« 高遠のコヒガンザクラ | トップページ | 多摩の寒葵 »

2006年4月15日 (土)

シェファーズ・パイ

『イギリス的「優雅な貧乏暮らし」の楽しみ』吉谷桂子 吉谷博光著 集英社be文庫

著者夫婦が1990~1998年まで貯金が尽きるまで渡英して暮らした記録である。
イギリスの美しい庭、窓、インテリア、朝食、アフタヌーンティー、ハーブ、アンティーク、きちんと装うなど、お金を使わない楽しみが美しいカラー写真で紹介されている。
日本人とは全然考え方が違うとはいうものの、古いものを大事にし、美しい花に囲まれたお金をかけないゆったりした生活が、日頃のストレス多い心を和ませ、まことに羨ましい限りの世界なのです。

Syehulazupai1 Syehulazupai2イギリスといえばスコーン、サンドイッチ、クリスマスプディング、キドニーパイ、ジャム類、ローストビーフ、フィッシュ&チップス、フルーツケーキなどが思い浮かぶがこの本に載っていた「シェファーズ・パイ」に挑戦してみる。
これは英国のお袋の味なのだそうだけれども、何と言うことはない、パイ皮にあたる部分がひき肉の煮込みで上にマッシュポテトを載せチーズを散らしてオーブンで焼いたものでした。下のひき肉にたいしてマッシュポテトを倍にしたら、崩れてひき肉が染み出てきて見栄えがたいそう悪い。最初はきちんとやるべきでした。

今日 我が家で咲いた花

暮れに紅葉していたヒメフウロが可愛い花を2輪つけました。何だかセンテッドゼラニウム(ローズゼラニウム)に似ています。Hmehuuro1 下の紅葉は去年の葉です。

Himehuuro2_1

「タキイ」の通販で買ったフロックスの薄紫は増え、ピンクは消えてしまいました。

Hurokkusu1 Hurokkusu2

ペラルゴニウムとシンビジウムは濃いピンクの方だけ咲きました。

Perarugoniumu_1 Sinnbiziumu 

近くにはヒメリンゴとムベが満開近し。

Himerinngo Mube

|

« 高遠のコヒガンザクラ | トップページ | 多摩の寒葵 »

コメント

イギリスと言えばコテッジガーデンなどNatural Garden の発祥の地、植物の名称はすべて学名で統一されている。日本みたいに学名とか和名なんて存在しない。馴染みにくいかもしれないが間違いはないと思います。

イギリスも南のイングランド、北のスコットランド。男共にとってスコットランドといえばスコッチウィスキー、一般的なジョニーウオーカー。
黒ラベルは昔は結構高級なウィスキーでした。1960年代、仕事で海外に行く時、免税店で日本のだるま(サントリーウィスキー)とジョニ黒を買って行ってたものでした。

それにしてもtonaさんはいろいろ花をお持ちですね。
「フロックス」も色々園芸品種がありますよね。以前あったけどいつの間にか消えてなくなりました。

投稿: 夢閑人 | 2006年4月15日 (土) 17:28

シェファーズというのは、どんな意味なのでしょうか?
イギリス的な「優雅な貧乏暮らし」、古いものを大切にし、美しい花に囲まれた生活、今の日本では考えられない生活かもしれません。日本でも、もう少し古いものや伝統などを大切にしたい、そのように思うのです。日本にも美しい伝統、文化があると思うのですが、そういったものを大事にする気持ち、英国に見習いたいですね。

投稿: 茂彦 | 2006年4月15日 (土) 19:20

今は伝統を意識していない人が多いです。
今まであったものが不要となれば意とも簡単に処分する。若者が私たちの存在を重要視せず勝手な行動をしている世の中、過去があって今があることを忘れてる。自分もそうかも知れないと思います。反省
あまり難しいことは判りません。
随分めずらしい色んな花・植物を持ってるんですね。だから詳しいのですね。

投稿: T.O | 2006年4月15日 (土) 20:24

この本は読みましたが、シェファーズパイを作ってみようなんて気には全然ならなかったものぐさな私です。
古いもの、住まいを大切にするところは、見習い大気がします。

投稿: シーサイド | 2006年4月15日 (土) 20:39

●コメントありがとうございました。

★夢閑人さま

植物の名前が学名で統一されているのですか。日本のはややこしいですよね。
生活自体も複雑で、着る物も洋服と和服を揃え、皿なども和、洋、中華と全部揃えているので荷物が多いのですね。
1960年代にもう海外赴任やら出張があったのですか。外国へ出かけることは大ベテランですね。私は1995年初めて香港へ出ましたが、恐る恐るでした。今自分でも笑ってしまうくらいです。

