« Shall We ダンス? | トップページ | ライターを飲んだ人 »

2007年2月18日 (日)

医療費のお知らせ

Meziro

↑メジロ    ↓紅白の花が1本の木に咲く[思いのまま]

Omoinomama

市から「医療費のお知らせ」が届いた。
その趣旨は:国民健康保険で診療を受けた場合、医療機関等へ支払われる医療費は、我々が負担する保険税と補助金等によってまかなわれている。この貴重な保険税等を有効に使うためにも、1人ひとりが自分の健康管理に充分つとめ保険診療の受け方について理解するように。参考までH17.11月からH18.10月までの医療費の額を知らせる:ということだった。

私にかかった医療費総額は83,830円(凄い多額!殆ど歯と目)
自分で払ったのは3割で25,149円、保険から58,681円
私の分として(家族の2分の1とした)払った保険税は92,000円だから92,000ー58,681で33,319円残りオーバーしなかった。少しほっとした。
こんな風に単純に計算して、保険税をどんなに使ったかを知り、無駄に医者にかからないように反省させ、健康管理につとめていくように促すお知らせと受け止めた。

とりあえず今は、転んでも易々と骨折しないように娘が買ってきてくれたCa食品を食べ、骨形成にかかせないv.c摂取、遠赤外線照射、日光浴をしていきたいと思う。

Ca2 Ca3 Ca4 Ca5_1 Ca1 Ca6 Buntann

茅ヶ崎の実家でで収穫した文旦

|

« Shall We ダンス? | トップページ | ライターを飲んだ人 »

コメント

tonaさん、こんばんは(^-^)
良く解らないのですが…「国民健康保険」というのは限度額が決まっているのですか…(・・?)
オーバーしたら…自己負担なのでしょうか(・・?)
また健康管理」に勤める経費は保険の範疇に入っているのでしょうか(・・?)
それとも自己負担(・・?)
ごめんなさい…本当に良く解らないのでお伺いします…。

「介護保険」でも賄える経費のバラツキが正直良く解りません…
金額の設定も誰が出した案を取り入れたのか…(・・?)適正とは感じられません…(>_<)
多くの年寄りが泣いています…「早く死んだ方がまし!」だと…

「健康」に関する「栄養剤」とか…結構なお値段ですよね…
何も取り入れてはいませんが…「健康」を意識しすぎると「不健康」なような気がして…(^^;

>貴重な保険税等を有効に使うためにも、1人ひとりが自分の健康管理に充分つとめ保険診療の受け方について理解するように…
「医療費のお知らせ」がこんな目的なら…送ってくれなくても良い!と思います…
その分に係る経費を医療費に加えて欲しいと…

「国民健康保険」になんか加入したくない!(^O^)

投稿: orangepeko | 2007年2月18日 (日) 18:46

★orangepekoさま

ありがとうございます。
①健康保険組合にも政府介入のと自力のと2種類(会社など)、②共済組合保険(公務員や私学共済)、③船舶関係の保険組合保険、④そして自営業や退職した人がここに移動する国民健康保険が大きく分けてあるようです。
最後の国民健康保険に我が家は夫が①から私が②から退職で移行しました。そんなで④はこうした高齢者が入るので4つの中では1番苦しいと思います。
今回のもらったお知らせで私が保険料と実費払いを合計すると残ったといった値段(33,319円)は別に返されるわけでなく、オーバーした人に回されるわけです。ですから自分が払ったより金額より越える医療費がかかった場合は国民保険から助けてもらうことになるわけですね。
自分が健康管理につとめたお金は全然関係なく、もらえません。
国民健康保険料は上限はあるでしょうが、年金の額によって違うらしいです。
上の計算で我が家で払っている健康保険料を2で割りましたが、私の年金との夫の年金とは額が私のほうがずっと少ないので本当は私に課せられた保険料は上記の額より少ないので実際は私の場合かつかつかマイナスかもしれません。
介護保険料も年に相当払っていますが、現在は使ってないからその財源は要介護の人を助けていることになりますが、介護を必要とする高齢者が多いので介護保険の方も財政が逼迫しているのですね。
両保険とも逼迫し破産状態から抜け出すために、若いうちから健康に注意し、元気な老後で医者にかかる割合を少なくしていってもらいたいと各自治体など知恵を出し合っているのでしょうか。
これから少子化で働く年齢層の減少で、年金と社会保険はますます大変なことになっていきます。
アメリカのように医療保険があまり発達していなくて、しかも入院1泊が10万円もするような国では難しいガン治療でも皆通院が多いそうです。
国民健康保険に加入しないと医療費が10割でとてつもないお金がいることになります。
本当は病気にならないのが1番ですが、こればかりはどうなるかわかりません。
ですから無駄な延命治療だけは受けたくないというのが心情です。

