« ポピー摘み | トップページ | 本『漂流』 »

2007年3月30日 (金)

Origamisakura 桜が待たれた日々、お盆に折り紙の桜を散らして遊んでいた。

やっと満開、枝垂桜を見に水戸黄門様(光圀)に関係ある小石川後楽園へ1昨日行った。
東京ドームのお隣で、ビルに囲まれている。
この庭園は徳川家康の十一男、「御三家」の1つ、水戸徳川家の藩祖、徳川頼房によって作られ、二代光圀によって完成した回遊式築山泉水庭園になっている。
光圀は造成に当たり明の遺臣朱舜水(清の時代になってしまって日本に亡命)の意見を用い、円月橋や西湖堤など中国の風物を取り入れ、園名もこの人の命名だ。
後楽園の名は、中国の范仲淹(はんちゅうえん)「岳陽楼記」の「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から名づけられた。

枝垂桜は樹齢は推定60年だそうでなかなか見事な枝ぶりだ。

Sidare

2houraisima 3edohigan

       蓬莱島            ピンクがエドヒガンザクラ 

4kiransou 5syaga

      キランソウ              シャガの群生

今日、井の頭公園のソメイヨシノが満開になった。

Inokasirakouen1 Inokasirakouen2_1

Inokasirakouen3 Inokasirakouen4

|

« ポピー摘み | トップページ | 本『漂流』 »

コメント

小石川後楽園の桜はいいですね。とても綺麗。
私も来週に行けたら行ってみたいと思っていますが。

井の頭公園は遠くなりました。
昔はよく行っていたので、とても懐かしく拝見しています。

投稿: ねむウサギ | 2007年3月30日 (金) 22:09

折り紙の桜、とても可愛らしいです♪

すっかり桜の花も満開になって、あの枝垂桜は樹齢60年ですか。
我が福島県のも三春の滝桜が有名で、実際に見に行った事はないんですけど、tonaさんがUPされた桜の木と似てるような気がします。
井の頭公園もとても素晴らしい景色の公園ですね。

投稿: pochiko | 2007年3月30日 (金) 22:16

★ねむウサギさま

今年はテレビの天気予報の時間にまでこの庭園の桜を紹介していましたね。
ねむウサギさん、なるべく早くいらっしゃった方がいいですよ。
もしかして昨日の風で散り始めたのではないかと思うのです。ソメイヨシノなど数本ありますから楽しめますが。

井の頭公園の桜もますます池に枝が伸びてきたように思われます。橋からの眺めが1番ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年3月31日 (土) 08:50

★pochikoさま

ありがとうございました。
ソメイヨシノの寿命は60年っていっていましたが、枝垂桜は大丈夫なのでしょうか。
三春の滝桜はもっと大きく立派ですね。
今年見に行きたいと思っているのですが、何時咲くのか見当がつきかねて、きっともう満員でバスはないでしょうね。

井の頭公園、この写真ほどは広くないのです。

投稿: tona | 2007年3月31日 (土) 09:00

ああ、井の頭に行きたくなりました。辛い思い出もあるけれど。

投稿: saheizi-inokori | 2007年3月31日 (土) 11:42

★saheizi-inokoriさま

井の頭公園付近は全然変わっていないですよ。
辛い思い出とはあのことですね。
桜の花を見せてあげたいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年3月31日 (土) 12:51

tonaさん、こんな素適な特技をお持ちだったのですね。
折り紙の桜、蕾や2色のまであって素適!可愛いです(^^)

公園の桜たち、見事に咲いていますね。みなもに映る
淡い花色も素適です。
枝垂れ桜のまたすてきなこと。桜の枝垂れは枝が繊細で
梅や桃以上にたおやかな雰囲気を持っていると感じてます。

私も今日は近所の川沿いの桜を見に行ってきましたが、
あいにくの曇天。やはり青空の下での方が綺麗ですね。

投稿: ポージィ | 2007年3月31日 (土) 17:55

★ポージィさま

いつもありがとうございます。
折り紙はきちんとあったことが無く、とてもへたです。

写真でみるとまた奥行きがあったりで素敵に見えるものですね。
それに桜の下の酔っ払いさんが見えないのがいいです。
枝垂れについては昨年教えていただきましたね。またあやふやになってしまいました。

今日いらっしゃったのですね。
曇天で残念でしたね。でも満開だときれいでしたでしょう。

投稿: tona | 2007年3月31日 (土) 19:03

お盆の折り紙の桜、とても素敵です。
この桜を見ながら、私なら一杯やれますよ(笑)
こんな遊びをされるtonaさんの余裕みたいな優美さ、見習いたいです。
世は、桜の話題でもちきりですね。
どうしてこんなに心惹かれるんでしょう。
春になると、桜を見ておかないと落ち着かない。
これって日本人だけなんでしょうか?

投稿: ちょびママ | 2007年4月 1日 (日) 12:56

★ちょびママさま

どうもありがとうございます。
お酒を上手に飲まれるのですね。
羨ましいちょびママさんです。

今日は一体どのくらいの人が桜見物に出かけたのでしょうね。
私も近所に出かけましたが、たくさんの老若男女が桜の木の下で食事を楽しんでいました。
桜を愛でるのは、お正月を盛大に休んで祝うのと同じく日本人だけだと思います。
こんな感性を持っていることを誇りに思っていいですね。

投稿: tona | 2007年4月 1日 (日) 16:36

お盆に桜の折り紙、優雅な手慰みをされるtonaさんのお人柄が偲ばれました。
小石川後楽園の枝垂桜や庭園の春の花たちも、それぞれの美しさで登場してくれていますね。
やっぱり春はこれだから良いのだと思わずに入られません。
井の頭公園のソメイヨシノの見事なこと。
素晴らしい桜を拝見できました。

投稿: anikobe | 2007年4月 1日 (日) 22:27

★anikobeさま

おはようございます。
春はなんと言っても桜、桜以前の春と桜後の春をこの頃分けたりして楽しんだりもしています。
井の頭公園の桜は隅田川堤とあと2ヶ所、東京として全国の桜百選に入っています。

でもなんと言っても吉野、真っ盛りのときに行きたいものです。
京都の平安神宮の枝垂れも感動したお覚えがあります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月 2日 (月) 08:15

折り紙の桜というのは初めてですが、見事なものですね。
小石川後楽園の桜というのは、なかなか素晴らしい枝ぶりで、歴史を感じます。tonaさんの解説、勉強になりました。最近は都心まで桜を見に出かけることがなく、桜見物は近間ですませています。しかし、都内の桜は格別かもしれないと思ってしまいました。

投稿: 茂彦 | 2007年4月 2日 (月) 17:24

★茂彦さま

ありがとうございました。
私、学生時代に一度行っているのですが、枝垂れ桜は当時20年にもなってなかったのですね。私が年を重ねている間にこんなに大きく立派になったかと思うと改めてじっくり観てしまいました。
都心にあるだけあって、廻っていくと新宿御苑のようにビルが見え隠れするんです。
だから茂彦さんが仰るように特別な感じが持てるのかもしれませんね。

投稿: tona | 2007年4月 2日 (月) 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14460621

この記事へのトラックバック一覧です: :

» ターバン野口の作り方 [ターバン野口]
ターバン野口パーフェクトガイドへようこそ。ターバン野口の折り方を動画画像で説明し、その魅惑の世界をお届けいたします。 [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 22:08

« ポピー摘み | トップページ | 本『漂流』 »