« 館林 野鳥の森フラワーガーデン | トップページ | 世界屠畜紀行 »

2007年5月 5日 (土)

渋滞

フクシアもお茶も種子を4月1日に蒔いたのですが、とうとう芽が出ませんでした(涙)

ゴールデンウィークも明日でおしまい、毎日のように渋滞のニュースが流れる。
西成活裕准教授の「渋滞学」と言う記事があった。
緊張がちょっとしたきっかけで崩壊することによって渋滞が生まれる瞬間があるらしい。また、車間距離が40mを下回ると、なにかの拍子に1台が軽くブレーキを踏めば、減速が一気に連鎖して渋滞が起きる。急いでいても車間を詰めない方が得をするそうだ。
事故が起こった場合は仕方ないけれど、他に、上り坂と気づきにくい坂道や、合流と分岐が近接する地点、トンネル入口など慢性的に渋滞が起きる場所がある。原因がわかれば運転の仕方ひとつ、標識や路面のペイントひとつでで解消できる可能性がある。
ロンドンでおまわりさんのやり方がすごく馬鹿みたいで大渋滞に巻き込まれたことがある。アメリカもひどいらしい。日本では渋滞による経済損失が年間12兆円というから驚く。
車の台数が多いのは否めないが、こうした学問で少しでも渋滞を解消して欲しいものです。

Hitotubatago1

Hitotubatago2

ヒトツバタゴ(モクセイ科) ナンジャモンジャノキともいわれる。今が満開。

Karebain1 Karebain2

カレーバイン(ノウゼンカズラ科) 北アメリカ原産
花の形からツリガネカズラとも呼ばれ、名前からもわかるように強烈なカレーのかおりがある。

Mikkimausu1 Mikkimausu2

ミッキーマウスノキ(オクナ科)
黄色い花が咲く低木。赤い花床と黒い実をミッキーマウスの顔に例えた。実の色が段々変化していくようだ。

Hisuikazura Oobayadorinobotan

左:ヒスイカズラ(マメ科) 
右:オオバヤドリノボタン(ノボタン科)熱帯花木 

Onsitu

新宿御苑の温室が大改修されることになり、5月13日をもって閉鎖されることになった。新しい温室は4年後とのこと。2,300種も生育されているそうで、年に数回訪れていた身には寂しい限りだ。

|

« 館林 野鳥の森フラワーガーデン | トップページ | 世界屠畜紀行 »

コメント

実は昨日の4日は、館林の芝桜を見にいこうと思っていました。
畑の疲れか、見事に寝坊しました。

そこで出かけたのが、多摩の「ままごとや」です。
空いているだろう。。
見事な渋滞に巻き込まれました。

渋滞学ですか。
面白そうですね。
人間の心理をついていそうです。

新宿御苑の改修は知りませんでしたよ。
いつでも行けると思ってましたが、こうなると寂しいものですね。

投稿: オヤジな私 | 2007年5月 5日 (土) 19:18

★オヤジな私さま

まあ、芝桜残念でしたね。
畑仕事は重労働ですものね。
又来年でもいらっしゃってください。

それで澤之井の「ままごとや」にいらっしゃったのですね。やはり渋滞でしたか。
お豆腐料理美味しかったでしょう?お酒も?
私も3年前仕事を夫婦で偶然同時にやめたときに、娘夫婦にご馳走してもらいました。

昨日はみどりの日で植物園関係は全部タダなのですね。新宿御苑は広いので凄く大勢の人も飲み込んでしまいますね。
東京近辺ではここの温室は1番でロンドンのキューガーデンにも引けをとらないと思います。そんな温室ですから4年後が待ち遠しいです。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月 5日 (土) 19:55

ヒスイカズラとオオバヤドリノボタン、なんだか毒々しいですね。Hなオヤジが寄って行きそう。(笑)

ミッキーマウスには笑ってしまいました。こんなのホントニあるの~? って感じ。

渋滞ですが、事故でも起こると、どの車もその脇を徐行しながら・・・というのは聞こえがいいのですが、事故の状態がどんなか見ながらゆっくり走るから、また渋滞するんだよな~。
 

投稿: Papalin | 2007年5月 5日 (土) 20:48

ヒスイカズラはいつか絶対見てみたい植物なのです。
あの色は人間には絶対作り出せないだろうな~って思ってるのですよ。
温室の中を探検するの好きです。
花の好みの事は置いておいて、感嘆や発見がいっぱいあって楽しくて♪
新しい温室は4年後との事ですが、今ある植物たちがどうなるのか気になるとこです。

