« 蘇鉄 | トップページ | ベジタリアン »

2007年2月27日 (火)

鳥が教えてくれた空

Genkan いよいよ春がやってくる。2月の晴れた日はことのほか明るい光が溢れているように思う。写真で見ても空が青い。暖かくなって春本番になると、霞がかかったような日が多くなり寒さで澄んだこの空にはかなわない。

『鳥が教えてくれた空』 三宮麻由子著

ヘレンケラーの話は遥か彼方となってもう深い内容は覚えていない。
手足のない典子さんの話は先日書いた。
三宮さんは4歳で完全失明した方で、私は全盲の方の生活や思いを初めて知った。
著者は大学院博士前期課程まで勉強し、現在外資系通信社で報道翻訳者として勤めている。
海外旅行などもたくさんされていて驚いてしまった。
私たち晴眼者(というのだそうだ)と違って耳、鼻、手触り物凄く発達している。

聴くことから英語が堪能になって高校時代アメリカに1年留学し、現在の仕事についている。譜面はテープを聞けば暗記できて、ピアノの腕はかなりのものでたくさんの楽器を演奏なさる。
探鳥会でも100種以上の鳥の声を[聞きなし]でなくて聞き分けられるそうだ。この鳥の声で初めて夜明けを味わい、未知の空を知ったそうだ。鳥から俳句も始めた。
この自然への感動に魅せられてから、植物に触りながらたくさんの名前を覚えてやろうと、生け花を習い、園芸へと趣味を広げていったそうだ。鈴のコレクションも耳で楽しみ、落語鑑賞の趣味もそうだ。

書道は嫌いだけれども墨に興味を持って集めたのはそのにおいに魅せられたからである。
陶芸に打ち込んでいるのは手触り。料理もかなりされる。お菓子を焼く苦労、挑戦する姿には頭が下がる。
1966年生まれの著者はまだまだ若い。これからどんなことに挑戦していくのであろうか。

老眼になるまで視力は1.2~1.5だった。老眼になっても眼鏡のおかげで自然の織り成す美しい色、花、鳥、美味しい食べ物、本、芸術鑑賞など数え切れないものを起きている間中目にして感動している。ありがたく、本当に不自由な方には申し訳ないくらいです。

|

« 蘇鉄 | トップページ | ベジタリアン »

コメント

神様は視力の代わりに、素晴らしい感覚を沢山与えられたのだと思わずに入られません。

そこに達するまでの努力は並大抵ではなかったでしょうが、あらゆる可能性を広げて生きていらっさるいいお話に、感動しています。

投稿: anikobe | 2007年2月27日 (火) 18:01

★anikobeさま

ありがとうございました。
私などは殆ど目だけで生活しているなあと思いました。
特に触って生活を豊かにしていくことには力を入れてなかったような気がしました。
何倍も努力なさったのでしょうが、私は人の2倍も努力したことがないです。
1つ1つの努力のことを考えると頭が下がります。

投稿: tona | 2007年2月27日 (火) 20:06

人間の可能性について、あらためておもいしらされた感じがします。
海外旅行、留学、探鳥会、そしてピアノまで弾かれる、なんと云ったらいいのやら・・・
言葉が見つかりません。素晴らしいお話でした。この本、是非読んでみたいと思います。

投稿: 茂彦 | 2007年2月28日 (水) 08:36

よく言われる言葉ですが、人は自分が持っている能力のほんの僅かしか使い切らずに死んでいく。

以前、赤ちゃんは誰でもいろんな可能性の芽を持って生まれてくるけれども、例えば生まれ落ちた国の言語を習得し始めると、他の言語を聞き分ける芽は閉じていくというような実験を見たことがあります。

何が起こるかわからない世の中ですが、こんな方がいらっしゃることを知ると、生き方を考え直して見たくなります。

ありがとうございました。

投稿: ねむウサギ | 2007年2月28日 (水) 10:21

好奇心と、探究心と、感動する心と…
大切なんだなぁと改めて思いました。
可能性は自分で広げていくものなのですね。
うん、私も興味関心を持ったことには、もっと積極的に
一歩を踏み出してみなくては。生来のものぐさな
性分に活を入れねば!(^^)

投稿: ポージィ | 2007年2月28日 (水) 11:10

視聴覚障害になって、嘆き悲しみ、一生を悶々として暮らす人、人生を終わる人もいれば、負けずに努力して活路を見出す人もいる。障害の中でも、視、聴共に障害のある人は少ない。人間眼から入る情報が多いだけに全盲の人の苦しみは計り知れないものがあると思います。

人間の五感、視、聴,嗅、味、蝕のうち、視、聴のいずれかが駄目も後は健在、それを補って強くなるのは当然と言えば当然かもしれませんが、障害者の方のすぐれた能力には驚かされます。幾多の苦悩を乗り越え、努力した結果だと思います。頭が下がります。

投稿: 夢閑人 | 2007年2月28日 (水) 14:09

★茂彦さま

ありがとうございました。
この方のなさること、何一つ私にはできません。
我ながらちょっと情けなくなりました。
たくさん本を出されているようです。
この本は1,998年ですから9年も前になりますね。

投稿: tona | 2007年2月28日 (水) 18:39

★ねむウサギさま

ありがとうございました。
普通の人は自分の能力をほんの僅かしか使いきらずに死んでいくということは、考えてみると随分もったいないですね。
小さなうちに能力を見つけて伸ばしてあげるのは親の役目だと教科書にも書いてありますがなかなかうまくいきません。


