« 河童 | トップページ | 推理小説 »

2006年8月28日 (月)

国分寺跡・国分尼寺跡

Musasikokubunnziato1 Musasikokubunnziato2

Nanazyuunotouato2_1 Nanazyuunotouato1

 

家から数分の所に武蔵国分寺跡があります。さらに府中街道を越えるとJR武蔵野線と鎌倉街道に挟まれた国分尼寺跡が続きます。
ご存知、国分寺・国分尼寺は天平13年(741)の聖武天皇の詔により鎮護国家を祈願して全国で創建された寺である。鎌倉幕府滅亡時の分倍河原の合戦で焼失したらしい。わずか七重塔跡と尼坊跡が復元されているだけである。
僧侶の定員が20人、尼僧の定員が10人と規定されていたそうである。

Niziato1_3 Niziato2_1

さて、各国の国府に置かれた国分寺はどのくらいあるのでしょうか。68だそうです。
その中で大和国の東大寺、法華寺は総国分寺、総国分尼寺とされ、全国の国分寺、国分尼寺の総本山と位置づけられた。諸国の国分寺・尼寺は官による財政支持がなくなると廃れてしまった。その後再建され当初の国分寺とは性格の異なる寺として現在まで維持しているところがある。
この68の国分寺を全部巡った方がいます。世の中には本当にいろいろな目的を持った方がいます。お陰さまで居ながらにして見る事が出来ました。

国分寺があったところから名称が付けられた自治体
1.東京都国分寺市ー武蔵国
2.香川県国分寺町(現高松市国分寺町)-讃岐国
この他栃木県下野市国分寺を初めとして16も地名に付けられている。
国分尼寺も法華寺→法花寺という地名が全国に7ヶ所あるそうです。

Hanatoranoo_2 Hatakenosatoimo_1

咲き始めたハナトラノオとその後ろに見える里芋の畑 土の中ではもう大分大きくなっているのでしょう。

|

« 河童 | トップページ | 推理小説 »

コメント

国分寺も国分尼寺も教科書で勉強しただけで、訪ねたことはありません。
身近に色々な史跡があったりするのでしょうが、興味のない人には(私のことです)見えません。
暑さも薄らいでいくことでしょうから、少しずつ足を延ばしていくこととします。
長崎では今「さるく博」という催しがあっています。
色々なテーマごとに自分が歩く博覧会です。けっこうな人が参加しているのですが、長崎県民の参加は少ないのだそうです。わかる気がします。終了するまでに1回くらい参加してみます。

投稿: シーサイド | 2006年8月29日 (火) 08:44

私が育った町の名前は「国府町(こうちょう)」というんです。
そう、その昔国府があって国分(尼?)寺が今でもあります。
でも、子供のころはそう聞いても「ふーん」でおしまい。
全然興味が湧きませんでした。
もうちょっとちゃんと勉強して、歴史ある町を尊ぶんだったと
滅多にいけなくなった今になって思います。
といっても、tonaさんのこの記事を拝見するまで忘れてましたけど(^^;)

ご紹介くださっている「68の国分寺を全部巡った方」のサイトで、
三河・愛知県豊川市の国分寺も見つけました(^^)

投稿: ポージィ | 2006年8月29日 (火) 10:29

※コメントありがとうございました。

★シーサイドさま

長崎は直轄地で国府はないのでしょうね。
歴史が濃い御地、あの坂、教会など学生時代に駆け足旅行して以来ですのでもっとじっくり行ってみたいですね。

歩く博覧会ってなかなかしゃれていますね。
面白そうです。
参加されたら是非見せてくださいね。

投稿: tona | 2006年8月29日 (火) 20:08

★ポージィさま

三河国の国府があった国府町ですね。読み方が面白い。地図で見つけましたよ。あの有名な豊川稲荷のそばですね。写真も見ました。
国府の東1.5kmのところに国分寺と国分尼寺があったそうですね。現存寺もあります。ここ武蔵国とまったく同じようです。

国府の方も地名が残っているのでしょうね。私が他に知っているのは千葉の国府台(こうのだい)です。これもこうと読んでいますね。
私は愛知県は香嵐渓と犬山しか行ったことがなくて地図もあまり見ないのです。今日はざっと愛知県を見てみました。

