« 巾着田の曼珠沙華 | トップページ | 元気ちゃん »

2006年9月28日 (木)

『数学を愛した作家たち』

Tyato 数学といえば高校の時に旺文社の模擬テストで11点を取った苦い思い出あります。
チャート式「幾何」が面白くて解いていたら、努力を要する英語を勉強する暇がなくなって英語は未だ不得意です。
先だって戴いたチャート式の数Ⅰ・Ⅱ・Ⅲは、代数・幾何時代の私には内容が様変わりしていて、なかなかに難しく、まだ20ページしか進んでいません。

最近では小川洋子の『博士の愛した数式』が映画にもなって話題をさらったことは記憶に新しいところです。
又、『春宵十話』の岡潔も実にユニークで矢野健太郎の『愉快な数学者たち』に面白いエピソードが披露されています。そして100年の難問を解いたロシア人の話題も。

Dyuranntatakarazuka 片野善一郎著『数学を愛した作家たち』を読みました。

作品の数学教師「坊ちゃん」よりはるかに数学が得意だった漱石。
試験さえなければ数学は面白いと言った正岡子規。
数学が苦手で士官学校の受験に失敗した二葉亭四迷。
幾何学で女房を教育した石川達三。
英国の科学、数学偏重の風潮をガリヴァーに託して皮肉ったスウィフト。
父親や社会の偽善を憎んだがゆえに数学に没頭した少年時代のスタンダールなど
東西11人の作家と数学、作品と数学にまつわるエピソード集です。

また数学が苦手であったため運命や方向が変わった司馬遼太郎や城山三郎、
得意であった野村胡堂や安部公房、数学書が気分転換になった立原正秋、
芥川龍之介と菊池寛の数学観なども書かれていて意外な事実や裏話が面白いのです。

数学は人によっては文学に影響を与え、嫌いだったから作家への道に進み、人によっては数学は何も関係なかったようで様々でありました。

|

« 巾着田の曼珠沙華 | トップページ | 元気ちゃん »

コメント

キャッ、数学~~(^^;)
私は、中学の数学まではどうにかこうにかついていっていましたが、
高校の数学で見事に挫折しました。試験は毎回低空飛行。
どれだけ教科書のあんちょこを読んでも先生の話に耳を傾けても
理解できず、情けない思いをしたものです。
自分は論理的に物事を捉えるのが苦手で、感覚的に捉えるタイプ
なんだなぁと思い知った次第です。

tonaさんは数Ⅰ数Aなんて解いていらっしゃるんですか!?
高校卒業と同時に一切合財忘れ去った身としては雲の上の人と
感じられます~(^^)

こんな私ですが、「博士の愛した数式」は感動を持って読みました。
あ、但し数学の専門的な部分は適当に読み流しました…

投稿: ポージィ | 2006年9月28日 (木) 12:32

tonaさん、こんにちは。
博士が愛した数式・・・これにすごく感銘を受け、
数字の持つ魅力に、はまった私です。
ですから学生時代にこの本と出合っていたらもっと数学を楽しめたとさえ思いました。
数字は文学にも通じるものがあると私は思っているのです。

だってわれわれの生活には、数字というものが付いてまわっています。
時計・テレビ・タイマー・成績・時刻表・カレンダー・番号札・・・などなど。
その数字を見ていると楽しい発見があり、
時間に追い回されたり、テストの結果に一喜一憂したり・・・。
ならば楽しいことを見つける名人になりたいです。

投稿: 未歩 | 2006年9月28日 (木) 13:48

★ポージィさま

いつもありがとうございます。
ポージィさん、私も似たようなもの。なんていったって11点とる人ですから。学校に入れたのも運が良かったからですね。
でも図形の幾何は解くのが面白くて、今回戴いたチャート式の本も図形の問題を期待したのに、あまりなくて、一向に20頁より進まないわけです。
そんなわけで雲の上の人どころか水面下でぶくぶく言っている人なんです。
中学のときはサイン・コサイン・タンジェントも風呂の中でも暗記しました。天井に式を貼ろうかと思ったこともありました。
私の求めるのはやさしいその昔の数学でした。ポージィさんの頃はもっと内容が難しくなっているようですから大変でしたね。

