« 向井千秋さんの講演 | トップページ | ヤドリギ »

2007年4月 7日 (土)

高尾での植物観察会

山路来て なにやらゆかし すみれ草 
     芭蕉(1685年42才、大津・小関跡)

山路に咲いている可憐なすみれ、春の到来を喜んでいるかのようだ。

1marubasumire

                 マルバスミレ

2nagabanosumiresaisin_1 3takaosumire

   ナガバノスミレサイシン           タカオスミレ

4tatitubosumire 5eizannsumire

      タチツボスミレ            エイザンスミレ

今月から植物観察会に入会して、高尾山の裏に行ってきた。
4月上旬に山にはこんなにたくさんの花が咲いていた。
画像でみて憧れてはいたが、実際に目にして感動の連続であった。
丁寧に教えていただけてとても満足の1日であった。

ヒキガエルの卵は気持ち悪いので見ない方がいいです。

6nirinnsounogunraku 7hananekonome

    ニリンソウの群落             ハナネコノメ

8yamarurisou 9mimigatatennansyou

      ヤマルリソウ           ミミガタテンナンショウ

10yabuhebiitigo 11turukanokosou

ヤブヘビイチゴ(顎片が花より出る)      ツルカノコソウ

12miyamakeman 13miyamaenreisou

      ミヤマキケマン           ミヤマエンレイソウ

14houtyakusoutubomi 15rasyoumonkadura

     ホウチャクソウ蕾         ラショウモンカズラ蕾

16hutabaaoi 17nobuki

      フタバアオイ                ノブキ

18aburatyan 19hikigaerunotamago

       アブラチャン            ヒキガエルの卵

20mameduta_1 21hitorisizuka

        マメヅタ             ヒトリシズカ

|

« 向井千秋さんの講演 | トップページ | ヤドリギ »

コメント

tonaさんすごい!ついに植物観察会というのにご入会ですか。
野山を歩き回られて大丈夫なのかしら?とちょっと心配を
してしまいましたが、いらぬおせっかいなのかも…。

今回行かれたのは高尾山の裏ですか。
小さくても魅力的な花をたっくさんご覧になれましたね。
私は画像でしか、あるいは画像ですら見たことのないものばかりです。
みんな生で間近でご覧になれたのですねぇ…(溜息~)
色々見せていただけて楽しかったです、ありがとうございます。
ご忠告にもかかわらず、ヒキガエルの卵もしっかり見ました(^^)

投稿: ポージィ | 2007年4月 7日 (土) 12:05

沢山の野草を見ていて、無性にいとしくなりました。ちゃんと季節を感じて芽吹くのですね。
どれも瑞々しくて可愛いです。名前が分かると見方もぐんと変って来るだろうなと思います。

私も蛙の卵、しっかり見ました。この中に命が息づいているなんて神秘的です。

投稿: ねむウサギ | 2007年4月 7日 (土) 15:18

★ポージィさま

早速にヒキガエルの卵まで見ていただいてありがとうございました。
学友に先生級の詳しい人がいて、その人が所属する会に入れてもらえました。
皆さん、10年、20年選手で0年の私はただただ驚いています。
山のお花は小さく魅力的ですね。
ポージィさんなら1度でしっかり頭に入ると思いますよ。


ご心配いただきましたが、歩き回っても腰も痛くならずほっとしております。

投稿: tona | 2007年4月 7日 (土) 16:19

★ねむウサギさま

ねむウサギさんも卵をご覧になったのですね。ありがとうございました。
これが全部孵ったらヒキガエルだらけになってしまいそうです。川沿いに道が続いていますから、親は川の近くのどこかにいるのかしら。
この季節に咲く可愛らしい花を知ることができました。
やはり高尾は植物や鳥の宝庫なのですね。

投稿: tona | 2007年4月 7日 (土) 16:26

tonaさん、こんにちは(^-^)
これを待っていたのですヽ('-'*)~♪お疲れさまでした~♪
やっぱり「スミレ」は多いようですね…もっとたくさんの種類があると思いますよ…

良いですね~羨ましい(ノ_・、)シクシク行きたいよ~(^O^)

見ているだけでも幸せな気分ですから~♪tonaさんの感動が手に取るように解りますヽ('-'*)~♪

愉しみが増えましたね…良かったです…今度は教えていただかなくては…ネ!(^-^)

投稿: orangepeko | 2007年4月 7日 (土) 18:17

★orangepekoさま

まあ、待っていてくださったのですか。
いつも覚えてくださっていて本当にありがとうございます。
スミレ、さっぱりわからなかったのですが、今回5種類見分けがつくようになりました。
でも実物見ても、もう忘れているかもしれません。

orangepekoさんがお近くなら、簡単に行かれるところなので、ご一緒して再度歩いてみたいです。そうすれば私も、もっとよく観察できます。
すごく遠くて残念です。
私が教えるなんてとんでもないです。

