« 『この駅弁が旨い』 | トップページ | 鉄ちゃんと鉄子 »

2007年1月20日 (土)

ネクタイとリボンの紐

Nekutai

昨年秋近くの農園の入口に古くなったネクタイがぶら下がっていました。何に使ったのでしょうか、もう1本もなくなっていました。

お隣のmiekoさん、1昨年の12月に紹介した方です。
彼女がブログ(→こちら)にご主人のネクタイで作ったベストが載っていました。7本分くらいで作ってあるのでしょうか。無駄なく使い切って、配色、配置が素晴らしく感心しました。

そして私は50本ちかくをすべてゴミとして出しました。

Komonoire1 Komonoire2 これはコーラス&麻雀の先生がお菓子などにかけてあるリボンで作った小物入れで、世界に1つしかなく素敵です。

和服のリフォームなどいろいろありますが、一度役目を終えたものを他のことに使うこと、もう一度芸術品のように生き返えさせることは何と素晴らしいことでしょうか。

|

« 『この駅弁が旨い』 | トップページ | 鉄ちゃんと鉄子 »

コメント

ネクタイから、こんな素敵な作品が生まれるのですね。私、少し前に、相当な数のネクタイを廃品回収で出してしまいました。ネクタイにはいろいろな思い出がつまっているので、なかなか処分できずにいました。しかし、これ以上持っていても使うあてもないし。ましてやこれから先のことを考えると、誰かさんに迷惑かな、とも思ったのです。
ネクタイで製作されたこんな作品見ると、一寸複雑な心境ではあります。

投稿: 茂彦 | 2007年1月20日 (土) 20:59

素晴らしいですね~~
miekoさんのブログを見てきました。
とてもネクタイとは思えなかったです。
センスもあるんでしょうけど、アイディアの勝利でしょうか。
うちはネクタイはあまりないんですけど(ネクタイをしめる仕事ではないので…)
古着とか、いつもゴミの日に出してしまってます。
リサイクルショップにとも思うんですけど、セーターとか着古したのは出せないですからね。
我が家のばぁちゃんが元気な頃は、着古したセーターなどで座布団とかクッションを作っていました。

投稿: pochiko | 2007年1月20日 (土) 22:43

★茂彦さま

ありがとうございます。
そうですか。男の方は自分が締めていたネクタイに思い出があるのですね。気がつきませんでした。
奥様やお子さんからのプレゼントとかもろもろですね。
捨てるのはさぞしのびなかったでしょう。
でも使わないとゴミですものね。

投稿: tona | 2007年1月21日 (日) 07:43

★pochikoさま

ありがとうございます。
そうでうね。センスとアイデア、両方とも持ち合わせていたら素晴らしいものができあがりますね。

私もこの頃古着はすべてゴミとして出して同じです。
おばあさまの座布団やクッション、いいですね。そういうのもだんだんふるくなって消えるときがくるのですね。

投稿: tona | 2007年1月21日 (日) 07:58

tonaさん、おはようございます(^-^)
以前tonaさんが「使わない陶器類を処分…」と書いておられましたね…
わが家では物を処分したいパパと、壊れない限り捨てられない私の拘りが
時としてぶつかり合います…(^^;

陶器などは完全に壊れない限り…植物の鉢とか受け皿にしてしまいます(^O^)

子どもが小さいときに着ていた洋服を、大きな抱き人形のお洋服に仕立て直したり
していましたが…
時間がなくなるとなかなか仕立て直しも出来なくなってしまいましたね(>_<)

>使わないとゴミ…も正しいのでしょうが…私は「もったいない…」とつい思って
しまいますので…(^^;貯まってしまう…(T_T)
いつかは再活用しようとは思っているのですが……いつかは…(・・?)

エィッ!と思い切れるtonaさんが羨ましいです…(^O^)

投稿: orangepeko | 2007年1月21日 (日) 09:34

写真が、まるで水彩画のようで、見入ってしまいました。
農園のネクタイ、何に使ったのでしょうか?

ネクタイ、シルクですからね~。
素敵な端切れやリボンや、水引や、包装紙。
いろいろと活用できるのでしょうが、私の場合、その前に整理整頓が必要です。

投稿: otayori | 2007年1月21日 (日) 12:11

★orangepekoさま

ありがとうございます。
使えないもの、使わないもの、使わなくなったものの処分は本当に時には心が痛みます。
そして捨てて後悔することもあります。
生かせるものだけ残すことかもしれません。

orangepekoさんの陶器利用はとても賢い使い方だと思います。生活に彩りさえ加わりますものね。

orangepekoさんは今は一番忙しい年代のようですね。
まだお若いからとっておいて、私くらいになったら考えるのでいいのですよ。

投稿: tona | 2007年1月22日 (月) 08:24

★otayoriさま

ありがとうございます。
本当にこんなにたくさんあったのが何処に使われたか、中に入る訳にいかず想像ですが、作物に立てる杭に結ぶのかなあとも思ったのですがますますわかりません。

端切れはパッチワーク、包装紙は箱、水引は?otayoriさんのお嬢さんにお聞きした方がよさそうです。

整理整頓頑張って下さいね。

投稿: tona | 2007年1月22日 (月) 08:31

すごい!
ぶきっちょ人間の私には思い持つかない事です。
ベストにしろ、小物入れにしろ、配色も素敵でセンスの良さを感じます。
小粋ですよね!