フロックス、いろいろありますね。これだけは消えないように必死です。

投稿: tona | 2006年4月15日 (土) 20:47

★茂彦さま

分からなくて、娘に問い合わせたところ
Shepherd's pie(羊飼いのパイ)、ひき肉にラムを使うからかなあと言っていました。

日本は多くの国民を抱え、戦後何もないところからここまで這い上がってきたから、まだ真の意味で豊かでないのですね。その点、欧州は破壊したものもつなぎ合わせて復興するのですし、自然も破壊しないで大切にし、何処の行ってもきれいの一言に尽きます。気持ちまで本当に豊かなのですね。どうしたらいいのか考えてしまいます。

投稿: tona | 2006年4月15日 (土) 20:59

★T.Oさま

入れる器が小さいのに、随分いろいろなものを買っては、はみ出して捨ててしまう。私の前半生は失敗の連続。これも子どもの頃の戦後の貧しい生活から、豊かなアメリカのホームドラマを見て真似したことが考えられます。何とおろかなことでしょう。反省します。
日本の伝統も大切にしながら、心地よい生活をしていきたいものです。

冬は鉢が家の中にいっぱいで時々蹴飛ばしてしまいます。掃除が大変です。

投稿: tona | 2006年4月15日 (土) 21:09

★シーサイドさま

本を読まれたんですね。
イギリスの料理は美味しくないという世界的評価がありますから、あまり作りたい気は起きませんよね。
私もかなりのものぐさなのですが、今年の目標を念頭に立てて、何でもすぐやることにしてみました。いつもというわけにいかないのですが。
大切に、美しく住むことはなかなか難しいですが努力していきたいです。

投稿: tona | 2006年4月15日 (土) 21:27

こんばんわ~ いつもコメントでダブって投稿になったりしてしまいすみません<(_ _)>

シェファーズ・パイって美味しそうですね。
簡単に出来そうな木がするんですけど…難しいですか?
私も作ってみようかしら?

tonaさんもたくさんの植物でお部屋の中にあふれてそうな感じです。
シンビジュウムは豪華ですね^^
ヒメリンゴの白い花が清々しい感じの花でキレイ~~♪

投稿: pochiko | 2006年4月16日 (日) 00:47

補足です。
牛のひき肉を使うと、cottage pie(コテージ・パイ)になります。
イギリスでは毎日パブに入っていましたが、シェパーズ・パイよりコテージ・パイを置いてあるパブの方が多かったです。
最近は、羊の肉でもコテージ・パイと言ったり、牛でもシェパーズ・パイと言ったりするようですが。

投稿: nocci | 2006年4月16日 (日) 01:18

★pochikoさま ありがとうございます。

<シェファーズ・パイの簡単レシピ>(4人分)
①ラムまたは牛ひき肉450g
②にんにく1片、エシャロット3本、玉ねぎ中1個、トマト中半分、人参小1本パセリ適宜を刻む
③ ①と②を炒め、塩胡椒、薄力粉大2を加えさらに炒める。チキンブイヨン1個と水1カップ入れ煮込む。
④パイ皿かキャセロールに③を入れ、グリンピース(冷凍)1カップを散らし、マッシュポテト5カップ強とチーズを盛り、200度20~30分オーブンで焼く。

ラムは抵抗があったので牛ひき肉でこの半分の量でやりました。マッシュポテトはジャガイモ5個使いました。普通の料理より時間はかかりますが、お暇なときにやってみてください。日本のおふくろの味となんたる違い!

投稿: tona | 2006年4月16日 (日) 08:59

★nocciさま ありがとうございます。

今回、ラムが臭そうなので牛ひき肉を使いましたので、コテージ・パイになりますね。
イギリスは羊をいっぱい飼っているからシェファーズ・パイがあるのでしょうか。

どちらの肉を使っても、どちらの名前で呼んでもいいということが分かりました。

投稿: tona | 2006年4月16日 (日) 09:05

シェファーズ・パイもコテージ・パイも初めて目にしました。
tonaさんが作られたの美味しそうですよ~
マッシュポテトの代わりに、薄くスライスしてさっと炒めた
ジャガイモを乗っけて焼いては邪道でしょうか。
(マッシュポテトはめんどくさそう…^^;)
最近、超超手抜き料理が多いので、こういうのならたまには
作ってみようかななんていう気になりました。

ヒメフウロの可愛い花が咲きましたね。
うちの庭に自生しているのもヒメフウロと思っているのですが、
tonaさんのと花は同じでも、茎の逞しさがずいぶん違って見えます。
(うちのはもっと貧弱で草!という感じです)
花はまだですが、咲き始めたらしばらく楽しめますね。

投稿: ポージィ | 2006年4月16日 (日) 13:07

★ポージィさま ありがとうございます。

超超手抜き料理いいですね。こういう素朴なのが結構美味しいのですよね。
ものすごく忙しい勤め生活の娘の方が結構ちゃんと作って食べているので随分堕落してしまったなあとは思ったりもするのですが。

マッシュポテトは結構大変です。だからコロッケも作りません。しかしこの料理はコロッケと同じようにやさしいけれども時間がかかう部類でしょうね。時間があるときでも作ってみてくださいませ。