投稿: tona | 2007年2月18日 (日) 19:53

こちらも医療費のお知らせが来ますよ。
たいがいが、夫とばぁちゃんしか使ってないんですけどね。
それでも病院へ行って、どの位の医療費がかかるのか、明白になるのは良い事だと思います。
tonaさんも骨の為にカルシュームですね^^
私も今度の検診の時は骨密度を測ってもらおうかと思っています。
どうしても年と共に、骨がもろくなりますからね。

投稿: pochiko | 2007年2月18日 (日) 22:22

★pochikoさま

ありがとうございました。
そちらは来ているのですか。
知らせがきたのは今年が初めてです。
pochikoさんは殆ど通院なさらないのですね。
お若いうちは普通風邪くらいですものね。

特に女性は骨粗鬆が多くて、整形外科でも圧倒的に高齢の女性が多いです。
骨密度も自慢できるほどいい結果ではなかったです。

投稿: tona | 2007年2月19日 (月) 07:29

我が家はそのお知らせ来てない気がします。
といっても義父が管理するのでイマイチ分からないのですが。。。
義父もここ数年頼りなくなってきて、知らん、分からん連発するようになったので大事な書類や領収書の管理は心もとないです。
今、確定申告の用紙とにらめっこしてるのですが、後から持ってきたり、失くしてたりしてるので、なかなかはかどりません。
申告に必要なものだけこちらで管理させて暮れれば楽なんですけどね。
って、医療費のお知らせとは関係ないコメントになってしまいました。
あ、うちは年寄り2人の分だけで毎年20万円近くになります。
義父なんてどこがどう悪いの?ってものまで病院にかかるし、日課のように週3回病院に通ってるし。
する事ないから電気でもかけてもらおうって(笑)
これって無駄っていうか、勿体ないですよね。

投稿: ちょびママ | 2007年2月19日 (月) 07:58

★ちょびママさま

ありがとうございます。

確定申告の季節ですね。
我が家でも夫がもう行ってきたのですが、何と書類の1部が見つからず税金を余計に取られる羽目になりました。
ちょびママ家ももしかしてこんなことになってないといいですが。
お義父さん、お年なのにまだご自分でなさるなんて、偉いけどちょびパパに任せたら楽なのにと思ってしまいました。
医療費お2人で20万円ですか。高齢になられるとこのくらいが普通なのでしょうね。
病院へ行くと確かに元気なお年寄りを見かけますね。

投稿: tona | 2007年2月19日 (月) 08:30

tonaさん、有り難うございます(^-^)
①~④の区分けは知っていました…だけどそれぞれ負担率(というか掛け率も…)とかも違うのではないでしょうか…(・・?)
年金・失業保険とかもそうですが…定率ではなかったように記憶しています…?
徴収した保険料はそれぞれの団体が管理していて…その中での対応ですから…
要するに、例え無駄使いがあったとしても…お役人・関係者以外は実態が解らない…(>_<)

