« ガリレオ温度計 | トップページ | ロシア(その2) 古都の正教会 »

2006年5月20日 (土)

ロシア(その1)サンクトペテルブルグ

12日、元気よく出かけたものの、駅に着いて財布を家に置いてきてしまって愕然となる。このことが旅行中何となくケチってしまう原因となる。
成田に着くとトランクの鍵穴あたりをガムテープでぐるぐる巻きにするように言われる。トランクを開けられるからだそうだ。イタリア並みかそれ以上か。
機内に落ち着くと今度はボールペンをなくしたことに気づき今度は唖然としてしまう。モスクワの空港ではチェックが非常に厳しく靴までぬがされる。
そんなこんなで乗り継いでサンクトペテルブルグのホテルの部屋に到着したのは夜11時(日本は朝4時)であった。ここは日没が10時で6月半ばまで白夜である。

旅仲間は29人(男性5人で女性はトイレの行列に悩まされる)、平均年齢69.1歳で添乗員さんもびっくりである。
サンクトペテルブルグもモスクワも中心から30キロ以内には1戸建てを建ててはいけないと法律で定められていて、本当に一軒家は1つもなく全部集合住宅ばかり。8割が郊外に別荘を持っているそうだ。
プーチン大統領はここの出身で奥さんは仏・独語、長女は中国語、次女は日本語を学んでいるそうである。

Ekaterinakyuudenn1 Piyotorutaiteinatukyuudenn2

左:エカテリーナ宮殿  右:ピョートル大帝夏の宮殿

主な見学は宮殿とバレリーナ養成学校である。
エカテリーナ宮殿の琥珀の間は1トン琥珀が使われ、女帝に謁見した大黒屋光太夫の驚きが伝わってくる。
ピョートル大帝夏の宮殿は広大な敷地の庭園といたるところにある噴水が見ものである。
そしてエルミタージュ美術館、コレクションが300万点、お宝がびっしり。3時間もガイドさんに説明してもらいぐったりしてしまった。
それにしても、ロマノフ王朝、ピョートル大帝やエカテリーナ2世の富と権力に圧倒されてしまった。

5e1 5e2 5e3 5e4

Bare3 Bare4

バレリーナ養成学校では5歳から15歳までの可愛く美しいバレリーナ(男の子は1人)の卵さんが目の前で一所懸命たくさんバレエを披露してくれた。これにはすっかり感激してしまった。
この夜寝台列車で8時間(650キロ)かけてモスクワへ。定時に発車し、定時に到着したのは日本並みかそれ以上であった。

|

« ガリレオ温度計 | トップページ | ロシア(その2) 古都の正教会 »

コメント

お帰りなさい。お疲れになったことでしょう。ブログの冒頭からびっくりすることばかりです。「財布を家に忘れた」「トランクの鍵穴をテープでふさぐ」「平均年齢が69.1歳」いやはや前途多難な旅とお見受けしました。サンクトベテルブルグで6月なかばまでは白夜ですか。面白いのは、フーチン大統領の奥さんが独仏語、長女が中国語、次女が日本語だとか?どんな魂胆なのでしょう。エルミタージュ美術館に3時間ですか?やはり通常のツアーとは大分趣が違うようで、びっくりするお話ばかりです。いやー、これからあとのtona さんのブログ、目が離せません。

投稿: 茂彦 | 2006年5月21日 (日) 10:48

tonaさんお帰りなさい。お疲れさまでした。最初から大変でしたね。
ロシヤは入国が思ったより大変だったんですね。

世界遺産、サンクト・ペテルブルグ、水の都。青い空にエカテリーナ宮殿の白い建物が映え、フォーマルガーデンの緑が美しい。
ピヨートル大帝夏の宮殿の噴水庭園もすばらしい。

エルミタージュ美術館のコレクションが300満点とはすごい。美術鑑賞の好きなtonaさんでもガイド説明付き3時間の鑑賞には疲れましたか。でもこれだけじっくり観られたらしっかり印象に残ったものがあると思います。
これから引き続き旅行記楽しみにしてます。

投稿: 夢閑人 | 2006年5月21日 (日) 11:09

お帰りなさい。
財布を忘れたことに気づいた時のことを想像すると。。。大変でしたね。

ロシア、日本とはずいぶん違う気質の国なんでしょうね。

人の物を盗む、ということにたいする思いって、その国々で違うんでしょうね。

美術館、バレリーナ養成学校、歴史の深さが感じられそうですね。

投稿: シーサイド | 2006年5月21日 (日) 11:23

お久しぶりです 長旅ご苦労様でした
大事な財布を忘れすぐに対応は流石ですね。同行者が高齢者ばかりで驚きです。プーチン大統領は日本にも相応の関心が伺えます。また、中心から30kmの一戸建てがない、白夜、列車の正確さを知りました。
エルミタージュ美術館ほかにご満足の様子です良かったですね。

投稿: T.O | 2006年5月21日 (日) 12:05

●早速読んでいただきコメントをありがとうございました。

★茂彦さま

最初から青くなったり平常心に戻ろうと必死になったりで、我ながら情けない。幸い夫が米ドルと日本円を少し持っていたのでことなきを得ました。
皆が働いているこの5月はさすがに退職者ばかりで、若い人は1人もいませんでした。
そう、プーチン家は政治に何か生かそうとしているのでしょうか。本当のところを知りたいですね。
エルミタージュ美術館を7時間なんていうツァーを本で見かけましたが、ダウンしてしまいそうです。