ヒメフウロ、山野草なので手がかかりませんね。ずっと枯れないでもってくれるといいのですが。

投稿: tona | 2006年4月16日 (日) 20:08

ヒメフウロ、可憐でなんて素敵なんでしょう。ムベって「ムベなるかな」のムベなんでしょう。どういう意味か調べたような気がするけど忘れました。もう一度調べてみます。

シェファーズ・パイもおいしそう。拡大写真を見ているとおいしさが伝わってきます。

tonaさんのお宅は綺麗な花に囲まれて、おいしいお料理を召し上がって、ほんとうにお幸せですね。

今夜も手抜き料理だったので反省しています。

投稿: ねむウサギ | 2006年4月16日 (日) 21:07

「むべなるかな」とムベの関連記事を見つけました。

『漢字だと郁子と書きます。
名前の由来は、昔、ムベの実は朝廷に献上するもの(おおにえ)であり、
「おおにえ」がだんだん変化して「むべ」と呼ばれるようになったそうです。

また、天智天皇が滋賀県に訪れたとき、村人の中にたくさんの子供をさずかり、
非常に長命な老夫婦に出会った。長生きの秘訣は何かと尋ねたところ、
土地で採れる珍しい木の実で、無病長寿の霊果を毎年食べているからです。
と答えました。それを食べた天智天皇が「むべなるかな」と答え、
そこから「ムベ」という名前になったという伝説もあるようです。
(「むべなるかな」:いかにももっともなことである)』

(http://blog.so-net.ne.jp/shareki/2005-04-27-1)

投稿: ねむウサギ | 2006年4月16日 (日) 21:17

パイ,とっても美味しそうですね
こういうのをさらりと作ってしまうtonaさんて凄いと思います
簡単レシピがあったのでコピーさせていただきました
豚ひき肉でも大丈夫ですか?
(ラムも牛も苦手なので^^;)

投稿: ももみ | 2006年4月16日 (日) 22:32

★ねむウサギさま 調べていただいていただきありがとうございました。
謂われを読んでいると面白いですね。ねむウサギさんから聞くと覚えられそうです。
自分で読んでいただけでは目が追っているだけですから。
私も厳かな声で「むべなるかな」と1度言ってみたいです。

失敗作のシェファーズ・パイ、恥ずかしいです。イギリスのパブにはこのメニューが何処にも置いてあるみたいですね。
毎晩きちんとやるといいのですが、手抜きの方が多いです。少し励まなくては。

投稿: tona | 2006年4月17日 (月) 08:38

★ももみさま ありがとうございました。

ラムは私も臭みが自分では残してしまうので料理しません。昔ジンギスカンを札幌で食べたときも臭いは気になりました。
しかしこの頃のお店のは美味しいですね。この間食べてびっくりしました。

豚肉でも大丈夫ですよ。きっと美味しいと思います。ご自分の好きなのが一番。私も牛ひき肉は高いので今度は合びき使おうと考えています。

投稿: tona | 2006年4月17日 (月) 08:45

tonaさん、こんばんは。
ヒメフウロ、初めて見聞きしました。
検索すると、滋賀・三重・四国とありました。
私は三重ですが知りませんでした。
可愛い花ですね。

フロックス、ムベも初めて見ました。
知らないことばかりなので、ありがたいです。

投稿: 未歩 | 2006年4月17日 (月) 18:18

★未歩さま ありがとうございました。

ヒエフウロが滋賀、三重、四国だそうで、知りませんでした。未歩さんみたいに可愛いですよ。
三重にお住まいですか。伊勢とか、松坂、津、志摩などが思い浮かびます。新婚旅行が伊勢・志摩だったのです。いいところでした。
退職して2年過ぎましたが、この2年で随分新しい植物の名前を知りました。奥が深くて極めるのは前途多難です。

投稿: tona | 2006年4月17日 (月) 19:38

tonaさん、三重県の端っこで名古屋に一番近い町です。
伊勢においででしたか、あちらもいいですね。
私は三重でも関西弁ではなく、
むしろ関東です。
高校時代には、このアクセントの違いに苦労しました。

本当に何でも奥が深いですね。
時間ができたとき、興味深くなるのはそのためでしょうか。

投稿: 未歩 | 2006年4月18日 (火) 16:42

★未歩さま

コメントありがとうございました。

そちらの方が全然分からないので、今地図を出して調べてみました。名古屋から三重のほうは長島、桑名、四日市と続くのですね。そして鈴鹿があるのですね。地図を見ていると殆ど日本中を知らないのに驚いています。

名古屋が関西と関東の境目とよく何でも比較しますね。言葉は関東でしたか。
前向きに考えて興味を持って勉強したいとこの頃思います。
未歩さん徐々に良くなられるようお祈りしています。

投稿: tona | 2006年4月18日 (火) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/9603269

この記事へのトラックバック一覧です: シェファーズ・パイ:

« 高遠のコヒガンザクラ | トップページ | 多摩の寒葵 »