« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

Origamisakura 桜が待たれた日々、お盆に折り紙の桜を散らして遊んでいた。

やっと満開、枝垂桜を見に水戸黄門様(光圀)に関係ある小石川後楽園へ1昨日行った。
東京ドームのお隣で、ビルに囲まれている。
この庭園は徳川家康の十一男、「御三家」の1つ、水戸徳川家の藩祖、徳川頼房によって作られ、二代光圀によって完成した回遊式築山泉水庭園になっている。
光圀は造成に当たり明の遺臣朱舜水(清の時代になってしまって日本に亡命)の意見を用い、円月橋や西湖堤など中国の風物を取り入れ、園名もこの人の命名だ。
後楽園の名は、中国の范仲淹(はんちゅうえん)「岳陽楼記」の「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から名づけられた。

枝垂桜は樹齢は推定60年だそうでなかなか見事な枝ぶりだ。

Sidare

2houraisima 3edohigan

       蓬莱島            ピンクがエドヒガンザクラ 

4kiransou 5syaga

      キランソウ              シャガの群生

今日、井の頭公園のソメイヨシノが満開になった。

Inokasirakouen1 Inokasirakouen2_1

Inokasirakouen3 Inokasirakouen4

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2007年3月28日 (水)

ポピー摘み

Kattaheisu 昨日、炉端焼き体験とポピーの花摘みに千葉県南房総に出かけました。
あいにくの曇り空のうえ、海は霞んで遠望がきかないのが残念です。
南房総は東京湾横断のアクアラインを通ると近い。
羽田のすぐ先の神奈川県川崎と千葉県木更津を結ぶ15kmはあっという間。途中のパーキングエリア「海ほたる」には海底を掘削したカッターフェイスの実物が飾られていました。

Hisikawamoronobu_1

鋸南町保田には「菱川師宣生誕地の碑」があり、その隣の店で炉端焼の昼食を摂りました。
炉端焼きといえば鮎以来です。野菜は一切無く、焼いた海鮮はカニ、エビ2種、ホタテ、サザエ、ハマグリ、ブナ、山家焼きにマグロづけ丼にアサリの味噌汁。こんな贅沢をしたことはあまりない。炭火がとても熱かったが貴重な体験になりました。

Kani Photo Hotate_ebi Hamaguri

1sabbgoaroe Popi_1

サンゴアロエ               ポピー

3panzi 4sutokku

パンジー                 ストック

5toranpeto 6kinngyosou

トランペットの花           キンギョソウ

Popi11zi

午後はさらに南の富浦町の花摘み園にポピーを摘みに。畑一面の景色の予想に反してハウスでした。
うなだれていないのを摘み、2人で20本、今日の午前11時には8本開花しました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

豆本

手に入れた豆本は縦が4.3cm、横が3.4cmです。退職をした人が独学で趣味で作ったのだそうです。
鮫小紋や紅葉模様の縮緬で装丁され、中の文字はワードで仕上げています。

明治以降1辺が10cm以下の本を豆本と言う。
1cm以下をマイクロブックと言う。現在世界最小が0.95mmでギネスブックに載っているそうですが、全くどんな本か想像もつかないです。

Mamehon1 Mamehonn2

左が「般若心教畧解」で右が「いろは俚諺」
般若心教は今度お墓参りに行くとき持参で墓前で読経しようと思います。

「いろは俚諺」をぱっと開けたら「な」が出てきて読んでみると
○無い袖はふれぬ ○無いものを食おうが人の癖 ○長口上は欠伸の種 ○流れに棹 ●泣面に蜂 ○泣く子も目を明け ○鳴く猫は鼠捕らぬ ○情けは人の為ならず ○七転び八起き ○七度尋ねて人を疑へ ○習うより慣れろ ○ならぬ堪忍するが堪忍 ○名を捨て実をとる ○名を得て実を失う ○生兵法は大怪我のもと などまだあります。

おお!●泣面に蜂・・・・●一難去ってまた一難
我が事でありました。逆さ睫毛と診断されたにしては状態が良くないと思って、医者を変えてみたら「翼状片」でした。目の黒目に白目がかかってしまったのです。老化の病気です。紫外線がよくないそうで常にサングラス着用、タモリみたいになる。目のまわりの皺がちょっと隠れるのはうれしいが、人相がちょっと。眼鏡作り変えたばかりでUVカットのを作るわけにもいかないし。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

