« ナポレオンとヴェルサイユ展 | トップページ | 海の家 »

2006年6月 2日 (金)

藻塩

今日今年初めてメダカが孵ったのに気がつきました。何十匹もいるようです。5ミリくらいの長さで、餌をしごいて与えたら元気の良いのが浮上してきて食べ始めました。また貰い手を捜さなくては。

Takobee Takosutyahann

娘が大阪へ行って買ってきてくれたたこ焼きの味がする「たこべえ」はこの関東には売っていない。かっぱえびせんみたいにやめられない味です。この間、手羽先唐揚げで有名な、名古屋から進出してきた「世界の山ちゃん」で食べたたこ焼き風味の餃子もなかなかいけました。
そしてタコスチャーハンとオニオングラタンスープの食事、時々変な取り合わせのメニューになってしまいます。

Sakana Mosio 徳島の実家から帰られたお隣から戴いたお土産の、名前の分からない赤い目刺のような魚と「かいふ藻塩」です。
藤原定家の歌~来ぬ人を松帆の浦の夕凪に
          焼くや藻塩の身もこがれつつ~ と歌われた。薄茶色(ヨウ素を含むため)の藻塩です。
室戸阿南海岸国定公園・徳島海部産・天然黒潮海水にがり塩で、藻塩焼きという伝統製法で作られていると書かれています。
使用例がいろいろ書いてある中で(おにぎり)につけたら実に美味しいおにぎりが出来ました。たかが塩というなかれ、塩にもいろいろな段階の味があることを、おにぎりで知ることが出来ました。

|

« ナポレオンとヴェルサイユ展 | トップページ | 海の家 »

コメント

塩は、お値段もピンからキリまでありますね。
小さな袋で1000円くらいのもありますね。
そんなのを買った時は、ていねいに食べるせいか、味が深いような気がしますが。。
タコスチャーハンて、どんなチャーハンなんでしょう。
私は、ありきたりの、おかず~といものばかり作っています。

投稿: シーサイド | 2006年6月 2日 (金) 19:05

★シーサイドさま ありがとうございます。

戴いたこの藻塩も随分高いのでしょう。

タコスのピリッとした辛さのピリ辛トマトソースをかける沖縄の「タコライス」をアレンジしたチャーハンとあります、タコス風チャーハンの素で作りました。手抜きチャーハンです。

いいえどういたしまして。シーサイドさんのお料理は変化に富んでいて時々参考にさせていただいています。

投稿: tona | 2006年6月 2日 (金) 20:35

メダカ可愛いでしょう。tonaさんがえさを与えている姿が目に浮かんで、ほほえましい感じがしています。「たこべえ」美味しそうですね。お隣さんからいただいたといわれるお土産の魚。これは干物ですか?珍しい色ですね。いろいろ珍しいもの見せてもらって、大いに楽しみました。

投稿: 茂彦 | 2006年6月 2日 (金) 21:51

★茂彦さま ありがとうござました。

メダカからなかなか離れられなくてずっと眺めています。すごく可愛いですよ。

「たこべえ」たくさん手に入ったらお送りしたいです。行くチャンスがなくて、

そうです。干物になっているのを戴きました。骨ごと食べてカルシウムいっぱいという感じでした。

投稿: tona | 2006年6月 2日 (金) 21:59

藻塩とは、珍しいものをいただきましたね。
赤い魚の干物もたこべえも、みな知らないものばかりです(^^)

「藻塩焼き」って、古代の製塩法で土器で煮詰める方法でしょうか。
どこかのお寺の住職が再現に成功したと、TVで紹介されているのを
見たことがあります(所さんの笑ってこらえてだったかしら)。

メダカの赤ちゃん、孵りはじめたのですね。
可愛いでしょうねぇ(^^)
わがやでは、2匹いたメダカのうち1匹が行方不明です。
金魚がバシャッと大きな動きをした拍子に水槽から飛び出て
見えないところで干物になってしまったのかもしれません~

投稿: ポージィ | 2006年6月 2日 (金) 23:01

★ポージィさま ありがとうございました。

よその県に行くと知らない珍しいものがあるのですね。
藻塩焼きは書いてあるところによりますと、弥生時代からの最古の製塩方法で、黒潮の迫る徳島海部沿岸の新鮮な海水と海藻(ホンダワラ他)のエキスを古式平釜でゆっくりと時間をかけて焚き上げたとあります。古式平釜が土器なのでしょうかわかりません。
お寺の住職さんが再現されたというのが面白いですね。

メダカの赤ちゃんは見ていてあきないです。
1匹行方不明とは残念でしたね。たくさん孵ったので差し上げたいくらいです。

投稿: tona | 2006年6月 3日 (土) 08:28

同じ四国に住む私ですが、徳島のお土産の肴も塩も、どっちも知りませんでした。
愛媛には「伯方の塩」があります(^^)v

めだか、もう孵りましたか?
うちのはまだのようです。
今年は赤いの黒いの混ぜてるので、どんなハーフが生まれるか。。。
楽しみなような怖いような(笑)

投稿: ちょびママ | 2006年6月 3日 (土) 08:39

★ちょびママさま ありがとうございます。

赤い魚いただいた方にもわかりませんでした。地方の呼び名があるような気がしますが。
伯方の塩は有名ですし、こちらにもありますよ。高いのは美味しいとはいちがいに言えないけれども、塩は美味しいです。