私も生き方を考え直さなくてはとつくづく思ったところです。

投稿: tona | 2007年2月28日 (水) 18:49

★ポージィさま

ありがとうございました。
>好奇心、探究心、感動する心・・
とても大切な心なのですね。
興味持ったこと、やりたいこともまだまだ踏み出せないでいます。
ポージィさん同様私も活を入れなくては。

投稿: tona | 2007年2月28日 (水) 18:58

★夢閑人さま

ありがとうございました。
本当にいろいろ事情があって、一生嘆いて悶々と暮らしている人の方が多いかもしれませんね。
もし私も見えなかったらもう生きていけないと思うくらい絶望の人生を送ると思います。
1つの感覚がないと他がその代わりもしてしまうなんて凄いことです。
五感をちゃんと使わないで何だか退化させていることを反省しました。

投稿: tona | 2007年2月28日 (水) 19:14

当たり前にあぐらをかいてると感って鈍りますよね。
楽しい時より悲しい時、寂しい時の方が人を詩人にするように、不自由を感じたら、その分神経が研ぎ澄まされ、素晴らしい力を発揮できるのかもしれません。
もちろん、その能力を発揮するにはなみなみならぬ努力と好奇心と向上心などが必要でしょうが。。。
素晴らしい生き方名人な方ですね。
到底私にはマネ出来ませんが、せめて毎日を楽しむ気持ちだけは持ってたいです。

投稿: ちょびママ | 2007年3月 1日 (木) 02:02

★ちょびママさま

ありがとうございました。
当たり前が当たり前でない人がいるのでした。
普段気がつかなく、また思いやることもなかったです。
>楽しい時より悲しい時、寂しい時の方が人を詩人にするように、不自由を感じたら、・・本当にその通りですね。

しかし又、老いるとだんだん1つ欠け、2つ欠けていってこんな状態に近くなっていくんですね。
そのときには他の機能で補えないところがこの方と違うところでしょう。
せめて私はこういう事態を努力してうまくかわすことができるといいなあと思うのです。

投稿: tona | 2007年3月 1日 (木) 08:14

私達は自分の持っている能力のわずかしか使ってないそうですね。
また、感覚に不自由のある人は、その不自由さを補う為の感覚が芽生えるのだそうです。
目の見えない人は嗅覚や音に対して普通の人よりも何倍も敏感なんだそうですね。
何不自由ない私たちは、どんな感覚が研ぎ澄まされてるのかな?って考えた時、現状に甘んじている自分にちょっと情けないかな…(・_・;)

投稿: pochiko | 2007年3月 1日 (木) 22:21

おはようございます。
私も最近眼が不自由な方の書かれた本を読んだばかりです。
全盲のご両親に育てられたその方は、目が見えないということが普通のことで、「見える」ということがまったく理解できなかったと書いていらっしゃいます。
逆に見えないことで、臆することが無かったのかもしれませんが、実生活の上で「見えない」ということはやはり大きなハンディであったことは確かでしょう。
にもかかわらず、現在の彼は海外でも名を知られた日本を代表するチェンバロ奏者です。
多分彼には、私達には聞こえない音が聞こえ、もしかしたら音が「見える」のかも知れない、とtonaさんや沢山のコメントを拝見させていただきながら思いました。

投稿: aosta | 2007年3月 2日 (金) 06:32

★pochikoさま

ありがとうございました。
1つの感覚が欠けると他の感覚が補うという不思議。
救いというかとても感動的でさえあります。
全部普通に与えられているのに、pochikoさんじゃないけれども、100%どころか半分も使っていないのが情けないです。
pochikoさんは車の運転をされていますが、これもいろいろな感覚総動員ですから凄いことですね。

投稿: tona | 2007年3月 2日 (金) 08:07

★aostaさま

ありがとうございました。
全盲のチェンバロ奏者武久源造さんの本があったのですか。知りませんでした。
ピアノの梯剛之さんも有名ですね。
どうして楽譜が見えないのに弾けるのか不思議でしたが、一度聞くと弾けるそうで凄いことだと驚きました。神業と言う感じです。

この方が鳥の声から夜明けや空を知ったということは見たということですから、aostaさんがおっしゃるとおりです。

投稿: tona | 2007年3月 2日 (金) 08:26

> ありがたく、本当に不自由な方には申し訳ないくらいです。

上を見ればキリがない、下を見てもキリがない・・・あ、決して差別的に言っているのではありません。当たり前であることに感謝して生きたいものです。

投稿: Stanesby | 2007年3月 3日 (土) 01:28

★Stanesbyさま

普通であることに満足だけでなく感謝しなければならない。
それなのに時には羨ましがっている自分がいます。お金関係でなく才能に。
ないものはしょうがなく、努力しないで物申すのはやめたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年3月 3日 (土) 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14067804

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥が教えてくれた空:

» ろくろ倶楽部 [華・蝶・封・月 日記]
最近ろくろ倶楽部という陶芸の真似事が出来るおもちゃが流行っているらしい。ろくろ倶楽部は一万円前後で買えるタカラトミーの製品ですが、大人のおもちゃとして雑誌等にも取り上げられ人気のようです。この値段なら、送料無料の通販も結構あるでしょう。ろくろ倶楽部というネーミングからして、年配層受けを狙ったのでしょうか?たしかに団塊の世代が気に入るかもしれません。陶芸を手軽に味わえるろくろ倶楽部は私もすこし興味があります。ろく... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 21:23

« 蘇鉄 | トップページ | ベジタリアン »