« 本『枕草子』 | トップページ | 稲取の雛のつるし飾り »

2006年3月 2日 (木)

伊豆の河津桜

国内バス旅行は
・はとバスはカード引き落としでお茶のサービスが朝夕2回ある。
・クラブツーリズムは郵便局引き落としでいいが、必ずアンケートを書かされるのが難点。
・阪急交通公社トラピックスは銀行にいちいち払い込み料を払って振込みに行かねばならずダメ。
・JTBはカード引き落としだが、内容は充実していない。
というわけではとバスが気に入っています。

昨日は雨がざあざあ(強力なる雨女と言われています)の中を、はとバスで伊豆半島河津町の河津桜を見てきました。

sakura1

sakura2 sakura3 sakura4 sakura5

 

河津桜は寒緋桜(最も色が濃い)と早咲き大島桜の自然交配種で、昭和30年河津川の川原で発見され、41年に咲き始め、49年に命名されました。
花形は平開形で一重のやや下向き、花弁は5枚の円形で無毛。色は蕾の時は農紅色だが、満開になると淡紅色になる。

今年は半月以上遅れているが、例年は1月下旬に咲き始め1ヶ月以上も咲き続けるということで染井吉野とは比較にならないほど長く咲くそうです。
昨日は満開で丁度見頃でした。雨で水曜日にもかかわらず全国からたくさんの人々がやってきていました。今週末は大渋滞で車が動かないであろうということです。

遠目にはその木によって花の色が八重桜のようなものから薄いピンクまで様々に見え、近づくと海棠に似ているなあとも思え、もっと近くで見るとやっぱり桜だと、鑑賞しがいのある桜でありました。

苗木を買っていく人がいましたが、伊豆の地のほかに、果たして根付くのでしょうか。

|

« 本『枕草子』 | トップページ | 稲取の雛のつるし飾り »

コメント

ああぁ~っ、河津桜を見に行ってらしたんですね!
いいなぁ~~~
し…しかし…昨日のあの雨の中をでしたか。
(tonaさんは雨女、と。メモメモ)
雨の中とはいえ満開の河津桜、ステキですね。
先日(一昨日くらい?)ニュースで「河津桜が見頃を迎えています」と
紹介されているのを聞いたばかりでした。
まだ寒い時期に咲くから、花期が長いのでしょうか。
最後の写真は、菜の花との競演ですね!

投稿: ポージィ | 2006年3月 2日 (木) 18:14

★ポージィさま

コメントありがとうございます。
ポージィさんに雨女をしっかりメモされてしまいましたね。生まれたのが入梅の頃のせいでしょう。

半月早く申し込んだのですが、梅の開花が随分遅れていたので、もしやと判断して申し込みし直したのが正解でした。

この桜不思議な運命で今日私たちを楽しませているのですね。花期が1ヶ月というのもおっしゃるようなことが原因でしょうか。


投稿: tona | 2006年3月 2日 (木) 20:52

一足早い桜のお花見羨ましい もう満開状態で咲いてたんですね 雨で桜は鮮やかですね
こんなに開花が早い桜を初めて知りました
1昨年はとバスを利用したことがあります とても親切で車両も良かったです

投稿: T.O | 2006年3月 2日 (木) 20:54

★T.Oさま

ありがとうございました。
そうですね。染井吉野より1ヶ月早いです。
雨でも満開だったので満足でした。

T.Oさんもはとバス感じが良かったですか。
どこも競争が激しいから各企業もぼやぼやしていられませんね。
日本航空がここまでなるとは何が悪かったのかとこのところ考えてしまいました。

投稿: tona | 2006年3月 2日 (木) 21:16

ちょうど見頃を選ばれて良かったですね。
予測が外れるとがっかりですが。それでもバスは出発します。

でもでも、其処はバス会社もちゃんと考えて、もう一つの見所を組み合わせているんですね。(笑)

菜の花と桜の競演はとても綺麗で素敵です。
房総は水仙と梅の競演でした。

投稿: ねむウサギ | 2006年3月 2日 (木) 21:31

河津桜、昨年行きました。あれは何月だった
のでしょうか?それにしても、見事な桜ですよね。
ここが元祖という家があって、そこから
広がったとか、説明していましたが。私達は
阪急交通社でしたが、帰りは大変でした。
行きはよいよい、帰りはこわい、まさに
そんな感じでした。楽しい思い出です。
帰りに確か「たち雛」とかも見学しました。

