« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

ナポレオンとヴェルサイユ展

Kerigurannto  小学生の頃、キュリー夫人、ナイチンゲール、ワシントン、エジソン、野口英世などいろいろな人の偉人伝を読みました。読んで感動して、さてそれが自分にどのように影響を与えたかは不明です。
長じて、大人の本でキュリー夫人を読んだとき、ピエール・キュリーが馬車に引かれて亡くなったのは、マリー・キュリーが浮気をしていて、そのことを考えて悩んでいたからという。そのことだけで読んだ時点だけなのですが、偉人からストーンと地に落ちてしまいました。野口英世もお金にだらしなかったとか、その他枚挙に遑がないけれども、偉人といえども人間、完全ではないわけでそういう点がまた楽しめるわけです。

Naporeonntoberusaiyutenn_1 江戸東京博物館で開催されている「ナポレオンとヴェルサイユ展」を見てきました。ナポレオンも偉大なる人、知らない人はない。高校の歴史でなく漢文の時間に先生が2週にわたってナポレオンについて口角泡を飛ばし、魅力をあますところなく話して下さって私たち生徒もすっかり興奮をしてしまい、大きな感銘を受けたことを思い出しました。

今回は有名な絵「サン・ベルナール山からアルプスを越えるボナパルト」
          「アルコル橋のボナパルト将軍」
          「戴冠式の正装の皇帝ナポレオン」などが来ています。
絵で見るナポレオンは美男子ですが、実際よりよく描かせていたから。実際は背も低く頬やあごがたるんでいたとか。
人の奥方を奪って奥さんにした后妃ジョセフィーヌと離婚し、更なる王家ハプスブルグ家の皇女マリー・ルイーズと再婚をする。侵略の地にたくさん王国を作って自分の弟達を王にする。無名から一族を絶頂へと持っていった彼の軌跡をたどると面白い。
ヴェルサイユを自分流に変えて皇帝として君臨する。奥方の調度、装飾品の豪華なこと。失脚し亡くなっても人気は衰えず、40年後には立派な棺に収まってパリに帰還するなど、興味深い展示が見られて行ってよかったです。  

Ponnpeinokagayakitenn Kurematisu 「ポンペイの輝き」展も有名な壁画だけでなく、宝飾品や彫像など興味深い出土品が集められ見ごたえがありました。
実際に逃げようとすると皆、宝飾品を目一杯つけて抱えて逃げ惑っていたのです。日頃聞くところによれば、慌てるととんでもないものを抱えて逃げ出すというのですが。ポンペイの人々は逃げ出すまで時間の余裕があったようです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

クモの糸

Kuwanomi 6/1(木)テレビ朝日系で「7人の女弁護士」に荒川静香さんが検事役で登場!というニュースを目にしました。主演釈由美子との共演でゲスト出演。
台詞も完璧でNGもなく金メダル級の表現力とか。やはり世界のトップに立った人は集中力が違うらしい。女優さん顔負けだそうである。
集中力の全くないミーハーな私は楽しみに見てみようと思っています。

世の中には変わった人がいっぱい居て、そういう人を見たり聞いたりするとそれだけで楽しい気分になってしまいます。中には気分悪い人もいますが。
コガネグモの糸19万本分(何年かかってどうやって集めたの?)を束ね、ロープを製作し、ハンモックを吊るす紐に使い体重65kgの大学教授が5分間ぶら下がったのだそうだ。写真も見てしまいました。
塵も積もれば山となるとはちょっと違うが、こんなことを考え、実験したことに感服してしまいました。

上の写真は我が家の桑の実です。さっき食べたら飛び上がるほど酸っぱくて、鄙びた味は子どもの頃食べたことを思い出させました。
今日開いたガザニア、ヒルザキツキミソウ、マツバギク、オオキンケイギクです。

