« 蚊三題 | トップページ | 餡子 »

2006年7月26日 (水)

信じる?

Tyuugokunokoizu 中国の鯉の絵を飾ると「お金がたくさん入ってくる」という話を何処からか聞いて、以前夫が中国へ出張したとき買ってきてもらいました。
その結果は、その直後夫の昇進があって少し収入が増えたということはあっても、お金持ちにはなれませんでした。
当たり前です。
困ったときの神頼みは数々やりました。梟が幸運を呼ぶということで10個くらい購入しました。これは色々幸運にも恵まれたことがあったのでいいかなあと大切にしています。
しかし一方では聖書の勉強をしたものの、無宗教であり、風水とか、またこれが効く、あれが効くというものもあまり多く信じず、当たるも八卦、当たらぬも八卦の占いも丸のみで信じずに過ごしてきました。

「お金持ちになれる」という誘惑には勝てずついつい買って飾った絵。今日も鯉の絵を見つつ、効かなかったからといって降ろすと老後の蓄えまで消えてしまいそうなので、自分がこの世から消えるまで飾っておきます。

未歩さんのブログ「つぶやき」に「招き猫」のことが紹介されていました。
右手で招いているのは「金、福を招きオス」、左手で招いているのは「人、客を招きメス」
猫の色も三毛は「幸運」、白は「福」、黒は「病・厄除け」、金は「金」、赤は「魔除け、無病息災」だそうで知らなかった。左手にも心が傾くが、右手で招く三毛か黒を買ってしまおうかなあという誘惑にかられます。

実は今年初めてですが、漬けた梅にカビが生えてしまったのです。なんでもこんなことがあると病人が出るとか、不幸がとか聞きました。信じて怯えているわけにもいかず、福ものを総動員して守ってもらいたいし、はたまたそうなった時は腹をくくることにします。
来週には健康診断の結果が出ますし。

Kutinasi Rurimaturi

今月初めから咲いていたクチナシが終わって、ルリマツリ(右)が今咲いています。

|

« 蚊三題 | トップページ | 餡子 »

コメント

梅にカビを生やしたことはありましたが、普段通りの1年でしたヨ。
でも、気をつけてきれいな梅にしたいですよね。(今年も梅シロップは濁ってしまったし。。。)

tonaさんが、お金持ちになりたいと思って鯉の絵を買い求めたというのには、笑ってしまいました。。。
私もよく、娘に何か弾くけど何がいい?(ピアノです)と聞かれて、心がやすらぎ、元気になって、お金が入ってくるような曲と答え、「ない!」と却下されます。

投稿: シーサイド | 2006年7月26日 (水) 15:34

★シーサイドさま

梅のカビのお話聞いてほっとしました。ありがとうございます。
あの梅シロップ濁ってしまったのですか。
それもこれも今年の天候のせいでしょうか。
九州は梅雨明けの発表がありましたね。

シーサイドさんもお金の入ってくるような曲とお嬢さんに注文したとか、私もおかしくなってしまいました。そんな曲があったらいいですね。

投稿: tona | 2006年7月26日 (水) 21:08

今年の湿度はかなりのものですから、梅にカビが生えたのはそのせいですよ。
うちでは家のあちこちにカビが生えて閉口しています。(^^;)

鯉の絵を飾るとお金が入ってくるという言い伝えがあるのですか?
本当に買われたのですねぇ(^^)
きっと、「いつ」入ってくるかは分からないのでしょうから、
飾り続けるのがいいのでしょうね。

私も占い等々あまり信じないのですが、楽しむことは時々します。
性格占いをしてみて当たってる~と喜んでみたり、ちょっとしたものを
置いてみるとか。
きっと皆さん、心底信じちゃいないけれど当たればいいわねーという
遊び心なんでしょうね。
私も左招きの黒猫を探そうかしら♪

投稿: ポージィ | 2006年7月27日 (木) 11:46

信じません、と言いたいけれど、やはりどこかにそういうことを、むしろ信じたいような気持ちがあるようです。ジョークのように言いながらどこかにマジに考えているのです。毎朝仏壇に手を合わせることとは違うのでしょうが。

投稿: saheizi-inokori | 2006年7月27日 (木) 11:55

tonaさん、招き猫の話をご紹介いただいて
ありがとうございました。
中国の鯉の絵、立派ですね。
きっと心の貯金がいっぱい貯まっているともいます。
違う世界にも持っていける財産
いっぱいためたいですね。

縁起がいいもの、ほしくなるタイプです。
いいことは信じたいです。

投稿: 未歩 | 2006年7月27日 (木) 14:24

当るも八卦当らぬも八卦、私は良い事だけ信じるようにしています^^
占いなんか特にそうです。
それにしても、中国の絵を飾ると、お金が入って来る言い伝えなら…一瞬、私も中国の絵買おうかと思ってしまいました(笑)

えっと…カビの生えてしまった梅漬け、干して梅干にすると、なんて聞いた事があります。

投稿: pochiko | 2006年7月27日 (木) 15:18

信じる、信じないはその人の自由。
そうなって欲しいと言う願望を叶えるために、それをもたらすことをすれば、その人の心は落ち着くからそれでいいと思う。
ましてや、希望通りになればそれにこしたことはないと私は思っています。

三毛猫、99.9パーセントはメス。
雄の三毛猫は「宝物」と言われています。
うちにはその雄の宝猫がいました。
それはそれは大事にされていました。
周りの人も幸運が来ます様にとよく触りにきてましたけど…
なにかいい事があったか?

