« シェファーズ・パイ | トップページ | 勿忘草いっぱいの庭 »

2006年4月17日 (月)

多摩の寒葵

Kannaoi1

ご近所の盆栽を全国に出向いて教えに行くという方に「寒葵」を見せていただきました。
根元の地面に柿のへたのような茶色っぽい花が咲いていました。これが花?全然目立ちません。
冬も葉が枯れないのでこの名前が付いたそうですが、普通の「寒葵」は秋から冬にかけて開花する。今4月頃に開花するのは「多摩の寒葵」だそうです。

葵といえば、徳川家の家紋、水戸黄門の「この紋所が目に入らぬか」ではないか。
調べてみたら、こちらは「双葉葵」の葉でした。ハート形で葉が2枚近くにつくところから双葉の名になったとか。徳川家の家紋として葉が3枚使われた。
徳川の将軍の霊廟である上野東照宮には「葵のご紋」のついた灯籠が立ち並んでいましたね。

Medaka Anakarisu メダカが生きていました。氷が張っていたのでどうしているかと心配していましたが、3月頃から底のほうで泳ぎまわっていたので、ほっとしました。暖かくなってきたのでやっと餌を食べるようになりました。
60匹くらいいるみたい。あちこちから「下さい」とお呼びがかかっているので、増やすために枯れてしまった藻・アナカリス(オオカナダモ)を買ってきました。
さ、今年もまた頑張って増やしてみましょう。


モミジの花がこんなに綺麗に咲くのを見るのは初めてです。
柏は枯葉をずっと落とさないと聞いていましたが、なるほど、次の新芽が出ているのにまだこんなに残っていました。
そういえば、彼岸花の葉はくたびれているもののまだ枯れていませんでした。
Momizi Kasiwa

|

« シェファーズ・パイ | トップページ | 勿忘草いっぱいの庭 »

コメント

tonaさん、めだかも飼っていらっしゃるんですか。
冬も発泡スチロールの箱だったら表面が凍っても大丈夫なんですね。外に置きっぱなしで水も替えないでいいんすか?。めだか飼いに挑戦してみよう。解らないことがあったら教えてください。

金魚は飼ったことはありますが結構手がかかるのでやめました。金魚も一度卵を産んで子供が生まれたのですが、親が食べてみんな駄目でした。分けなければいけないのですね。

寒葵、下の目立たないところに花が咲くのですね。はじめて見ました。

もみじ、実家にありました。小さな花がいっぱい咲きます。この頃ほとんど目にかかりません。

投稿: 夢閑人 | 2006年4月17日 (月) 15:20

寒葵、きのこのような花ですね。こんな地味でも受粉が出来るってことは、何かいい香りとかでもするんでしょうか?

私も↑の夢閑人さんと同じように金魚を飼ったことがありましたが(縁日で娘が)、結構たいへんでした。

娘も欲しいといった手前、お世話していましたが、途中で「お母さん、金魚ってなかなか死なないね」なんて言っていました。なんという。。。

投稿: シーサイド | 2006年4月17日 (月) 16:10

●ありがとうございました。

★夢閑人さま

冬越しには発砲スチロールがいいようです。
冬は外に出しっ放しで氷が解けないで張ったままが続きましたが大丈夫でした。
先週になって水をきれいにしてあげました。時々日にさらした水(さらすのを忘れて水道水を即やってしまうこと多し)を少しずつ入れ変えます。水草に卵を産み付けるので、これを他の入れ物に入れておくとある日めだかの赤ちゃん誕生です。餌は食欲旺盛なら日に2度あげます。金魚に比べたら簡単です。
夢閑人さんにも差し上げたいくらい今に増えます。

見ているとあきないですね。是非飼ってみてください。

投稿: tona | 2006年4月17日 (月) 19:56

★シーサイドさま

葉や茎に芳香があるそうですよ。
家に帰ってから知ったので、かいできませんでしたが。

金魚難しいですね。私も子どものとき縁日で買ってはあの金魚鉢に入れてもう2,3日で死んでいました。出目金なんかことに弱かったです。
お嬢さん、金魚飼うの上手だったのですね。あまりに正直なのでにくめない発言ですね。
小さな動物でも飼うことは人間性を培うのにとてもいいんだそうです。

