« 皇帝ダリアと隼人瓜 | トップページ | 古い定規 »

2006年11月30日 (木)

特別展「仏像」

061121butusoutenn

私も特別展「仏像」を見てきました。
『芸術新潮』11月号に特集が組まれているので新たに学ぶこともあって、また目が開かれた心地がします。

仏像には①如来 ②菩薩 ③明王 ④天 ⑤その他の種類があります。
これまではただ美しい荘厳なお顔、慈悲深いお顔、怒りや面白いお顔や姿などの鑑賞でした。
今回は仏像の衣と頭上です。素晴らしい衣文の美しさに見とれました。インドの様式です。
そして彫り手の心なんかも伝わってくるようでした。
作り方も金銅仏→塑像→乾漆像→木像[一木造(一木彫)→寄木造]

●この特別展では主として一木彫。十一面観音像の名品が多い。白洲正子と井上靖が愛した向源寺・渡岸寺観音堂の「十一面観音菩薩立像」は瞑想しているお顔と腰を捻った肢体が見るものを飽きさせない。ものすごい人だかりでした。

●ノミの痕がすごい鉈彫の仏像がいくつか。初めてです。京都西往寺の「宝誌和尚立像」は僧の顔が裂けて、観音の顔が現われるという百面相が面白い。千葉蓮蔵院「聖観音菩薩立像」は33年に1回の開眼である。

●江戸時代の円空仏と木喰仏との出会い
12万体も彫ったと言われる円空のは目や眉は細く手足もはっきりしなくて、全体的にあら削りで無頓着なのが独創的で楽しい。
一方木喰は表面を丸く穏やかに仕上げ、皆仏像が笑っているように見え、こちらまでも笑ってしまう。もう、一度見たら忘れられない愛すべき木喰さんの自身像です。
お陰さまでこれからまたあちこちで見る機会があったとき、あらかじめ少し勉強していくと、さらに目が開かれるとことと思います。

|

« 皇帝ダリアと隼人瓜 | トップページ | 古い定規 »

コメント

tonaさん、こんばんは。

河合隼雄と中沢新一の対談集「ブッダの夢」を読んで、明恵上人について知りました。
その後、白州正子がそのタイトルも「明恵上人」という本を出していることを知り、早速買ったまではいいのですが、その後、忙しさに取り紛れていまだに手付かずのままでした。

(今日、tonaさんのブログを読ませていただいて急にそのことを思い出しました。)

白州正子の本の中で初めて見た明恵上人の像は、穏やかな微笑を浮かべて、そこだけ明るく感じられるような不思議な存在感とともにありました。
本文にもありました、円空の作とされる小さな木像です。
 『芸術新潮』11月号ですね。
もう月も変わりますし、いずれにしてもバックナンバーを取り寄せてもらうことになるのでしょうが、近いうちに本屋さんに行ってまいります。

投稿: aosta | 2006年11月30日 (木) 22:22

こんばんは。

小生も昨日この特別展に。

まさか、この春訪れた地で拝顔した観音像が・・・
こんなに貴重なものだったとは・・・

近くのご婦人に、この春の出来事を
厚かましく話してしまいました。


投稿: 人生アットランダム | 2006年11月30日 (木) 22:55

★aostaさま

白洲正子さんの「明恵上人」是非読みたいと思っていました。まだ他の方も書いておられたような記憶がありますが、間違いかもしれません。
円空の作というとますます興味が湧きます。
お読みになったらまた感想などお聞かせくださいね。
冒頭の「ブッダの夢』も心惹かれます。
いろいろありがとうございました。

投稿: tona | 2006年12月 1日 (金) 08:23

★人生アットランダムさま

お出でくださいましてありがとうごじました。
1昨日も混んでいましたでしょうか。大盛況ですね。
もしかして向源寺にいらっしゃったのですか?
この春の出来事といいますと、何か彼の地で素敵なことがおありだったのですね。
これからも宜しく。
後ほどお伺いさせていただきます。