投稿: tona | 2007年4月 7日 (土) 20:08

寒くなかったですか?
随分活発に歩かれて素晴らしい!
小さな草花は見飽きないですね。小さいところをみようとするからかえっていろんなところに気がつくのかもしれないです。

投稿: saheizi-inokori | 2007年4月 7日 (土) 23:21

★saheizi-inokoriさま

ありがとうございます。
お蔭さまで、寒くも無く、元気に歩くことが出来ました。
もっともっと体力をつけなくてはと思っています。
山には小さな花が多いですね。おっしゃるように小さなのをじっと凝らして見ていくと、次々いろいろあることに気づきました。
わがカメラでは1cm以下の花になると撮れないのが残念です。

投稿: tona | 2007年4月 8日 (日) 08:47

tanaさん、凄いですね。
観察した山野草を、こんなに丁寧に花と名前の記録をされるのに全く敬服です。

その時は、カメラに収め、メモしてきても、PCに入れて、さ~~てとなると、これがなかなか一致しないで図鑑首っ引きの私です。

何もかも、大雑把な自分を反省する事ばかりです。

投稿: anikobe | 2007年4月 8日 (日) 17:59

★anikobeさま

ありがとうございます。
anikobeさんも談山神社でたくさんの野草を撮っていらっしゃいましたね。
ツルカノコソウやヤマルリソウが大きくきれいに撮れていますね。ネコノメやヒメウズは見られなかったので、anikobeさんの画像を頭に入れました。

私は今回初めてのが多くて、ノートに写したのを何度も書いていきました。つまり同じのを角度を変えて何枚もです。皆さんのあとを走るように最後尾から追いかけました。

投稿: tona | 2007年4月 8日 (日) 19:25

植物観察会に入会ですか。
野山散策は目にも足にも精神衛生上にもいいでしょね。
こちらの山でもおなじみのモノがたくさんあって嬉しくなっちゃいました。
私、グロいのもオッケーなのでヒキガエルの卵も食い入るように見ました(笑)
私も山に行きたくなりましたよ~

投稿: ちょびママ | 2007年4月 8日 (日) 23:39

ひとりしずか・・・・・ああなんて可憐な花でしょう。でもこちらは群生していますね。(笑)

八ヶ岳山麓も実はスミレが豊富なことで知られているようです。我が家の庭にも、沢山の自生スミレが咲いています。

投稿: Stanesby | 2007年4月 9日 (月) 07:34

★ちょびママさま

おはようございます。
ありがとうございます。
入会できてラッキーでした。
来月なんか、コーラスよりこちら優先です。
いつもちょびママさんのお花知らないものが多かったのですが、これからもしかして少しわかるようになるかもしれません。
そしたら嬉しいなあ。
グロイものオッケーなんて、何て頼もしい方でしょう。ご一緒ならすぐ後ろにまとわり付いてしまいそうです。

投稿: tona | 2007年4月 9日 (月) 08:09

★Stanesbyさま

おはようございます。
ありがとうございます。
こちらは電車に30分、バス13分でやっとお目にかかるのに、Stanesbyさんは何とご自宅の庭に自生スミレですか。
そしてちょっとその辺にヒトリシズカの群生とは!
これから秋まで冬と違った自然満喫ですね。
今年も山便りを愉しみにしています。

投稿: tona | 2007年4月 9日 (月) 08:14

むかし、八ヶ岳山麓のこの辺りではスミレの宝庫といわれるほど沢山のスミレが自生し、この地方だけに見られる貴重なスミレも数多く見られたようです。

でも、ここ十何年か、山林や原野の乱開発が進み、その多くは失われ絶えてしまったと聞きました。

私の散歩道である、自宅近くの雑木林の中にもヒトリシズカや舞鶴草の群落があります。それさえも、いつまで楽しむことが出来るか・・・

八ヶ岳環状道路沿いは5月ともなれば、目が覚めるようなカラマツの芽吹きで一面が緑色に染まるのですが、そのカラマツを伐採して、こともあろうに桜が植えるという、考えられない計画が進んでいます。

投稿: aosta | 2007年4月 9日 (月) 10:09

高尾あたりはまだ自然が豊富なんですね。
何時までも残したい自然です。

山に咲くスミレ、種類が多くて覚えられません。解るのはマルバスミレ、タチツボスミレくらい。でも葉はなんとなく似ている。花が違うから解るけど…

図鑑を持っていかなければ、いきなりではとても解りそうにありません。。
My pictureに名前をつけて保存さしていただきました。ありがとうございました。

いくらメモしても後で写真と名前がどれなのか?となる。撮ったとき同時にメモできるカメラはないものでしょうかね。あったら便利と思います。カメラのプレビューに付属の小さなキーボードで書き込めるとか…

