« 伊豆の河津桜 | トップページ | 光琳「紅白梅図屏風」 »

2006年3月 3日 (金)

稲取の雛のつるし飾り

hina1

今日は雛祭り
人形(ひとがた)を使って邪気を払う昔の貴族の風習と幼女の人形遊びが融合し、江戸時代中期以降に女児の成長を祝う行事として民間に広まったお祭りとある。
従来「女の三従」としての地位に甘んじてきた女性にも、1年に1回こういう日があったことが心を和ませます。

1昨日稲取温泉の「雛のつるし飾り」を見てきました。このつるし飾りは九州柳川と山形坂田と並んで日本三大つるし飾りの1つだそうです。
江戸時代から女の子のすこやかな成長を願って和裁細工として現在まで受け継がれてきたそうです。
さる・はまぐり・すずめ・だるま・羽子板・鶴・蝶・おかめ・草履等等種類がたくさんあり、それぞれ意味があってひな壇の両側に天井から下げられています。雛が下げられているわけではない。

hina2 hina3 hina4 hina5

もう1つ似ていて違う、伊豆長岡温泉の「まゆ玉飾り」も見学。
伊豆長岡町は昔、養蚕が盛んでまゆ玉をかたどったどんどん焼きや餅花などが盛んだったそうです。
旅館の女将さんや芸妓連の方々の着物がまゆ玉や、縁起物の飾りに生まれ変わったのがこの飾りです。
これは竹に挿してありました。

mayu5 mayu7 mayu2 mayu3

ke-ki1 ke-ki2 今日は娘の誕生日でもあるので、先日夫がレモンメレンゲパイを焼いて届けました。今年は21歳?になっただとか。

|

« 伊豆の河津桜 | トップページ | 光琳「紅白梅図屏風」 »

コメント

吊るし雛も周りを華やかにして綺麗!
昔の女性はこういう手仕事が器用だったんですね。

お嬢様のお誕生日は雛の節句と同じだなんて、なんだかtonaさんらしいと思いました。
おめでとうございます。

ご主人様もパイを焼かれるなんて、羨ましいです。

投稿: ねむウサギ | 2006年3月 3日 (金) 17:53

お雛様にもいろいろな種類があるのですね。
日本古来の美しいもの、ずーっと引き継いで
行って欲しいと思います。娘さんのお誕生日
だとか、こんな日にお誕生日とはすごい。
レモンメレンゲパイはご主人が焼かれるのですか?
私も食べてみたいと思いました。

投稿: 茂彦 | 2006年3月 3日 (金) 20:14

●コメントありがとうございました。

★ねむウサギさま

勝浦のお雛様今日もまたテレビで見ました。
その数はすごいですね。
こちらのはささやかですが、作り手のやさしさが伝わってくるような可愛いものでした。
よくこんなに細かい裁縫を日本の女性はしてきましたね。

女の子で丁度良かったでした。
夫の得意なのはパイなのです。
これからもどんどん作ってもらいます。

投稿: tona | 2006年3月 3日 (金) 20:36

★茂彦さま

昨年茂彦さんもご覧になったのですね。
今日テレビを見ていただけでも随分いろいろなお雛様があるのが分かりました。
この伝統は外国の人形と全然違うのですから
これからも守られていって欲しいですね。

偶然この日に生まれたのが女の子でした。

夫はパイ皮も冷凍品でなく自分で作ります。
数こなしていますから私よりずっと上手です。おまかせばかりしている私はもう出来ないかもしれません。

投稿: tona | 2006年3月 3日 (金) 20:43

珍しいものを見せていただきました。
つるし雛の名前は聞いたことがあっても、画像は見る機会は
なかなか少なくて。実物はもちろん見たことありません。
これだけの飾り物を作るのはさぞ大変でしょうね。
ひとつひとつに意味があるというのが楽しいですね。

お嬢様のお誕生日、おめでとうございます。
素適な日がお誕生日でいいですね(^^)
ご主人のパイ作りの腕前、相当なものですね。美味しそう!