投稿: 茂彦 | 2006年3月 3日 (金) 07:11

●コメントありがとうございました。

★ねむウサギさま

花を見に行くツァーはかなり前から申し込むので予測が難しいです。お花とマッチしたときのうれしさは格別です。

房総半島は暖かく菜の花や春に先駆けて咲く花は有名ですね。梅と水仙の取り合わせは匂いが漂って来るようでいいですね。
房総は東京を横断しなければならないので遠いように思えます。

投稿: tona | 2006年3月 3日 (金) 08:40

★茂彦さま

茂彦さんもいらっしゃったのですね。
飯田さんの家にある原木が道路に張り出していました。
約50年経ったものとだと知り結構大きくなるものだと思いました。
帰りは渋滞に遭われたようですね。大変でした。
多分雛のつるし飾りだと思われますが、きれいでした。

投稿: tona | 2006年3月 3日 (金) 08:49

tonaさん、雨女なんですね。
私は強力な晴女なんですよ。
tonaさんと私が一緒に出かけたら空も大変でしょね。
きっとキツネの嫁入りしそうな天気雨になるでしょうね(笑)
河津桜、確かこちら松山の河川敷公園でも何本か見かけたような気がします。
遠目にもピンクの色が濃いので「ん?」と目に付きます。
私の記憶が確かなら、あのあたりに咲いてたはず。。。
夫に頼んで連れてってもらいましょうかね。

投稿: ちょびママ | 2006年3月 3日 (金) 09:38

今日の散歩で河津桜の開花を話しました
みんな良く知っていますね河津桜の開花時期までも、さくら見物の順番までも・・知らないのはわたしだけ でしたね

投稿: T.O | 2006年3月 3日 (金) 15:43

★ちょびママさま

強力な晴女だすって。うらやましい!
ホント、もしご一緒したらどうなるでしょうか。晴れますよ、きっと。

松山にも河津桜あるのですね。
ちょびママさんは何でもよくご存知で一緒に歩いたら楽しいでしょうね。
そちらは暖かいのでこの桜もあるのでしょうね。早く見られるといいです。

投稿: tona | 2006年3月 3日 (金) 16:48

★T.Oさま

桜見物の順番までとはお仲間の方々すごいですね。
三春の滝桜とか身延山の枝垂桜とか
岐阜の薄墨桜とか高遠などいろいろありますね。
順番はさっぱりわかりません。
桜だけでも随分種類がありますから
ゆっくり時間をかけて鑑賞しましょう。

投稿: tona | 2006年3月 3日 (金) 16:55

いつか行きたい
駿河湾フェリーで、清水から土肥へ
河津桜咲く頃に
10日程前、いつか・・・と約束した彼女は、もう居ない。
着物で行く事まで約束したのに。
彼女を 心に抱いて 彼女の好きだった河津桜を 
いつか必ず見に行ける私になりたい。

湿っぽくて ごめんなさい

投稿: 753 | 2006年3月 5日 (日) 10:48

★753さま
コメントありがとうございました。

お疲れになったでしょう。
社長さんの奥様だった方なのですね。

清水から土肥までフェリーがあるのですね。
富士が見えて良い景色でしょうね。
今年はあと1週間は河津桜楽しめるそうですが、如何ですか。まだそんな気分ではないでしょうね。
早く元気を出してください。

投稿: tona | 2006年3月 5日 (日) 16:50

ありがとうございます
今年は、近場で・・・
いつかね。もう少し 強くならないといけません。
でも 身近なちいさな幸せは、重ねていきますよ!

投稿: 753 | 2006年3月 5日 (日) 19:40

★753さま

5日のブログ拝見しました。
随分苦しい思いをなさったのですね。
2人のお嬢様とも分かれて暮らさなくてはならなかったことも、考えられないほど悲しいことです。
もりかわさんがおっしゃているように、時期がくれば絶対に癒えるのですから。
私も弱い人間ですから強くなりたいと悩んだことも多いでのすよ。
小さな幸せ重ねていかれるという言葉を心強く感じました。

投稿: tona | 2006年3月 6日 (月) 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8907859

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の河津桜:

« 本『枕草子』 | トップページ | 稲取の雛のつるし飾り »