« 本『漂流』 | トップページ | 高尾での植物観察会 »

2007年4月 4日 (水)

向井千秋さんの講演

Puroguramu ここ国分寺はロケット発祥の地である。現在の早稲田実業のある場所で、糸川秀夫氏等によってペンシルロケットの実験が初めて行われた。
そんなからみもあって、日本人初の女性宇宙飛行士の向井千秋さんの講演会が開催された。
向井さんはみるからに元気溌剌、それにとてつもなくスケールの大きな方である。
それに次世代を担う子どもたちへの語りかけや丁寧に質問に答える姿には、子供たちへの愛情が溢れている。

子どもの頃はやさしきガキ大将で野球ならキャプテンかピッチャーで遊びまわっていた。そんな向井さんが弟さんの足が不自由なことから、医者になる決心をして10年で医者に、宇宙飛行士になる夢を抱いてから10年で、様々な苦節を乗り越えて夢が実現した。
向井さんは宇宙飛行士の仲間達からmanlyと呼ばれていた。飛行機からのパラシュート降下訓練のとき、毛利さんや土井さんは一瞬ためらったが、向井さんは全然そんなことがなかったそうである、ということなどのエピソードがJAXA宇宙教育センター長から紹介された。

If you can dream it,you can do it.
 夢に向かってもう一歩!  が向井さんのモットーだ。

それに子供たちには宇宙飛行士になりたかったら、次の4つを目標に励みなさいと。
・好きな専門を持つ
・体力を鍛える
・コミュニケーションをとるため、英語、ロシア語(ロシアのソユーズもアメリカと並ぶから)を勉強せよ
・チームワークを取れる人になれ

向井さんを見ているだけでこちらまで元気になってしまうから不思議だ。

昨日の新宿御苑は雨で、ソメイヨシノは大分散ってしまっていた。入れ替わりにイチヨウという種類の八重の桜が咲き始めていた。ソメイヨシノについで2番目に多く、180本近くある。薄いピンクの綺麗な桜である。

Sinnzyukugyoenn Itiyou

|

« 本『漂流』 | トップページ | 高尾での植物観察会 »

コメント

向井さんは爽やかで私も好きです。そして彼女のご主人も大好きです。お二人とも会ったことないですけど。

お話が聞けてよかったですね。

新宿御苑にもいらしたんですか。今日は帰りに千鳥が淵に行こうと、九段下で下りたら外が真っ暗。
ほどなくして雨が降ってきたので昭和館で雨宿りしたけど、諦めて帰ってきました。

それからブログのことですが、家の近所の方々に見られているので本音が書けません。だんだん疲れてきたので思案中です。

本当はお気に入りブログの欄も作りたいのですが、そうすると何処にも本音が書けなくなるので、あえて作らずに来ました。

投稿: ねむウサギ | 2007年4月 4日 (水) 21:20

ほんとに、お話が聞けてよかったですね。
意地の悪さとかを全く感じさせない、地球人という感じの方ですよね。

夢に向かって、もう一歩!いい言葉ですね。
頭の中で、あれやこれや妄想ばかりせずに、一歩動きたいなあと思います。

投稿: otayori | 2007年4月 4日 (水) 21:39

向井さんって人柄にも生き方にも澱みがなくってカッコイイですよね。
男前な女性だと思います。
お話が聞けたなんていいな~
夢かぁ。。。
最近夢見るっていうか夢なんて言葉さえ考えた事もなかったです。
だからですかね、息苦しく感じるのは。
やはり夢は持ってたいですね。
夢が風穴となり、いろんな刺激を受けて人を大きくしてくれるような気がします。
ま、我が家には欲深い夢見る夢男くんがいますけど。。。
彼から刺激はもらえませんが(笑)

イチヨウって言うんですか?
八重の桜、キレイです♪

投稿: ちょびママ | 2007年4月 4日 (水) 23:27

★ねむウサギさま

ありがとうございます。
向井さんのご主人も素晴らしくとてもいいカップルですね。書かれた本は心温まります。

新宿御苑、コーラスが千駄ヶ谷なので帰りに寄りました。雨なのに人は居ましたよ。

ご近所の問題があったのですね。
今までの本音なしでも時々でいいですから続けてください。いつも楽しみにしています。
また、メールアドレスにも宜しくお願いします。

投稿: tona | 2007年4月 5日 (木) 08:15

★orayoriさま

ありがとうございます。
お忙しくなられたようで大変ですね。
1段落なされたときの再開を楽しみにしております。
お嬢さんもotayoriさんも大きな夢をお持ちでしょう。
まず1歩を踏み出してみる。これがなかなかできませんが、やってみて成果があったとき、さらに前進ですね。
加齢とともに何だかすぐ萎んでしまうのが情けないですが、そうばかり言っていられません。

投稿: tona | 2007年4月 5日 (木) 08:25

★ちょびママさま

ありがとうございます。
実際にお話が聞けるということは随分違いますね。
私も夢が実現しないばかりか、挫折が多くてこの頃夢さえ持たなくなっています。
たとえ小さくても持たなくては、と思いました。
そうですか。夢男くんからは刺激がいただけないのですか。それは残念というかもったいない話ですね。

イチヨウは銀杏に綴りが似ているのですぐ覚えられました。
いわゆる八重桜と色合いが違いましてきれいです。

投稿: tona | 2007年4月 5日 (木) 08:31

糸川博士のペンシルロケット、
なつかしいですね。
鉛筆のキャップを使って、
ロケットをつくった思い出が蘇ってきました。

投稿: YUKI-arch | 2007年4月 5日 (木) 09:15

180本もの八重桜があるのですか。薄いピンクが綺麗ですね。
うちの近所で見かける八重桜は濃いピンクのものばかりで、
大振りの八重の濃いピンクが枝いっぱいに咲くと
ちょっとくどい感じも(^^;)こんな色合いだったら
たっぷり咲いても可愛いでしょうねぇ。