投稿: tona | 2006年5月21日 (日) 16:16

★夢閑人さま

入国は日本なら1度でしょうか、ロシアは3度も入念にされましたよ。それも2つくらいしか窓口がなく行列で2時間のトランジットの時間を軽くオーバーして遅れて次へ出発しました。
かつての旧都に3つも4つも宮殿があって、しかも全部行ってないから正確なことは言えませんが、ウイーンやブェルサイユやバイエルンなどの城に勝るとも劣らない帝政ロシアの底力を見せつけられました。
エルミタージュの有名な絵画は写真に収めましたがぼやけていまいたので、現地で本を買いました。今回のガイドさんは美術についてすごく勉強しているのが伺えてラッキーでした。

投稿: tona | 2006年5月21日 (日) 16:34

★シーサイドさま

肝心のときに大ポカをやるtonaでございます。しかしお金を分散しておいて良かったとつくづく思いました。私のことですから分散のしすぎも危ないのですが。何処と何処にを忘れてしまうからです。こんなですがあきれてもお付き合いくださいませ。

ロシアはヨーロッパと全く同じ気質のように思えました。フランス人より少し暖かいかもしれません。
空港職員の中にいるようなのです。残念ですね。1人被害はなくてもガムテープを全部はがされていました。

体操、スケート、バレーを小さいときから厳しくやって、オリンピックやボリショイなどのバレーで活躍しているのですね。

投稿: tona | 2006年5月21日 (日) 16:44

★T.Oさま

お元気になられましたか。
私の財布には日本円が入っていたのですが、分散してあったのをかき集めたら、帰りの電車賃があったのでそれからは安心したわけです。ロシアは米ドルを持っていって、ルーブルに換える仕組みなので米ドルを忘れたらややこしくなっていました。

すごい高齢でしょう。私は下げる側ですが、それが、皆さんすごくお元気なのですよ。世の中こんなに元気な人々がいるんだと感心した次第です。
東京中に一戸建てがないなんて考えられませんよね。一軒くらいあるんじゃないかときょろきょろ見てしまいした。

白夜は彼の地の人も体調を崩すそうです。

投稿: tona | 2006年5月21日 (日) 16:57

tonaさん、おかえりなさい。
いいご旅行でしたね。

私のことを思ってくださったのですか。
こうやってお写真を見せていただけるので
ありがたいです。
もっと元気になって体力もつけて、
旅行ができるようにがんばります。

投稿: 未歩 | 2006年5月21日 (日) 21:25

おかえりなさい。

私って一度も海外旅行をしたことがないんですよ。
まぁ 国内もそんなに行ってないんですけどね(笑)
出掛けにいろんなハプニングがあったものの充分に楽しまれたようで良かったです。
見た事のない外国の写真は嬉しかったです^^

投稿: pochiko | 2006年5月21日 (日) 21:33

おかえんなさい。毎日もう帰ったかと見てました。今日は少し酔っ払っているのでゆっくり見させていただきます。おつかれさまでした。

投稿: saheizi-inokroi | 2006年5月21日 (日) 21:44

●コメントありがとうございました。

★未歩さま

未歩さんのお陰で何事も文句を言わないで旅行しました。何かすぐ文句言ったりわがまま言ったりしている人がいますが、見苦しいし、聞き苦しいですからね。

リハビリで体力つけられて旅行できるようになったらみんなどんなに嬉しいことでしょう。
ポージィさんのお誕生日を先日未歩さんのブログで知って、お祝いの言葉だけですが言うことができました。ありがとうございます。

投稿: tona | 2006年5月21日 (日) 22:22

★pochikoさま

pochikoさんも私くらいの年になるときっとどんどん出かけられるようになるかもしれません。pochikoさんのことですから、充電し、勉強し私のような無駄金使いにならないと信じています。

最後の行のお言葉、暖かくて、本当にありがとうございます。

投稿: tona | 2006年5月21日 (日) 22:27

★saheizi-inokoriさま

毎日気にかけていただいたそうで本当にありがとうございます。嬉しいです。

少し酔われていらっしゃるとか、結構ですね。ロシアのウオッカ、とてもきつくて、なめる程度しか飲めませんでした。

投稿: tona | 2006年5月21日 (日) 22:31

tonaさん、お帰りなさい♪
昨日はお祝いのメールとコメントをいただき、ありがとうございました(^^)

いやはや…いきなりのハプニングでしたね!
思わずニヤニヤしてしまった私は失礼なヤツです。
でも、ハプニングを楽しんでしまえば旅の思い出は濃くなりますよね。

色々と思いがけないことの連続だったようで、
この後の旅紀行も楽しみにしています。
でも、お疲れが出るといけませんから、記事はゆっくりと
アップなさってくださいね。
こちらもひとつひとつの記事をじっくり楽しませていただきますから。

投稿: ポージィ | 2006年5月22日 (月) 11:26

★ポージィさま

コメントありがとうございました。
昨日は生チョコ仕立てのショートケーキでお祝いされたとか、良かったですね。
クックちゃんには毒とは知りませんでした。

凄いドジとか身内から言われ、もし次行くならよく注意するように諭されました。

人には退屈な旅行記を読んでいただけて皆様には申し訳なく、私はとても嬉しく感謝しています。あと1回(その3)で終わりますので宜しくお願いします。

投稿: tona | 2006年5月22日 (月) 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/10160571

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア(その1)サンクトペテルブルグ:

» エルミタージュ美術館〔ロシア/サンクトペテルブルグ〕 [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「エルミタージュ美術館〔ロシア/サンクトペテルブルグ〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2... [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 07:43

» エルミタージュ美術館〔ロシア/サンクトペテルブルグ〕 [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「エルミタージュ美術館〔ロシア/サンクトペテルブルグ〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 10:36

« ガリレオ温度計 | トップページ | ロシア(その2) 古都の正教会 »