先日紹介した村上医師のことが今日「夕張のDr.コトー」として記事になっていました…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070219-00000012-san-soci

「予防医療」…ここで言う「予防医療」とは
サプリメントとかで個人がお金をかけることではない…と私は受け止めています…
病気を治すのも医者の仕事なら…それを防ぐのはもっと大事な仕事だと思っています。
頑張って欲しいです\(^0^)/

>無駄な延命治療だけは受けたくない…
これは同感ですヽ('-'*)~♪

ちょびママさん、おはようございます(^-^)
>病院へ行くと確かに元気なお年寄りを見かけます…
以前tonaさんがご紹介された中にありましたね…
「今日は具合が悪いので病院に行けない」…みたいなことではなかったでしょうか(・・?)
待合室はご老人の社交の場になっているのでしょうね~♪

投稿: orangepeko | 2007年2月19日 (月) 10:44

ごめんなさい書き忘れていました(>_<)
わが家は①ですが…この十年近く誰も病院を利用していなくて…明細も来ませんので(^^;
良く解らない…という積もりでしたm(_ _)m

投稿: orangepeko | 2007年2月19日 (月) 10:48

しばらく前、仕事が入らなくなって国民健康保険料が払えず
医者にかかれないという方(建築関係)の例をTVで見ました。
このところ国は医療費削減に一生懸命になって、予防医療にも力を
いれていますよね。予防医療などは、健康な人が増えていいことだと
思うのですが、今、その狭間で苦しんでいる人がいることも
事実で、弱者により厳しい国だなぁと思いました。
ちょっとtonaさんの記事とずれていますね、ごめんなさい。

tonaさんもカルシウム摂取に励んでいらっしゃるのですね。
もう二度と骨折など経験なさらないように(^^)
それにしても色々な種類があってちょっと笑えました。
これらをお摂りにながら、歩く許可が下りたなら歩け歩け運動再開ですね。

まぁ、茅ヶ崎ではもう文旦の収穫ができたのですか。
毎年義父母が手配してくれる土佐文旦はまだ届いていません。
でももうすぐかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2007年2月19日 (月) 14:44

★orangepekoさま

村上医師の記事ありがとうござました。
患者を叱るとか無駄を省くとか予防医療にも取り組んだり、大変な中に飛び込んでどんどん実行に移されることは夕張市民をどんなにか勇気付けていることでしょう。
予防医療の内容も少し分かりましたが自分で成人病などにならないように予防して、将来なるべく医者にかからないように個人努力が必要だと思いました。
また医者にかかったときに予防医療的なことを自分で勉強していかなくてはとも思いました。
どこもかしこも財政逼迫と言われているのに無駄遣いが目に付いてとても腹立たしいです。
>この十年近く誰も病院を利用していないで
退職までは保険料は一杯払っていても殆ど医者には行きませんね。元気で医者に行かないにこしたことありませんものね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年2月19日 (月) 16:41

2ヶ月が経ちましたけど、お体の具合いかがですか。カルシュームを摂取されておられるのですね。いいと思います。家内も病院でカルシューム剤を貰い、飲みましたら回復が早かったみたいです。

医療費のお知らせ、こちらも3ヶ月ごとに来ます。総医療費が表示されています。
あなたの医療費についてお知らせします、とだけ書いてあります。目的を聞いたことがありますけど、請求に間違いがないかチェックしていただければ幸いです。と言うことでした。でも、やはり医療費の額を知ることにより、適正に使われているかを自覚させる意味もあるような気がします。
私の場合、眼(高眼圧、緑内障のおそれ)ですので、毎月です。目薬も結構高額です。
一回、総額で1~1.2万円くらいです。1割負担ですから、人様にお世話になっていると思います。ですから、他の病気をしないよう気をつけています。