Gazania Hiruzakitukimisou

Yagurumagiku2 Ookinnkeigiku

今日はポージィさんが出品されているマミフラワーデザイン展2006に行ってきて心が洗われました。
大盛況でこんなにもお花を愛しデザインに興味を持っている人がいるのだと感心しました。ポージィさんの作品はお人柄が出てなかなか素敵でした。
ポージィさんありがとうござました。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

ミーちゃん

数日前、朝日新聞の「ひととき」に料理研究家島津睦子さん(パンの本を2冊買ったことがあります)が「91歳の母のホームページ」というタイトルで投稿されていました。
体の悪いところはないし、100歳まで生きるような気がするが、いつまでも外出できるわけではないので、パソコンでホームページを作ってそこでお友達を作るのはどうかと2月の誕生日に仰ったそうだ。後日ホームページは出来、開いてみると旅行などの思い出を趣味の俳句、短歌に詠み、控えめに掲載されていて、お母様の同好の方との会話が広がるのを楽しみにしているというものでした。
開くに当たっては、どなたかに手伝っていただいたのかとも思われますが、ブログでなくホームページというのがちょっと驚きです。

2000年に糸井重里著『豆炭とパソコン』を買いました。内容は糸井さんの実母のミーちゃんが80歳のとき糸井さんからパソコンを贈られて先生に教えられながらパソコンと格闘するお話です。
ミーちゃんは糸井さんの『ほぼ日』で日記や旅行記を発表し、その後『ミーちゃんの縁側』というタイトルで今もまだ続けています。今86歳で去年もアメリカに旅行した大変お元気な方です。日記からは人望のある可愛いほのぼのとした人柄が伝わってきます。お嫁さんの樋口可南子さんへもお誕生ケーキをさりげなく送ったり、映画のことなどメールしたり、旅で出会った人にも細かい気遣いがなされてとても優しい人です。
そのミーちゃんが今年になって背や腰を打ってかなり辛い思いをしたようですが、前向きにリハビリしてかなり元気に頑張っているようです。

お2人とも私の親の年代なのに高齢あるいは超高齢で果敢にもパソコンに挑んで本当に偉いと思います。残念ながら島津さんのお母様のHPが分からなくて拝見できませんが、ミーちゃんの方は最初からかかさず拝見しているのでコメントの1つでもして激励したい気持ちなんですが、まだ果たさずです。
これからたくさんの経験をされた年配の方々がどんどんブログなどで登場されるでしょう。いい人にめぐり合える機会が増えて、心や体の健康を向上させ、少しでも増え続ける医療費の歯止めになればいいのですが。

Yamabousi2 Turubara

上左が 2階から見たヤマボウシ、右が1昨年西武ドームの「バラとガーデニングショー」で買ってきた四季咲きツルバラが2階部分まで伸びいっぱい咲いています。これは大成功の買い物でした(京成バラ園のもの)

Karumira_1 Nioibannmaturi_1 カルミアが今日ほぼ満開。玄関横に置いたニオイバンマツリが出入りの度にいい匂いを醸し出してくれます。最初紫で次に白くなっていくスピードがとても早いでのす。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

ロシア(その3) モスクワ

最後の2日間はモスクワである。広い道路はどこも車の渋滞がひどい。日本製もかなり見られる。
主な見学は赤の広場とクレムリンとボリショイサーカス。

かの有名な赤の広場(7万3千平方メートル)は赤くない。赤いレンガ造りの歴史博物館の門(写真左)を潜ると目に入ってくる。右手がレーニン廟とクレムリン(写真右)。Akanohiroba Akanohiroba2

向かい側がおとぎの国のようなワシリー寺院(写真左)、左手がグム百貨店(高級ブランド店で地元モスクワっ子は殆ど入らない:写真右)で囲まれている。

Akanohiroba3 Akanohiroba4

クレムリンに入るには入念にチェックされる。中には大統領府やクレムリン宮殿やいくつかの寺院と武器庫がある。この日プーチン大統領はお出かけ中であった。武器庫は美術館になっていてロシアの宝物にうなってしまった。写真左が大統領府、右がクレムリン宮殿と寺院の1つ。

