« こんにゃくの中の日本史 | トップページ | シェファーズ・パイ »

2006年4月13日 (木)

高遠のコヒガンザクラ

古くから伊那谷の要所であった高遠城は明治8年に高遠城址公園となり、その頃から植えられ始めた「タカトオコヒガンザクラ」1500本がある。
その花形はやや小ぶりで赤みを帯び、県の天然記念物の指定を受け、平成2年には日本さくらの会の「桜名所100選」に選ばれている。

とまあ、長年コヒガンザクラを見るのを夢見てきたので今年がチャンスと、予約をして出かけたのですが・・・・・
何と城址公園の中の1500本の桜は1輪も咲いていませんでした。(涙)
ソメイヨシノが早くに開花したのを受けて17日の予定を12日に繰り上げたのですが、このところの寒さであと1週間は無理ということでした。
咲いてない木の下に何千人が右往左往していて、全く拍子抜けの図です。どこかのおじさんが叫んでいました。『来年は絶対見るぞ!』と。

Sakura1_1 Sakura2_1 Sakura3_1 駐車場のそばに若木があってこれは少し咲いていたのでじっくり覗いてきました。若木は老木より咲くのが早いのだそうです。

Kikuzakiitige_1  Momo3  

しかし城址公園内に「キクザキイチゲ」が咲いていましたし、
一宮の桃が車窓から見えましたし

天竜舟下りができたましたから由としなくては。舟下りは波はかなりあるものの両側にあまり岸壁が迫っていなくて、鵞流峡はちょっと期待はずれでしたが。

昼ごはんの蕎麦御膳と五平餅は素朴で美味しゅうございました。

Tennryuugawa1_1 Hune_1 Sobagozenn_1 Goheimoti_1

|

« こんにゃくの中の日本史 | トップページ | シェファーズ・パイ »

コメント

tonaさん、こんにちは。
タカトオコヒカンザクラですか。
残念でしたね。
長野はこれからなのですね。
また来年来て欲しいと思われたのでしょう。
来年の春の楽しみがもう出来ましたね。

下の記事、こんにゃくの歴史、
知りませんでした。
いろいろ知っていくと興味深いですね。
ありがとうございました。

投稿: 未歩 | 2006年4月13日 (木) 16:51

★未歩さま ありがとうございます。

未歩さん、考え方が私と違ってこのように考えるのですね。
もう感心してしまいました。そうなのですね。叫んでいたおじさんと同じ来年の楽しみにしましょう。

未歩さん、キーを片手1本でということでしたが、毎日どんなにか大変でしょうね。そんなことも少しも考えませんでした。それさえも昨年より良くなられたとのこと、もっとよくなられますように。
元気になるための言葉、未歩さんとは比較できないくらい元気な私に下さってありがとうございます。

投稿: tona | 2006年4月13日 (木) 20:50

予約されていらしたということは、バスツアーですか?
自然のものは気候の変化によってどうしてもズレが生じて
しまいますものね。今年は残念でした。
咲き始めていた若木の姿から、頭の中で1500本を花咲かせてください。

投稿: ポージィ | 2006年4月13日 (木) 21:41

去年の滝桜で私も同じ経験をしました。
視聴者サービスの為に、地元のTV局が毎日花をつけない滝桜の映像を撮って放映しているとのことでした。
それなのに人が一杯で、仕方が無いのか団子がよく売れていました。

なんだか無性に可笑しくなって困ってしまいました。私は脇に土筆の群生を見つけて興奮。今度は夫に可笑しいと言って笑われました。

投稿: ねむウサギ | 2006年4月13日 (木) 23:30

せっかくのタカトオコヒカンザクラを見る事が出来なくて残念でしたね。
でも遠出が出来るのは楽しいでしょう。
普段と違った生活ができますからね。
お目当ての桜の代わりに楽しい旅行、蕎麦御膳や五平餅は魅力ですね(笑)

投稿: pochiko | 2006年4月13日 (木) 23:32

●ありがとうございました。

★ポージィさま

バスツァーでした。早とちりして予約する人が世の中にはこんなに多いのです。
お花の咲く時期は難しいとつくづく思った1日でした。
そうですね。頭の中にいっぱい咲かせます。ありがとうございます。

投稿: tona | 2006年4月14日 (金) 08:10

★ねむウサギさま

あれー、ねむウサギさんも経験者ですか。
三春の滝桜はあまりにも有名ですね。1本だからとても混むのでしょうね。
この頃の異常気象でこのような事態になるのはこれからはしょっちゅうあることになりそうですね。
土筆を見つけて興奮、この気持ちが良く分かります。
咲いてない花より団子になってしまいますね。

投稿: tona | 2006年4月14日 (金) 08:17

★pochikoさま

そうなんです。普段の生活は職業生活と違ってストレスはないけれども、何もなくても乗り物に乗って辺りを見るのはそれだけでいいですね。
話変わって、ガイドさんが言っていましたが福島県は日本で3番目に大きな県だそうです。知らなかったです。裏磐梯しか知らないので地図を広げてしまいました。

投稿: tona | 2006年4月14日 (金) 08:23

高遠のコヒガンザクラが見れなくて残念でした。
ご無沙汰している間のtona さんのブログ、
これからじっくり拝見します。

投稿: 茂彦 | 2006年4月14日 (金) 10:31

繰り上げたのが仇、しかしこればっかしは自然の成り行き、誰を恨んでいいやら。
でも観られずに残念でしたね。
時期になるとすごい人らしいです。見に行きたいですけどまだ行っていません。