投稿: 夢閑人 | 2007年2月19日 (月) 16:47

★ポージィさま

いろいろありがとうございます。
お話を読んでいたらこの頃貧富の差がますます大きくなってきたということで、いろいろな事情で貧しくなってしまったこのような人は泣き寝入りしかないのかなあと思ってしまいました。
生活保護を受けている人も増加しているそうですね。これまたいろいろな事情がありそうですし、その費用も下がるところもあるとか。
以前体験したのですが、生活保護世帯の子が調理実習費が払えないのでその当日いつも休んでいたのは心が痛みました。

今1日600mg必要のところを1000mgもCaを摂っています。過剰もよくないのですが、吸収も100%でないからです。

文旦これの前に戴いた土佐のは種が立派でした。これは種が貧弱です。懲りもせずまた蒔きます。

投稿: tona | 2007年2月19日 (月) 16:57

tonaさんのように一人一人が考えたら、医療費もずいぶん少なくなると思います。
どうしても、自分が払うところまでしか考えないですね。。
私は国家的規模ではなく我が家の財政のためにも、健康管理に気をつけたいです♪
とにかく税金の類が、本当に必要なことのために使われ、必要じゃない人は無駄に使わないようにしなくちゃですね。。

投稿: otayori | 2007年2月19日 (月) 17:19

★夢閑人さま

ありがとうございます。
お蔭さまで先週で2ヶ月たちました。
お医者さんに少しだけ起きてもいいと言われました。安静にしていたからひどい状態にならなかったとも言われました。
あと1ヶ月の辛抱です。私はCa剤をもらわなかったので美味しいお菓子で摂っています。

あらあら、眼大丈夫ですか。心配ですね。
お大事になさってください。
眼医者は高いですね。私は涙目で涙腺が詰まっているのかと思っていきましたら、逆さ睫毛だそうです。2週間置いてまた逆さ睫毛を3本取りに行ったらそれだけで5,590円でしたよ。もうびっくりでした。それ以後涙目でも行きません。

投稿: tona | 2007年2月19日 (月) 17:35

医療費をチェックするようになりましたね。
自分がいくら払い、
保険がいくら分担しているか、
しっかり確認しています。
そのことが、
医療費の無用な支出を
公私ともに抑えることにつながると思います。

投稿: YUKI-arch | 2007年2月19日 (月) 17:41

★otayoriさま

ありがとうございました。
そうなんですよ。自分が払うことしか考えていませんでした。
これからは一層医者に自分の作ってしまうつまらない病気にならないように気をつけようと思いました。

仰るとおりです。自分の財政面でも医療費はばかになりません。
お若いotayoriさんも今から気をつけられればばっちりですよ。
医者に楽しみに行くようになりたくありません。

投稿: tona | 2007年2月19日 (月) 17:41

★YUKI-archさま

ありがとうございました。
本当に仰るとおりですね。
YUKI-archさんはもうちゃんとチェックなさっていらしたんですね。
私はやめてから医者に通うようになって、こんなに使っているとはお知らせが来るまでチェックしませんでしたから、とてもいい機会を与えられたと思います。
これからいろいろ健康に気を使っていきたいとますます心を新たにした次第です。

投稿: tona | 2007年2月19日 (月) 17:49

一年分まとめて見れていいですね。我が健保は四半期毎に送ってくるので、積算したことがありません。

収めた額より、使った額の方が低かったのを見て安心したtonaさん、素敵です。

投稿: Stanesby | 2007年2月20日 (火) 00:17

★Stanesbyさま

健保にもいろいろあるようですね。
夫の健保は昔は結構余裕があって年1回標準的な薬を配布していましたし、講演会なども催していました。
その後あっという間に苦しくなっていきました。
今は3割ですが5割も払うようになったらちょっとしたことでは医者に行けなくなりますね。
命にかかわるかそうでないか見極めもつけないと。

投稿: tona | 2007年2月20日 (火) 07:28

今回医療費のことがお蔭様でよく分かりました。ありがとうございました。
私はお医者嫌いで夫とよく言い合いになりますが、最近は歯が折れたり肘痛がでたりで、だんだん自己修復が出来なくなってきました。

