« 秘密結社 | トップページ | 畏敬の人 »

2006年8月11日 (金)

虫こぶ・エゴノネコアシ

Egononekoasi

虫こぶ(虫えい)の1つ、エゴノネコアシを見つけました。勿論教えて戴いたのですが。
これはエゴノネコアシアブラムシがエゴノキの側芽に寄生して異常に発育したもので、猫の足に似ています。
6月から7月にかけて虫こぶの先端から脱出してアシボソに引越し、寒くなると再びエゴノキに引越してきて虫こぶを作るとのこと。
このアブラムシをサイトで見ると、赤い小さな虫です。でも不思議。どうしてこんな虫が遠目にこんな花みたいなものを何を材料にして作るのか?
春にもたくさんあるようですが、夏に虫こぶが出来る木が他にもあって(シダレヤナギ・ダケカンバ・マタタビ・ヌルデなど)機会があったら捜してみたいものです。

大量の水を欲しがるエンジェルス・トランペット(ダチュラ・木立朝鮮朝顔)は鉢をたらいの中に入れています。そこにメダカから藻やホテイアオイを移すといつの間にかメダカの赤ん坊が泳いでいます。下の写真上は6月に咲いたピンクの花、下は1昨日開花の黄色。もう1本白があるのですがとても弱くて、それでも蕾が付きました。
それぞれ微妙に匂いが違います。夕方から夜にかけて部屋の中まで香りが漂ってきて夏の夜の楽しみになっています。

Pinnkuennzyeru Ennzyarutorannpetto

|

« 秘密結社 | トップページ | 畏敬の人 »

コメント

虫こぶって思わぬ造形美を見せてくれますよね。
イスノキは別名ヒョンノキと言って、虫こぶを笛にして遊んだそうです。
ヒョー、ヒョーって鳴るんだそうです。
イスノキの虫こぶは見た事ありますが、とても吹く気には。。。

エンジェルス・トランペット、キレイに咲きましたね~
3色もあるなんて羨ましいです。
そして香りが違うって言うのも初耳でした。
散歩の折、嗅ぎ比べてみます。

投稿: ちょびママ | 2006年8月11日 (金) 17:37

★ちょびママさま ありがとうございます。

イスノキは聞いたことがありますが、見たことはないです。その虫こぶはまるで笛なのですね。虫こぶのサイトでいろいろこれから見てみます。

エンジェルス・トタンペットは外での越冬は難しいので、大きな鉢を室内の2階に上げねばなりません。もう少し年取ったらもう無理にです。
1回に最大50も花を付け、11月まで4,5回咲き、おまけにいい匂いなので(でも毒なのだそうですね)気に入っています。
挿し芽でどんどん増やせるのもいいですね。

投稿: tona | 2006年8月11日 (金) 22:16

エゴノネコアシ
初めて見ました
花や実は良く見ているのですがこういうのもあるんですね
今度行って見てみます
ダチュラも綺麗に咲いていますね
色が違うと香りが違う事も初めて知りました

とっても参考になりました


投稿: ももみ | 2006年8月12日 (土) 21:42

虫こぶなんてあるんですね。
初めて見ました。
でもどこにでもあるものなんでしょうね。
ただしらなかったってだけで…。
こういうのがあると分かったら、いろんな木を見る目が違ってきますね。
私も見つけたいです。
大きいエンジェルス・トランペット!
こんなに大きくなるんですか?
しかもメダカのタライにですか?
なんかスゴイですね!
そのタライの中でメダカが産卵ですか?
益々 信じられないくらいです~~!!


投稿: pochiko | 2006年8月12日 (土) 21:43

ご無沙汰いたしておりました
伺っていましたがコメントはしていませんでした やっと気持ちが落ち着きました
今年は沢山のトランペットが見られませんね 気候が変なのでしょうか今までと違いカラスウリやたら多いです
虫こぶ・エゴノネコアシは知りませんでしたね ちょっと探してみようかな

投稿: T.O | 2006年8月13日 (日) 08:29

★ももみさま

ありがとうございます。
私の写真はピンボケでよく見えませんが、他の方のを拝見しましたら、本当に猫の足そっくりではありませんか。猫ってブラックキャットなんか猫の顔そっくり、猫の舌様の葉もあるそうですね。この木には6つくらいこぶがありました。ですからあちこちにあるのでしょうね。