天竜船下りでおいしいものが食べられただけよしとするしかなーい。

投稿: 夢閑人 | 2006年4月14日 (金) 10:54

ソメイヨシノ開花で予定変更は折角の楽しみが残念でしたね。天竜川は普段より水の量が多いように見えますけど増水してたのでしょうか 風も強そうですね
お食事のお蕎麦・五平餅が美味しくて良かったですね
羊山公園の芝サクラを見に行こうと思いネットで調べて見ました ここは咲いてるのに三分咲きのようです 最近はブログ検索して前日の様子を確認しています。

投稿: T.O | 2006年4月14日 (金) 12:10

●ありがとうございました。

★茂彦さま

お帰りなさい。お疲れでしょう。

相手が花なので仕方がありません。
でもこんなことは初めてなんです。
この頃の気象がそれだけ複雑に変化してもう、体の方も合わせるのが大変です。ですから花も人間の予想に合わせていられないのですね。

投稿: tona | 2006年4月14日 (金) 18:55

★夢閑人さま

はい、本当に残念でした。
咲いていたら、この日私は7時ごろには家に帰り着いていましたが、夜中になるそうです。駐車場も遠いところに停めて、そこから延々と歩いて城址公園にたどりつくのです。
そんな状態でもやはり1500本が満開なら見たいものです。

まあ、気持ちの切り替えはすぐ出来ましたのでいろいろ楽しんできました。

投稿: tona | 2006年4月14日 (金) 19:04

★T.Oさま

天竜川、前日に大雨が降ったので、増水していました。天竜にはライン下り(こちらは静かな舟)と舟下り(こちらは揺れる)の2種類があるそうで、揺れる方に乗りました。30分間です。
実は前日、調べて咲いてないというのは分かっていたのですが、バスツァーなので1輪でも咲いてないかと儚い希望を抱いて向かったのでした。マイカーだったら決して行かないのに、お金が無駄になるので行ってしまいました。
羊山公園3分咲きというのに随分咲いているように見えますね。

投稿: tona | 2006年4月14日 (金) 19:14

どうしても花より団子になってしまう私をお許しください(笑)
五平餅、美味しそうです。
焦げた味噌やしょう油の味って何であんなに魅力的なんでしょね。
お腹いっぱい食べた後でも、あの匂いにつられて口に出来ちゃうんですよね。
おそばも美味しそうです。
タカトオコヒガンザクラですか、残念でしたね。
桜や紅葉の時期のツアーは前もって予約するので絶好の花のタイミングは運次第、天候次第になりますね。
スリルがあって待つ間も楽しめますね(笑)
来年またお出掛けください。

投稿: ちょびママ | 2006年4月14日 (金) 21:19

1500本とは凄い数ですね
この所天候も不安定でしたし見ることが出来ず残念ですが
キクザキイチゲがこんなにたくさんあってtonaさんが羨ましいです
私、今年はまだ見てないんですよ
目的が違ってしまっても
天竜舟下りと美味しい物あって素敵な旅行でしたね
お疲れ様でした♪

投稿: ももみ | 2006年4月14日 (金) 23:23

私もかれこれ20年近い昔に高遠に行って同じ経験をしました。緋毛氈をもって女性たちは着物を着てお重やら素敵な陶器や茶器をそろえて(私じゃないですよ、同行者ー地元の材木商もいたのですーが)行ったのに蕾。寒い風。しょうがないからがぶがぶ飲みました。ちらほら通り過ぎる人たちがTVのロケかと思ったと寄ってくれたり、それきり高遠は遠くなりにけりです。

投稿: saheizi-inokori | 2006年4月14日 (金) 23:45

●ありがとうございました。

★ちょびママさま

外で花より団子(桜ソフトクリームも)になっちゃったのは初めてですよ。ことさら美味しく感じました。

本当、咲いてない桜、紅葉してないカエデってまぬけています。
ちょびママさんの言われるとおり、いく日までスリルが味わいました。失望へと変わっていくのは悲しかったけれども。まあ人生みたいなものだからいいんですけれど。

投稿: tona | 2006年4月15日 (土) 08:06

★ももみさま

1500本というのは咲いてみないとどんなものか分かりませんが、かなり多いですよね。
返す返すも残念です。

今年はアズマイチゲとキクザキイチゲの両方を見ることが出来ました。嬉しかったです。葉が違うのですね。
気候のちょっと違うところへ行くと何やら知らない花が咲いているのですが、名前が分からなくて悲しいです。


★saheizi-inokoriさま

まあ、同じ経験者!
しかし非毛氈に和服、お茶立て、まるで京都のお寺やらの野点風景ですね。桜が咲いてなくても食べて飲んで(やけだったみたいですけど)和服姿の女性を見て、映画の主人公になってみたりして楽しまれましたね。

高遠が遠くなったそうで、私もそうなっちゃうかもしれません。

投稿: tona | 2006年4月15日 (土) 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/9567686

この記事へのトラックバック一覧です: 高遠のコヒガンザクラ:

« こんにゃくの中の日本史 | トップページ | シェファーズ・パイ »