歯が折れた時は骨密度が落ちたのかと医師に聞きましたが、歯のCaが骨の方に取られるという事は無い由。でもCaは飲んでいます。
写真を拝見しますと、いろんなものが出回っているのですね。外出時に注意して見てみます。

昔は高齢者は無料だった?などと聞いたような気がしますが、これからは負担率も上がることはあっても下がることはないでしょうね。
これからは年齢も意識して、自己管理を頑張ります。

普通に歩くには、あともう暫らく養生が必要とのこと。
歩行時には一番酷使する所だから、兼好法師の言葉を思い出して養生に努めて下さいますよう。

投稿: ねむウサギ | 2007年2月20日 (火) 09:55

おはようございます。
「梅にメジロ」の画像を拝見して、先日の大阪城梅林の早とちりを思い出しています。

医療費の支払いの自己負担の部分だけいつも認識していますが、市からの保険負担分を見た時には、驚くほどの高額なので、最小必要以外は、通院しないようにしています。
でも、歳とともに、故障が多くなってくる身、せめて自己防衛のできる範囲、努力の毎日です。

投稿: anikobe | 2007年2月20日 (火) 11:16

★ねむウサギさま

私もやめるまでは風邪くらいで医者には殆どかかりませんでした。
ところがどうでしょう。やめたとたんに静脈瘤摘出の手術で入院したり、歯槽膿漏で歯医者へ、眼医者へ、今度は整形外科へと我ながらもういい加減に離れたいです。

そうそう、昔、母が無料のときがありましたよ。最初にかかるときだけちょっと払っていたような。今は高齢者も3割ですものね。
お互いに自己管理に精を出しましょうね。

最後が肝心と言いますから養生します。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年2月20日 (火) 16:17

★anikobeさま

ありがとうございました。
鳥を撮影するのは難しいですね。
特にメジロや雀は忙しくて大変です。
anikobeさんは写真がとても上手でいらっしゃるからいつも目を瞠っています。

anikobeさんも故障が起きるようになってしまわれましたか。
毎日時間の許す限り努力しかありませんね。
毎日ウォーキングをされて頭を使われて良いことをどんどんされています。
あやかりたいです。

投稿: tona | 2007年2月20日 (火) 16:27

先ほど書き忘れたのですけれど、この梅の木は一本の木に紅梅白梅が咲くのですか。
幹に接木でもしたのでしょうか。珍しい。

桃は新宿御苑で見たことがありますが、梅にもあるなんて初めてです。

メジロが逆さになって蜜を吸う瞬間、可愛くてお見事です!

投稿: ねむウサギ | 2007年2月20日 (火) 16:57

1本の木に紅白の梅ですね。
おめでたい木。
きっと、幼木の時接木をしているのでしょうね。
私の所にも余り大きくならないように剪定してもらっている枝垂れ梅が紅白なのです。

投稿: anikobe | 2007年2月20日 (火) 18:22

★ねむウサギさま

紅白の桃はゲンペイシダレ(源平枝垂)というそうですね。

この紅白の梅は「思いのまま」と名付けられた品種です。
anikobeさんがおっしゃってますが幼木の時に接木しているのですね。

ハチドリの密を吸うのはすごいですけれどもメジロもなかなかですね。

投稿: tona | 2007年2月20日 (火) 20:25

★anikobeさま

まあ!紅白の枝垂れ梅があるのですか?
まだ見たことがありません。
素晴らしいですね。
枝垂れの方が見ごたえがありますね。

ねむウサギさんが疑問を呈していらっしゃった接木のこと、私もわからなかったのでanikobeさんのお言葉に納得しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年2月20日 (火) 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/13955558

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費のお知らせ:

« Shall We ダンス? | トップページ | ライターを飲んだ人 »