« 鳥が教えてくれた空 | トップページ | 都市景観賞 »

2007年3月 3日 (土)

ベジタリアン

友人のご主人が突然ベジタリアン(菜食主義者)になってしまって、おかず作りが大変になった。肉や魚を全然味わえないということに戸惑いを感じ、自分のたんぱく質のおかずを別に作るという手間が増えたからだ。
ベジタリアンにも様々な分類があるそうで完全菜食主義や卵や牛乳を食べていいなど定義も一様でないらしい。
何故ベジタリアンになるのかも宗教上とか健康とかいろいろあるようだ。
菜食主義だとイメージとして良質のたんぱく質不足、鉄不足で一生続けていたら良い体をつくれず、貧血など健康を害するのではないかと思ってしまう。事実、鉄分、亜鉛(不足で味覚機能低下、成育障害、皮膚炎を招く)、ビタミンB12が欠乏するそうである。サプリメントで補うらしい。

菜食主義者のすすめによると、たんぱく質はバナナの方が優れているなんて言う。1日にたんぱく質は人によって違うけれど55~85g必要だ。バナナ1本に1gくらいしか含まれていないのに納得がいかない。
また驚いたのは牛乳・乳製品が骨粗鬆の原因でこれを嫌う中国人にはこの病気がないと言う。理由は牛乳・乳製品には動物性たんぱく質を多く含んでいるからこれを摂ると骨からCaが失われるというのである。牛乳100mlにはたった3.3gしか含まれないというのに。これには笑ってしまった。こんなことがまかり通ったら教科書が泣いてしまう。

ベジタリアンは極端でなく栄養に気をつけていけば、それはそれでいいと思う。
殆どの日本人は魚食民族として動物性、特に魚に含まれているEPA,DHAを大切にしたいし、いろいろな食品をなるべく1日30品目摂取するようにしていきたい。そうできない日があっても気にすることもないけれど。

レオナルド・ダ・ヴィンチやトルストイはベジタリアンだったそうだ。他にダイアナ妃とか歌手のマドンナ、アグネス・チャン、オノ・ヨーコなど結構いるようである。

友人の一切れでも肉が入ってはいけないご主人との食卓で食べている姿を想像してちょっと気の毒になっている。

【お礼】

寝込んでから2ヵ月半が過ぎました。お蔭さまで昨日から外を歩いていいと、2週間後には電車にも乗っていいことになりました。
お気遣いいただきどうもありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

早速歩いてみると小川にはカラーがたくさん咲き、梅と思いきや桃の花が咲いていました。

Kara_1 Momo_1

ちょびママさんのちょびちゃんとはちょっと違う顔のワンちゃんと仲良くなり、お寺にはこの花がひっそりと咲いていました。名札に「アオイ」とありました。
生き返ったような気分です。

Sizu Aoi

|

« 鳥が教えてくれた空 | トップページ | 都市景観賞 »

コメント

ご本人がご自分のお考えでベジタリアンになるのはいいとして、それを全部奥さんに作らせるというのには、違和感を覚えます。(ご一緒に作っておられるかもしれませんが。。。)
病気で、減塩食というのとは違うんでしょうからね。

働いていた頃、周りに時々ベジタリアンの方がいました(←たいてい外国のかた)が、おおらかな感じでした。。。私が食事を作るわけではないので、そうか、、、と思うくらいでした。

ご回復とのこと、よかったですね。
私は、tonaさんの文章から、もうすっかりよくなっておられていると思っていました。ご不自由な思いをされていたのですね。グチグチとしたことも書かれずに、tonaさんはえらいですね~。。

投稿: otayori | 2007年3月 3日 (土) 20:22

ベジタリアンですか、食事のしたくも大変そうですね。
特に我が家などは、私達夫婦が煮物とか漬物くらいでも良いかな?って思うときでも息子がいたりすると、そこに肉類を一品とかって思ってしまいます。
また、それがないと食べるおかずがない!とかって文句タラタラなんですよ^^;
肉とか魚とかの食卓に慣れちゃってるんですね。
でも栄養的に足りない分をサプリってのも味気ないような…?

tonaさんの体調もすっかり良くなられたようで良かったですね^^
外の空気は美味しかったですか?
ちょびちゃん似のワンちゃんとも仲良しさんになれて良かったです^^

投稿: pochiko | 2007年3月 3日 (土) 21:42

tonaさん、おめでとうございます。
私もブログを拝見していて、愚痴が全くないので偉いなぁと感心していました。
私なら話題がなんにも無くてとうに消え去っていると思いますのに、ほんとうにいろんな事で楽しませてくださいました。

