« マッチポイント | トップページ | 巾着田の曼珠沙華 »

2006年9月23日 (土)

彼岸の殿ヶ谷戸庭園

朝晩めっきり涼しくなりました。都立殿ヶ谷戸庭園は「秋の七草展」で七草が葛を除いて咲いていました。春と違って花が寂しく、園内は閑散として独占状態でした。

Otokoesi Ominaesi_1

オトコエシ               オミナエシ

Kikyou Kinnmizuhiki

キキョウ                    キンミズヒキ

Yabumyouganomi Himesiroasaza

ヤブミョウガに実            ヒメシロアサザ 珍しいそうです

園内には竹林、萩のトンネル(萩は殆ど終わっていました)、東京の名涌水57もありました。

Tikurinn2 Haginotonnneru

池もあって鯉がたくさん寄ってきました。 残念ながら餌はありません。通り過ぎるともう遠くの方へ行ってしまいました。

Ike Koi_1

休日にこんなに空いている行楽地というか庭園はないでしょうね。何しろ我々2人ともう1人だけでしたから。

|

« マッチポイント | トップページ | 巾着田の曼珠沙華 »

コメント

●行列がなくても(笑)
行って楽しければ、そこが「行楽地」ですよ。
最近は「行楽」と「観光」が同義語になったせいか、カネをかけた施設=行楽地になってしまったようで、精神的には「貧しいな」と思います。
トシのせいとは言いませんが、そんな落ち着いた「行楽地の良さ」を味わえるようになったとしたら、「人間ができた証し」とも。
またナマイキなことを…

私の尊敬する人の一つのジャンルに、「春の七草」「秋の七草」がスラスラ言えて、しかも「見分けられる人」ってのがあります(笑)
tonaさんなら、たぶん…

niftyのブログはコメントを送るとき、メールアドレスが入力必須ですが、tonaさんだけに分かるんでしょうか?

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2006年9月24日 (日) 10:38

ああ、いいですね。行ってみたいです。どういくのでしょうか?

投稿: saheizi-inokori | 2006年9月24日 (日) 11:12

★讃岐の団塊オヤジさま

ありがとうございます。
日本は何処に行ってもすごい人だかりで人口が多いのだなあと、自分もその1人であることに苦笑してしまいます。
かつてこんなに人影が少ないところはなかったので、静かな庭園をゆっくり、しみじみと歩いたのです。いいですね。

秋の七草は秩父に七草寺があって、7つの寺を巡り、ばっちりでした。
春はゴギョウが怪しいです。
団塊オヤジさんはその尊敬する人ですね。

メールアドレス、今まで全然気にしていませんでしたが、メールの受信に表示されていました。何かご都合悪かったですか?

投稿: tona | 2006年9月24日 (日) 16:59

★saheizi-inokoriさま

ありがとうございます。
大して広くないのですが(大人の入園料が150円ですから大きさがおわかりになるでしょう?)是非お出かけ下さい。広さは根津美術館の庭くらいかしら。

国分寺駅改札を出て、右(南側)に進み階段を下りたら左に1分もかからず、道路の向かいにあります。この説明全然わかりませんね。
私が在宅している日ならお迎えに行きます。

投稿: tona | 2006年9月24日 (日) 17:08

こんな素適な公園をほとんど独占状態とは!
よかったですね(^^)
涼やかな風が吹きぬける公園のを歩かれ、
秋を静かに堪能なされたことでしょうね。

オトコエシとオミナエシがちゃんとそろい組みで。
私はオトコエシは出合ったことがありません。
オミナエシと比べて男っぽさを感じられたでしょうか?

投稿: ポージィ | 2006年9月24日 (日) 21:31

★ポージィさま

ありがとうございます。
そうなんです。三人で貸切。
きっと遠くから来た方だと拍子抜けで寂しく感じるでしょうが、家から11分ですから幸せな気分でした。おまけに入場料はシルバーで2人で140円。何度も来られます。

オトコエシとオミナエシをポージィさん風に観察することは思いもしませんでした。花の形では感じられませんが、紅白で男は白くらいの感じです。
ポージィさんのようにそばで細かく観察するのは来年です。ヤブランはしっかり見てきました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2006年9月24日 (日) 22:02

春の賑やかな花の庭園もいいかもしれませんが、秋は秋の花を、ひっそりと咲く花を、静かに眺め愛でるるのもいいじゃないですか。

散策しながらお二人で「愛」を確かめ合い、労うのもいいではないですか。

投稿: 夢閑人 | 2006年9月25日 (月) 10:13

ありがとうございます。国分寺に行く用事があるのでついでに寄れたらと思います。マダ日が決まりませんが。何とか行けそうですね。懐かしいところです。若いとき少しいました。

投稿: saheizi-inokori | 2006年9月25日 (月) 11:41

★夢閑人さま

ありがとうございます。
そうですね。春は花爛漫で賑やかに愛で、秋はひそやかに鑑賞する。
そんなとき一句浮かべば最高ですが、素養がないのが・・・・。

ははは!大笑いしてしまいました。
そんな老夫婦を本当にときたま見かけて、素晴らしい!と思いますが、うちはその他大勢でございます。どうしてこうなっちゃったか?精々背を向け合わないでいきたいです。

投稿: tona | 2006年9月25日 (月) 13:49

★saheizi-inokoriさま

その辺の人に聞けば、すぐ分かりますよね。
懐かしい国分寺に気をつけていらしてください。

投稿: tona | 2006年9月25日 (月) 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/12011598

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸の殿ヶ谷戸庭園:

« マッチポイント | トップページ | 巾着田の曼珠沙華 »