投稿: 夢閑人 | 2007年4月 9日 (月) 13:52

★aostaさま

ありがとうございます。
八ヶ岳の自生のスミレは見事でしょうね。
スミレだけで一冊の本があるのですね。

そちらも乱開発が進んでいるのですか。
実に悲しいことですね。
まあ、カラマツを伐採して桜にですか。
もう開いた口がふさがらない思いです。

高尾も圏央道を通すのでもめています。
こんなに貴重な動植物が失われるなんて残念で仕方ありません。

ヒトリシズカや、舞鶴草の群落まであるのですか。ずっとそっと咲かせてあげたいですね。
金儲けのためなら手段を選ばない人々には困ったものです。

投稿: tona | 2007年4月 9日 (月) 17:31

★夢閑人さま

ありがとうございます。
高尾山の裏側に行ったのは初めてです。
普通に1人で歩いていたなら、全然気が付かない豊かな自然があるのですね。

夢閑人さん、スミレ2つはご存知だったのですね。私は自宅のスミレさえ名前がわかりません。
でも今回区別を教えてもらって何となくわかりました。

ちゃんと保存されて、いくらかお役に立てれば嬉しいです。
夫は撮った写真に、カメラに音声を吹き込んでいますがあとで聞いてみると音声が不明瞭で笑ってしまうことがあります。
ホント、同時にメモできるカメラが開発されたらいいですね。

投稿: tona | 2007年4月 9日 (月) 17:39

tonaさん こんばんは。
スミレにこんなに種類があったとは思いませんでした。
あぜ道で自然に生えてるスミレを見つけました。
あとでカメラから取り込んでどんなスミレだか調べてみますね^^
たくさんの見た事もない植物を見られて良かった♪
あのラショウモンカズラ蕾はヒメオドリコソウかと思ったんですけど別物だったんですね?

投稿: pochiko | 2007年4月 9日 (月) 20:50

★pochikoさま

おはようございます。
ありがとうございました。
そちらにもたくさんスミレが咲いていることでしょう。
春のシンボルといってもいいような。
凄くたくさん種類があるようですね。
わかったらいいですね。
私は庭に咲いているのもまだわからないでいるうち萎んでしまいました。
ラショウモンカズラは蕾と違ってブルーの花なんです。咲いたところが見たかったけれど、もう一度行くわけにはいかなくて残念です。

投稿: tona | 2007年4月10日 (火) 07:01

始めてお邪魔させていただきました。
高尾山の植物観察会に入会されているなんて素晴らしいですね。
可憐なスミレはじめ、数多くの植物、花に見惚れてしまいました。
老春、皮膚弱く高校時代「山」作業で「漆」に負けて以来、山は大の苦手になりました。
だからこそtona様が羨ましいです。
「ヒキガエルの卵」始めて見ました。
これからも、よろしくお願い致します。ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2007年4月10日 (火) 14:34

植物観察会、いいですねえ。。
私もできれば食べられる野草の会とかに入ってみたいです(あればですね)。

なんでも、名を知ると、愛着が増しますよね。
高尾山、文字でよく見ます。東京の人には身近な山なのでしょうね。

私は田舎に住んでいますが、山に登ることもなく、、、。
自然の気をいっぱい感じられたことでしょうね。

投稿: otayori | 2007年4月10日 (火) 14:40

★老春さま

おいでいただきありがとうございました。
高校時代に漆にかぶれてしまった由、大変なことでしたね。聞いてはいますが、暫くは苦しい思いをなさったのでしょうね。

山のお花は1昨年の志賀高原以来で、その辺にないので、一期一会的でカメラに収めて眺めることになります。

ヒキガエルの卵、私も初めてで教えてもらって、びっくりした次第です。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

投稿: tona | 2007年4月10日 (火) 20:08

★otayoriさま

ありがとうございます。
お忙しかったそうですが、1段落着きましたか。
食べられる野草の会、いいですね。鎌倉にはあるようなのですが、この辺りでは見つけきれませんでした。

高尾山、東京の西にあって動植物の宝庫で自然を勉強するのに格好の場所として、こちらでは1番の人気スポットです。
また足腰を鍛えるのにもいい山で、今年になってから友人は7回も登っています。76歳なのに足腰丈夫、背中も曲がっていなくて、病気しなくて元気な人です。
私も少し見習おうと思っています。

投稿: tona | 2007年4月10日 (火) 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14587974

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾での植物観察会:

» 今が旬!!ペチュニア [季節の花日記]
元ホームセンター植物担当が教えるオススメの花です。 今出回っている花で人気なのが、ペチュニアです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 16:45

« 向井千秋さんの講演 | トップページ | ヤドリギ »