかも冬冷たい水よりも少し温度のある方がいいということで、私は使っています。植木鉢の土のにおいをかいでみましたが全然においません。ちょっと水の節約にもなります。

今井通子さんといえば、医師であり、女性世界初の欧州三大北壁完登者の顔を持った登山家です。しかも清掃登山の実行者。[ヒトの頭脳に対して、自然界が与える影響ははかりしれないものがある。日本人は知識を学ぶことに専念し過ぎて、頭ばかりが大きくて手足はヒョロヒョロ、何か宇宙人っぽい]と主張しておられます。海面から数メートルの高さ、地球全部を山・自然に見立て学んでいくのです。地球の環境問題からお風呂の水も無駄にしないことへつながっているようです。
地球が温暖化し、環境問題が叫ばれてから、私も天然資源を無駄にしない、物は大事に使う、分別はしっかりやる、時には要らないものを捨てすっきりした中で生活するを心がけています。

|

« イナバウアー | トップページ | 奇妙な形の大根 »

コメント

今井通子さん、医学博士で登山家。
野口さんと同じく山の清掃に尽力されている。エヴェレストも登山者の残した「ゴミ」で汚れている。ネパール政府も一時入山禁止をしたこともあった。学生時代、私も趣味は登山だった。少なくともマナーは守ってきたと思う。

お風呂の残り湯を植木にやったことはありません。洗濯には使っていると思います。米の研ぎ汁をやったことはあります。
今はもっぱら雨水を溜めて使っています。

いくら物の豊富な時代でも資源は無駄にしてはならないと思います。

地球温暖化、オゾンホール、フロンガスが取りざたされていますが、航空機の排ガスが一番の原因だそうです。

投稿: 夢閑人 | 2006年3月14日 (火) 17:52

相当前ですが高田馬場で(今やってるか分かりませんけど)私の担当だった時経営されていたカモシカスポーツで今井通子さん、高橋和之さんにあったことがあります。懐かしく思い出しました。
お風呂の水は活性が抜けて植木にはまずいと思いますけど?、)桜の切枝を熱帯魚の水で(栄養十分浸けていたら何個か花が少し開くだけで終わりです(今は葉っぱが出そうです)水で育てた人は花が満開になりました(競争に負けました) 

投稿: T.O | 2006年3月14日 (火) 18:35

米のとぎ汁はやりますが、風呂の残り湯はやった事ないですね。
風呂の残り湯は掃除に使ってます。
私ももったいない精神はかなりある方だと思ってましたが、皆様のお話聞くとまだまだやなって思いますね。
私も山歩きしたり釣りしたりしますが、自分のゴミは持ち帰る、これは最低限のマナーです。
来た時よりも美しくと、周りのゴミも拾って帰ります。
釣りもね、ゴミや騒音、路上駐車問題であちこちで釣り禁止の立て札が。。。
悲しい事です。

投稿: ちょびママ | 2006年3月14日 (火) 19:58

●コメントありがとうございました。

★夢閑人さま

趣味が登山とは。私山男に憧れていた事もありました。せめて学生時代ワンダーフォーゲルくらいに入っていたならと悔いております。
本当の登山者は皆マナーを守っていますね。
雨水を貯めるのは容器なのでしょうかしら。
無洗米なので研ぎ汁が出なくなってしまいました。
航空機の排ガスがが1番とは思いも寄りませんでしたがさもありなんですね。

投稿: tona | 2006年3月14日 (火) 20:54

★T.Oさま

今井さんご夫婦に会われたのですね。迫力があったでしょう。

お風呂の水、活性が抜けて植木に良くないのですね。そうなんですか。どうしたらいいかわからなくなってしまいました。
熱帯魚の水と普通の水で実験済みですね。
ブログで知っている人の話がいろいろ聞けて面白いですね。今まですごく勉強になりましたもの。

投稿: tona | 2006年3月14日 (火) 21:01

★ちょびママさま

世の中には徹底して無駄をしない人がいっぱいいますね。テレビで見たりして感心してしまいます。

来たときより美しくしようとゴミを持ち帰るとのこと、いかにも私が思っていたとおりのちょびママさんですね。
釣りの話では釣り糸とか針が生物を犯したり、ゴミになったりということを聞きますが、一部の心無い人によって皆が迷惑をかけられるのは趣味人には本当に悲しいことですね。

投稿: tona | 2006年3月14日 (火) 21:11

へえ~~風呂の残り湯を植物にですか?
今まで洗濯とかに使ってましたけど、たしかに、少しぬるくなっていていいかもしれません^^
なるほど~~って、勉強になります。
今度、私もやってみます。
お風呂のお湯も、ただ捨てるだけじゃもったいないですからね(^_^;)

投稿: pochiko | 2006年3月15日 (水) 00:35

★pochikoさま ありがとうございました。

水だけでも無駄にしないようにする方法がいろいろありますね。
きれいそうな野菜を洗ったのも捨てません。
小さい頃井戸も経験しているので汲んでお風呂に入れていた労力なども考えると、このぐらいは何でもないなあと思えます。

投稿: tona | 2006年3月15日 (水) 08:18

ゴミのポイ捨てなどは絶対にしませんが、
無駄のない生活をしているかと問われると、こそこそとどこかへ
隠れなくちゃいけません。
多分、地球温暖化にかなり手を貸してしまっています。(滝汗)
少しは皆さんを見習わねばいけませんね。

投稿: ポージィ | 2006年3月15日 (水) 11:09

学生時代はザイルの練習に校舎の壁(鉄筋コンクリート)を使っていました。あとで怒られましたけど。
山男は挨拶もよくしてました。

雨水はプラスチックの池を庭に埋め込みそれに雨どいの水を貯めています。結構水の節約になります。ドラム缶に貯めるとなおいいんですけど。

投稿: 夢閑人 | 2006年3月15日 (水) 18:02

★ポージィさま ありがとうございました。

おお、ポージィさんが地球温暖化に手を貸しているなんてとても信じられません。
私は細かいことでせこせこやっているのに、肝心のところで抜け抜けで大いなる無駄使いをしました。夫のざると合わせると家がもう1軒建ったかもしれないくらいです;(^.^);
これからはしっかりやるつもりです。

投稿: tona | 2006年3月15日 (水) 19:54

★夢閑人さま

私の愚問にお答えくださってありがとうございました。
なるほど、雨どいからのを池にためるのですね。賢いですね。

ザイルと言う言葉を聞くと、井上靖の「氷壁」を思い出します。今テレビでやっているようですが。学校の壁でやってしまったのですか。熱心だったのですね。やっているのを見たことがありますがかなりのテクニックが必要ですね。

投稿: tona | 2006年3月15日 (水) 19:59

今井通子さんと云う方、素晴らしい方ですね。
清掃登山という言葉、初めてお目にかかりました。
人がやらないことを実践される、それは素晴らしいことですね。
凡人にはなかなか出来ることではありません。
風呂の残り湯の話、いろいろ勉強になりました。
tonaさんのブログでいつも啓蒙されています。
有難うございました。

投稿: 茂彦 | 2006年3月15日 (水) 20:09

★茂彦さま こんばんは。コメントありがとうございました。

素晴らしい方々は年取っても元気ですね。
寝る間も惜しいほどやることが一杯あるのですね。凡人と違うのですね。

茂彦さんも週1回の通勤の他いろいろお忙しいそうでいいですね。
特に人から頼りにされていらっしゃるようで羨ましいことです。

投稿: tona | 2006年3月15日 (水) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/9086486

この記事へのトラックバック一覧です: 今井通子さんから教えられた:

« イナバウアー | トップページ | 奇妙な形の大根 »