めだかは毎日見ていても小さすぎるのか全然見えませんね。あるとき突然5㎜の大きさになっているんです。ちょびママさんも観察を怠らないで見ていてください。

投稿: tona | 2006年6月 3日 (土) 08:55

めだか、私も以前に赤っぽいメダカを飼った事がありますが、酸素を送ってもすぐにしんでしまうんですけど、どうしてなんでしょうか?
私も孵化させてみたいなぁ~~何か秘訣があるのかしら。
大きな鉢に睡蓮なんか浮かべて、その中にメダカって良いと思ったんですけど。。。。

因みに我が家でも『伯方の塩』を使ってます^^

投稿: pochiko | 2006年6月 5日 (月) 00:18

赤い魚 島根で食べたことあるようです
塩はきれいな海水から作ったのが良いですね
醤油で十分と思ってもちょっと加えることで食材が生きて味が変る気がします。男料理で気付きました。塩にはこだわりがあります。 

投稿: T.O | 2006年6月 5日 (月) 13:50

しばらくご無沙汰しました。
大阪といえば「食い倒れの街」「たこ焼き」
商魂たくましいです。
「たこべえ」とはせんべい?。もちろん見たこともない。

「手羽先あげ」マレーシアの中国人の店の手羽先あげは絶品だった。あげる前の味付けが絶妙なんだと思いました。娘たちも、孫も大好きでした。ビールのつまみに最高でした。
「世界の山ちゃん」のものは食べたことがないのでどんな味か知りません。

塩、いろいろありますね。沖縄、宮古島の「雪塩」もおにぎりにしたらおいしかったです。

「めだか」一ヶ月前に10匹買ってきて庭の池
で飼っています。元気いっぱい。まだ小さいから子供はできないかも?。
「リキ」が覗き込んでいます。

投稿: 夢閑人 | 2006年6月 5日 (月) 17:28

★pochikoさま

お返事が遅くなってすみません。

めだかがすぐ死んでしまったそうですが、どうしてなのでしょうか、考えてみたのですがわかりません。我が家はりんごのトロバコ(外で越冬させても大丈夫なように)に入れ、藻と睡蓮を入れ餌を朝夕やって(冬は全然あげません。氷の下で越冬します)水は日向水を時々入れて、それだけです。赤と黒と両方います。
それで藻に産み付けるから藻を他の入れ物に移すとそこで子どもが孵ります。親と同じだと親が食べてしまいます。

投稿: tona | 2006年6月 6日 (火) 20:55

★T.Oさま

お返事おそくなりすみません。

赤い魚は関西方面にあるのですね。
塩が食材の味を生かすということを料理をなさるT.Oさんの方がよっぽどご存知で今、教えていただきました。いい加減な私は反省しています。せっかくいただいた塩ですから上手に使いたいと思います。

投稿: tona | 2006年6月 6日 (火) 21:02

★夢閑人さま

お返事おそくなってすみません。
ギターはいかがでしたか。
たこべえはたこ焼きの味のえびせんみたいなものです。なかなか軽くてやめられず一袋すぐ食べてしまいます。

マレーシアにもあるのですか。もしかして、山ちゃんのと味が似ているかもしれませんよ。酒などにあいますから。
新宿や池袋に出店しています。

沖縄、宮古島(私は行きませんでした)に「雪塩」があったんですね。全然気がつきませんでした。

めだかの藻を他のバケツなどに移すと孵るかもしれませんよ。だめだったらまた親のところに戻して繰り返してください。
リキちゃんがうれしそうに覗いている姿が目に見えるようです。

投稿: tona | 2006年6月 6日 (火) 21:16

やっとパン焼きを再開しました。
この記事を読んで、筋つきのパンを作ってみたのですが、筋がすっかり消えてしまいました。
「桃まん」のような仕上がりですが、トラックバックします。

投稿: kunugie(図書室たき火) | 2006年9月24日 (日) 21:29

★kunugie(図書室たき火)さま

コメントありがとうございました。
拝見しました。しっかり筋がついていますよ。「桃まん」風で格好がいいですよ。
私もその後1回やっただけで後が続きません。
kunugieさんが再会されたのでやってみようと奮い立ちます。
今、様々なことに挑戦なさって、充電しておられますね。さすが若い方は違うと驚いていますよ。
そして本を読まれるスピードの速さはsaheiziさんと同じですね。12月の向けて頑張ってくださいね。

投稿: tona | 2006年9月24日 (日) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/10361557

この記事へのトラックバック一覧です: 藻塩:

» 久しぶりのパン焼き [図書室たき火通信]
今日は、午前中にヨガ、午後からパン焼きと、週末の定番コースでした。 でも、パンを焼くのは久しぶりで新鮮な楽しさがありました。先月風邪をこじらせて以来、パンを焼く気力が湧かなかったのがウソみたいです。 気力がないとは言いながら、いろいろ考えてはいました。わが家の電子オーブンは火力が弱いので、食パンのように大きく焼くより小さく成形したほうがよさそうだとか…。 そして焼いたのがこのパンです。(試食は明日!) 先月、tonaさんのブログで見た、筋を入れる成形をやってみました。しっかり力を... [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 21:26

« ナポレオンとヴェルサイユ展 | トップページ | 海の家 »