投稿: ポージィ | 2006年3月 3日 (金) 23:24

お嬢さんの誕生日がひな祭りなんて喜ばしい事ですね。
やっぱり 雛祝いと誕生日祝いは一緒になってしまっていますか?
お嬢さん、ふくれっ面とかしませんか(笑)
いろんなお雛様、昔からのとか繭玉飾り?きれいですね^^

投稿: pochiko | 2006年3月 4日 (土) 00:56

★ポージィさま

聞いていたのですが百聞は一見に如かずでした。
地元のどんなにかたくさんの女性の思いが
込められているのでしょうか。そのパワーにも感心しました。
猿は厄が去るとかよだれかけは疱瘡よけとか、
その意味が様々で面白いです。
誕生日時々こういう人はいますね。男性にもいましたけれど。

パイだけはおまかせです。まあまあでした。

投稿: tona | 2006年3月 4日 (土) 07:03

★pochikoさま

こんなまゆ玉飾り初めてで時間の許す限り
眺め入ってしまいました。
こういう手で作ったものは温かみがあって
いいものですね。
pochikoさんの方はお雛様もこちらと違ったのがあるのでしょうか

誕生日のご馳走と、ひな祭りのお寿司などは別の日に祝っていましたよ。
ですので不満はなかったと思います。

投稿: tona | 2006年3月 4日 (土) 08:02

3日がひな祭り すっかり忘れています
子供が幼少の時はよく気が付いたのに・・
所によってその地あった飾り方があることを知りました 勉強になりました どれを見てもきれいです 
tona さんは物知り(勉強家)で行動的ですね
ご主人はレモンメレンゲパイが焼けるとは驚きです・・ 料理でまだ教わっていません 今度提案してやらなくてはと思いました

投稿: T.O | 2006年3月 4日 (土) 08:49

日本全国、その土地土地によっていろんな伝統、由来があるんですね。それをずっと守り伝えていく。すばらしいことだと思います。

「雛のつるし飾り」写真で初めて拝見いたしました。なんともいえない奥ゆかしさと美しさを感じます。

投稿: 夢閑人 | 2006年3月 4日 (土) 11:06

★T.Oさま

お孫さんがお嬢様ですから来年からは
ひな祭りが待ち遠しくなりますよ。

私は今年、お雛様に開眼しました。
今年はあと1回お雛様を見に行く予定です。
来年は勝浦です。

男料理でケーキを提案なさるのですね。
和菓子系は作っていらっしゃるようですが。

投稿: tona | 2006年3月 5日 (日) 08:55

★夢閑人さま

いろいろなお祭り、行事など日本の素晴らしい伝統は、年取ると共に無視できなくなってきます。
後世に伝えることが先に生まれたものの勤めであるとも思いますが、
鶴を折るくらいしか自分にはないです。
全くの見聞どまりです。

投稿: tona | 2006年3月 5日 (日) 09:03

お嬢様、ひな祭りがお誕生日ですか。
遅ればせながらおめでとうございました。
嬉しい事が重なると何倍の悦びにも感じられそう。
いや、やっぱりお祝い事は何度もあった方がいいから、別の日が良かったですかね?(笑)
つるし飾り、見事ですね。
すごく豪華~♪
日本各地、いろんな飾りが有るのかもしれませんね。
確か、愛媛の南の方は座敷雛が飾られます↓
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/yoimikan/hina.html
興味がありましたらどうぞ。

投稿: ちょびママ | 2006年3月 6日 (月) 21:47

★ちょびママさま

コメントありがとうございました。
座敷雛のサイトありがとうございました。
今年から急に興味を持ったので嬉しいです。
これはすごい。庭園が作ってあるのですものね。桜があるので(普通は桃の花)不思議に思ったら4月にあるからですね。いやー、きれいきれい!
遠くて見に行かれないのが残念ですよ。

子どもの誕生日は何日もずれないで3日で良かったです。女だったので。

投稿: tona | 2006年3月 7日 (火) 08:19

tonaさん こんばんは
昨日は訪問していただきありがとうございました。
tonaさんのブログを拝見していたら、「あれ~っ柳川のさげもんにそっくりだ~!!」と驚きました。 こんなつるし飾りが他の所にもあったんですね。 
読んでみたら、「日本三大つるし飾り」とのこと納得しました。 
tonaさんは柳川のさげもんはごらんになりましたか? とっても綺麗ですよね。

投稿: なかなか | 2006年3月23日 (木) 18:29

★なかなかさま

昨日はアオツヅラフジのブログを見せていただきありがとうございました。
本当にアンモナイトそっくりでびっくりの実(種)ですね。大変勉強になりました。これからも楽しみに拝見させていただきます。

柳川は「お花」に行きました。せいろ蒸しが美味しかったです。お雛様のことは知りませんで、見ていないのですよ。残念です。いつか見ることができればいいいのですが。

北九州は夫の転勤で行ったのですが、とてもいいところで気に入ってしまいました。親戚がいたら永住したいくらいでした。

投稿: tona | 2006年3月23日 (木) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/8923350

この記事へのトラックバック一覧です: 稲取の雛のつるし飾り:

« 伊豆の河津桜 | トップページ | 光琳「紅白梅図屏風」 »