« ロシア(その2) 古都の正教会 | トップページ | ミーちゃん »

2006年5月25日 (木)

ロシア(その3) モスクワ

最後の2日間はモスクワである。広い道路はどこも車の渋滞がひどい。日本製もかなり見られる。
主な見学は赤の広場とクレムリンとボリショイサーカス。

かの有名な赤の広場(7万3千平方メートル)は赤くない。赤いレンガ造りの歴史博物館の門(写真左)を潜ると目に入ってくる。右手がレーニン廟とクレムリン(写真右)。Akanohiroba Akanohiroba2

向かい側がおとぎの国のようなワシリー寺院(写真左)、左手がグム百貨店(高級ブランド店で地元モスクワっ子は殆ど入らない:写真右)で囲まれている。

Akanohiroba3 Akanohiroba4

クレムリンに入るには入念にチェックされる。中には大統領府やクレムリン宮殿やいくつかの寺院と武器庫がある。この日プーチン大統領はお出かけ中であった。武器庫は美術館になっていてロシアの宝物にうなってしまった。写真左が大統領府、右がクレムリン宮殿と寺院の1つ。

Kuremurinn1 Kuremurinn4

Kodomo  夜は2千人収容できる専用の劇場を持つボリショイサーカスへ。大勢の世界1可愛いロシアの子供に会えた。長い冬ごもりで太陽を浴びたての膚は抜けるように白く、全員美男美女なのであるから驚く。年取るとあんなに太るのが不思議である。写真の女の子はウサギを抱かしてもらって撮影(有料)。
空中ブランコやスケートや犬、熊、猿、象、馬の曲芸に大感激で子どもの頃見た木下サーカス以来である。

食事について
日本で作られた往きのアエロフロート・ロシア航空の機内食(一番下の写真)2食は今までで一番美味しかった。初めて完食。
旅行者用レストラン、ホテルの食事は良かった。日本でお馴染みのペリメニ(ロシア風水餃子)、ボルシチ、つぼ焼き、ビーフストロガノフ、ロシア風クレープの他にもいろいろ堪能したが、予想に反して美味しかったのである。
フランス風でバター、ミルク系で、食べ過ぎるともたれるが、フランス料理が好きな人にはうってつけである。。毎食水のペットボトルが必ずサービスされ、残ったのはもらえるので1度も水を買う必要がない。アルコールが要らない人は飲み物代がゼロ。
ホテルの朝食もバイキング形式で豊富、果物の缶詰でない、いちご、りんご、ぶどう、キューイの入ったポンチまであったのも今までで初めてである。

日本料理はモスクワでも大人気で350軒あるそうである。

Syoku1perimeni Syoku2borusiti Syoku10rosiatuboryaki Syoku4kurepu

Syoku9bihusutoroganohu Syoku7tizusarada Syoku5sakanaryouri Syoku8dezato

Kinaisyoku1 Kinaisyoku2

お花はチューリップ、スイセン、ムスカリ、タンポポが咲き、木はライラックやトチノキが咲き始めていた。寒い国なので種類は少ないようである。写真はロシアのタンポポと菩提樹。

Tannpopo Bodaizyu

ロシアのアルファベットは26でなく33である。この多さだけでもロシア人は頭がいいのではと言われているそうだ。確かに店員さんの計算は早く西側の国より優れている。
KGB、共産党、マフィアなど怖いイメージがあったが、表面上はもうその面影はない。両都市の現地ガイドさんもロシアの現状を包み隠さず話してくれ、知識も豊富でこれも今までで一番素晴らしくラッキーであった。

かくして上げ膳据え膳とお別れして帰ってきたが、時差が5時間なので時差ぼけすることはなかった。  ー完ー

|

« ロシア(その2) 古都の正教会 | トップページ | ミーちゃん »

コメント

ロシア旅行記・完結編ですね。今回も興味深く拝見。

tonaさんの記事を拝見して、TVなどで、ロシアの建物を
あまり見たことがなかったことに改めて気付きました。
注意して見ていなかっただけなのか本当に見たことがなかったのか、
どちらかよく分かりませんが、写真を拝見してどれもとても
新鮮に感じられました。