投稿: ちょびママ | 2007年5月 6日 (日) 08:47

★Papalinさま

おはようございます。
いきなり、ギャハハハと下品に大笑いです。
Hなオヤジ寄っていくという発想、思いもつきませんでした。
ミッキーマウスノキやブラックキャットなど温室の中で思わず目を瞠ってしまう植物ですね。神様はよくぞこんなのをお作りもうしたと感心してしまいます。

な~るほど!事故の状態を見ながら、経験ありますが、そうなのですね、さらに渋滞を引き起こすのですね。
1台がブレーキを踏んだだけでも起こるということですから。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月 6日 (日) 09:00

★ちょびママさま

ヒスイとかオパール、宝石を手にとっても、つくづく美しい色だと眺めてしまいますが、
このヒスイ色の花が目の前に下がっているのですから目を奪われますね。
今年は花が多く、20くらいありました。
そうですね。何回行っても、決して飽きることはなく、発見がありますね。
そうそう、エンジェルトランペットが何百という花をもうつけていました。
4年もの間、どのように今のこんないっぱいある植物を維持しながら改修していくのか気になるところです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月 6日 (日) 09:09

見物渋滞と言う言葉の意味が分からなかった私です。地球のどこかで蝶が羽を震わしたことで南米の作物が不作になるとか何とか、全ての物事はふとした取るに足らぬことの積み重ねなのだと思うと怖いような気もします。

投稿: saheizi-inokori | 2007年5月 6日 (日) 10:02

★saheizi-inokoriさま

見物渋滞と言う言葉を教えていただいてありがとうございます。これも大渋滞を引き起こすものなのですね。
蝶が羽を震わすことで・・・一体このようなことはどのくらいあるのか、本当に積み重なったらどうなるでしょう。
映画にも偶然の積み重ねでパニックがなんていうのありそうですね。
渋滞学も奥が深そうです。

投稿: tona | 2007年5月 6日 (日) 10:27

世間がGWの移動で渋滞しているのを、のんびりPCを触りながらラジオで聴くのが好きです。
車を走らせた道路などを懐かしく思い出すことも出来ます。

温室の鮮やかな花の色には、はっとするようなのが多いです。
温室ならではの色彩に出会えるから、出かければ温室のある場所に立ち寄りたくなります。
ヒスイカズラは初めてです。
美しいですね。
雨の鬱陶しい気分を払拭させていただいています。

投稿: anikobe | 2007年5月 6日 (日) 15:10

★anikobeさま、ありがとうございます。

私もGWは混んでいる所や渋滞するところには出かけたことがありません。
ただ、渋滞をお気の毒にと思ってみたり、聞いたりしています。

本当に、温室の、亜熱帯、熱帯のお花の色は濃厚なのが多いですね。鳥もそうですね。
ついつい温室に足が向いてしまいます。実際の熱帯などは有毒な虫やら爬虫類やら居て、とても訪問できませんから、国内にあちこち温室があって幸せです。

近所の温室にはヒスイカズラがありますが、そちらにはまだ見当たりませんか。画像ではこの色のすべてをお伝えできないのが残念です。

投稿: tona | 2007年5月 6日 (日) 16:29

> 新宿御苑の温室が大改修される・・・

新宿御苑に温室があったんだ~。
田舎者は知りませんでした。
そういえば、御苑だものね~。
最後の写真、何だか南国みたい。
半袖だもんな~。
こちらでは昨日、すぐ近くで、
家の影に残雪があるのを見ましたのに。
 

投稿: Papalin | 2007年5月 6日 (日) 19:12

★Papalinさま

そうなんです。立派な温室があるんです。
皇族がお休みになる建物や台湾閣もあります。浜離宮と同じく大名屋敷が皇室のものになってさらに現在環境庁管轄になったのですが、御苑だけは植物園的要素が大きくなって外国、熱帯からの植物の移植、研究がなされたのですね。

えっ!まだ残雪!日本は広いですね~。
私も昨日からずっと半袖でございます。

投稿: tona | 2007年5月 6日 (日) 19:56

休みが続けば一斉に出かける。高速道が出来て便利になってそこに集中する。
渋滞、車時代になって車を使う以上万年続く現象でしょう。

車間距離は50m以上採りたいけど、あけると割り込んでくる。確かに車間距離が短いと一寸した減速でも連鎖が起こる。

分岐と合流が近接すると割り込み、車線変更で当然渋滞は起こる。首都高速5号線の箱崎あたりがその象徴だ。トンネルの入り口では急に明るさが変わるので心理的に減速する。
車の数が多いほど顕著に現れる。
バイパスを作っても車の増加でいたちごっこだ。
昔は仕事でよく車を使った。渋滞は精神的に疲れる。