これから季節も良くなって、外歩きが楽しみですね。

食事作りに制約のあるのは困りますね。そのご主人は一体何があったんでしょうね。

うちの夫も春からようやく料理教室に行くことを納得してくれました。
気が変らぬうちに大急ぎで、エプロンとバンダナを2セット買ってきました。
月1回で1年の予定。

投稿: ねむウサギ | 2007年3月 3日 (土) 21:57

ご主人一人がベジタリアンだと、家族の食生活が難しいですよね。

順調に回復されて良かったですね。
おめでとうございます。

画像からtonaさんの喜びの気持ちが伝わってきます。

投稿: anikobe | 2007年3月 4日 (日) 00:09

おはようございます。

順調なご回復、よかったですね。
季節も良し、少しづつ足慣らしをしていって
ください。

「菜食主義」ですか・・・
毎日の食事の支度では「お野菜たっぷり」を心がけてはおりますが、お野菜だけでいいとは考えたことはありません。
食事に限らず何事にもバランスは大事、極端はいい結果にならないと思うのはあまりにも無難な考え方なのかしら?
「菜食主義」の背景にあるポリシーが判然としないのです。
健康のため?生命への畏敬?それともファッション?
全ての菜食主義の方が、とは申しませんが、なんだかどこかに破綻があるような気がしてしまいます。一種、自己満足の気配を感じてしまう私は、ひねくれ者でしょうか?

食事を共にするということは、大切なコミュニケーションをともにするということ。
「主義」であるからには、それを他者に強要することは間違いであるとも思います。

投稿: aosta | 2007年3月 4日 (日) 06:49

★otayoriさま

ベジタリアンは外国の方に多いようですね。インドでは60%、イギリスでは9%、日本ではどうなのでしょうか、わかりません。
インドでは宗教上、イギリスは太りすぎの健康面を考えてらしいですね。
私も家族がそうなったらいやですね。その本人に自分のは作ってもらいたいです。

どうやら堪えられたのも皆様のお蔭さまです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 08:21

★pochikoさま

息子さんのお蔭で良質のたんぱく質も摂れているのですね。感謝しなくては、でしょうか。
息子さんが結婚されたら気をつけてくださいね。
サプリメントで摂取するのは良くないそうですね。やっぱり食品から目的以外の栄養素も満遍なく摂るのがいいのですよね。

外の空気は本当に気持ちよかったです。
このワンちゃんに思わずちょびちゃんと言いそうになりました。
ありがとございました。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 08:29

tonaさん、おはようございます(^-^)
全快されたようで…\(^0^)/良かったですね~
これからお花がたくさん…良い季節になりますヽ('-'*)~♪

「アオイ」は「カンアオイ」のことですね~♪
珍しく不思議なお花ですね~見たことがありません…

私は「ベジタリアン」ではありませんが…お野菜大好き!
「サラダ」と「パン・飲み物」だけなんてお食事でもちっとも構わない人ですが…(^^;
家族の中に「お米」絶対!の人が…(^O^)
「栄養学」も一応学びましたが…多分、右から左へ…抜けていますね(^^;

投稿: orangepeko | 2007年3月 4日 (日) 08:35

★ねむウサギさま

ありがとうございます。
これも皆様のお蔭なんです。家族にも迷惑をかけたし。

出歩くのが好きなので、本当に長かったです。もう転ばないようにしなくては。自転車も余程のことがない限り乗りません。

友人のご主人はニュージーランドに行ってそこで知り合った外国人の影響のようです。
ひょんなことからなんですね。

わー、もう準備なさっているのですね。
エプロンとバンダナを2セットも用意されたんですか。これはもうご主人も後には引けないですね。
作られたら是非UPしてくださいね。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 08:41

★anikobeさま

お蔭さまで、そろそろ快気祝いをというところです。ありがとうございました。

朝、昼、晩と全部野菜ばかりというのは献立を考えるのも大変ですよね。
病人だったら仕方ないけれども、1週間も続かないでしょう。

外を歩くと何もかも新鮮で、今まで健康のために仕方なく歩かなくてはとは、今後もう考えないと思います。
それも適わない人がたくさんおられると思うとこれまた申し訳なく、ありがたく感じています。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 08:50

★aostaさま

お蔭さまでやっと歩けます。
ありがとうございました。

菜食主義を実践している人の詳しいことを、例えば寿命や健康とか、料理とか満足度とか知りたいのです。
健康のことを考えるのなら、完全に動物たんぱく質を絶つなんて、健康を考えるとは言えませんよね。
宗教はどうでしょうか。大乗仏教、ジャイナ教、ヒンドゥー教東方正教会などは制約が多いみたいです。
他に動物保護とかエコロジーを根拠にしているのもあるそうですね。
そうですね。皆とコミュニケーションをとって美味しくいただく食卓にベジタリアンは、偏食の激しい人と同様に100%楽しく同席は難しいですね。これだけは私も絶対に強要されたくありません。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 09:14