Kuremurinn1 Kuremurinn4

Kodomo  夜は2千人収容できる専用の劇場を持つボリショイサーカスへ。大勢の世界1可愛いロシアの子供に会えた。長い冬ごもりで太陽を浴びたての膚は抜けるように白く、全員美男美女なのであるから驚く。年取るとあんなに太るのが不思議である。写真の女の子はウサギを抱かしてもらって撮影(有料)。
空中ブランコやスケートや犬、熊、猿、象、馬の曲芸に大感激で子どもの頃見た木下サーカス以来である。

食事について
日本で作られた往きのアエロフロート・ロシア航空の機内食(一番下の写真)2食は今までで一番美味しかった。初めて完食。
旅行者用レストラン、ホテルの食事は良かった。日本でお馴染みのペリメニ(ロシア風水餃子)、ボルシチ、つぼ焼き、ビーフストロガノフ、ロシア風クレープの他にもいろいろ堪能したが、予想に反して美味しかったのである。
フランス風でバター、ミルク系で、食べ過ぎるともたれるが、フランス料理が好きな人にはうってつけである。。毎食水のペットボトルが必ずサービスされ、残ったのはもらえるので1度も水を買う必要がない。アルコールが要らない人は飲み物代がゼロ。
ホテルの朝食もバイキング形式で豊富、果物の缶詰でない、いちご、りんご、ぶどう、キューイの入ったポンチまであったのも今までで初めてである。

日本料理はモスクワでも大人気で350軒あるそうである。

Syoku1perimeni Syoku2borusiti Syoku10rosiatuboryaki Syoku4kurepu

Syoku9bihusutoroganohu Syoku7tizusarada Syoku5sakanaryouri Syoku8dezato

Kinaisyoku1 Kinaisyoku2

お花はチューリップ、スイセン、ムスカリ、タンポポが咲き、木はライラックやトチノキが咲き始めていた。寒い国なので種類は少ないようである。写真はロシアのタンポポと菩提樹。

Tannpopo Bodaizyu

ロシアのアルファベットは26でなく33である。この多さだけでもロシア人は頭がいいのではと言われているそうだ。確かに店員さんの計算は早く西側の国より優れている。
KGB、共産党、マフィアなど怖いイメージがあったが、表面上はもうその面影はない。両都市の現地ガイドさんもロシアの現状を包み隠さず話してくれ、知識も豊富でこれも今までで一番素晴らしくラッキーであった。

かくして上げ膳据え膳とお別れして帰ってきたが、時差が5時間なので時差ぼけすることはなかった。  ー完ー

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年5月22日 (月)

ロシア(その2) 古都の正教会

ロシアの駅名は終着駅の都市名をつける。サンクトペテルブルグではモスクワ駅から乗車し、モスクワではレニングラード駅で下車した。
ここから2日間モスクワ北東の古都セルギエフ・ポサード、スズダリ、ウラジーミルの見学である。
連日気温は朝晩は0~4℃、昼は10から15℃で寒く、発熱(推定体温37.5度)してしまいルルを2回ほど飲んで事なきを得た。

Siberia 途中は殆ど森林で白樺が多い。古都に近づくにつれ見えてきた民家はすべて平屋で古く、傾いている家もあった。地震が全然ないそうで大丈夫、住めるのね。窓枠の彫刻と塗り分けられたペンキの色が様々で可愛い。黒い大地にはまだ何も植えられていない。そういえば機中からみたシベリアは凍てついていた。(写真)

古都に入るとあのネギ坊主頭の尖塔が見えてくる。キンキラキンやブルーや白など色々で見ていてあきない。12~13世紀にかけて次々に興ったロシア正教会や修道院である。中では今も敬虔な信者(女性はネッカチーフをしている)が、グレゴリオ聖歌さながらの歌を歌ってお祈りをしていた。都会ではどこも同じ、もう殆ど信者がいなくて、修道士・女のなり手が減っているとか。