ロシアの子達、美男美女揃いでしたか。
ウサギを抱っこした女の子も可愛いですね。
そのウサギさんの肉付きがあまりによくて、tonaさんが書かれている
「年取るとあんなに太るのが不思議である。」の文とダブりました(^o^)

投稿: ポージィ | 2006年5月25日 (木) 13:20

ロシア③は宮殿ですね。
前の寺院も良かったです。
寺院も宮殿も、日本では見受けられない建物です。
こういう写真を見ると、確かに異国の地なんだなぁ~~って思いますよ。
また食べ物に関しても、思いがけずに美味しかったようで…機内食初めて見ました。
今まで飛行機には乗った事があるんですけど、機内食の出るくらい長時間乗る事がなかったので、キャンディくらいしかもらった事ありません(笑)

投稿: pochiko | 2006年5月25日 (木) 13:38

所変われば景色も食べ物も変わる。
おいしそうなお食事を満喫されたようで羨ましい。機内食も確かにおいしそう。確かに今までのものよりいいようです。
ずらり並んだ料理、いい匂いが漂ってきそう。

ロシア語は、辞書を引くのも英語みたいに簡単でないと、外語学校に行っている友人が言っていました。

外人の女の子は全般に可愛いけど、ロシアの子は特に肌が白くてきれいですね。

何かヨーロッパとは違うロシアの風景を見さしていただき、感激です。
食べ物良し、見るもの良し、満足できる旅でしたね。いい思い出になることでしょう。

投稿: 夢閑人 | 2006年5月25日 (木) 15:23

●だらだら旅行記を読んでいただきありがとうございました。

★ポージィさま

私もクレムリンのネギ坊主とエルミタージュの映像しか見ていませんでした。行く前にいくら本を読んで行っても全然頭に入っていませんね。
百聞は一見に如かずですね。あとから読むとすーと入るんですね。学校の勉強がこのような手順で頭に入るということがなかったのが残念。入っていたら今頃は学者になれたかもしれませんが、まあそれもなかなか大変だから今の自分でいいことにしましょう。

そうなんですよ。このウサギちゃん、ものすごく太っちゃってびっくりでした。年取っているのですかね。

投稿: tona | 2006年5月25日 (木) 19:21

★pochikoさま

宮殿の色がそれぞれ全部違うのですね。エルミタージュは若葉色、エカテリーナは水色、クレムリンは黄土色というふうに。そして窓がいっぱいついていますね。室内が明るいですね。
ロシアの寺院は結構気に入りました。実はゴシックも好きだったのですが。

機内食、狭いスペースにぎっちり詰まっていて、食べるのが結構大変です。動かないのであまりお腹がすかないのでよくフォアグラ状態といいますね。国内便昔は早朝に乗ると出ましたが、今はすべて廃止ですよね。すぐ着いてしまうからいらないですけど。

投稿: tona | 2006年5月25日 (木) 19:32

★夢閑人さま

全然期待していかなかった食事が良かったので印象が1段アップです。機内食って独特の臭さがありますよね。帰りはあったのですが、写真のは全然なかったんです。

物売りがあまりしつっこくなくていやな思いをしないですみました。

ロシア語難しそうで、ありがとうを覚えるのがやっとでした。
スラブ系なのでしょうか。若いお母さんまではそれはそれはこぞって美人です。全員沢口靖子です。
いつもの旅行と違ってブログにまとめたので、行きっぱなしにならないで、お陰さまで頭の中にいい思い出をしっかり焼き付けることができました。
皆様に感謝してます。

投稿: tona | 2006年5月25日 (木) 19:46

tonaさんの「目」で見たロシア旅行を楽しませていただきました。
これからはロシアの記事を読んでも、きっと見方や関心の持ち方が違ってくると思います。

ロシアの人は日本への関心が高いそうですが、日本人は今はまだそれほどではないですよね。

でも旅行する人が増えると、これからは変わって来るでしょう。お料理もおいしそう。

投稿: ねむウサギ | 2006年5月25日 (木) 22:51

tona様、楽しく拝見しました。ロシアは話に聞くばかりで、30年前のモスクワの空港しか知りません。アエロフロートは、以前に妻と娘がひどい目にあって以来敬遠していましたが、見直したほうがよさそうですね。