井の頭公園の桜の更新

1昨日(3/19)に井の頭公園へ鴨を見に行った。
井の頭公園近辺に6年半も住んでいたとき、いろいろ鴨が来たけれど、殆どはオナガガモであった。
ところがこのところオナガガモが殆ど姿を消し、キンクロハジロが占めている。一体どうしたことだろう?
あのころ10羽くらいいたカイツブリもいない。一頃公園でオシドリの飼育に力を入れていたオシドリは1羽だけ。ホシハジロは相変わらず少ない。獰猛なユリカモメも姿を消した。ゴイサギの昼寝も見られず姿を消したのだろうか。

Onaga Osidori

オナガガモとオシドリ

Kinnkurohaziro Magamo

キンクロハジロ  右はマガモではなくハシビロガモでした

Kamo_1

真ん中にホシハジロが1羽

Kinonederu  この日、丁度桜の更新(桜を治療して生き返らせることをいうそうだ)の仕事をしている人たちに出会った。
井の頭公園には桜が600本あるそうだが、毎年きれいに咲かせるため桜を更新しているそうである。
桜の木に「キノネデール」という土を貼り付け包帯をすること3年、包帯を外して様子を見、包帯を巻いてまた3年、最大9年治療をするそうである。今10本くらい包帯を巻いているそうである。
丁度包帯をはがして付いている土をはがしたところであった。たくさんの根が木に巻きついているのが見えた。これが更新なのか。根は地面の中だけと思っていたのだが、木のこんな上の方から出て更新されるのか。この木は包帯を外して様子を見るそうだ。

Skurakousinn1_1 Sakurakousin2_1

左が包帯を巻いている桜  右が包帯を外し、根が幹に見える桜

 今週の土曜日のNHK総合午後6時10分からの「週刊こどもニュース」でこのことが取り上げられるそうでNHKのカメラが回っていた。どんな内容なのでしょう。もっとはっきりわかるでしょう。

帰りに弁財天にお参りした。水源の近くにもうシャガの花が咲いていた。

Bezaiten1

Bezaiten2 Syaga_2

| | コメント (19) | トラックバック (1)

2007年3月19日 (月)

お雛様コレクッション

Turuumemodoki

この辺りではもう終わってしまったお雛様のことです。
医者で知り合った方がお雛様を趣味で集めていて、国際交流の仕事もしていて大変外国の方に喜ばれているそうです。
4月3日まで飾っているというので見せていただきました。昭和16年築の古い家で雪見障子や細工された欄間、床の間が3つもあります。長い日当たりのいい廊下から200坪の庭が眺められ立派に手入れされています。

秋から挿してあるというツルウメモドキの赤い実と仮種皮のがいい具合に花瓶に合っていて、和風の玄関に趣を与えていました。

古い着物地や帯、千代紙や様々な骨董などを上手に使ってお雛様を上手に飾っているのにただ圧倒されてしまった。
お月見やお正月などにも会を催して、日本の古き良き文化を外国人に伝えていきたいと意欲を燃やしている人がいることを知った3時間でした。

枚数が多くなってしまいましたが興味があったらご覧下さい。

Hina1_1 Hina2

Hina3 Hina4

Hina5 Hina6_1

Hina7 Hina8

Hina9 Hina10_1

Hina11 Hina12

Hina13_1 Hina14

Hina15 Hina16

Hina17 Hina18 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

ロウソクの科学

不朽の名作『ロウソクの科学』ファラデー著を読んでいたら高校の化学実験室に坐ってた生徒に戻りました。
1本のロウソクを通して科学の奥深さを解き明かした名著。

ロウソクが何故灯るのか?必要な炭素と酸素。排出する水と炭酸ガスから空気の組成、植物への連鎖。酸素、炭素、水素、窒素を様々な実験をして取り出す。
私、空気の組成を失念していました。酸素1:窒素4でした。空気中の混ざっているものまで組成と思い込んでいました。何ということ。
この窒素がなかったらすべてのものは激しく燃えすぎて大変なことに。窒素は酸素の働きを押さえて火をしずめ、火をおだやかなものにしていたのでした。
炭酸ガスや窒素がなかったら私の大好きな植物も育たないのでした。
これらの多くの実験をファラデーは老若男女、身分の上下を問わず、ロンドン中のあらゆる階層の人に向けて講演をしていたのである。