投稿: tona | 2006年9月28日 (木) 19:43

★未歩さま

いつもありがとうございます。
「博士が愛した数式」やっぱり感銘を受けられたのですね。
そうです。学生時代に出合っていたらと思います。
数字が文学にも通じる、これは今回読んだ本の中にいろいろな作家にありました。全然ダメな人もあったのですが。
そういえば未歩さんは数字の中からいろいろ発見されたりしていますね。しかもとても楽しそうに。
私たちは数字がなかったらもう空気がないと同じように生活できないのですね。
楽しいことを見つける名人、素晴らしいです。
いろいろな発見を楽しみにしています。

投稿: tona | 2006年9月28日 (木) 19:55

岡潔『春宵十話』ができて、
若い頃の愛読書の一つでしたので、
一人で共感しています。
知情意の説話が思い出されます。
小川洋子『博士の愛した数式』はまだ読んでおりませんが、楽しみにしています。
数学も、数字も好きです、分からないなりに。

投稿: YUKI-arch | 2006年9月29日 (金) 09:04

何を隠そう、数学が専門でした。(恥)
今は、四則演算しか使いません。(悲)
更に、博士のようなモノ忘れで。(惨)
思考は論理的かなぁ?(安)
好きな音楽は、情緒的に聴きます。(笑)

投稿: Stanesby | 2006年9月29日 (金) 16:23

チャート式、懐かしいです。まだあるのですね。私も?数学は苦手で問題集を覚えて試験を受けました。
受験当日も一問しか出来なかった。国立大学は受験科目が多いので他の科目で挽回できましたが。
大学で友人と雑談をしたり読み物で数学の面白さを知って何故こういうことを教えてくれなかったのか、というかつまらない試験をしたのか今以て腹立たしい。三角関数とか今まで一度も使ったためしがない、微積分も。考え方の方がよほど役に立っていると思います。

投稿: saheizi-inokori | 2006年9月29日 (金) 17:40

★YUKI-archさま

いつもありがとうございます。
『春宵十話』が愛読書だったのですか。
岡潔の考え方が凝縮されています。
お仕事柄数学がお得意と思いました。
高校の友人(男性)もすごく数学が出来て、建築科に進みました。今その方面の仕事をしています。

小川洋子の本楽しめると思います。
この人の他の本はフランス映画になって、この頃すごいですね。

投稿: tona | 2006年9月29日 (金) 19:24

★Stanesbyさま

いつもありがとうございます。
5行詩のようなコメント笑わせていただきました。上手ですね。
数学が専門だそうで、でもあまり使わず、博士のようにもの忘れで悲しがっていらっしゃる、全然ノープロブレムですよ。
多かれ少なかれ皆そうですもの。

そちらにお邪魔できないのですが、もう1つの方へはよろしいのでしょうか?

投稿: tona | 2006年9月29日 (金) 19:33

★saheizi-inikoriさま

いつもありがとうございます。
チャート式懐かしいでしょう?内容は全然違うのですが存在していました。

そうでした。8科目ありました。1年間勉強忙しかったです。社会2科目と理科2科目で稼ぎました。数学なんか暗記していってもだめでしたから。

数学の面白さを語った本が結構あるのですね。私の場合救いだったのは数学の先生が面白い問題を考えて出してくださったことでした。気骨のある先生が三人くらいいましたので、今思い出しても幸せでありました。

投稿: tona | 2006年9月29日 (金) 19:45

こんばんは。
パソコンの修理に3週間ですって!
待ちきれずにその場でカード決済。
新しいPCをゲットしちゃいました。
3週間は待てませんよ。(笑)

どうぞ、お越し下さいませ。
(今度のURLは本物です・・・)

投稿: Stanesby | 2006年9月29日 (金) 23:18

tonaさんは本当に凄い方ですね。
私は数字のパズルは今も大好きですが、もう教科書を開くなんて気持ちはゼロ。

数学は比較的好きだったと思うのですが、今はシグマだの無限大だの「単語」として記憶しているだけです。

サイン・コサイン・タンジェントも同じく...(涙)

投稿: ねむウサギ | 2006年9月29日 (金) 23:25

●数学は苦手でした
皆さんいろいろ思い出がおありのようで…(笑)
私も中学のとき転校した際、同じ教科書だったにも拘らず、違うところを先に教えていて少し苦手になり、高校でチンプンカンプンになったクチ(恥)

それでも、教育テレビの高校講座とかを視て「こんな教え方をしてもらってたら、もっとできたのに…」なんて言い訳してます(ムリムリ)

唯一自慢できるのは、中学卒業後30ン年目にして「ピタゴラス(三平方)の定理」が証明できたこと。(おぃおぃ)
やる気(解く気)になったのは、市民大学講座で「秋山教授」が持ってきた模型(直角三角形に正方形の箱?を取り付けたの)を見てから。