投稿: evergrn | 2006年5月26日 (金) 06:54

★ねむウサギさま ありがとございました。

日本語学科が盛況と聞きましたが、本当だったのですね。プーチン大統領のお嬢さんも籍をを入れているのですからね。

今までロシアの記事が載っていたのかしらと思うほど、私も関心がなかったので見たことがありませんでした。
これからはちょっとは引き付けられますね。

ヨーロッパとなんら変わりなく、ホテルも選べば(旅行会社が4つ星を手配)メンテナンスはイギリスよりいいかもしれません。
食べる方も意外でした。

投稿: tona | 2006年5月26日 (金) 08:18

★evergrnさま ありがとうございました。

30年前のモスクワの空港をご存知とは!
アエロフロートの恐ろしい話は聞いていましたが、奥様、お嬢様実際に体験なさったのですね。
今回、往きは機体が古く確かにトイレなどガタピシして閉まりが悪かったのですが、2・3・2という座席は席を立ちやすく便利。帰りは最新の機種で、食事は帰りは普通でしたからよそと遜色ないです。見直してくださって大丈夫と思います。

投稿: tona | 2006年5月26日 (金) 08:26

tonaさんのロシア旅行記、大変面白くそしてためになりました。多分、ロシアには行くことがないと思うので、余計興味を持って読ませていただきました。赤の広場、クレムリン、レーニン廟、ボリショイサーカスなどなど、言葉としては何度も耳にしていますね。ロシア航空の食事がよかった話、日本料理店が350軒もある話、面白いですね。それから、計算が早いという話、一寸意外でした。どこの国は行っても、計算が遅いのには辟易していましたから、この話にはいささか驚きました。KGB,共産党、マフィアなど、ロシアからすぐ連想することですが、意外な一面を見せてもらいました。
しかし、我々の年代になると、ロシアに対しては、どうしてもいいイメージが持てないのですね。特に第二次大戦終結間際になって、「不可侵条約」を踏みにじって日本に参戦した事実。そのあとの旧満州などにおける残虐行為など、私など人間が古いせいか、どうしても悪いイメージが払拭出来ないです。
tonaさんの旅行記読ませていただき、つい
いろいろ考えてしまいました。
変なこと云ってゴメンなさい。

投稿: 茂彦 | 2006年5月26日 (金) 12:06

★茂彦さま ありがとうございました。

計算のことはヨーロッパは本当にいらいらするほど遅かったです。それなのでびっくりしました。

戦争はしかけた日本が悪いのですが、あの「不可侵条約」のこと、そのあとの捕虜の抑留などとてもいやなことがありました。
私の叔父も抑留されて大変な思いをしたことを和歌に託した歌集を作っていました。栄養失調の過酷な体験が原因だと思いますが50代で命を落としました。
逆に昨年も事件が起こりましたが、中国人民が日本をいかににくんでいるか、今本を読んでいるところです。

茂彦さんのお気持ちはよく分かります。シベリアの上空では思い出していながら、能天気に旅行してきて表面だけをなぞっていました。いやなことなどを思い出させてしまったことはお許しくださいね。

投稿: tona | 2006年5月26日 (金) 19:34

tona様
DVDすぐ送ります。お差支えなければ、メールで住所、氏名ご連絡ください。
shig-okamoto@hkr.jrnet.ne.jp

投稿: 茂彦 | 2006年5月27日 (土) 08:56

★茂彦さま

ありがとうございました。
今連絡のメールを入れました。
届きますように。

投稿: tona | 2006年5月27日 (土) 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/10231653

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア(その3) モスクワ:

» レーニン廟 [よくぞ堀ったり、老いたるモグラよ]
オリジナルのアネクドートをつくりました。 「いまやすっかり資本主義になったロシアだけれど、  モスクワにはまだまだ社会主義的な空間が残っている。  たとえばレーニン廟。あそこは3つの意味で社会主義的だ。  まず、あそこでは、いまだにレーニンを尊んでいる。  それから、いまだに警官が威張っている。  最後に、いまだに人々が長い行列をつくっている。」 そのレーニン廟を取り壊そうかどうかという話�... [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 10:29

« ロシア(その2) 古都の正教会 | トップページ | ミーちゃん »