Kyoukai3 Kyoukai4 Kyoukai5 Kyoukai6

Kyoukai1 Kyoukai2

最近のロシア事情
ロシア人の平均寿命は男性57歳、女性71歳。ペレストロイカ以前は男性も68歳だった。理由は
①ますます酒量が上がって500万人のアル中がいる。(日本の46倍の国土に人口は日本より2000万多い1億4654万人)。酒は家族より重要だそうだ。
②仕事が減り、心筋梗塞や脳溢血にかかる?
③浮気のストレス?だそうだ。

出生率は1.2。離婚率は70%。
国民の1/3は年金生活者で男性は60歳から、女性は57歳から受け取る。
月に150ドル(3700ルーブル位)。平均市民の月給は500ドル、大都市は1000ドル。
例えば黒パン600gが20ルーブル、ソーセージ1㎏が120ルーブル、牛肉1kgが250ルーブルだから1日食費は100ルーブルかかる。これでは生活出来ないので、住居光熱費の1600ルーブルの半分は国家が補助し、医療費はタダ。
また、新聞や雑誌を売ったり、田舎の人は土地があるので野菜や花を売る。子どもが母親に生活費を渡すなどでしのいでいる。父親は年金を受け取る前に亡くなる。

Kasetutoire トイレ事情・・・ホテルやレストラン以外はトイレチップを6~10ルーブル支払う。ペーパーがない場合もあり使用済み紙はすべて中国と同じくバケツに捨てた。大都市には仮設トイレを所々に見かけた。(使用料10ルーブル)

可愛い鳥のオブジェ

Tori1 Tori2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

ロシア(その1)サンクトペテルブルグ

12日、元気よく出かけたものの、駅に着いて財布を家に置いてきてしまって愕然となる。このことが旅行中何となくケチってしまう原因となる。
成田に着くとトランクの鍵穴あたりをガムテープでぐるぐる巻きにするように言われる。トランクを開けられるからだそうだ。イタリア並みかそれ以上か。
機内に落ち着くと今度はボールペンをなくしたことに気づき今度は唖然としてしまう。モスクワの空港ではチェックが非常に厳しく靴までぬがされる。
そんなこんなで乗り継いでサンクトペテルブルグのホテルの部屋に到着したのは夜11時(日本は朝4時)であった。ここは日没が10時で6月半ばまで白夜である。

旅仲間は29人(男性5人で女性はトイレの行列に悩まされる)、平均年齢69.1歳で添乗員さんもびっくりである。
サンクトペテルブルグもモスクワも中心から30キロ以内には1戸建てを建ててはいけないと法律で定められていて、本当に一軒家は1つもなく全部集合住宅ばかり。8割が郊外に別荘を持っているそうだ。
プーチン大統領はここの出身で奥さんは仏・独語、長女は中国語、次女は日本語を学んでいるそうである。

Ekaterinakyuudenn1 Piyotorutaiteinatukyuudenn2

左:エカテリーナ宮殿  右:ピョートル大帝夏の宮殿

主な見学は宮殿とバレリーナ養成学校である。
エカテリーナ宮殿の琥珀の間は1トン琥珀が使われ、女帝に謁見した大黒屋光太夫の驚きが伝わってくる。
ピョートル大帝夏の宮殿は広大な敷地の庭園といたるところにある噴水が見ものである。
そしてエルミタージュ美術館、コレクションが300万点、お宝がびっしり。3時間もガイドさんに説明してもらいぐったりしてしまった。
それにしても、ロマノフ王朝、ピョートル大帝やエカテリーナ2世の富と権力に圧倒されてしまった。

5e1 5e2 5e3 5e4

Bare3 Bare4

バレリーナ養成学校では5歳から15歳までの可愛く美しいバレリーナ(男の子は1人)の卵さんが目の前で一所懸命たくさんバレエを披露してくれた。これにはすっかり感激してしまった。
この夜寝台列車で8時間(650キロ)かけてモスクワへ。定時に発車し、定時に到着したのは日本並みかそれ以上であった。

| | コメント (16) | トラックバック (2)