前の方の「文体」をパクッてすみません。

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2006年9月29日 (金) 23:32

数学、私には「鬼門」でした。
小学校の時、四捨五入の「お約束」をどうしても理解できませんでした。
何故「五」から下を「切り下げなければならないのか、そして切り下げるとしたら何故「五」からなのか・・・
迷路のようなその問いの中で、『そういうものなのだ』と割り切る事ができないまま、ひたすら堂々巡りを繰り返した結果、算数の時点で大きく躓きました。
高2になるまで、数学は拷問。
それでも、必死にしがみついていたのは、浅はかな私の見栄。
そのエネルギーがいかに膨大で、ほかの勉強に対する意欲や集中力をも奪っていたかということに気が付いたのは、「文系私立」コースを選択し、数学から開放されたときでした。数学、という錘から解き放たれ偏差値は面白いほど急上昇!
以来「受験勉強」は楽しくて仕方ありませんでした。

しかしながら不思議なことに数学者には当時から興味があり「ガロアの生涯」などに夢中になった高校生でもありました。
数学は、そして数学者は、今でも私には理解をこえたもの、大きなあこがれです。

投稿: aosta | 2006年9月30日 (土) 06:52

★Stanesbyさま

パソコンの修理となると3週間もかかるんですね。それは誰でも待てません。
ビデオの修理も1週間なんて言われて買い換えたこともありました。

後ほどゆっくり拝見させていただき、お邪魔します。ありがとうございました。

投稿: tona | 2006年9月30日 (土) 08:10

★ねむウサギさま

いつもありがとうございます。
呆け防止にと思って本を頂戴したのですが、これがなかなか難しくて進まなくてまいっています。
先だって小川洋子氏の本を読まれて、数式をたくさん書いていらっしゃって凄いと思いました。
シグマやパイやオメガなどギリシャ文字だったんですね。

投稿: tona | 2006年9月30日 (土) 08:18

★讃岐の団塊オヤジさま

いつもありがとうございます。
勉強ってちょっとしたことで得意になったり苦手になったりしますね。団塊オヤジさんは数学部門では不幸なことになってしまったのですね。
教育テレビの高校講座を視たのですか。それは凄い。やはりテレビに出られる方の講義はよくなければ、反発されます。他の科目も面白いかもしれません。
やはり師となるにはデモシカ先生では迷惑です。プロ意識を常に持たなくては。

投稿: tona | 2006年9月30日 (土) 08:26

★aostaさま

いつもありがとうございます。
算数の時点で躓いた由、その経緯がまるでエジソンのように思われました。
その結果でしょうか、aostaさんは他の面で素晴らしい華を咲かせているのですね。
哲学か美学がご専門かと思ったりしています。
数学のない受験勉強楽しかったでしょうね。
殆ど3科目受験になったけれども、それには英語が出来ないとだめなのですね。
「ガロアの生涯」ってどんな生涯だったのか興味ありますね。いつかさぐってみます。

投稿: tona | 2006年9月30日 (土) 08:34

五教科八科目共通一次試験を体験した私としましては、なぜ数学をめざす者に、有無を言わせず社会それも二科目もお勉強をさせるのか不服でした。

しかもこんなに思い責め苦を強いておきながら、国公立受験のチャンスは一回だけ。あれは採点を楽にした改善かもしれませんが、僕ら学生には改悪でしたね。(笑)

同じように数学をなぜ?と思っておられたのですね。小学校の算数で、「分数で割る」ところでひとつ岐路があるようです。論理的な子が理解できなくなる、要領のよい子が理解できなくても点数をとる・・・。あれ、数学って論理的思考を養うものではなかったっけ?

投稿: Stanesby | 2006年9月30日 (土) 08:51

★Stanesbyさま

Stanesbyさんの時代になると八科目が共通一次にもあったのですね。今はもっと減っていますね。
そうです。何で社会も数学も2科目もと1年間すごく大変でした。
私の頃は1次と2次がありましたので、1次がだめそうなら2次を受けることができました。いずれにしても発表がすごく遅くて今なら桜が咲いてしまいますね。
数学がだめだと論理的思考もできないでいるこの頃です。

投稿: tona | 2006年9月30日 (土) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/12069456

この記事へのトラックバック一覧です: 『数学を愛した作家たち』:

« 巾着田の曼珠沙華 | トップページ | 元気ちゃん »