« 何のために生きるか? | トップページ | 秘密結社 »

2006年8月 6日 (日)

パン焼き

Bonnkazari Misohagi

川のそばに盆棚飾りの胡瓜の馬と茄子の牛が置いてありました。胡瓜も茄子も腐りかけです。
何故今頃と思って旧家の人に尋ねるとこの辺(国分寺)は8月1日からお盆だとのことでした。お節料理と同じで盆飾りにもちゃんとそれぞれ意味があります。
馬のように速く家族の元に帰り、牛のようにゆっくりあの世に戻るようにと作った飾りが何故このような場所に打ち捨てられているのか、その意味はわかりませんでした。
近くに盆花(禊萩)の綺麗なピンクの花が咲いていました。あちこちに見かけますが、本当は山野の湿地に生えるので溝萩とも言うそうです。

Pann 図書室たき火通信のtakibi-libraryさんがお忙しいのにパンをどんどん作られているのに刺激されて私も焼いてみました。
機内食に出てくるみたいなのが出来ました。ブレットヒェンといって真ん中に筋が入っている(実際には筋は大分消えてしまいました)リーンなパンです。
まあ、何十年ぶりに作ってみると出来具合がいまいちでこんなものです。めげずにいろいろ焼いてみましょう。

Burakkuberi_1 Zyamu_1 

お隣からブラックベリーを戴いたのでジャムも作りました。我が家のラズベリーのジャムは1ヶ月くらい前に出来ました。ベリー類のジャムもなかなかに美味しいです。

|

« 何のために生きるか? | トップページ | 秘密結社 »

コメント

風情のある盆飾りですが、うち捨てられていると、妙な気分がしますね。

暑い中、パンまで焼いてエライ。
もう私は、ちょっとバテ気味で、今ひとつ気力がわかないですね。。
秋になったら、頑張ります。

投稿: シーサイド | 2006年8月 6日 (日) 20:21

★シーサイドさま どうもありがとうございます。

お盆も7月と8月の半ばの他にその中間にあるのを知りました。
盆飾りも地方によってはまだ別のがあるかもしれませんね。

今パンを焼くのは気温が室内で33℃~場所によっては37℃もあるので発酵が楽です。どんどん膨らんでしまいます。時間も冬より早く出来てしまいます。

シーサイドさん、バテ気味とか。梅雨明けがこちらより早かったですものね。涼しくなるまでどうぞご自愛下さいませ。

投稿: tona | 2006年8月 6日 (日) 20:51

長野でもそういうナスや胡瓜の動物を供えました。やそ馬、といったかな。お釈迦様の弟子にヤソという人がいてお釈迦さまに何かを差し上げたら「ヤソうまかったよ」といったから・・どうたらこうたら・・もう殆ど忘れてしまった地元のおばさんたちに聞いた話です。

投稿: saheizi-inokori | 2006年8月 6日 (日) 21:06

★saheizi-inokoriさま ありがとうございます。

お釈迦様の弟子は10大弟子のほかにいっぱいるのでしょう。胡瓜の馬を「やそ馬」というのが、やっぱり地方によって本当にいろいろあるなと実感させられます。
私の子どもの頃はこういった謂れを話してくれる人がいましたが、さて、今度次の世代に自分は話しているかというと否ですね。そういえばお仲人してくれる人がいなくなって、今結婚でなくて良かったです。

投稿: tona | 2006年8月 6日 (日) 21:48

昔はこんな盆飾りを見たものですが、最近は何でも簡素化されてます。
ご先祖さまには申し訳ないけど、楽になったもんだって気持ちと、やはり謂れがあって代々続いてきた風習が廃れてしまうのは寂しいなという気持ち半々の私がいます。

パン、美味しそうですね~♪
3食パンでもいいくらいパン好きなのですが、自分で作った事ないんですよ。
ジャムは酸味があるものの方が美味しく仕上がりますね。
柿ジャムも味わいがあって私は気に入ってましたが、やはり好みが分かれるようです(笑)
tonaさんとの嬉しいご縁が出来たのが一番の収穫です♪

ご心配かけてしまいましたが、私、完全復活いたしました。
いろいろとお気遣いありがとございました。

投稿: ちょびママ | 2006年8月 6日 (日) 23:59

★ちょびママさま

完全復活なさった由、良かった良かった!
嬉しいですね。お具合が悪いのにコメントを戴いたりしてありがとうございました。

ちょびママ家はご長男の家でお盆行事も盛大でしょうね。ほおずきもお庭にあるのでしょうね。そういったお家では盆飾りなども廃れずに引き継がれていきます。

ちょびママさんがパンが3食続いても大丈夫なくらいお好きとは知りませんでした。自家製は作り立てが美味しいのですが、それなりに手間時間がかかります。まあ、いつも時間だけはたっぷりあるのでこれからも挑戦します。
ジャムといえば本当に柿ジャムでご縁ができ、その後蜜柑ジャムも教えていただき、更に更にいろいろ植物やらを教えていただき、楽しいやさしい元気の出るコメントを頂戴してとても感謝しています。

投稿: tona | 2006年8月 7日 (月) 11:39

ナスとキュウリの馬や牛。
我が家では作りませんが、実家ではいまだに作っていますよ。
お盆が終わったら、川に流していました。
こういう昔ながらの風習が年々無くなりつつあるのは寂しいです。
っても、作ってない私が言うのも説得力ありませんけど…(~_~;)
tonaさん、パン作りされるんですね^^
私も昔?一度バターロールを作ったことがありましたけど、面倒でつい買って誤魔化してしまってます(笑)
あのとあるファミレスで、美味しいパンがあるんですけど、そのパンに似ています。
tonaさんのパン食べてみたい…です(^^ゞ

投稿: pochiko | 2006年8月 7日 (月) 20:22

★pochikoさま ありがとうございます。

ご実家で作られているんですね。川に流すということですか。すると流さないで川のそばに置いていたのは流し忘れでもありませんね。

いろいろな習慣がなくなっていくのを目のあたりにしている世代ですね。

パン作りは久しぶりです。pochikoさんとお会いする頃にはもっと上手になって美味しいのを味わっていただかなくてはと夢見ます。

投稿: tona | 2006年8月 7日 (月) 21:39

tonaさん、クヌギー(図書室たき火)です。

パン、おいしそうです!
この線は両手の指でぎゅっとつけるやつですよね。以前、シナモンロールを作ったときにやりました。

最近気がついたことは、食パンのように大きくひとつのパンを焼くよりも、小さいテーブルロールにして焼くほうが熱がよく伝わって、よく膨らむらしいということです。

saheiziさんが言ってくださったのですが、パンは生きものですから愛しいです。これからも仲良く付き合っていきたいと思っています。

投稿: kunugie(図書室たき火) | 2006年8月 7日 (月) 22:03

★クヌギーさま 

おいしそうに見えましたか?
線はスケッパーの反対側でやりました。
久しぶりで1つ1つ大きさも違うし、色は悪いし、線はつかないし(よっぽど思い切ってやらないとだめです)で苦戦しました。
でも今の時期気温が高いので凄く早く膨らみますね。
お陰さまでパン作りの楽しい時間がもてました。クヌギーさんのお陰です。ありがとうございました。
私もぼちぼちクヌギーさんの後についてやってみます。

投稿: tona | 2006年8月 8日 (火) 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/11301440

この記事へのトラックバック一覧です: パン焼き:

« 何のために生きるか? | トップページ | 秘密結社 »