« 国分寺跡・国分尼寺跡 | トップページ | スイス讃歌 »

2006年8月30日 (水)

推理小説

今日読んだのは摩耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』
いろいろある孤島物の1つ。解説者の言葉を借りれば「新本格ながら日常現実的なものと非現実的なものを混在させ、観念的な発想を結末に据えるやり方」。
映画ではSF的なものは結構受け入れられるも、本ではさっぱりの私は非現実的観念的なものが、作品によっては苦手です。この作品も宗教やキュービズム理論が難しく展開され、最後の方もごちゃごちゃとあり得ないことがない交ぜになってすっきり感がないのでした。

推理小説、最初は松本清張や江戸川乱歩や高木彰光、横溝正史など。外国物がアガサ・クリスティ、エラリー・クイーン、コナン・ドイル、ディクスン・カー、クロフツなどでした。
引き続きウイリアム・アイリッシュやルース・レンデルやクレイグ・ライスなど50人くらいの作家のを遍歴しました。
10年前のあるとき、島田荘司の『占星術殺人事件』で衝撃を受け、二階堂黎人の『人狼城の恐怖』に胸高鳴らせ、どれも面白い宮部みゆきの推理物、東野圭吾、北村薫、建築探偵物の篠田真由美、有栖川有栖、綾辻行人等々、日本人40人くらいの面白い推理小説に出会えました。文章が素晴らしいと推理やサスペンスのみならず、純文学的でもあり、更に世相を反映し、知らなかった世界を覗き見ることもできるわけです。
昨年10月よりブログを始めてからすっかり遠のいてしまいました。その代わり色々な方が読まれている本をなぞって読んだりして読書の傾向が広がっていくのは本当にありがたいことです。

Sakeire これは夫が父の日に娘からもらった焼酎入れです。

毎晩栓をひねってこれから入れ、飲んでいます。

娘からのだと何よりも美味しいのでしょう。

|

« 国分寺跡・国分尼寺跡 | トップページ | スイス讃歌 »

コメント

ずいぶんいろんな作家を読まれていますね。私もかつてはあちら物で少しでも話題作は逃すマジと追いかけましたが、最近はあまり・・です。読んでみると面白いのですが、他にも読みたい本がツンドク状態なもので(笑。

投稿: saheizi-inokori | 2006年8月30日 (水) 21:51

おはようございます。
懐かしい名前が沢山あがっていて、懐かしく嬉しく読ませていただきました。 
私も、クイーンやクリスティから推理小説にはまった一人です。
特にクリスティは、東京創元推理文庫で出ていた彼女の作品を全部揃えて読みふけりました。
「終わりなき夜に生まれつく」または「杉の棺」などの、ちょっと、マイナーな、いつものクリスティの雰囲気とちょっとちがうものが好きでした。
ポアロより、ミス・マープルの方が感情移入しやすいような気がしていたころもあります。 後年、イギリスを旅したときは、ロンドン郊外の村々がどれも皆、セント・メアリ・ミードに見えたものです(笑)
 カトリーヌ・アルレーやルース・レンデルも大好きでしたが、最近は、とんと読まなくなりました。
 興味の対象が、少しずれたこともありますが、なかなか面白い推理小説に出会えなくなった、ということも原因のひとつ。
 あまり血なまぐさいものや。奇をてらったトリックもにがてです。
それでも、宮部美由紀さんのものは今でもよく読みます。
最近は、好きな作家が偏向してまいりましたので、tonaさんに何か刺激やヒントをいただきたいと思います。

投稿: aosta | 2006年8月31日 (木) 06:00

●コメントありがとうございました。


★saheizi-inokoriさま

この頃カタカナの長い人名が覚えられなくてあちらものは読めなくなりました。「推定無罪」のように映画でやるというとそちらで見てしまうという状態です。

saheiziさんの机の上にはさぞかし本が積まれていることでしょう。想像しているところです。
1週間に1度本屋を覗いても新しい本に入れ替わっていて表紙を見るだけでも時間が掛かるくらいです。楽しいけれど選ぶのも大変。
時々saheiziさんの読まれる本を追いかけて読んだりします。
『裏庭』借りてきて昨日から読み始めたところです。ガーデニング出てきましたよ。花もいろいろ。

投稿: tona | 2006年8月31日 (木) 08:12

★aostaさま

クリスティというと80冊くらいありましたね。全部読みましたけれども忘れました。テレビシリーズや映画も全部見るくらい熱中しました。演劇で「ねずみとり」を昨年見ましたがこれも面白かったです。
そう、ミス・マープルの住んでいる架空の村は、確かにコッツウォルズ地方のような近郊の村に当てはまりますね。ジョアン・ヒクソンさんのミス・マープルが現われるような感じです。
カトリーヌ・アルレー知りませんでした。早速調べなくては。

私こそaostaさんの読まれる本が目新しくて、次は『フェルメールの音』を借りてくるつもりです。
読まず嫌いというか有名な作家でも1冊も読まないでいるのがありますね。でも読まれている方を発見すると読んで、また広がっていくのが楽しいですね。

