« ベジタリアン | トップページ | 七五調の調べ »

2007年3月 6日 (火)

都市景観賞

Hei1 府中刑務所の塀にあったこのプレートは、府中市がもらった「都市景観賞 まちなみ部門」を表示しています。
10月4日が都市景観日で平成3年度創設の「都市景観100選」がいっぱいになって13年度から「都市景観大賞 美しいまちなみ賞」に改められた賞。府中刑務所の塀と歩道が平成16年度に入賞したらしい。

Hei2 Hei5

Hei3 Hei4

この刑務所の塀は総延長1.8kmあって高さは5.5mある。この塀の北側で今から約40年前の1968年に3億円事件が起こりました。遂に時効になった残念な事件です。
この塀と歩道が都市景観賞に入っていたとは最近まで知りませんでした。北西の角から両方向に少しペンキで絵が描かれています。中の暗さとは裏腹に明るいパステルカラーで、この辺りの画学生が描いたとか。
ケヤキの木の間にとんぼ、雪の結晶、独楽・羽子板、鯉のぼり、凧などが描かれていました。色は褪せ、ひびが入っているけれども人目を引きます。

塀に囲まれた刑務所の敷地は26万㎡で日本最大で約3,000名が受刑している。累犯受刑者で改善困難者や外国人が多いらしい。中の様子は映画で垣間見るのとかわりないのでしょうか。

Hei6tonnbo_1 Hei7yuki_1 Hei8komahagoita_1 Hei10koinobori_1 Hei9tako_1

|

« ベジタリアン | トップページ | 七五調の調べ »

コメント

府中刑務所の塀の横の府中街道は昔よく通りました。ああここが3億円事件のあった場所だといつも思って通りました。
あの高い塀、塀の中の面々、知る由もありません。

刑務所と言えば暗いイメージ、それを和らげるためにも壁画はよかったと思います。
いつかTVでやっていました。横浜の桜木町だったですかね、東横線のガード下の歩道の壁画のこ。暗いイメージのガード下の歩道が
ぱっと明るいアートの場所になる。
絵は人を和ませる。すばらしいことだと思います。

投稿: 夢閑人 | 2007年3月 6日 (火) 17:07

★夢閑人さま

コメントありがとうございました。
府中街道よく通られたのですね。
家から歩いて10分くらいで塀に着きます。
塀の中の人たち、何を考え何をしているかをいつも此処に来ると思います。

私もTVで桜木町の壁画を観ました。
暗いところが明るい感じに変わっていましたね。
絵ならいいのにいたずら書きはいただけませんね。スイスのケルンのいたずら書きの多さにイメージが崩れて残念な思いをしました。

投稿: tona | 2007年3月 6日 (火) 20:22

同じ空が見えるのに、塀で区切られた世界。。。
中の者は外を想い、外の者は中の者を思いやる。
同じ塀だけど、内と外じゃ見え方が全然違うんでしょうね。
圧迫感のある高い塀が続く道。。。この壁画はホッとしますね。
季節感のある優しい色合いの絵なのが、場所が場所だけに切ないほどいいですね。

投稿: ちょびママ | 2007年3月 7日 (水) 14:56

★ちょびママさま

コメントありがとうございました。
そうでした。
中からも塀を見ているんですね。
高い高い塀を。どんな思いで。
とある中にいる人のブログを見ることができました。
予想したどおりと言うか、悪いことをしたのだから仕方ないとはいえ、随分乱暴に扱われているようですね。
この塀の中の人は小管刑務所と違って再犯者が多いみたいです。
刑務所の塀とまちなみ賞が最初なかなか結びつきませんでした。

投稿: tona | 2007年3月 7日 (水) 16:12

塀に描かれた絵、とても良いですね。
安らぎを感じます。
これを描いた人は、きっと優しい心をもって描いたことでしょう。

そんな絵を中の人は見ることがないのでしょうね。
届けたいメッセージは、外に留まったままで、外の人に安らぎをもたらしているのは、切ないような気がします。

tonaさん、カメラを持って元気におなりの様子本当に良かったと、再び思っています。

投稿: anikobe | 2007年3月 7日 (水) 18:17

絵があることで、和みますね。

投稿: Stanesby | 2007年3月 7日 (水) 22:28

この刑務所の塀を見て、ある曲を思い出しました。
若気の過ちで塀の中で生活を余儀なくされた若者の話です。
外で待つ恋人は親の反対を押し切ってでもその若者を待つって話で、若者の後悔の念が切々と歌われています。
罪を憎んで人を憎まずって言葉がありますけど、あの塀の中にはいろんな事情で塀の中での生活をさせられてる人がいるんでしょうね。
塀のアートとは関連のないコメントになってしまいました…すみません。

投稿: pochiko | 2007年3月 7日 (水) 23:56

★anikobeさま

コメントありがとうございました。
本当に癒し系の壁画で絵柄がまた具象ですからいいですね。
中にはこんな安らぎの一片もないでしょうし、入所するときも出所するときも出入り口はこの中間にありますが、果たして見ることはないかもしれません。
おっしゃるように外の人だけのものですね。

お蔭さまで毎日の外歩きが嬉しいです。

投稿: tona | 2007年3月 8日 (木) 08:10

★Stanesbyさま

コメントありがとうございました。
ここは刑務所だと心を固くして通るものですが、そんなのをふと安らげてくれますね。
中の人への思いも交錯するけれども。
関東医療少年院がこの近くにあるのですが、こちらは塀の他に高い木がカモフラージュしていて緑の見えない刑務所とは対照的です。

投稿: tona | 2007年3月 8日 (木) 08:22

★pochikoさま

コメントありがとうございました。
罪を犯す人は本当にいろいろでしょうね。
映画でもたくさん観ましたが、様々な物語がありますね。
pochikoさんがご存知の歌にあるような人や懺悔禄風な日記を書いている人や、歌を詠んでいる人やキリスト教に帰依する人の話に心打たれます。
不幸な家庭の事情などで転落していく人からジャンバルジャンの話まで思い出しました。

投稿: tona | 2007年3月 8日 (木) 08:31

3億円事件を思い出させる塀ですね。それにつけても、当時としては大変な事件でした。
府中刑務所の塀と歩道が16年度の都市景観賞ですか?そんな賞があるのすら知りませんでした。どんな賞なのか、インターネットで調べてみました。あちこちの都市でそれぞれ景観賞を出しているのですね。tonaさんのブログではいろいろ教えられることが多いです。有難うございました。

投稿: 茂彦 | 2007年3月 8日 (木) 11:45

★茂彦さま

コメントありがとうございました。
今は3億円なんてもうざらになってしまいましたが、40年前はショックで何時までも覚えているくらいです。
奪った人はどんな生活を今しているのでしょうか。
茂彦さん、私も今までこの賞を知らなかったのです。随分以前からあったのですね。
あの田園調布とか国立の大学通りとか東京にもちらほらあるのですね。
横浜とかのまちなみが写真に載っていましたが、イギリスの家並みみたいで、住んでいる人はいいなあなんて思いました。

投稿: tona | 2007年3月 8日 (木) 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14158308

この記事へのトラックバック一覧です: 都市景観賞:

« ベジタリアン | トップページ | 七五調の調べ »