★orangepekoさま

おはようございます。
いろいろありがとうございました。
お蔭さまでちょっと禁を破って、近所に見に行ったりしましたが、本格的に歩くことが出来るようになりました。

アオイについては先だって4月に咲くミヤコアオイを教えていただきましたね。ありがとうございました。このカンアオイも見るほどに面白くなって暫く見とれていました。
植物のこと、うるさいようで申し訳ありませんがまた、ご教示くださいませ。

私も野菜大好き人間で大きな肉の塊や魚は半分も食べられないのです。
orangepekoさんも栄養学を学ばれたんですね。私は肝心なことまで忘れ去っています。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 09:27

tonaさん、お医者様のお許しが出たのですね。
おめでとうございます!!
長い安静生活、よく頑張られましたよね。春の訪れと共に
OKが出て、一度に張り切りすぎないでくださいよー(^^)

さてさて、突然のベジタリアン宣言。そのご主人はどういう心境の
変化があったのでしょうね。
日本人の長い腸には肉類はあまり向かないかもしれませんが、
いきなり一切摂らないというのもどうかと…
それに食事の支度が奥様任せだとしたら、それじゃお気の毒です。
あまり厳格にならず、たまには肉魚類が口に入ってもいいじゃない、
という程度のほうがいいと思いますけれどね。

投稿: ポージィ | 2007年3月 4日 (日) 15:01

2ヵ月半、じっと辛抱の日でしたね。
やっと外を歩けるようになって、健康であることのありがたさをかみしめておられる事と思います。
よかったですね。春です。無理にならないよう花の春を楽しんでください。

牛乳が骨粗鬆、意外です。結構飲んでいる我輩にはショック。でもあまり気にしないことにします。

どちらかと言えば昔から菜食主義。魚はよく食べるけど、肉と油脂類は出来るだけ少なめにしています。鶏肉大好き。好き嫌い一切なし。何でも数多く食べています。大丈夫でしょう。作るほうは大変だと思います。感謝!

投稿: 夢閑人 | 2007年3月 4日 (日) 16:01

★ポージィさま

いろいろありがとございました。
皆様のお蔭です。
しかしもうこりごりで暫くは結構ですという感じです。

友人のご主人何度かお会いしているのですが、健康のことなのでしょうと思います。少し体重が多いように見えましたから。
ベジタリアンの友人に外国で出会ったから即実行したのでしょう。
しかし意志が強くないと続きませんね。
本当に健康を考えるならポージィさんがおっしゃるような食生活を送った方がいいと思います。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 19:15

★夢閑人さま

奥様と支える夢閑人さんの大変さが本当によくわかりました。
いろいろ教えていただきありがとうございました。
ありがたいことに季節は春に移行していてルンルン気分です。

牛乳が骨粗鬆を起こすというのはめちゃめちゃな間違いです。私も1日1本検討でCa源として飲んでいます。
でもいろいろなお菓子があるのでおやつにいただき、朝はCa入りのパンとチーズで1日分が摂れますので牛乳を飲みたくない時は飲まなくて大丈夫になりました。
夢閑人さんは食生活だけでなくあらゆる面で健康的な生活を送っていらっしゃるので、とてもお元気ですね。
精神的にもバランスが取れていて強いし模範としています。

投稿: tona | 2007年3月 4日 (日) 19:25

お~、戒厳令が解けましたか。
よかった、よかった。

きっと今まで見えなかったものが、
見えてくるのでは。

才食主義者より

投稿: Stanesby | 2007年3月 4日 (日) 21:55

★Stanesbyさま

お蔭さまで戻ることができました。
より一層大切に生きていかなければと思っています。
食に才能ある方?、ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年3月 5日 (月) 08:07

tonaさんが安静生活されてたの忘れるほどでしたよ。
そうかぁ、2ヵ月半の辛抱でしたか。
長かったですね。
やっとですが先生のお許しがでて良かったです。
浦島太郎気分を味わってる?なぁんて言ったら大げさですが、外はすっかり春に様変わりしてたでしょう?