投稿: tona | 2006年12月 1日 (金) 08:29

tonaさん、おはようございます(^-^)
仏像…は良いですね、お花と同じで心が和みますヽ('-'*)~♪

円空仏の素朴な仏像も良いのですが、私は「八部衆立像」と呼ばれる
興福寺の「阿修羅像」が好きです~♪
昔、一度だけ見た事があります…
円空仏もそうなのですが…仏像の固定観念をうち破られましたね(^^;
その上バランスが良く端正なお顔だちに一目惚れ~(^O^)

高校の「卒業旅行」で友だち3人と計画し行った旅行だからでしょうか…(・・?)
強烈な印象が残る旅になりました…

今、お目にかかると…見方も違ってくるのでしょうね…

投稿: orangepeko | 2006年12月 1日 (金) 09:49

仏像はまだまだ数えるほどしか拝見したことがありません。
それも、子供の頃はまるで無関心、見ても「ふ~ん」で
終わってしまっていましたし…(^^;)
今この年齢になって拝見したら、きっと違う感慨をもてるでしょうね。

そんな私が唯一強く印象に残っているのは京都・広隆寺の
「弥勒菩薩像」です。その優しいお顔が、そのときぐっと心に
沁みました。

それにしても…円空さんは12万体も彫ったのですか!
すごい数ですね。荒削りも無理はありません(^^;)
それほどの数を彫り続けた訳とはなんでしょうか。

投稿: ポージィ | 2006年12月 1日 (金) 11:30

観てもっと知りたくなって本を読み読むとまた観たくなるのですね。
4回目行こうと思いながら後二日、いけるかなあ。

投稿: saheizi-inokori | 2006年12月 1日 (金) 14:21

★orangepekoさま

こんばんは。ありがとうございました。
興福寺の八部衆立像の「阿修羅像」は有名ですね。
数年前クラス会であのそばに宿泊して観ました。
この像に一目惚れをなさったorangepekoさんのお人柄もなんとなくわかるような気がします。正義の味方のような方。
自分を振り返りますと好きな仏像は?と問われてすぐ答えられないです。
今回木喰のがかなり気に入りました。
また行かれると新たに発見されるかもしれませんね。

投稿: tona | 2006年12月 1日 (金) 19:07

★ポージィさま

どうもありがとうございました。
仏像を最初に観たのが修学旅行だったでしょうか。
私もただ観ていただけでポージィさんと同じでした。
年を重ねると観方もも違ってくるのでしょうね。
広隆寺の「弥勒菩薩像」私も目に浮かべることが出来ます。右の手を頬のそばに持っていって、アルカイックスマイルの微笑のですね。あんな慈悲深い菩薩様は印象深いです。
円空さんが彫り続けたわけなのですが、その不幸な生い立ちにあるようなのですが、はっきりわかりませんでした。すみません。

saheizi-inokoriさんのブログ「梟通信~ホンの戯言」の11/19に梅原猛「歓喜する円空」の紹介にヒントがありそうなのでご覧になってくださいませんか。

投稿: tona | 2006年12月 1日 (金) 19:29

★saheizi-inokoriさま

もう3回もいらっしゃったのですか。凄い!
saheiziさんのお陰で私も期間内に観ることができました。
とても良い特別展でした。
少し勉強ができて少しわかって嬉しくなりました。
どうもありがとうございました。

ポージィさんが円空が彫り続けた訳をお知りになりたいのですが、saheiziさんのブログを紹介させていただきました。すみません。

投稿: tona | 2006年12月 1日 (金) 19:36

こんばんは
今東京国立博物館では、奈良・平安時代の仏様から江戸時代の円空・木喰の一木彫まで、
拝観することができるのですね。

素晴らしい仏像との出会いに感動なさっているお気持ちが伝わってきます。

若いときからいろんな仏様を拝観して、もっとも感動し、何度も対座したくて訪れたのは、法隆寺の百済観音様です。

きっと仏像を愛する人には、「この仏様は・・・」という仏像との出会いがあると思います。
特別展を見ていない私は、お門違いのコメントかもしれませんが、「私の好きな仏様」を書かせていただきました。