投稿: tona | 2006年8月13日 (日) 08:32

★pochikoさま

ありがとうございました。
エゴノキは花の季節になるときれいに方々で咲いていますよね。ところが花が終わるともう存在を忘れ、やがて実がなるこの季節思い出すことになります。私も今年初めて知ってびっくりです。pochikoさんもきっと見つけられることでしょう。他の虫こぶも徐々に見てみませんか。
メダカはトロバコで飼っています。そこからこのたらいに藻を移すのです。家のやり方は極めてラフですね。

投稿: tona | 2006年8月13日 (日) 08:38

★T.Oさま

お元気だったのですね。本当に良かった!!
嬉しいです。

そういえばいつも咲いている家もトランペット今年は寂しいような気がします。
黄色は2本あるのですが、1本は50個、もう1本は22花をつけました。夜はむんむんです。
私、カラスウリの夜咲く、あの美しい花を1度も見たことがないのです。そもそもカラスウリ自体が見つからないのです。早く見たいです。
エゴノネコアシ、捜してみてください。

投稿: tona | 2006年8月13日 (日) 08:50

tonaさんの大切になさっている「エンジェルス・トランペット」
見事ですね!とても綺麗です。こちらでももう咲いているかしら?
そんなにたくさん花を付けますか、びっくり。すごい数ですね。
色によって香りが違うというのも初めて知りました。
そもそも、においを嗅げるほど近くで見たことがないのですが、
夕方から夜にかけて香りが強くなるのでは、夜見に行かないと
漂ってきてはくれないのかもしれませんね。
かなり大きそうですから、この鉢を2階へ運び上げるのは
さぞかし重労働でしょう。秋にはどうぞ腰にお気をつけて…

エゴノネコアシ、見たことがありません。
虫こぶを作られる植物って、結構色々あるようで、それも自然の造形の
ひとつなのでしょうけれど、私はどうも気持ち悪さが先に来てしまいます。
開けてみたことなどないくせに、虫こぶの中にウジョウジョと
虫が詰まっていそうなそんなイメージが湧いてしまって(^^;)

投稿: ポージィ | 2006年8月13日 (日) 11:21

★ポージィさま ありがとうございました。

エンジェルス・トランペット、ご近所でもっと上手な方が居て、100位花を付けます。それは地下植えです。秋には掘り起こして鉢に、春また地面に戻すそうです。手間をかけると花が答えてくれるいい例ですね。
白は6日間くらい、ピンクは3日、黄色は4日くらいかしら、それで萎んでしまいます。
早朝4時くらいまで2階まで匂っています。

虫こぶ、最初花だと思っていましたので、それが虫こぶと聞いて、今は中はからっぽのようですが、気持ち悪くなりますね。とても開いてみる勇気はありません。
ポージィさんも是非気持ち悪いでしょうけれども見つけてください。

投稿: tona | 2006年8月13日 (日) 14:21

暑い日が続きます。東京は特に。エンゼルス・トランペットは道を歩いていて見ることがありますが香りがあるとは知りませんでした。今度は近づいてみます。

投稿: saheizi-inokori | 2006年8月13日 (日) 18:25

「虫こぶ」という話、初めて聞きました。もっともこの方面のことには本当に疎いので、知るはずはないのですが・・・自然界にはいろいろ不思議な現象が多いのいですね。
エンジェル・トランペットのお話も、一寸想像が出来ないでいます。鉢をタライに入れて・・・メダカが泳ぐ?全く不思議なお話です。(-_-;)

投稿: 茂彦 | 2006年8月13日 (日) 19:16

★saheizi-inokoriさま

お帰りなさい。今お伺いしてきれいなお花を見せていただきました。入れ違いでした。ありがとうございました。

エンゼルス・トランペットは夕方から明け方の間でないと匂わないので、どうぞ暗くなってから寄って行ってください。

投稿: tona | 2006年8月13日 (日) 19:53

★茂彦さま ありがとうございました。

入れ違いでした。
茂彦邸にもいろいろ次から次へとお花が咲きますね。綺麗に撮れているのでさすがです。

虫こぶ、いろいろあるようなのでサイトで楽しんで、かつ木を見てみたいと思っています。私も初めてですから。
エンジェルス・トランペットはお水が好きなのでたらいの中に水を入れてその中に鉢を入れ、下からも水を吸わせます。そうしないと夕方にはすっかり萎れてしまいます。そこへ卵を産みつけた藻を入れるとメダカが孵ります。

投稿: tona | 2006年8月13日 (日) 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/11385390

この記事へのトラックバック一覧です: 虫こぶ・エゴノネコアシ:

« 秘密結社 | トップページ | 畏敬の人 »