« 速記 | トップページ | L・M・モンゴメリ »

2006年4月24日 (月)

寄席

Suehirotei2 Yose1

娘夫婦に誘われて、新宿「末広亭」へ行ってきました。
寄席は全く初めてで、当然末広亭も初めてです。満席でした。
四月下席昼の部全部と夜の部3人目まで、12時から6時近くまで次々と21も見続けました。
この時間の長さと演目の多さにもかかわらず値段は2700円で安い。熱心な人は夜9時まで見ます。

寄席って落語だけかと思っていましたが、漫談や漫才、奇術、物まね、紙切り、太神楽曲芸もあるのでした。
私が知っていた人は、お父さんの江戸家猫八さんそっくりの物まねの子猫さんと、橘家円蔵(元、月の家円鏡)さんのみ。
林家二楽さんの紙切りのあまりのうまさにため息が、仙三郎社中の曲芸は、はらはらどきどきものでした。

落語は皆が笑っているのに、数回意味がわからなくてキョトンとしてしまったのが情けなかったけれども、6時間もよく笑ったものです。咄家も盛んに言っていましたが笑うことはとても体にいいそうです。人から笑いの提供を受けて心もぽかぽか状態になりました。夜もいつもと違って寝つきがよかったし。
また機会をみて足を運びたい!

同じ4/22の朝日新聞のbeに「志ん生とりん」という記事に志ん生の弟子の古今亭円菊が写っている末広亭の楽屋が写っていました。楽屋の様子がよくわかります。この記事の話もなかなかのものがありました。

|

« 速記 | トップページ | L・M・モンゴメリ »

コメント

いらっしゃいましたか!いいでしょう?椅子席でしたか。国立劇場でもやっています。ここは一時から4時過ぎくらいで少ないですが、私はこれを見て近くの銭湯(パン・ドユース)に入って5時開店のおでんや「稲垣」によって帰るというのがゴールデンコースです。稲垣は6時には満員ですから開店同時。会社サボりまくり。

投稿: saheizi-inokori | 2006年4月24日 (月) 15:32

土曜日の新宿は末広亭だったんですね
6時間とはよく頑張りましたね。笑い過ぎてほっぺが痛くなったことでしょう。
最近(2年も前)は上野鈴本演芸場・浅草演芸ホール です。よく考えたら新宿3丁目は暫く行っていません。出掛けることが少なくなりました。

投稿: T.O | 2006年4月24日 (月) 20:01

●ありがとうございました。

★saheizi-inokoriさま

先だってブログを拝見して、行きたいなあと叫んだら誘ってくれました。
椅子席にしましたよ。面白かったです。

国立劇場でもやっているんですか!
その後、お風呂で、その後イッパイですか。
最高ですね。会社サボって大丈夫なのですか。
「居残り佐平次」を読んだところです。

投稿: tona | 2006年4月24日 (月) 20:57

★T.Oさま

T.Oさん、すぐそばのコマ劇場に皆さんといらっしゃっていたのですね。
本当、笑いすぎて、ホッペタだけでなく、お腹も少しよじれた感じでした。

T.Oさんは上野鈴本にも浅草の演芸ホールにも行かれたんですか。初めての私の大先輩ですね。

投稿: tona | 2006年4月24日 (月) 21:05

tonaさん、こんばんは。
寄席ですか。
6時間たっぷり楽しまれましたね。

笑うことはとてもいいそうです。
免疫力を高めることが医学的にも
証明済みとのこと。
私も一度体験したいです。
言葉は分からなくても笑えそうです。

投稿: 未歩 | 2006年4月24日 (月) 21:43

★未歩さま ありがとうございます。

免疫力を高めることが医学的に証明されているのですか!
じゃー、なるべく怒らないで、笑うほうに精根傾けなければと思います。

未歩さん少しでも良くなられたら行きましょう。
日本テレビの「笑点」面白いですよね。見ていらっしゃる?少しは聞こえるのでしょうか?

投稿: tona | 2006年4月24日 (月) 21:52

末広亭、懐かしいですね。と云っても私は入ったことはないです。一時期、勤務先が新宿だったので、三丁目のあの界隈はよく歩きました。場所はよく知っています。それでもついぞ入ったことが無いというのは、今考えれば淋しいですね。そんな気持ちの余裕がなかったのでしょう。
笑うことは体にもいいことだそうですから、行って見たいものです。tonaさん楽しかったようで、よかったですね。

投稿: 茂彦 | 2006年4月24日 (月) 21:58

6時間もですか?!すごい。
むかし、枝雀さんの落語を聴きに行く約束をしていたのに、すっかり忘れて家で読書をしていたことがありました。
ところが、偶然、その本の中に落語の場面が出てきたのです。「あっ」と思いだし、大あわてで落語に行きました。
なんか不思議な思い出です。

投稿: シーサイド | 2006年4月24日 (月) 22:06

寄席ですか、未体験ゾーンの一つです(^^)。
6時間というとすごく長く聞こえますが、きっと飽きることなく
見続けられてあっという間だったのでしょうね。
たくさんお笑いになって、免疫力がアップされましたね!