2006年5月10日 (水)

ガリレオ温度計

Garireoonndokei_4 ガリレオ温度計

ガリレオが発明したものと形状は異なるが、ガリレオの発見した液体密度が湿度に関係して変化するという原理を利用してこの名称が付けられたようです。
気温に応じて温度計の中のガラス球が浮いたり沈んだりします。それぞれのガラス球は温度を示すプレートが付けられていて上に浮いている球の中で最も下にある球が現在の気温を表わしています。数千円から3万円くらいまであり、12℃から34℃まであるそうです。
ちなみに私が手に入れたのは300円で18℃から24℃まで4つのプレートしかありません。安いから仕方ない。温度計というより癒し系のインテリアです。
今3時現在20℃です。

此処2,3日の散歩で出合った木や花

ユキモチソウ(サトイモ科、仏炎苞の付属体の先端が丸く膨れて雪白の餅にたとえた命名)
ハッカクレン(八角蓮、ミヤオソウ、中国原産の多年草)

Yukimotisou_2 Hakkakurenn_2

セイヨウバクチノキの花、桐、白雲木、ナニワノイバラ

ジャケツイバラ、エンレイソウ、アマドコロ、オキナグサが翁になっていた。

Seiyoubakutikunoki Kiri1_2 Hakuunnboku2 Naniwanoibara_5

Zyaketuibara_2 Ennreisou_4 Amadokoro_2 Okinagusa_6

トイレットペーパー(ないそうで、便座もないところが多い)を持って、行ってからもルーヴルに換えないで(日本円には戻らない)、
警察官にパスポートを見せろと言われても決して手から離さず(返してもらえなくなるらしい)、絶対にスーパーに入って買い物をしない(入る際手荷物を全部預けなくてはならない)覚悟で、

12日から19日まで機体が古いと言われているロシア航空(元アエロフロート)に乗ってロシアに行ってきます。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ノートの表紙

Note Note6 Noto1_4 Noto2

Note3_2 Note4_1  これは「家計簿」「読書」「食事」ノートの表紙です。
もう十数冊になりますが、娘が必ずノートの表と裏に漫画を描きます。
私の実話が毎回描かれるので、自分がいかにドジかを思い知らされます。
私の宝物として大切に取っておこうと思っています。

家に見当たらないため借りてきた『かもめのジョナサン』を読むのは2度目になります。
ジョナサンがひたすら飛翔することしか覚えていませんでした。
ジョナサンは寓話の形をとっているとはいえ、訳者の五木寛之氏の解説によれば、ものすごい頑張り屋で、頭もよく、向上心も強く、「愛」することの意味までもちゃんと知っているたいしたカモメなのであると。
再度読んでジョナサンから元気をもらいました。

近所にホウチャクソウ・キバナホウチャクソウ 
タツナミソウ・シロタツナミソウが仲良く並んで咲いていました。

Houtyakusou Kibanahoutyakusou Tatunamisou Sirotatunamisou

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

東海林さだおの『ごはんの丸かじり』

東海林さだおの丸かじりシリーズの20作目『ゴハンの丸かじり』です。
このシリーズでは35の食べ物の話が載っているので今までのを単純に計算して700種の話が出ていたことになる。
ショージ君シリーズやその他の本にたくさん出てくるので一体何種類の食品や料理をかじるのか検討がつかない。

食に対する飽くなき好奇心・探究心の持ち主の日本一なのではないだろうか。
その文章が1つ1つ楽しく、趣が変わって書かれているのです。これはすごいことです。この道の天才です。
食べ物の食べ方の常識からどんどん逸脱して試していくのですね。気がつかなかったこと、謎もどんどん突っ込んで解明しようとする。

このシリーズ例えば、<味付け海苔の奮闘>で夫がいないとき密かに真似して試してみました。
味付け海苔だから、そのままか、しょうゆをつけて食べるのが普通。
それが味噌をつける(○)、油を塗って塩をふる・・韓国海苔の味わい(○)、納豆の糸だけしょうゆ(○)、油を塗って塩とカレー粉(△)ナンプラー(×)とショージ君と殆ど同じ結果でした。