投稿: tona | 2006年4月17日 (月) 20:07

紅葉の花?ずっと前に社宅の庭に紅葉があったのに、気がつかなかったです。メダカ欲しいな。去年買ってベランダで楽しんでいたのが死んでしまいました。

投稿: saheizi-inokori | 2006年4月17日 (月) 20:40

寒葵は知っていたけどこんな花が咲くなんて
気づきませんでした
アケビの花色と同じ感じにも見えましたよ

モミジの花でTBさせていただきました

投稿: ももみ | 2006年4月17日 (月) 21:59

★お約束(笑)の…
今日、配達のついでに「牡丹」を撮ってきました。
ちょっと早いかな?と思っていましたが、いくつかきれいに咲いていました。
写真を撮らせてもらったお宅の人に聞くと、木が傷む?らしいので、
開いたら2~3日で花を切り取るそうです。
改めて、花もペットも育てるのは「たいへん」なんだなぁ…。
(私みたいなズボラ人間にはムリ!)

師匠のページにあった「寒葵」↓
蝶のゴチソウだそうです。
http://hayashi-no-ko.blogzine.jp/photos/_kusa3/1103ka.html

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2006年4月17日 (月) 23:08

カンアオイ、ちょっと好みの分かれそうな花ですよね。
何度か見た事ありますが、ちょっと。。。(笑)
モミジの花は小さくて撮るの大変ですよね。
私も花とプロペラ、両方揃ってるのを撮りたくて
今日、撮ってみたけどなかなか満足の行く写真は。。。

メダカ、去年生まれためだか(たった一匹)は
親メダカと別に入れておく方がいいんですかね?
だとすると新しいメダカを何匹か入れてやった方が良さそうですね。

投稿: ちょびママ | 2006年4月17日 (月) 23:24

●ありがとうございました。

★saheizi-inokoriさま

紅葉の花なんすが、すべての紅葉に咲くわけではないようなんです。どうしてなのでしょう?
メダカ死んでしまったのは残念でした。
我が家のを差し上げたいくらいです。

投稿: tona | 2006年4月18日 (火) 06:52

★ももみさま

葉をかきわけないと花が見えませんでした。
そうそう、アケビの花の色と同じでした。

ももみさんのモミジの花きれいに撮れていますね。さすが!

投稿: tona | 2006年4月18日 (火) 06:57

★讃岐の団塊オヤジさま

牡丹、たった2,3日でもう花瓶へですか。
いたわるためにはそんな努力をしないとだめなんですね。
めだかだけは世話いらずですから大丈夫ですよ。

寒葵がかの有名なギフチョウのご馳走ですって!寒葵って餌になるほどたくさんあるのでしょうか。他の植物も食べるのでしょうね。

投稿: tona | 2006年4月18日 (火) 07:50

★ちょびママさま

私、この花初めてだったのでこれが花だなんてびっくりしました。形も、色も、咲いている場所も。
モミジ、もうプロペラと揃っているのがあったのですか。此処2,3年プロペラの段階から気がつくという、何処に目をつけているのかというtonaです。

親メダカがまたすぐ卵を産む筈ですから、藻を別の入れ物に入れ替えて、かえった赤ちゃんを少したってから1匹のお姉さんだかお兄さんと一緒にすればいいのではないかと思うのですが。

投稿: tona | 2006年4月18日 (火) 07:58

tonaさん、立て続けに質問になってごめんなさい。
メダカって親子同士、兄弟同士入れておいてそこでまた卵産んで。。。っていいんでしょうか?
なんていうか近親相姦の図になっちゃいますよね。
そこが気になるとこでして。。。
それって考えすぎなんでしょうかね?

投稿: ちょびママ | 2006年4月18日 (火) 09:15

以前寒葵は見たことがあるようで無いような
葵の御紋によく似てますね 最初ツワブキの縮小品種かと思いました
探してみたくなりました 

投稿: T.O | 2006年4月18日 (火) 10:04

メダカ、たくさん生き残っていてよかったですね!
これで耐寒性のあるメダカの遺伝子が受け継がれていく…かな?