落語家のある方は(名前を忘れてしまいました)、ご自身も癌と
戦いながら、皆さんに笑いを提供して、少しでも闘病生活を
明るく楽しく、また笑って免疫力をアップしてもらおうと
噺を続けていらっしゃるそうですよ。

投稿: ポージィ | 2006年4月24日 (月) 22:36

tonaさん こんばんは
寄席は一度も行った事はありませんがお笑い好きです。
子猫さんや元円鏡さん知ってます。
あの円鏡さんは、相変わらず、山のあな・・あなってやってるんですか?
切り紙のは名前は知りませんでしたが、テレビで見た事ありました。
面白かったでしょうね~ あういうところで思いっ切り笑って、ストレス解消ですね。
笑うのは腹式呼吸らしくダイエットにも良いらしいです(^_^)b

投稿: pochiko | 2006年4月24日 (月) 23:51

●ありがとうございました。

★茂彦さま

新宿三丁目にあることさえ知りませんでした。お勤めしておられたそうで懐かしいでしょうね。
何時入っても退場しても自由なので、体調に合わせて見られるので寄席はいいですね。
笑いたくなったらお奨めです。

投稿: tona | 2006年4月25日 (火) 08:05

★シーサイドさま

落語に関しては6時間全然苦痛でなかったです。
シーサイドさんの思い出まるで落語ですね。
偶然も重なって、とても面白いエピソードです。
ちょっと目覚めちゃったので借りた落語の本を読もうと思っています。

投稿: tona | 2006年4月25日 (火) 08:09

★ポージィさま

私も初挑戦、って力むほどのことはないですね。前売り券を買うわけでなし、遠いわけでなし、ただちょっと行って聴いてくるという軽いタッチなのですから。
病気もあの手この手で押し寄せてくるので、笑って免疫力を高めます。

そうですか。癌と闘って苦しいのに同病の方や我々に噺続けておられる方がいらっしゃるのですね。演劇の方にもいらしゃいましたね。

投稿: tona | 2006年4月25日 (火) 08:20

★pochikoさま

pochikoさんも子猫や元円鏡ご存知だったんですね。
あまりに立て続けに聴いたので元円鏡さんがどういう噺をしたか思い出せなくなりました。トリで印象的だったはずなのに。

紙切りはこの日は桃太郎を、リクエストには寅さんとかぐや姫を速いスピードで見事に切っていました。すごいと思いました。
私だったら障子に貼る梅さえもおぼつかないです。
腹式呼吸でお腹のふくらみがなくなると嬉しいのですが。

投稿: tona | 2006年4月25日 (火) 08:29

去年、「タイガー&ドラゴン」と言うドラマがあって、噺家をメインとしたお話がウケて若い人にも落語ブームみたいなのがありました。
私、お笑い好きなもので寄席はかなり行きたい場所なんですよ。
が、こちらは田舎なものでせいぜい一人落語会なるものばかりで、寄席の雰囲気を味わうって感じとは違いますね。
「笑点」などで紙切り芸を見る事ありますが、鮮やかですよね~
一度生で是非とも見てみたいです。

投稿: ちょびママ | 2006年4月25日 (火) 11:24

★ちょびママさま ありがとうございます。

ちょびママさんはお好きではないかと思っておりました。やっぱりでした。
この頃また落語がブームだそうですね。

初めて知ったのですが、東京には有名なのが4箇所もあるみたいですよ。すごいですね。

紙切り名人、中国のおばあさんのをテレビで見たことがあるのですが、これが人間技?とえらく感心しました。そして実際に見てますます引き付けられてしまいました。
いつかきっと見られると思います。

投稿: tona | 2006年4月25日 (火) 18:50

tonaさん、こんにちは。
笑点は観ています。

笑いと免疫力の関係、サイト貼り付けておきますね。
http://www.workland.co.jp/live/Egao.HTML

投稿: 未歩 | 2006年4月26日 (水) 13:19

★未歩さま

笑いと免疫力のサイトありがとうございました。
実験結果で明らかなのですね。
同期会を開いても20歳の開きがあるなんてショックです。
自分を考えてみると何かふけているんではないかと思います。
勤めているときは随分笑えないことも多く取り越し苦労もしてしまいましたから。
人生最終盤のこれからは心していきます。

投稿: tona | 2006年4月26日 (水) 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/9744953

この記事へのトラックバック一覧です: 寄席:

« 速記 | トップページ | L・M・モンゴメリ »