« 鎌倉2日目 | トップページ | いろいろな人(1) »

2007年5月25日 (金)

チャイニーズレストランEssence

1昨日国立新美術館でやっている「大回顧展モネ」と国立博物館の「レオナルド・ダ・ヴィンチ」に行った。

その途中寄ったのが、梟通信のsaheizi-inokoriさんが5/18のブログで紹介されていたNatural Style のチャイニーズレストラン「 Essence」です。
オーナーシェフの薮崎友宏氏はプロフィールやブログを拝見すると物凄く勉強をなさっている方である。国際薬膳調理師やふぐ調理師免許にいたるまで、数々の免許を取得されている。
今、書いておられる2つのブログを興味深く読んでいるところである。鹿のアキレス腱や海鼠やスッポンの調理法まで丁寧に書いてあって写真で見られるのである。
以前10数回に渡って、薬膳料理を習って、そのまま中途半端になっていた薬膳料理を楽しみにして出かけたわけである。

Yakuzenryouri1 Yakuzentyouri

私と夫はプリフィクスランチ、娘はお粥と麺のセットです。娘の[汁なし坦々麺]をちょっと食べさせてもらったらこれがとても美味しい。
私の頼んだプリフィクスランチは
 冬瓜、砂肝、陳皮の蒸しスープ
 スナップエンドウと海老の炒め
 小菜3種盛り合わせ
 お粥
 デザートとドリンク
無農薬の野菜に、吟味した体にいい材料を使って、油っこくなく仕上げた美味しい料理であった。
レジでsaheiziさんのブログを見てきましたといったら、席の方にも時々顔を出されていた薮崎氏がやってきてくださって、挨拶をすることができたのが嬉しかった。

Monten1 Moneten2 「大回顧展モネ」は激混みであった。入場制限していて30分待ちで入れたものの、人々の肩越しにやっと眺めることが出来た。印象派特にモネは日本人がもっとも好きな画家のようで、97点のうち約半分は日本の所蔵であった。海辺やジヴェルニー、ポプラや積みわら、そして睡蓮へと幅広いモネの絵画を見ることができて満足であった。

Dabintiten2 Dbinniten1 「レオナルド・ダ・ヴィンチ」展は第1会場での『受胎告知』は、あらかじめ解説を読んでいたのでじっくり観ることができた。第2会場では(天才の実像)として手稿の記述をもとにしたマルチメディアが見事で難しいけれども楽しめた。
それにしても長い会期の初めでも1番最後の方でもない途中なのに、凄い混みようで週末はいったどんなだろう。自分もその1人なのだが、人の多さに疲れた1日であった。

|

« 鎌倉2日目 | トップページ | いろいろな人(1) »

コメント

いいですね~
saheiziさんのブログで知ったお店に行って、その縁で、作り手の方ともお話ができる。
ブログのなかった時代だったら、有り得ない出来事ですね。
私も、地元の方のブログを見て、そこに出かけることがあります。
ブログがなかったら知ることもなかったお店です。

お料理もおいしそう~
食べてみたいです(^_^)

投稿: otayori | 2007年5月25日 (金) 17:13

★otayoriさま

そうなのです。saheiziさんのお蔭様で何とお店に行って美味しいお料理をいただいただけでなく、あんな偉いシェフの方とお話ができたのですから、私も驚きました。
調理場にこもりきりでなく、テ-ブルにお料理を運んだり、片付けたりもなさっていて他のスタッフの方と同じようになさっていて、これまた驚いたのでした。
プロフィールを拝見して料理だけでなく何でも勉強なさっているので頷けました。
ただお料理を提供するだけでなく、健康のことも考えたりして精進し、更に研究しているのが凄いですね。本当に感動しました。

投稿: tona | 2007年5月25日 (金) 20:25

tonaさん、行って下さってありがとう。私も一昨日行きました。なんだか翌日調子がいいような気がしました。
ダヴィンチはオシマイがチカヅテイるから混むのでしょうか。お疲れ様でした。