私の同級生に宗教上の理由とかで、徹底したベジタリアンの人がいます。
悪いけど、一緒に食事してて息が詰まりそうでした。
いちいち何が入ってる?と根掘り葉掘り聞き、折角キレイにもりつけてるのにひっくり返しまくり返して、作った人の気持ち台無しで気の毒になりました。

わっ、シーズーだ!
ちょびって声かけそうになりましたか?
ウフフ、同じ種類のワンちゃん見るとどうしても自分ちの子と比べる癖がついちゃって。。。(笑)

投稿: ちょびママ | 2007年3月 5日 (月) 12:12

しばらくご無沙汰しております。
最近、あまり力が入りません 年でしょうか?
ご病気も外出もできる状態で回復に向かっておられ良かったですね。
食を制限されておられる方は大変ですね。私もコレステロールが高く薬をすすめられていますが継続していません。テレビであれがいいと言っていますがバランスよく食材を変えています当時に比べ何を食べても美味しいです。
カラーはこの地区では見かけません。そちらでも桃が咲いてるのですね。今日白木蓮が白くなり明日にでも咲きそうです。このワンちゃんは愛嬌がありそうで可愛いですね。

投稿: T.O | 2007年3月 5日 (月) 14:35

★ちょびママさま

お蔭さまで、そう、浦島太郎気分です。
外は医者に行くときだけでしたから。
本当にありがとうございました。

シーズーに会うとちょびちゃんと言いそうになるんですね。
飼い主さんも言っていましたよ。
この犬はおとなしくて、吠えないし、可愛いですよ~と。私の足にからみついたり、舐めてくれたりしました。

私、ベジタリアンの人と食事したことがないのですが、ちょびママさんにはお友達にいて、一緒の食事と言う貴重な体験があるのですね。
こんなだと全然楽しくないですね。

投稿: tona | 2007年3月 5日 (月) 17:23

★T.Oさま

お蔭さまで回復いたしました。
どうもありがとうございました。
私も家に引きこもって以来、気分的にすっかり萎えてしまいました。
いまいち元気が出ません。
マイペースで思うようにいきたいとは思うのですが・・・

T.Oさんのワンちゃんコレクション可愛いですね。表情を良く捉えていらしゃいます。
雪柳や白木蓮咲き始めましたね。
春本番の頃は枯れてしまうのでしょうか。

私はコレステロールと中性脂肪で困っています。T.Oさんのようにあんなに歩いても減らないのでしょうか。
まあ、食事が美味しいことが1番ですね。

投稿: tona | 2007年3月 5日 (月) 17:32

●人間は雑食動物
皆さんのコメントを拝見して、aostaさんに一票(笑)
確かに猿の一種である我々は「肉食」動物ではありません(祖先は木の実や果物を食べていた?)が、
『知能が発達し地上生活をするようになって、大量のエネルギーが必要になり、手っ取り早く摂取するため「肉食」もするようになった』
と考えるのが自然でしょう。
氷河時代には、食糧不足を補う意味もあったかも…

「生命への畏敬」なんていいぐさは眉唾もいいところ。
もし、ダイコンを引っこ抜いたり、キャベツを切ったとき、彼らが「痛い~!」って言ったら「食べるのをやめるのか?」と訊きたい。
植物ならOKで、動物(肉食のための)はノーなんて欺瞞です。
何のための「いただきます」なのでしょう。

最後になりましたが「外出許可」(笑)が出たそうで、おめでとうございます。
まぁ「完全復帰」まではもう少し時間がかかりそうですが、慌てず焦らず…と念じております。

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2007年3月 6日 (火) 02:29

★讃岐の団塊オヤジさま

最後が肝心といいますので気をつけたいと思います。
どうもありがとうございました。

大雑把に健康、宗教、動物保護、エコロジーなどが菜食主義の思想の根本をなしているようですね。
宗教だけはどうにも考え方を変えられないもので論外です。
オヤジさんが述べてくださったのが後者2つに関わることだと思われますが、全くその通りだと思います。
極端なのは菜食の野菜さえ、切られても生えてくる枝葉や根はいいけれどもそれ以外は食べてはダメと、食べるためにも生きているような部分のある私にはもう考えられない厳しいものです。
何故植物ならいいのか、オヤジさんが欺瞞と言われている通りです。
クジラの話とかグリーンピースの方へ心が行ったりもしました。
いろいろな考え方があるわけですが、極端や平衡を欠いているのは受け入れられませんね。

投稿: tona | 2007年3月 6日 (火) 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14116663

この記事へのトラックバック一覧です: ベジタリアン:

» メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)に効く薬 【メタボリックシンドロームの恐怖】 [メタボリックシンドロームの恐怖@内蔵脂肪型肥満の危機から逃れたい男の指南書]
メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)のための薬というのは今のところ残念ながらありません。一部肥満を抑制するための薬や、血圧を下げる薬など等はありますが・・メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)予防や治療のための画期的な、それこそ薬局でもだれでも買えるような薬が出来れば、死亡につながるよな病気がすごく減るとは思うのですが ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 23:06

« 鳥が教えてくれた空 | トップページ | 都市景観賞 »