投稿: tona | 2006年8月31日 (木) 08:29

tonaさんの読書の幅、作家の幅、それに量には驚かされます。
私も本は好きですが、偏りがありますし読んでいる数は遠く及びません(^^)

ミステリ、サスペンスは翻訳ものが好きです。というか、読むのが
全般的に翻訳ものが多いのですけれど。
日本のもののほうが最後が暗いものが多いため(←そう感じて)、
読後に暗い余韻を引きずるのが嫌で、翻訳ものが多くなります。

海外ミステリに染まり始めたのは小学生のとき。お決まり?の
ホームズシリーズとルパンシリーズに魅入られました。
もう少し成長してからはクリスティにはまりましたよ~。
日本の作家でも、宮部みゆきさんや北村薫さんは好きで文庫を何冊か
持っています。

>文章が素晴らしいと推理やサスペンスのみならず、純文学的でもあり、更に世相を反映し、知らなかった世界を覗き見ることもできるわけです。

tonaさんの↑このお言葉にはまったくもって同感です。
ミステリやサスペンスが好きというと、鼻で笑うヒトがいますが。

投稿: ポージィ | 2006年8月31日 (木) 10:38

梨木ワールドに出てくる花の図鑑をご紹介しましたっけ?念のためにアドレスをお知らせします。http://mother-goose.moe-nifty.com/ehondouwa/
ほのぼの文庫、まざあぐうすさんのブログ。表紙の右側にずらっと出ています。

投稿: saheizi-inokori | 2006年8月31日 (木) 11:02

★ポージィさま ありがとうございました。

翻訳物がすらすら読めてさすがポージィさん、羨ましいです。このごろめっきりだめになりました。
私もかなり偏っていますので、書評や皆さんのブログから新たに開拓しようと思っています。
そういえば日本のもの、最後かなり暗いですね。1冊読んだだけでこの人のはもういいやという具合ですものね。
小学生向けのミステリありましたね。ルパンも面白かった!クリスティは殆どはずれなしですね。宮部みゆきさん上手ですね。北村薫さんは殆ど純文学と言う感じ。
鼻で笑われても、楽しく読めるミステリは現代人のストレス解消、エンターテイメントとなって必需品のように考えます。

投稿: tona | 2006年8月31日 (木) 19:39

★saheizi-inokoriさま

ご丁寧にアドレスありがとうございました。
確かに先だって教えていただいておりましたが、梨木さんの随筆は読んだものの、小説の方はまだでしたので、花の図鑑は見ていませんでした。図鑑すごいですね。随分手間をかけて作られています。何れこれらの本を読んだときはもっと丁寧に見させていただきます。

投稿: tona | 2006年8月31日 (木) 19:46

tonaさんも推理小説はたくさん読まれていたのですね。
外国物は読みませんでしたけど、江戸川乱歩や横溝正史は好んで読んでました。
最近の女流作家も読んでいましたけど、パソコンを始めて、すっかり離れてしまいました。
ちょっと反省です^^;

娘さんからのプレゼント、なかなか気が利いてますね^^
ただのお酒だったら、飲んでしまうとなくなっちゃいますけど、これはいつまでも娘さんの思いを飲み続けていられそうですね♪

投稿: pochiko | 2006年8月31日 (木) 20:32

★pochikoさま ありがとうございます。

pochikoさんもパソコン初めて以来ご無沙汰、私と同じですね。結構パソコンの前にいる時間が多くなりましたからね。

横溝正史は映画で見たほうが読むより早いなって言って、後半はもっぱら映画でした。

女性の作家も随分活躍していて読みたいのもいっぱいあります。あせらずぼちぼちですね。

夏だというのにビールも飲まず、焼酎一筋です。

投稿: tona | 2006年8月31日 (木) 21:46

若い頃は翻訳本などよく読みふけったものでしたが、この頃はさっぱりです。

読んでるといつの間にか眠くなり、居眠りとなる次第。そこでやめてしまう。
年には勝てません。
毎日読むのはせいぜい新聞くらい。約30分。

かめの焼酎入れ、しゃれていますね。お嬢さんからのプレゼントならさぞかしおいしいことでしょう。うちの娘もくれないかな?

投稿: 夢閑人 | 2006年9月 2日 (土) 11:09

★夢閑人さま ありがとうございました。

同じです。本当に根気が続かなくなってきました。
でも夢閑人さんお1人で長期の旅行に出かけられるほどの元気な方で、驚いてしまいました。体の鍛え方が違うようです。私もそうありたいです。

焼酎入れ、お嬢様がくださるといいですねえ。この壷の中で美味しく変化しますよ。

投稿: tona | 2006年9月 2日 (土) 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/11683717

この記事へのトラックバック一覧です: 推理小説:

« 国分寺跡・国分尼寺跡 | トップページ | スイス讃歌 »