投稿: anikobe | 2006年12月 1日 (金) 21:58

★anikobeさま

コメントどうもありがとうございました。
系統立てて企画された仏像展は初めてで、とても興味深かったです。
殆ど初めての仏様ばかりで、丁度雑誌にも出ていましたので新たな仏像発見という感じでした。

百済観音様、細身で9頭身の仏様。
高校の修学旅行以来で、是非もう一度拝観したいものです。
私もこれから大好きな仏様に出会える旅を楽しみに、勉強なんておこがましいですが、してみたいと思いました。
anikobeさんからもいろいろ教えていただけるので楽しみです。

投稿: tona | 2006年12月 2日 (土) 08:35

歴史探訪の中でも、仏閣、仏像をみて周るのが好きです。

インドにはじまり、中国そして日本へと伝わった仏教もその途中で様変わりをしている。
人間が信仰の対象として造形した仏像も種類、国によって違っている。
中国本土で見るものと、マレーシアで見た中国系のお寺の仏像とはずいぶん違う。生活環境、人種の違いもあるのだろうと思う。南方系は一般にあでやかに見える。

今年3月、高野山の清浄心院の重文の秘仏、「阿弥陀如来」の立像を特別に開帳していただき、拝むことが出来たのには感動した。

義兄は仏壇に使う彫刻を彫っていた。
そのほかにも家の欄間に飾るかなり大きな彫刻も手がけていた。
あるお寺に収める等身大の菩薩像も彫っていたことがある。仏像には彫る人の心が乗り移ると言ってお寺で座禅を組み、雑念を払い、部屋に閉じこもって作業をしてたのを覚えている。

人間には欲望がある。その欲望を達成できないとき人間は苦しむ。欲望のある限り、人間は「苦」から逃れられない。その苦から逃れるために釈迦が説いたのが仏の教えであろう。神仏を信仰し拝み、頼る。心が癒されたとき、苦から脱却するのだと思います。

投稿: 夢閑人 | 2006年12月 2日 (土) 16:16

★夢閑人さま

コメントありがとうございました。
夢閑人さんが仏像をみるのがお好きとは、私もお仲間に入れていただきたいです。
よく映像でタイの仏像をみますがキンキラキンですね。そして大きいようです。
マレーシアのは知りません。
インドは、ヒンズー教のが印象的で仏像はまるで知りません。違いを勉強するのも面白そうです。
高野山の秘仏を特別にご覧になったのですか。すごいですね。
そしてまたすごいお義兄さんもいらっしゃるのですね。驚いてしまいました。
等身大の仏像、彫るのはとても大変ではありませんか。どんな方なのか想像したりします。
古来、人々は夢閑人さんが書かれているように神仏に祈ってきたのですね。
これからまだまだお寺に行く予定です。今回の特別展は本当にいろいろ教えられてこれから参考になります。

投稿: tona | 2006年12月 2日 (土) 18:58

11月5日、滋賀・高月町の渡岸寺から運び出された十一面観音だ・・と思いましたが、ポスターには10月3日からとなっているので、違うのかな。それとも途中参加されたのでしょうか。

こんな表現はどうかと思いますが、何か華のある観音さまという気がしました。

皆さんのコメントを拝見して、詳しい方が多いのに感心しています。
私は無知だけど、ただぼぅっと見るのは好きです。特に天平時代のものが好きです。

投稿: ねむウサギ | 2006年12月 7日 (木) 20:18

★ねむウサギさま

おはようございます。ありがとうございます。
ねむウサギさんは渡岸寺の観音様ご覧になられたのですよね。
私はその後東京で観たのでした。途中から仏像が入れ替わったのです。変わったほうに行ってやっと拝めてラッキーでした。

仏像に関して皆さん、それぞれに好きな仏像がちゃんとおありなんですね。
天平の仏像がやっぱり華開いた時代のですから、やさしいのから力強いのまでいろいろで素晴らしいですね。

投稿: tona | 2006年12月 8日 (金) 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/12879447

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展「仏像」:

« 皇帝ダリアと隼人瓜 | トップページ | 古い定規 »