ファラデーは活躍したのが日本の江戸時代末期の75年間。ビーカーやフラスコなど実験器具やいろいろな化学物質があったのですね。それよりそのころ蒸気機関車が走っていたんですね。どうやら江戸時代を想定して科学が随分進んでいたことも気がつかなく、その頃の世界史や音楽や文学しか頭にありませんでした。
というわけでこの古書からノートはなくなってしまいましたが、教え上手な担任の化学の先生の楽しかった名講義を思い起こした日でした。
そういえば「世界一受けたい授業」でも名物科学の先生がいました。

お茶の実をたくさん拾いました。椿油のようなオイルがとれる。
発芽したら植えるところもないけれど、この実を植えてみよう。

茶の実紋というのがあって、実の先が三分されている。
清和源氏系の村田、山田氏とか桓武平氏流の津田、三田、相馬諸氏など十数氏が使用している。
Tyanomi2 Tyanomi_2

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2007年3月13日 (火)

たまごに花

Purin 婿さんが伊豆に出かけて買ってきてくれたお土産。
右がかまぼこで中に明太マヨネーズとわさびとチーズが入っていておつまみに最高。
左が「なめらかたまごたっぷりん」:たまごや製 伊豆 村の駅で販売
命名どおりの美味しさで、器は陶製で卵そっくり。道の駅だけでなく村の駅というのがあるのですね。

Zassouwoikeru 器が捨てるにしのびない、可愛いものだったので花を活けてみました。
ムラサキハナナ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ハナニラ、ムスカリです。
小さいけれどいい雰囲気です。

Tetateto_1  昨年買ってきたテター・テート(フランス語で内緒話):ヒガンバナ科、スイセン属、原産地はスペイン、地中海沿岸
咲くまで何も世話しなくても直径3cmの14の花が開花しました。我が家向きです。

Zinntyouge Siroinntyouge

3年前に挿し木した沈丁花の花が咲いたのに感激です。白には7つついていますがこれだけで門から入ると香りがいっぱいに広がります。

もう1つ感激したのが赤のミツマタに初めて出会えたことでした。

Akamitumata Mitumata

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

七五調の調べ

彼岸桜満開

Higannzakura

「なおって最初にしたことは
 包丁とぎと夕支度
 こんなに楽しうれしとは
 こんなに心おどるとは
 いままで思いもしなかった
 いつまで続くこの感動
 忘れないよう書きとめる」

七五調で書いて見たら、童謡の「うさぎとかめ」もほぼ七五調であると気がついた。

もしもしかめよ かめさんよ
せかいのうちで おまえほど
あゆみののろい ものはない
どうしてそんなにのろいのか 

以下4番まである。この曲に七五調で書かれたくだけた詩ならいろいろ当てはめて歌えるから楽しい。
ここで七五調の歌曲で調べてみたら「蛍の光」「荒城の月」「月の砂漠」「みかんの花咲く丘」「鉄道唱歌」「悲しい酒」「船頭小唄」などたくさんあるではありませんか。

Sisyuu_2

島崎藤村の
こころなきうたのしらべは     
ひとふさのぶだうのごとし
なさけあるてにもつまれて
あたゝかきさけとなるらむ

ぶだうだなふかくかゝれる
むらさきのそれにあらねど
こゝろあるひとのなさけに
かげにおくふさのみつよつ

そはうたのわかきゆゑなり
あぢはいもいろもあさくて
おほかたはかみてすつべき
うたゝねのゆめのそらごと

で始まる詩集『若菜集』もそう。
一方、『落葉集』の千曲川旅情の歌「小諸なる古城のほとり」は五七調であった。
短歌、俳句、都々逸も七五調でできていて、日本人に合ったリズムで遺伝子にも刻み込まれているらしい。
七五調はリズミカルでともすれば軽薄、五七調は重たい感じで沈んだ気持ちを表現するのに向いている。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