昔からうちで働いていたおばあさんが不治の病に倒れ、余命幾許もないと言われ、最後になにか食べたいものはあるかと聞き、可愛がっていた三毛猫を撫でながら「鶏の刺身」が
食べたいと…早速鶏を調理し、食べさしたところ、あら不思議、それから18年も生きました。享年96歳でした。
三毛猫が福をもたらしたのかは不明、信ずる、信じないは自由です。

皆さんはどちら派?

投稿: 夢閑人 | 2006年7月27日 (木) 18:42

★ポージィさま ありがとうございます。

焼酎まで入れて漬けたのがかびたのは雨続きで湿度が高かったからですね。それもこれも異常気象のなせる業、暑くて亡くなった人が出る国もあるのですから、湿度ごときに負けてたまるかというのは少しオーバーでした。

はい、買ってしまったのでした。この頃は入らないということより出過ぎにならないようにお祈りしています。

いろいろ占いがありますが楽しめますね。どなたかのブログでも面白かったです。
ポージィさんも招き猫に心が傾いていますね。

投稿: tona | 2006年7月27日 (木) 20:15

★saheizi-inokoriさま ありがとうございます。

ああ、やっぱり信じちゃうところがありますか。そうですよね。全然信じない人にお目にかかりたい。團伊玖摩さんはあまり信じなかったような気がしますが。
お正月は神社に向かってしまうし、鬼門云々を信じたり、全くないということは考えられないです。

仏壇を拝むとき私はご先祖さまに、毎日のようにお願いしまくっております。

投稿: tona | 2006年7月27日 (木) 20:22

★未歩さま ありがとうございます。

記事を勝手にすみませんでした。あまりに知らない事だらけで本当に常識がない私を補足してくださいました。これからもよろしくね。
未歩さんがおっしゃるように心の貯金がある程度できていれば、嬉しいですが、今からでも遅くないですね。心がけます。

未歩さんの回りにも縁起物がいっぱいありそうですね。

投稿: tona | 2006年7月27日 (木) 20:28

★pochikoさま ありがとうございます。

良いことだけ信じる・・・とてもいいことですね。そういかなくては。

もしいつか中国にいらっしゃるなら彼の地で1枚お求め下さい、とは胸をはっていえません。が、鳥とか魚の絵も植物同様心が和ごむことも事実です。

梅漬け、しっかりカビを取って、紫蘇をまぶして冷蔵庫に入れました。晴れが続いたら干そうと思っています。ご助言ありがとうございました。

投稿: tona | 2006年7月27日 (木) 20:36

★夢閑人さま ありがとうございます。

最初におっしゃられていること本当にその通りですね。心が落ち着くんですよね。

まあ!!オスの三毛猫がいたのですか。驚きました。招き猫のところを読んで三毛猫のオスが殆どいないということを今頃になって知りました。
私も触りに行きたかったです。写真は残っていますか。
事実は小説より奇なり、といいますがおばあさんのお話にもびっくりです。余命幾許もないから18年もそれも96歳という普通の人が生きられない年までご存命だったとは、もう、私は猫ちゃんを信じます。

投稿: tona | 2006年7月27日 (木) 20:48

少しご無沙汰してしまいました。
お邪魔してみると知らなかった縁起物の話がてんこ盛り(笑)
うわぁ~ん、十年前に中国に行ったのに。。。
知らないばかりに買いそびれました(涙)
招き猫の話も、商売をしていたにもかかわらず、全く知らずにおりました。
招き猫やふくろうの置き物はよく頂いたので店に飾っていたものの、どんな意味があるのかなんて深く考えた事もなかったです。
だからきっと儲からなかったんだ(笑)
梅にカビが生えると病人が出る。
そんな言い伝えがあるんですね。
それだけ今年の気候は変だから気をつけなさいという事でしょうね。
大事なサインを出してくれた梅と考えればありがたいですね。
美味しく召し上がって健康でいて下さいね。

投稿: ちょびママ | 2006年7月27日 (木) 23:22

★ちょびママさま ありがとうございます。

もうすぐ梅雨明け、この梅雨はちょびママさんの体をおかしくしてしまったようですね。涼しいので暑いの嫌いな私は今年10日間得した気分ですが。お誕生日もおいしくケーキを戴いたし、来る盛夏をバンバン元気に過ごしてくださいませ。

そうですか。ちょびママさん、中国では残念でしたね。そういう私も人に買ってきてもらったのですから。
招き猫、この年になるまで知らなかったのですよ。1つ購入したくなりました、

梅からのサインとそのようにとって気をつけたいものです。ありがとう。

投稿: tona | 2006年7月28日 (金) 08:50

はじめまして。図書室たき火のクヌギーです。saheiziさんのところから来ました。

先日、友人から招き猫のついたストラップをもらったので、さっそく色や雌雄をたしかめてみました。

金色で、右手を上げてます。かなり金運重視です(笑)。

おそらく友人は、私がこれまでと違う分野に転職するので、食いっぱぐれることのないようにとこれを選んだのだと思います。

招き猫の意味がわかって、友人の気遣いに感謝できました。ありがとうございました。

投稿: kunugie(図書室たき火) | 2006年7月29日 (土) 09:28

★kunugie(図書室たき火)さま

こんにちは。今日はお越しくださりどうもありがとうございました。
saheiziさんには大変お世話になっております。

招き猫のストラップ、私はまだお目にかかれませんが。金色で右手だそうで、金と幸、素晴らしいですね。私も戴いても、今までなら全然意味が分からなかったのですが・・・kunugieさんのご友人はちゃんとご存知でプレゼントしてくださった!何かとてもいいお話ですね。
ひょっとして写真がブログに載っているのですか?
転職されるそうで大変と思いますがお体に気をつけてください。
今からお邪魔させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿: tona | 2006年7月29日 (土) 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/11104816

この記事へのトラックバック一覧です: 信じる?:

« 蚊三題 | トップページ | 餡子 »