新宿御苑の大温室、改修で4年間見られないのですか。残念。と言っても久しく行ってない。相変わらず珍しいものがありますね。
ミッキーマウスなんて面白い。見れば見るだけそれに見えてくる。4年後までこの世にいたらぜひ行ってみたい。

投稿: 夢閑人 | 2007年5月 7日 (月) 11:57

★夢閑人さま

さすが運転なさる方は東京の渋滞に詳しいですね。渋滞で大変だったこともおありですね。
人口の半分くらい車があるのでしたか。
何処の家にも必ず車がありますものね。
この車庫から日本中車が出払うのがお彼岸やGWですねから、道路は車で埋め尽くされてしまうわけですね。
そうですか。割り込みの問題と車線変更があったのでしたね。
トンネル入口の明るさの変化が減速とはまた、全然思いも寄らないことでした。
いろいろ教えてくださってありがとうございました。
普段は電車ですが、バス旅行のときはお世話になるので、暇人ゆえ、なるべく休日を避けて申し込みます。

4年後、私もどうなっているか分からないけれども、温室に行きましょう。

投稿: tona | 2007年5月 7日 (月) 13:26

連休中の渋滞には閉口しますよね。
私のところも観光地なので、市内には県内外の車で溢れかえっていました。
乱暴な運転する若者もいますし、危なげな運転の人…様々でした。
こういう時は事故が起きやすいですから要注意ですね^^;

偶然にも、つい先日野菜の苗を買いに行ったところで見たミッキーマウス。
面白いですね~~ 自然の驚異って…大袈裟でした! キャン^^;

投稿: pochiko | 2007年5月 8日 (火) 00:34

★pochikoさま

そうなんですね。pochikoさんのところは超有名な観光地でした。
観光ですから仕方がないとはいえ、地元の方には乱暴、無謀運転は大変迷惑だと思います。
五色沼だけは行きましたが、まだ野口英世の生誕の地や猪苗代湖、喜多方ラーメンなど是非行ったり味わったりしたいです。渋滞でない時期に。

ミッキーマウスノキ、売っているのですか。
温室みたいのがある家でないと育てられませんね。見れば見るほどおかしいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月 8日 (火) 08:16

こんにちは、ご無沙汰しました。
綺麗なツツジ、シバザクラ、見事なtonaさんのモッコウバラ、
植物園の温室の珍しい植物、皆楽しませていただきました(^^)
温室建て替えの間、これらの植物達はどのように保護されるのか
興味を引かれるところです。
4年後の再開と再会が楽しみですね。

このGWの渋滞もすごかったようですね!連日数十キロの渋滞情報が
流れていて、年末に巻き込まれたうんざり大渋滞を思い出して
いました。でも、高速道路関連の人たちも、少しでも渋滞緩和
のためのいろんな試みを行っているのだそうで、そういえば
上り坂が長く続く場所では「速度低下に注意」といった表示が
よく出ていました。

投稿: ポージィ | 2007年5月 8日 (火) 11:09

★ポージィさま

お帰りなさい。充分休養を取られ、充電なさいましたでしょうね。
いろいろ見ていただきどうもありがとうございました。
そんなわけで、私も緑を堪能した日々でした。
温室大好きな私は、神代植物園や大船フラワーセンターに足を伸ばしてしまうことでしょう。その保護は専門家がうまくやるのでしょうね。

ポージィさんは年末の渋滞を経験していらっしゃるのでしたね。な~るほど、長く続く上り坂の表示の注意が私にも意味がわかりました。

投稿: tona | 2007年5月 8日 (火) 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/14960728

この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞:

» ◆山県市のナンジャモンジャ。ヒトツバタゴは雌雄異株。うちはまだあおい。香りのあるアメリカヒトツバタゴ [てらまち・ねっと]
 どこにでもあるわけじゃないけど、岐阜では結構見かけます。ヒトツバタゴ、俗にナンジャモンジャ。  一昨年の5月、三重県の苗屋さんで1700円の株を見つけて即ゲット。  インターネットで見ると、庭に植えたけど「花が咲かない」という人もある。  接木じゃないと、花はなかなかつかないとのデータもあった。  うちでは昨年から咲いてくれたのでホッ。  最後に載せますが、香りのあるアメリカヒトツバタゴかも、と期待。    学者の分類では「雌雄異株」なんだって。「ヒトツバタゴには真の『雌株』がなく,みな明確な両性... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 17:59

« 館林 野鳥の森フラワーガーデン | トップページ | 世界屠畜紀行 »