都市景観賞

Hei1 府中刑務所の塀にあったこのプレートは、府中市がもらった「都市景観賞 まちなみ部門」を表示しています。
10月4日が都市景観日で平成3年度創設の「都市景観100選」がいっぱいになって13年度から「都市景観大賞 美しいまちなみ賞」に改められた賞。府中刑務所の塀と歩道が平成16年度に入賞したらしい。

Hei2 Hei5

Hei3 Hei4

この刑務所の塀は総延長1.8kmあって高さは5.5mある。この塀の北側で今から約40年前の1968年に3億円事件が起こりました。遂に時効になった残念な事件です。
この塀と歩道が都市景観賞に入っていたとは最近まで知りませんでした。北西の角から両方向に少しペンキで絵が描かれています。中の暗さとは裏腹に明るいパステルカラーで、この辺りの画学生が描いたとか。
ケヤキの木の間にとんぼ、雪の結晶、独楽・羽子板、鯉のぼり、凧などが描かれていました。色は褪せ、ひびが入っているけれども人目を引きます。

塀に囲まれた刑務所の敷地は26万㎡で日本最大で約3,000名が受刑している。累犯受刑者で改善困難者や外国人が多いらしい。中の様子は映画で垣間見るのとかわりないのでしょうか。

Hei6tonnbo_1 Hei7yuki_1 Hei8komahagoita_1 Hei10koinobori_1 Hei9tako_1

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

ベジタリアン

友人のご主人が突然ベジタリアン(菜食主義者)になってしまって、おかず作りが大変になった。肉や魚を全然味わえないということに戸惑いを感じ、自分のたんぱく質のおかずを別に作るという手間が増えたからだ。
ベジタリアンにも様々な分類があるそうで完全菜食主義や卵や牛乳を食べていいなど定義も一様でないらしい。
何故ベジタリアンになるのかも宗教上とか健康とかいろいろあるようだ。
菜食主義だとイメージとして良質のたんぱく質不足、鉄不足で一生続けていたら良い体をつくれず、貧血など健康を害するのではないかと思ってしまう。事実、鉄分、亜鉛(不足で味覚機能低下、成育障害、皮膚炎を招く)、ビタミンB12が欠乏するそうである。サプリメントで補うらしい。

菜食主義者のすすめによると、たんぱく質はバナナの方が優れているなんて言う。1日にたんぱく質は人によって違うけれど55~85g必要だ。バナナ1本に1gくらいしか含まれていないのに納得がいかない。
また驚いたのは牛乳・乳製品が骨粗鬆の原因でこれを嫌う中国人にはこの病気がないと言う。理由は牛乳・乳製品には動物性たんぱく質を多く含んでいるからこれを摂ると骨からCaが失われるというのである。牛乳100mlにはたった3.3gしか含まれないというのに。これには笑ってしまった。こんなことがまかり通ったら教科書が泣いてしまう。

ベジタリアンは極端でなく栄養に気をつけていけば、それはそれでいいと思う。
殆どの日本人は魚食民族として動物性、特に魚に含まれているEPA,DHAを大切にしたいし、いろいろな食品をなるべく1日30品目摂取するようにしていきたい。そうできない日があっても気にすることもないけれど。

レオナルド・ダ・ヴィンチやトルストイはベジタリアンだったそうだ。他にダイアナ妃とか歌手のマドンナ、アグネス・チャン、オノ・ヨーコなど結構いるようである。

友人の一切れでも肉が入ってはいけないご主人との食卓で食べている姿を想像してちょっと気の毒になっている。

【お礼】

寝込んでから2ヵ月半が過ぎました。お蔭さまで昨日から外を歩いていいと、2週間後には電車にも乗っていいことになりました。
お気遣いいただきどうもありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

早速歩いてみると小川にはカラーがたくさん咲き、梅と思いきや桃の花が咲いていました。

Kara_1 Momo_1

ちょびママさんのちょびちゃんとはちょっと違う顔のワンちゃんと仲良くなり、お寺にはこの花がひっそりと咲いていました。名札に「アオイ」とありました。
生き返ったような気分です。

Sizu Aoi

| | コメント (24) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »