« 今年も昭和記念公園へ | トップページ | 花車 »

2007年4月20日 (金)

三春滝桜

Setuemeiban 昨日「日本三大桜」の1つ「三春滝桜」を見てきた。曇っていた空も晴れてきて、気温は8度で寒かったが、丁度間満開で見頃であった。
推定樹齢は1,000年以上、樹高12m、根回り11m、枝張りは東西22m、南北17mで国の天然記念物である。
種類は紅枝垂れのエドヒガンだ。

旅行冊子などに載っている写真のようにうまく撮れるわけもなく、色もあんなに紅が濃くなかった。
最近上の方の枝がたくさん折れてしまったようである。
とんでもなく下手な画像ですが、東西南北から撮ったのをご覧になってください。

Kita

         北側から(冊子のはここからのが多い)

Higasi

                  東側から

Minami_1

                  南側から

Nisi

                  西側から

Nemoto Hana_1

       木の根元                 花

三春には同じ枝垂れが多く、またソメイヨシノは8分咲きといったところだった。名前の由来のように梅、桃、桜が同時に咲いて3つの春が楽しめる美しいところだった。

朝池袋から乗ったはとバスには驚いてしまった。
名前が「ピアニッシモ号」で、横が通路を挟んで2と1の3席、縦9列の27人乗りで、すべて若葉色で統一されている。各自の真横には窓枠も無く天井からの窓は大きく展望が素晴らしい。
往路も復路も、お絞りに温かい飲み物(6種の中からチョイス)が供され、足裏マッサージも2回体験した。
帰路にはマルチチャンネルでビデオや映画音楽などを愉しんだ。
昼食も質がデラックスで、道理で値段が高いなあと思ったが納得できた。

Tubame

        サービスエリアにツバメが巣を作っていた

Onahamakou_1 Syokuzi

 小名浜港で昼食  ここで獲れたアンコウ、メヒカリ、カキ、刺身など 

Hatinosu Syanai

    蜂の巣を見つけた            若葉色の車内  

|

« 今年も昭和記念公園へ | トップページ | 花車 »

コメント

樹齢1000年ですか、見事な枝垂桜ですね。
西側からの菜の花の向こうに見えるのが私の1番好きなアングルです。
でもどこから見てもその見事さは息を呑む思いがします。

少し前の年の大河ドラマのオープニングに使われていた宇陀市の、「又兵衛桜」の姿とよく似ています。

おしゃれな交通機関、素敵ですね。

投稿: anikobe | 2007年4月20日 (金) 23:04

tonaさん こんばんは。

三春までいらしたんですね。
人出もすごかったでしょう。

実は同じ福島県にいながら、まだ滝桜を見たことがないんですよ^^;
一度見に行きたいとは思ってるんですけど、なかなか機会に恵まれず、桜の季節って短いでしょう?
う~~ん!! 今年も見る事は出来なそうです。。。

投稿: pochiko | 2007年4月21日 (土) 00:10

tonaさん、こんばんは。
こんな時間に…目が覚めてしまいました(^^;
三春までの小旅行…愉しまれて…良かったですね~♪
某掲示板でも…見ることが…できましたヽ('-'*)~♪
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/taygeta/img2/15636.jpg

傍に近づけないよう…柵でガードされているのですね…
こんなに人が集まると…根本の土を踏み固めてしまい…根が呼吸できなくなるからでしょうね…
これだけ、つっかい棒をしなければならないほど…大きいのですね…
この木には、どんな精霊がやどっているのでしょうか…(・・?)
人間が…小さく見えます…

投稿: orangepeko | 2007年4月21日 (土) 02:39

★anikobeさま

おはようございます。
宇陀市の「又兵衛桜」をネットで見てみました。本当に似ていますね。
4月の初めが見ごろだったそうですね。
これだけの樹齢になると保護も大変なのだと思います。
西側が気に入っていただけましたか。
遠くに山が見えて菜の花と対になって、周囲では1番高いところですから、眺めがいいですよね。
三春までは高速にのっても4時間かかりますから、バスが快適だと疲れないものですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月21日 (土) 08:15

★pochikoさま

おはようございます。
凄い人出でバスが次から次へと人を運んできました。1年に1度のために大きな駐車場が整備され、トンネルを潜って、桜へたどり着くのですね。
pochikoさんはまだご覧になていらっしゃらいということですが、確かに近いといつかということが往々にしてありますよね。
この枝垂桜は満開のあとは5日しか持たないそうでこの週末で終わりとか聞きました。
本当に短い花の命ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月21日 (土) 08:22

★orangepekoさま

おはようございます。
随分お早いお目覚めですね。
かく言う私も4時でした。
掲示板の滝桜、お見事ですね。
背景のソメイヨシノも一緒になって。同じ滝桜なのに、脱帽です。
1,000年も生きてきたなんて、木肌の老いが愛おしくなります。
大きなつっかい棒で支えられているとやっぱり年とっているなあと実感します。
そうですね。どんな精霊でしょう。
三春の人々を守っているのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月21日 (土) 08:38

いい小旅行をなさいました。
三春って名前からして憧れの土地、ここも車でさっと通過しただけです。

投稿: saheizi-inokori | 2007年4月21日 (土) 09:49

お友達のブロガーさんもこの三春滝桜を少し前にUPしてて
それを見てたもので何故か自分がすでに行ってる気持ちになっちゃって
あ、ここ見た、こんな感じだったってついついハシャいじゃいました。
見事としか言いようがないお姿です。
見物してる人と比べるとその大きさが分かりますね。
私が目を奪われたのが木の根元。
ムムム、抱きつきたい!(笑)

若葉色のバスの車内は斬新ですね~
しかもデラックス版!
私も旅がしたくてウズウズします。

投稿: ちょびママ | 2007年4月21日 (土) 11:23

菜の花越しの姿、綺麗ですね…形もすばらしいです。
それにしても樹齢1000年以上とは。
西暦1007年といったら、日本では何時代でしたっけ?
こんなに長い長いときを行き続けてきた桜はいったい何を
見てきたのでしょう。
私もこんなに長く生き続けてきた木と向かい合ってみたいです。

投稿: ポージィ | 2007年4月21日 (土) 11:32

★saheizi-inokoriさま

そばを通られたとか、三春はのどかないいところですね。
方々に枝垂れ桜が咲いていて、江戸時代からでしょうか、桜を植えることに力を入れていた様子が伺えます。
山々の新緑がことのほか美しかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月21日 (土) 16:41

★ちょびママさま

他のお友達も行かれたのですね。
本当に大きいですね。
木の下に一体何人の人が入れるでしょう。
凄い数だと思います。17mと22mですからね。
ははは、ちょびママさんらしいです。木の根元に抱きつきたいと思われて。きっと喜んでくれるでしょう。

ちょびママさんも本当に早く旅が出来る日がくるといいですね。なんて言ってごめんなさい。
バスのこと事前に申し込むときに気が付かないなんてとろいですね。年だし楽に越したことはないのですが。飛行機に乗っているみたいでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月21日 (土) 16:50

★ポージィさま

1000年前は丁度紫式部なんかが活躍していた平安時代ですから、いかにこの桜が長生きしていたかですね。
ソメイヨシノは短命だそうですが、紅枝垂れはどれも長生きですね。保存はとても大変そうですが。
幾多の戦乱を、三春の地でも見たのでしょうか。あるいは美しい若い男女が語らったのでしょうか。いろいろ想像してしまいます。
何かクックちゃんにも見てもらいたい桜でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月21日 (土) 16:56

tonaさん、
垂涎、
すばらしい桜です。
春が何事か語り出した、
そんな光景が広がっていますね。
自然と人とのグットタイミングは
なかなか邂逅しませんから・・・。

投稿: YUKI-arch | 2007年4月21日 (土) 19:26

★YUKI-archさま

そうですね。
ことに遠いとすぐ行動に移せませんからね。
かなり前からあいたいと計画してもはずれたりしてがっくりします。昨年の高遠の桜にはまいりました。
この滝桜は本当に大きくて、神々しいくらいでした。よその国にはないのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月21日 (土) 21:04

一度は絶対見たいと思いながら、未だに絵に描いたものしか見てない。

さすが天然記念物、見事なものですね。直に見たらさぞかしすばらしかったことでしょう。樹齢千年、根元の大きなこと。手入れも大変でしょうが、千年の間咲き続けてきたのには頭が下がります。
春は桜、日本人には桜ですね。

投稿: 夢閑人 | 2007年4月21日 (土) 22:03

★夢閑人さま

おはようございます。
夢閑人さんも見ようと心がけていらっしゃったのですね。
この桜は満開の時期がいつか予想がつかなくてもう、適当でした。
が、今年は神様が期待に答えてくれました。
何しろ満開から数日で散ってしまうそうで悪くすると散ってしまったあとになりそうです。
夢閑人さんも大当たりで見られるといいですね。
このあとも咲き続けて欲しい1本です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年4月22日 (日) 08:19

三春滝桜、話には聞いたことがありますが、tonaさんはわざわざお出かけになってご覧になったのですね。樹齢千年とはすごいです。しかも豪華なバスツアーだったようで、羨ましく思いました。グッドタイミングでいいところへ行かれましたね。

投稿: 茂彦 | 2007年4月22日 (日) 19:04

★茂彦さま

ありがとうございました。
全部で14時間も出ていました。
高速を使うので日帰りで見ることが出来ました。
バスツアーは楽ですね。目的地にぴったり連れて行ってもらえます。昔時刻表と首っ引き、宿泊所も郵送で申し込んだことが夢のようになってしまったこの頃です。
贅沢をするとこれからもなんて思うところが浅ましいです。
遠くのお花はタイミングが難しいですね。

投稿: tona | 2007年4月22日 (日) 21:17

日本三大桜の一つですか「三春滝桜」!
いままでお目にかかったことのない「桜美」
風情に見惚れるばかりです。
始めて観る美に心が安らぎます。
一足早い「お花見」を、ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2007年4月23日 (月) 07:55

★老春さま

おはようございます。
ありがとうございました。
そちらはまだ蕾がかたいのでしょうね。
こちらは今は八重桜が満開を過ぎた頃です。
約1ヶ月も桜を見続けているわけですね。
老春さんの方はやがて春が一斉にやってくるわけですね。
その時の喜びは素晴らしいものでしょう。
それと違ってこちらはだらだらと春を楽しんでいることになります。

投稿: tona | 2007年4月23日 (月) 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14785670

この記事へのトラックバック一覧です: 三春滝桜:

« 今年も昭和記念公園へ | トップページ | 花車 »