投稿: tona | 2006年8月29日 (火) 20:23

国分寺って学生の頃、習ったって言うか
私の場合、聞いた事あるな~くらいの認識でした。
愛媛にもあるのかな?って調べたら
今治にあったんですね、しかも四国八十八ヶ所の1つでした。
はぁ~、また1つtonaさんのおかげで知識が増えました!
ハナトラノオの花色っていい色ですよね。

投稿: ちょびママ | 2006年8月29日 (火) 22:16

★ちょびママさま

本当、今治にありますね。
四国八十八ヶ所と重なっているとは。
今治は友人2人の故郷でどんなところかなあと思っていました。大昔国府があったわけですね。国分寺と聞くと奈良時代を思い起こすようになりました。

ちょっと紫がかったピンクの色ですね。
ハナトラノオはとても増えますね。本当はたくさん一斉に咲いているのがいいのですが、増えすぎて、鉢に移行してしまいました。

投稿: tona | 2006年8月30日 (水) 08:32

tonaさん、こんにちは。
国分寺、三重にも3箇所ありました。
1箇所は鈴鹿なので、近いですし、
リハビリの先生の住んでいるところで、
ご縁を思いました。

ハナトラノオもきれいですね。
それに里芋の畑も広いです。

投稿: 未歩 | 2006年8月30日 (水) 09:37

★未歩さま

昔の伊勢国ですね。本当に3箇所もあるんですね。鈴鹿市と松阪市と亀山市ですね。こんなにある国は他にないようです。
鈴鹿には国府があったようですね。サーキットのあるところですね。リハビリの先生が住んでいらっしゃるのですか。きっとご存知ですね。

この里芋いつも戴いているんです。とても美味しいです。

投稿: tona | 2006年8月30日 (水) 15:51

tonaさんお住まいの「国分寺」は私のところからも近いですね。平素はあまり意識していませんが、tonaさんのブログで、あらためて歴史とのつながりを教えられ、いろいろ勉強になります。「68の国分寺・・・」のサイトも拝見しました。

投稿: 茂彦 | 2006年9月 1日 (金) 18:36

★茂彦さま ありがとうございました。

茂彦さんのところは新宿に行くよりも近いように思われます。ちょっとずれますが友人の家が下富にありますので近そうですね。ここからだと東村山で新宿線に乗り換えるみたいですね。

奈良の昔は68も国があって、みな国府に国分寺をかかえていたのでサイトなどを見ますと跡か現存寺が残っているのですね。この方、全国を達成して次はどんな目標を掲げて歩いているのでしょうか。こういうことをなさるのは男の方が多いですね。

投稿: tona | 2006年9月 1日 (金) 19:49

過去の記事にお邪魔します。
東京にいた平成4年に武蔵国分寺と相模国分寺を訪ねました。お近くなのですね。
大田区にいましたのでかなり時間がかかりましたのが、夫の東京勤務が短期間だったので悔いがないようにと・・・

こちらでは当然美濃国分寺と飛騨国分寺に行きましたが、飛騨国分寺はおすすめです。
樹齢1000年の銀杏がありますので・・・
美濃もよく整備されています。
三河国分寺はあまりみるべきところはなかったように思います。15年前に行きましたので、記憶も薄れましたが・・・

投稿: matsubara | 2010年11月26日 (金) 12:58

★matsubaraさま

コメントいただきありがとうございます。
はい、すぐそばに住んでいるのですよ。
matsubaraさんも東京に転勤で住んだことがおありなのですね。短期間に国分寺までもご覧なられたそうで、チャンスを逃さない心がけを見習いたいです。
そちらにも当然国分寺があるのですね。美濃といい、飛騨といい魅力的です。樹齢千年とは巨木の王者ですね。友人と都内の巨木を見たりしていましたが今は休止中です。こちらも銀杏が多いですが、そちらのは群を抜いています。
長屋門のこと、ご親切におっしゃっていただいて嬉しいです。チャンスがありましたら宜しくお願いいたします。

投稿: tona | 2010年11月26日 (金) 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/11647417

この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺跡・国分尼寺跡:

« 河童 | トップページ | 推理小説 »