それにしても小泉武夫、石毛直道氏等とともに鉄の胃袋の持ち主の食の探検は凄まじくも羨ましいかぎりです。

Sannsai2 新潟の山菜を頂戴しました。新潟はこの冬の豪雪がまだ融けず山菜も雪の中で初めて採ったものだそうだ。
タラの芽の天ぷら
フキノトウの味噌和え
コゴミの和え物
山独活の煮物
わけぎの味噌汁としていただきました。

Bara Sakurannbo1 Sakurannbo2 Totinoki バラ第1号・香貴(とても匂いが良い)
実家のサクランボの木と収穫したサクランボ、ベニバナトチノキです。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

うっかり者

Ninngyou 人形の髪の毛が何十年も経って、髷を除いて茶髪になっていました。日本人形もおしゃれ!
他の木目込み人形もやはりそうで、この髪の素材が何か気になるところですが分かりません。

この連休で我が家の駐車場の三和土まで植木鉢が家の中から移動して満員状態です。

家の駐車場から数年前、車が姿を消しました。
それというのも、夫が免許証の書き換えを忘れたからです。あるときひょんなことから免許証の話が出て、見たらなんと1年以上も過ぎていたのでした。気がつかないこととはいえ、規則違反を1年以上もしていて、警察に心の中で謝りました。

当時恐ろしく仕事が忙しくてあまり乗らないでバッテリーが上がって、新車に買い換えて半年も経っていなかったので随分残念な思いをしました。
私はというと都内に越してからは免許証も捨てていました。夫は忙しくて乗らないのと、1から教習所でやりなおさなくてはならないのとで車をやめた次第です。
今は車のない生活にも慣れ、お陰で車1台で植木鉢80鉢は並べられます(負け惜しみ)。

今日も気持ちの良い風が吹いていますが、例年よりまだ黄砂があるようです。この黄砂が増えた原因はチベットの氷河が溶け続けていて、溶けたところが砂漠になったためであるそうです。つまり地球の温暖化が原因だったということで、ますます住みにくくなっていくようです。

今咲いている ツルニチニチソウ、シンビジウム、センッテッドゼラニウム、スズランです。

Turunitinitisou2_1 Sinnbiziumu_1 Senteddozeraniumu Suzurann 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

さんぴん茶

Sannpinntya_1 

戴いた沖縄の「さんぴん茶」、一見するとウーロン茶みたいな色をしていて、花も入っている。
恥ずかしいことにさんぴん茶がジャスミン茶(茉莉花茶)とは知りませんでした。緑茶にジャスミンの香りをつけたものです。
ジャスミン茶は花の香りが強いので、緑茶独特の味わいが隠れています。緑茶より半発酵のウーロン茶に近く中国的といえます。

調べてみると、「オバア列伝」に記載されているが、これは沖縄のオバアの好きな飲み物の第1位だそうです。2位がウーロン茶。中国の影響を受けた沖縄らしい。
お茶の木が少ない琉球で人々は朝から晩まで絶えずお茶を飲んでいるそうです。これはイギリス人の紅茶と同じではないか。

お茶をたくさん飲むのは土地の気候とおそらく空中を浮遊している珊瑚虫の針状の微粒子が関係しているというのである。珊瑚虫の微粒子が何故というのは調べてもわかりません。不思議です。

最近のお茶請け。
1枚目は夫の作ったフルーツケーキ。
次は昔調理実習で作った覚えのあるバナナの餡はさみあげです。
すごく美味しかったのをふと思い出して作ったもの。郷愁の味は、とても絶品とはいえませんでした。あまりに贅沢になった結果で す。
4枚目は友人の作った桜餅です。

Hurutukeki_1 Annbanana1 Annbanana2 Sakuramoti

Kiebine

殿ヶ谷戸庭園でエビネと黄エビネが丁度見ごろです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »