« L・M・モンゴメリ | トップページ | 横田早紀江さんと川田悦子さん »

2006年4月28日 (金)

山野草・ルイヨウボタンなど

高尾に咲いていました。
「ルイヨウボタン(類葉牡丹)」  そろそろ牡丹が満開を過ぎましたが、葉が牡丹に似ているのでこの名がついた。花は緑黄色でそんなに目立ちません。

Ruiyoubotann_1

「センボンヤリ(千本槍)」春の花ですが、秋にも何本もの閉鎖花が褐色の冠毛のある実を結ぶ。この様子を槍(大名行列の)に例えたのが名前の由来だそうです。

2sennbonnyari

「ムサシアブミ(武蔵鐙)」葉の裏が白で仏炎苞に白い筋が隆起している。仏炎苞を鐙に例えたのが名の由来も咲いていました。
似ているマムシ草は5月頃咲き、茎の模様がマムシに似ているそうだ。
同じく似ている浦島草は長い紐状の付属物があって、浦島太郎の釣り糸に見立てたのが名前の由来だそうだ。
Musasiabumi

近所の寺に葉がイカリソウに似ているが花は似ていない「バイカイカリソウ」左と「ホタルカズラ」右が今満開です。以上「植物園へようこそ!」で教えていただきました。

Baiakaikarisou_1 Hotarukazura

暇になったら犬でも飼いたいと言っていたのですが、昼間でも夜でも、こうひょこひょこ出歩いていてはワンちゃんが可哀想なので当分やめることにしました。
その飼い犬の2匹に1匹が7歳を超える「お年寄り」という人間の19.5%という割合を上回る超高齢化が近づいているらしい。
全国で犬が1245万匹、猫が1163万匹いるという。
その健康を気遣って、ペットフード市場も値段が高くてもヘルシー志向のものが出回り、歯周病を予防するために歯の汚れを取り除く超小型犬用の歯磨きガムを売り出した。
ペットが病気(癌を含む)やケガをしたとき、治療費の5割を支払う「ペット保険」も普及している。また、アクアフィットネスで体重減量とストレス解消につとめる、1回50分コース、6800円でマッサージも含めて運動に励む犬も増加しているそうだ。
このことを参考にし、ペットの老後、ペットロス症候群を考慮していつか犬あるいは、懲りずに文鳥を飼うかもしれない。今はメダカで我慢です。

|

« L・M・モンゴメリ | トップページ | 横田早紀江さんと川田悦子さん »

コメント

観賞用を含め、雑草と言われるものまで、まあいろんな山野草、野草があるものですね。


ところで世の中まさにペットブーム。朝晩の散歩でも犬ばかり。ペット産業も一兆円産業になるはずです。

犬も人間と同じような病気がある。うちのリキは今のところ若いせいかまだ病気はありませんがあと2年もすれば老年の年代、何が起こるかわかりません。保険でも半額、なければいくらかかるかわかりません。

散歩で健康のためと、癒される面ではいいかもしれませんが、思うように出かけられない不自由さもあります。
人より豪華な生活をしている犬もいますが、
一般人には飼うのには覚悟が必要です。

投稿: 夢閑人 | 2006年4月28日 (金) 20:58

★夢閑人さま ありがとうございました。

山野草を私は殆ど知らないのです。
山にはあまり行きませんが、山野草も清楚なのがありますので、写真を撮って教えてもらっています。

ペット産業まだまだ伸びるそうですね。
ペットにも肥満や生活習慣病もあるそうで、老後も人間同様大変だとの事、でもそれだけではないのですね。
宿泊ができないとか、お金もかかりそうですし、本当に覚悟が必要ですね。
あまり自分がよたよたになると散歩も自分の方が転んでしまいそうですし。

リキちゃんやクックちゃん、ちょびちゃんやヒメちゃんを見ていると可愛くて欲しくなってしまうのですが・・・・。

投稿: tona | 2006年4月28日 (金) 21:21

ウラシマソウ以外はあまり見かけない植物ばかりですね。
飼い犬・猫の数字 やはり犬が多かったですね 寿命が永く自分の年齢を考えるともう飼えません(前いた猫22歳)。ペットも高齢化で病院に連れて行っている方が多いです。

投稿: T.O | 2006年4月28日 (金) 21:41

★T.Oさま ありがとうございました。

山野草はその辺にあまりないですから、見たときはしっかりカメラで撮ってじっくり眺めて覚えようと、この頃は努力しています。
希少価値がよかったりして。

ももえちゃんでしたね。22年も生活を共にすると本当に辛いですね。その別れも踏み出せないことの1つです。
おっしゃるとおり、自分の年齢を考えると確かに無理かもしれません。
ペットの高齢化で動物病院も混んでいるのでしょうね。

投稿: tona | 2006年4月28日 (金) 21:57

山に行かれたのですか?珍しい花を見つけられましたね。
私は見たことのないものばかりです。

ペットはやはりいると潤いをもたらしてくれますね。
うちのクックのようなやたらガウガウいうヤツでも(^^;)
私はクックがいなくなってしまったら、次は猫と暮らしたい
などと思っています。
悲しみから立ち直れたら、ですけれど。
クックも12歳、立派な高齢犬の仲間でいまじゃ病院通いです。

投稿: ポージィ | 2006年4月29日 (土) 12:14

★ポージィさま ありがとうございました。

山野草はその辺りに見かけないので調べるのも大変で結局即教えていただくということになります。せっかくなので映像と名前を忘れないようにしたいです。

クックちゃんも高齢犬なのですね。賑やかなのですか。じゃーおとなしいと寂しいのではありませんか。
そうなのね、クックちゃんも病院に行くことが増えたんですね。具合が悪いとすごく心配でしょう。ああ、私にはワンちゃんは無理かもしれません。皆さんのワンちゃんで楽しみます。

投稿: tona | 2006年4月29日 (土) 20:18

ペットがいるとどうしてもいける場所が決まってきます。
私は溺愛型のアホな飼い主なので、ペットホテルに預けたりが出来ないんですよね。
観光地より自然を楽しめる場所へ。
山とか海ばかり出掛ける事になります。
それはそれで楽しいのですが。。。

ルイヨウボタンとセンボンヤリ、どちらも見た事ないです。
山に行きたくなってきましたよ~

投稿: ちょびママ | 2006年4月30日 (日) 03:03

★ちょびママさま ありがとうございました。

ちょびちゃんも溺愛型のママで見知らぬペットホテルに行かなくて幸せですね。
おまけに自然豊かな山や川や海に連れて行ってもらえてさぞ嬉しいことでしょう。

ちょっと前ならハイキング程度の場所の山ですと珍しい植物は、教えてくれる指導者がいないと名前が分かりませんでしたが、今はお陰さまでネットで教えてもらって、私には本当にありがたいです。
植物のブログも多く見ているとためになりますが、時間が多く必要になって知識も中途半端になってしまいます。

投稿: tona | 2006年4月30日 (日) 08:23

そうですよ。
特に犬は散歩させなくちゃならないでしょ?
うちも夫が欲しくて飼った犬だけど、結局家にいる者が世話をしなくちゃならなくなってしまうんです。
また散歩とかさせなくちゃ、可哀想だし。。。でも、うちにはまだ孫はいないから、孫代わりになってる面もあります。
あっ tonaさん、小鳥も良いですけどあれって意外と掃除は大変だし水や餌も見なくちゃいけないし、小鳥は一日、何も食べないと死んじゃうんですって。

投稿: pochiko | 2006年4月30日 (日) 23:42

★pochikoさん ありがとうございました。

pochikoさん、いつも敬服しています。
だって3匹のお世話をして可愛がっているのですもの。時々登場してくれるので親近感が湧いています。
外泊が出来ないだけでなく、毎日だから体力がなければならないし、ただ可愛いではすみませんね。

以前文鳥を飼っていたんですが、その頃娘もいたので2人で世話が出来たから良かったですけれども、やはり家を開けられませんから、あきらめます。

投稿: tona | 2006年5月 1日 (月) 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/9801330

この記事へのトラックバック一覧です: 山野草・ルイヨウボタンなど:

» イカリソウだぞ!! [MoMo太郎日記]
イカリソウです。別に厚生労働省のお役人様の問題http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060428i110.htmにひっかけてのシャレのつもりもありません(^_^;)。もうひとつ、この花なんかどうですか。クマカイソウ春になって、色々な花が楽しめますね(^。^)。楽天プログラ...... [続きを読む]

受信: 2006年4月28日 (金) 20:37

« L・M・モンゴメリ | トップページ | 横田早紀江さんと川田悦子さん »