カンアオイの花って、初めて見ました。
目の前にあったとしても花と気付かずに素通りしそうです。
こんな花もあるんですねぇ…。芳香があるのですか。
地面に貼りつくように生えていては嗅ぐのも大変そうです(^^;

モミジの花は盛りを迎えつつあるようですね。
私も初めて見たときはちょっと感動しました。
意外などといってはなんですが、エレガントな姿に思えました。

投稿: ポージィ | 2006年4月18日 (火) 11:22

tonaさん、もみじの花、きれいですね。
私もリハビリの帰りに桜を見に行ったときに
もみじの花を始めて教えてもらいました。
お写真はよりはっきりきれいです。
ありがとうございました。

めだかも沢山生き残っていて良かったですね。
最近見たことありませんね。

投稿: 未歩 | 2006年4月18日 (火) 16:51

●ありがとうございました。

★ちょびママさま

私もそれを考えたことがありながら5年間くらいそのまま近親でしたが、一昨年近所の家の赤ちゃんを5匹いただいてまぜました。
5年間全然奇病も発生しませんで、元気でしたよ。でももしどこかの家と交換したらとてもいいと思います。

★T.Oさま

寒葵と双葉葵があることすらも知りませんでした。
ネットで葵のご紋をじっくり見てしまいました。徳川もどうしてこれを紋所にしたのでしょうね。当時いっぱいあったのでしょうか。
あまり見かけませんのに。

投稿: tona | 2006年4月18日 (火) 20:15

★ポージィさま

ポージィ家のメダカは如何でしたか。
本当に強いのは生き残ったのです。屍骸が下に沈んでいましたから。

カンアオイ、芳香があるのを知っていたら這いつくばってかいだものを、残念でした。この頃クックちゃんと同じく何でもかぐ癖がつきました。

モミジ、カエデの区別をまた忘れていい加減なことばかり言っていますが、これらのお花もルーペで見ないと分かりませんね。


★未歩さま

モミジのお花もご覧になった由、良かったですね。これからお花が次々と咲きますからたくさん見られますように。

めだか、写真ではひめだか(赤い)しか写っていませんが、黒い日本古来のめだかも下のほうで泳いでいるのですよ。未歩さんに差し上げたいなあ。

投稿: tona | 2006年4月18日 (火) 20:28

めだかを飼っておられるのですね。我が家でも庭に池があるときは飼っていましたが、飼うの結構難しいですよね。池があると、蛙がはびこるので、結局やめました。最近、めだかがみれるところが減ったのではありませんか?tonaさんの近くでは、水がきれいだから、川で泳いでいるの見れますか?

投稿: 茂彦 | 2006年4月18日 (火) 21:50

★茂彦さまありがとうございます。

池があったとは管理が大変でしたでしょう。
水が濁るので浄化もあるし、水槽や鯉や金魚、めだかどれも手がかかりますね。蛙や蛇の問題もありますものね。

近くのお鷹の道の川に見かけましたよ。他の名前の分からない小さな魚もいて子ども達が獲っていました。

投稿: tona | 2006年4月19日 (水) 08:10

tonaさん、こんにちは。
めだか、ありがとうございました。
ちゃんと心に頂戴しました。

地図で調べてくださったのですね。
そのとおりなんです。
田舎ですが田んぼがあるだけで、
フキノトウもわらびも知らないんです。
ですから自然っていいなあと思います。
これも歳を重ねられたから分かる幸せですね。

投稿: 未歩 | 2006年4月19日 (水) 10:50

★未歩さま

そうですね。年を重ねると確かに自然に近づき、話しかけ、またそこから色んなものを得ようと欲張りもします。そして随分の幸せをもらいます。ありがたいことです。
未歩さんからも戴いています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2006年4月19日 (水) 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/9635470

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩の寒葵:

« シェファーズ・パイ | トップページ | 勿忘草いっぱいの庭 »