向かい千秋さんのお話を聞いていらしたのですね。
お話を聞いているだけでエネルギーをたくさんいただけそう。
夢かぁ… 「夢が風穴となり、いろんな刺激を受けて人を大きくして
くれるような気がします。」って、ちょびママさん、いいことを
おっしゃいますね。
私はこの頃自分の夢がよく分からなくなっています。

投稿: ポージィ | 2007年4月 5日 (木) 10:36

★YUKI-archさま

ありがとうございます。
ペンシルロケットの実物を見ました。
小さく、全くペンシルの大きさですね。
昭和30年頃だそうですね。戦後10年なのですね。
鉛筆のキャップで作った思い出、大切な思い出ですね。男の子らしいなあと思いました。

投稿: tona | 2007年4月 5日 (木) 18:53

★ポージィさま

ありがとうございます。
私も八重桜といえば、あの濃い色の八重桜だけです。
このピンクのを今年になって初めて知った次第です。年毎にいろいろ覚えていけるのもいいです。

向井さんはさすがです。
疲れを知らないエネルギッシュな方、夢に向かって生き成就し、自分の歩んだ道を後輩が続くように全国の子供たちに語りかけています。
夢の無い子どもが増えたといわれる現代に、子どもの心に火をつける役目を果たしているのですね。
ちょびママさんのことば、私もかみしめています。

投稿: tona | 2007年4月 5日 (木) 19:04

夢に向かってもう一歩!
本当に良い言葉ですよね。
そうやって頑張ってきたからこそ、今の向井さんがあるのでしょう。
夢を持つ事、夢は叶えられるのではなく叶えるものだって事でしょうか。
昔夢を持っていた頃の事、生活に流されすっかり忘れていたようです。

投稿: pochiko | 2007年4月 5日 (木) 21:57

★pochikoさま

ありがとうございます。
夢に向かってもう1歩!
そうですね。良い言葉です。
まず夢を持つこと。
それだけでなく1歩踏み出すこと。
pochkoさんじゃないけれども今は夢を持つことを忘れています。
1歩も踏み出さないでいて実現しないで萎んでいった思い出ばかりです。
今からでも夢を持ちましょう。

投稿: tona | 2007年4月 6日 (金) 08:05

tonaさん、こんにちは(^-^)
先回の井の頭のサクラ…有り難うございました…懐かしかったです~♪

国分寺っていつも素通りで(^^;行ったことがないのですが…
どんな街なのでしょうか(・・?)
昭和記念公園が近いようですが…行かれたことがありますか…(・・?)
又行かれる機会がありましたら…街並みなど写真でご紹介くださいね~♪
愉しみにしています…

いつも内容に関係のない所で反応して(>_<)…ごめんなさいね(^^;

向井さんのようにあっさりとしたタイプの方は好きですね~♪
力まないで…サラッとご自分の夢に向かっておられて、良いですねヽ('-'*)~♪
日本人には少ないタイプの方のように見受けます…
良い刺激を受けられたようで…良かったですね~♪

投稿: orangepeko | 2007年4月 6日 (金) 12:52

★orangepkoさま

ありがとうございます。
春になってorangepekoさんも益々大忙しでしょうね。
毎日拝見させていただいています。
井の頭公園の桜風景全然変わっていなかったでしょう。
昭和記念公園は吉祥寺より近いです。年に2,3回は行っています。
夏のサギソウは感激しました。
今度行ったら、ご期待に添えるよう写真を撮ってきますね。

向井さん、外国人がmanlyと呼んでいるそうですが、本当に飾らない高感度の方です。
そうそう、その通り、日本人に少ないタイプですね。
夜ですが出かけてよかったです。

投稿: tona | 2007年4月 6日 (金) 16:19

とってもいいお話を聞かせていただきました。「夢に向かってもう一歩!」ですか、いい言葉です。私もこの言葉忘れないようにしたいと思います。こんなお話が聞ける講演会なら、ぜひ行ってみたかったです。
If you can dream it, you dan do it.
tonaさん本当にいいお話有難うございました。

投稿: 茂彦 | 2007年4月 7日 (土) 08:16

★茂彦さま

ありがとうございます。
茂彦さんは夢に向かって1歩を踏み出し、とうとう音楽会を実現させようとしています。
凄いことだともう感心してしまいました。

こんな有名な素晴らしい方が地元で講演というのはめったにあることではありません。
ロケットの不思議な縁でした。
お誘いできなくて残念でした。

投稿: tona | 2007年4月 7日 (土) 11:11

tona様 始めましてaosta 様の所から来ました
向かい千秋さんの講演に行かれたってとても羨ましいです。
「夢に向かってもう一歩!」嬉しくなってトラックバックしたくてお願いに書き込みました。
宜しくお願いします。

投稿: icashiya | 2007年4月16日 (月) 22:53

★icashiyaさま

初めまして。お越し戴きどうもありがとうございました。
向井さんの素晴らしさに触れて元気を戴いた夕べでした。
またゆっくりお伺いさせていただきます。

投稿: tona | 2007年4月17日 (火) 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14551903

この記事へのトラックバック一覧です: 向井千秋さんの講演:

» ハイホープ高い所で [自然との調和]
これからの時期花のの開くのと同時UPしようと思ったら忙しい。 [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 00:00

« 本『漂流』 | トップページ | 高尾での植物観察会 »