投稿: saheizi-inokori | 2007年5月26日 (土) 11:53

中華、美味しそうですね。
よだれがでそうです。

展覧会もいいですね。
僕は徳島の大塚美術館でモネもダヴィンチも見て来ました。本物でなくても、感動はありました。《苦笑》
 

投稿: Papalin | 2007年5月26日 (土) 14:24

★saheizi-inokoriさま

リンクさせていただきありがとうございました。
お蔭さまで胃にやさしい、体にもいい薬膳料理を堪能しました。美味しかったですよ。
この前までは立川で近かったのです。もっと行っておけば良かったなんて思いました。

saheiziさんは私が行った翌日にもいらしたのですね。
これから国立新美術館に行ったときは必ず行きたいです。

投稿: tona | 2007年5月26日 (土) 15:11

★Papalinさま

中華とはいえ、薬膳ですから全然油濃くなく、でも味がよくて美味しいです。

大塚美術館、私もどうしても行きたくて2年前の春に行きましたよ。
最初のポンペイに時間をかけすぎて、印象派あたりが駆け足になったのが今も悔やまれます。
フェルメールが良かったです。

投稿: tona | 2007年5月26日 (土) 15:31

tonaさん、こんにちは(^-^)
暑いですね~(>_<)千楽が延びています(^^;真夏になったら…どうするのでしょう(・・?)

良いですね~♪ご家族揃って「絵画展」と素敵なレストランでお食事なんて~♪

わが家では揃って「何処行こう…?」になると娘は「マクド!」と叫びます(^^;
まだ子どもで…(>_<)パパは嫌がって…二人で行くことになります(ノ_・、)シクシク

息子が帰省して久々に家族揃って行ったのがビアガーデン(^O^)
其処には小さな子ども連れの母親グループが(>_<)子どもたちは走り回っていました…

わが家では小さな頃はアルコールを伴うお店へは連れてなんか行った事はありません!

小さな頃はホテルのレストランとかも子ども連れでは迷惑になるからと遠慮していました…
精々「ファミリーレストラン」程度(^^;それが良くなかったのでしょうか(・・?)

あ~ぁ!何時になったら素敵なレストランでお食事できるようになるのかしら…(・・?)
尤もこちらではそんな場所はないに等しいのですが…(^O^)

投稿: orangepeko | 2007年5月26日 (土) 17:52

★orangepekoさま

今日は26℃で、家の中にいると爽やかな風が通り気持ちの良い日でした。
そちらは今日は暑かったのですね。まあ、千楽ちゃん延びてしまったなんて、可哀そう。

グルメのsaheiziさんの紹介がよくて、是非行きたくなったレストランです。

orangepekoさんのご家族揃ってのビアガーデン、ビールも美味しかったことでしょうね。息子さんもお仕事の合間に心がくつろいだのではありませんか。

小さい子連れのビアガーデンやホテルのお食事を避けたのは普通はみなそうだと思います。この頃は変わってきたのですね。

息子さんとお嬢さんがご結婚されるとチャンスが多くなるのではないでしょうか。

上京の折に行きたいところがありましたら記しておいてくださいね。

投稿: tona | 2007年5月26日 (土) 21:25

モネのなんとなくふんわりとした画風が日本人に合うのか人気があるみたいですね。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」はイタリア、フィレンツェのウフィツィ美術館で見ました。実物を前にして感動しました。

東京には世界各国の料理のお店が探せばあるものですね。
昔は「東京食べ歩き」なんていう本を買ってよく食べ歩いたものでした。
薬膳料理なんて未だ食したことなし。
なかなかよさそうなお店、一度足を運んでみますか。

投稿: 夢閑人 | 2007年5月26日 (土) 21:37

★夢閑人さま

目の方は大丈夫でしょうか。すみません。

「受胎告知」私もウフィツィ美術館で見ました。あのときは意味やら細かいことを知らずに見ていました。今回1枚だけを、「モナリザ」や「ミロのヴィーナス」のように展示するほどのものとは思いもしないで。
今回も空気遠近法とかシンメトリー構図とか、克明に見られて、とても感動しました。レオナルド・ダ・ヴィンチの最も若い頃の作品だったのですね。

私も、今世界各国の料理を食べ歩いている最中です。吉祥寺に出ると殆どあるのですね。

このお店シェフの人柄もいいし、お奨めの薬膳料理ですよ。

投稿: tona | 2007年5月26日 (土) 21:59

tonaさん こんばんは。

羨ましいです。
美術館と博物館を回ってレストランでお食事。
私だったら、どちらかで終ってしまいます。
美術館と博物館かレストランか、美術館も魅力的ですけど、チャイニーズレストランも捨て難いってとこです(笑)
最近 家族揃ってってなくなってしまいましたね。
ばぁちゃんのショートの時に、外食をしたなぁ~と思っても、家でゆっくりの方が良いって言うんですもん!
そりゃ~ 作ってもらう人はゆっくり出来るんでしょうけど!
どちらかと言えばお友達とお出掛けしたい!と思ってる私なのです^^;

投稿: pochiko | 2007年5月27日 (日) 00:08

モネ展ものすごい人気なのですね
人の肩越しでごらんなったのではおつかれでしょう
それでもチャイニーズレストランでの食事おいしそうです

投稿: たなちゃん | 2007年5月27日 (日) 06:55

★pochikoさま

そうなのですね。家族揃ってというのはなかなか実現しませんね。
この日は娘が有休をとっての美術館めぐり。年に数回いい美術展があると欲張って2つ見て食事を間に挟みます。このとき婿さんは仕事です。

お友達とはいいですね。私もやめるまでは友達が多かったです。
話すこともたくさんあって、気があってなかなか食事が美味しいものです。
たまには作ってもらう人になりたいですよね。そんな思いやりがほしいですね。

投稿: tona | 2007年5月27日 (日) 08:17

★たなちゃんさま

今までこの類の美術展は上野の都美術館でやっていました。もしここでやったら、もっと激込みで、もう見られないと思います。国立新美術館は広いですから肩越しでもどうやらですね。
たなちゃんさんの行動力にはずっと驚きっぱなしです。時々同じコースを歩いてみたいと思いますが、1人でというのが踏み出せないで、ブログ拝見だけで満足しております。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月27日 (日) 08:24

tonaさん、こんにちは(^-^)
>上京の折に行きたいところがありましたら記しておいてくださいね…
有り難うございますヽ('-'*)~♪行きたいところがたくさんありすぎて…(>_<)欲張りです(^^;

機会がありましたら…よろしくお願いいたします~♪

※息子の帰省は昨年のことです…(^^;まだ就職してからは一度も帰っておりません…
でも電話はよく来るようにはなりました~♪

投稿: orangepeko | 2007年5月27日 (日) 13:26

★orangepekoさま

こんばんは。今日は暑かったです。
まあ、夜が涼しいのでまだあと1ヶ月以上は大丈夫ですね。
息子さんのこと早とちりしてすみませんでした。まだ5月、そんなにすぐ帰省できませんよね。お電話がよくあるそうで身近に感じられていいですね。

私はまだ1日中出歩いても元気ですから、欲張って計画してくださいませ。

投稿: tona | 2007年5月27日 (日) 20:03

先日はご来店頂きましてありがとうございました。

そして、お店の紹介をしていただきまして本当にありがとうございます。

またお越しの際はお声をかけて下さいませ。

心よりお待ちいたしております。

YABU

投稿: YABU | 2007年5月30日 (水) 18:34

★YABUさま

先日はご馳走様でした。
本当に美味しかったですよ。
saheiziさんが夜の部も紹介なさっていますが、作るのにどんなに時間がかかるのでしょうと思ってしまいました。
いろいろ勉強なさっていらっしゃるのに心から敬服いたしております。
お体を壊さないように頑張ってくださいませ。
ブログも時々拝見させていただきます。
お忙しい中コメントいただきありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月30日 (水) 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/15196388

この記事へのトラックバック一覧です: チャイニーズレストランEssence:

» 初めまして [初めまして]
はじめまして!記事拝見しました^^関連記事だったので、TBさせて頂きました^^よろしくお願いします^^ [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 07:55

« 鎌倉2日目 | トップページ | いろいろな人(1) »