うちね、畑の野菜のつるを支柱にゆわえつけたり、果樹の枝を引っ張ったり、野菜をまとめてくくったりするのに古着を使います。
古着と言っても伸び縮みするような素材に限るんですけどね。
ビニール紐より朽ちにくいし、伸縮性があるから楽にギュッとしばれるんですよ。
果樹にあったネクタイも果樹の枝を収穫しやすいように横に張らせるために使ったのかもしれませんね。
切れるまで何度も再利用できますし。

投稿: ちょびママ | 2007年1月22日 (月) 09:50

すみません。
思い持つかない→思いもつかない
果樹にあったネクタイ→農園にあったネクタイ
の間違いです。

投稿: ちょびママ | 2007年1月22日 (月) 09:52

何度もコメントするのですが、メールアドレスが間違っているという表示で拒否されてしまいます。今度はどうだろう?間違うも何もコピーしているのです。

投稿: saheizi-inokori | 2007年1月22日 (月) 12:08

旨く行きました!嬉しい。不思議ですね。みいさんのところも時々そうなるのです。

投稿: saheizi-inokori | 2007年1月22日 (月) 12:10

ネクタイ、あります。洋服箪笥の中に眠っています。

ご主人様が働いていたときは、いつも首にぶら下がっていつも一緒だったのに。いろんなところ、いろんな人にも会ったよな。内緒ごとも全部知ってるよ。でも言わない。この頃は暗い箪笥に中で寝てばっかし。ほんとにたまにお出かけする奴もいるけど。

「おいおい、今日もお前はご主人様とお出かけか。この頃俺にはめったにお呼びが無いんだ。いいなあお前は」…なんて言ってたけど、俺達これから一体どうなるんだろうなあ。
今までにたくさんの友達がここから出て行ったよな。

俺達、手を取り合ったらなにかが出来そう。
パッチワーク、絵も出来るかも知れないよ。

投稿: 夢閑人 | 2007年1月22日 (月) 14:00

リサイクルの達人には頭が下がります。
私も使わなくなったらしばらくとっておいた後、捨ててしまいます。
それを生かせる才覚も腕もないので仕方がありません。

それにしても農園にぶら下げられていたネクタイの束は
何に使われたのでしょうか。皆さん頭をひねっていらっしゃいますね。
畳のヘリは木の枝を束ねたりするのに使われているのを
見たことがありますが、絹でできたネクタイは決して丈夫な布では
ありませんものね…

投稿: ポージィ | 2007年1月22日 (月) 14:51

★ちょびママさま

ありがとうございます。
器用でセンスがいいと向かうところ敵なし(オーバーでした)で楽しみも倍加する感じですよね。羨ましいですね。

つるを支柱に結わえるのに伸び縮みする古着ね。知らなかったです。
もうせん台風が来るときエンゼルストランペットをストッキングで結びました。いつもはビニールの紐なんです。
果樹の枝を引っ張る仕事があるんですね。これはとても大変そうですね。

投稿: tona | 2007年1月22日 (月) 16:19

★saheizi-inokoriさま

どうもお手数をかけてすみませんでした。
本当に申し訳ないです。
相性が悪くなってしまったのでしょうか。困ったですね。
せっかく書いても何度もだといやになってしまいますものね。
みいさんもココログなのでしょうかね。otayoriさんのところで時々送れなくなります。不思議ですね。

婿が落語の本を10冊も貸してくれました。居残り佐平次を3回も読んでしまいましたがsaheiziさんを思い起こしました。

投稿: tona | 2007年1月22日 (月) 16:30

★夢閑人さま

ネクタイがこんなにいろいろのことを語りかけてくれて、夢閑人さん、面白かったです。
内緒ごとを知っているにはドキっとさせられました。締めない人には知る由もないですもの。
そうですねえ、自分がこれからどうなるか、嘆いているネクタイちゃんのことを思えば、何とかしなくてはといくら捨て魔のtonaも考え込んだ、今日でした。
貼り絵もいいですね。塗り絵にやってしまおうかなあ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年1月22日 (月) 16:40

★ポージィさま

ありがとうございます。
ポージィさんのアレンジメントを見ていますと、とても才覚がないなんて思えません。絵もお上手だし。
いつもお花や素敵な品々に囲まれて穏やかな日々を過ごされていると思われます。

農園の前を通っても今まで全然会えませんから聞くことができませんでした。この頃私、結構平気で聞いてしまうのに。

投稿: tona | 2007年1月22日 (月) 16:49

愛着のあるネクタイが、ある日、ダンボールを縛る紐と化していたときには、絶句しました。

投稿: Stanesby | 2007年1月25日 (木) 01:18

★Stanesbyさま

おはようございます。
えええ\(◎o◎)/
引っ越されるときの風景でしょうか。
心で涙して、そのあと取り戻せたのでしょうか。
Stanesbyさんのびっくり体験(その1)ですね。

投稿: tona | 2007年1月25日 (木) 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/13586283

この記事へのトラックバック一覧です: ネクタイとリボンの紐:

« 『この駅弁が旨い』 | トップページ | 鉄ちゃんと鉄子 »