« チャイニーズレストランEssence | トップページ | 長野の高原で »

2007年5月28日 (月)

いろいろな人(1)

朝日新聞の日曜版「ぶらりネット」が面白い。ご覧になった方は下の花だけ眺めて閉じてください。
日本語で解釈すると、珍地名や変な地名、面白い地名になる場所を日本だけでなく世界各地で制覇しつつある人が紹介されていた。
サイトは『世界の「珍名」所大集合』である。
行けば必ず1泊はするそうだが、別に観光名所でもない。
書きづらい地名が並んでいる中に
マルデアホ(アルゼンチン) シワ(エジプト) ヤリキレナイ川(北海道)
貧乏山(北海道) 後免(高知県) 寿命(福岡県) 浮気(滋賀県)などおかしいのが結構ある。

NHKの熱中時間に出たりしたようだが、世の中にはいろいろな人がいるものだ。本当に感心してしまった。
この方、日本のは殆ど制覇しているようで、世界のも人生半ばで達成しそうな勢いである。その時どうするのかなあ。
こんな目的があるときっと仕事をバリバリこなしているに違いない。

ムシトリナデシコ(ナデシコ科)は食虫植物ではなく、蟻など地面から上がってくる虫のバリアらしい。
触ってみるとベタベタしているが、それは、茎の茶色の部分であった。見えるでしょうか?

Musitorinadesikokuki_1 Mugisennou Ookinkeigiku 

右画像上は公園のムギセンノウ(ナデシコ科) 
右画像下は原っぱのオオキンケイギク(キク科)で特定外来生物

友人の家に4月に花が咲いていたアメリカザイフリボク(ジューンベリー)が6月を目前にもう真っ赤な実をつけていた。

June_berry

|

« チャイニーズレストランEssence | トップページ | 長野の高原で »

コメント

見ました。見ました。以前珍名は何度か見たことはありましたが、世の中にはいろんな人がいるものですね。こんな人がいるから世の中面白いんじゃないでしょうか。

福岡の寿命(ジメ)はワイフの郷のすぐ横の集落の地名です。その他住んでた近くに目尾とありますがなんと読むんでしょう?
お解りの方もおられると思いますが・・・
「シャカノオ」と言う地名です。

東北本線、盛岡~八戸間に沼宮内と言う駅がありますが、昔ここを通るたびにおかしかったのが、駅弁売りの「弁当、べんとう」に続いて駅員の「ヌマクナイ」が「ウマクナイ」に聞こえておかしかった。

外国の地名は日本語風に読んでおかしいのであって、当地ではどんな意味なのか解りません。北海道ではアイヌ語に起因する駅名もずいぶんあります。調べれば面白いですね。
お暇な方はどうぞと言いたいです。

ムシトリナデシコ、庭にいっぱい咲いています。白花も今年お目見えです。

投稿: 夢閑人 | 2007年5月28日 (月) 20:24

★夢閑人さま

あはは・・弁当ウマクナイには大笑いです。
夢閑人さんもいろいろご存知ですね。
私、「寿命」を「ジメ」と読むなんて全然思いも寄りませんでした。それに「目尾」が「シャカノオ」ですか。これは難しいです。福岡は面白い読み名がいろいろありましったっけ。
北海道も面白いのがありますね。

この方、皆さんからの珍しいのをお願いしているようで、どんどん増えていくでしょうね。

白花のムシトリナデシコですか。初めてです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月28日 (月) 20:54

この日曜版は読み損ねましたので、tonaさんのお話を楽しく
拝見しました。その方、よくぞそれだけ日本&世界各地の
面白い地名を探し当てたものですね。地図帳を眺めるのが
大好きな方なのかもしれません。

ムシトリナデシコは、昔私の実家にも毎年咲いていました。
母に名前を教わって、茎のぺたぺたを触ってみた思い出の植物です。
ついついハエトリ紙を思い出してしまいますが、そこまで
ベタベタはしていませんね(^^;)

お友達のお宅のジューンベリー見事ですね。いいなぁぁぁぁぁ。
今年わが家の植えて2年目のジューンベリーは一輪も花が
咲きませんでした(;_;)
去年は少し咲いて、3粒だけ生り鳥と取り合いをしたのですが…

投稿: ポージィ | 2007年5月28日 (月) 21:25

★ポージィさま

本当に地図の中からよくぞ集めたりです。
ネット社会なので情報を寄せてくれる人もいるのですね。

ムシトリナデシコ、本当に昔のあのハエトリ紙を思い出しますね。色の茶色の部分がベタベタしているのに初めて気がついた次第です。

ジューンベリーはポージィさんのブログで昨年知りました。お目にかかったのが今年です。この木はもう2階に達しようとしている大きさです。
花が今年は咲かないで残念でしたね。
もう少し年数がたつとたくさん咲くのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月29日 (火) 08:15

珍しい地名があるものですね。そして、広い世の中、これまたいろいろな方がおられます。新聞(日曜版)読んでいないので、tonaさんのブログ楽しく拝見しました。
かねて懸案のコンサートも無事終了し、やっと気持ちの上でゆとりが出てきました。自分のブログ更新もせず、ましてや皆さんのブログにもご無沙汰ばかり、申し訳なかったです。

投稿: 茂彦 | 2007年5月29日 (火) 15:28

★茂彦さま

コンサート無事に終わったそうで良かったですね。大変だったことでしょう。
茂彦さんのお力の大きいことが実証されましたね。ご友人の方々に深い感銘を与えたのではありませんか。

ブログでも本でもいろいろな人がるのを楽しんでいます。自分の知らない世界が次々と開けるようです。
どうもありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月29日 (火) 20:28

日曜版見なかったので、tonaさんのご紹介で、まぁいろんな人もいるものだと感心しています。
地名はカナなしでは読めないのが多いですね。

ムシトリナデシコ、茎の部分には気が付きませんでした。
いつも何か新しいことをtonaさんのところで教わりますね。
(*▼▼)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆ アリガトォー!

投稿: anikobe | 2007年5月29日 (火) 22:51

★anikobeさま

変わった方や面白い方、たくさん世の中にはいるものですね。
そんなのが読めるのもパソコンのお蔭でありがたいです。
地名はなかなか読めないのが多いです。
寿命がジメとか。ローマ字書きがついていると覚えるのでほっとします。

anikobeさんこそ次々とチャレンジなさって何1つ後に続けないですが、しかし刺激を受けるのも楽しみの1つですから、いつも感謝しています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月30日 (水) 08:23

ムシトリナデシコ、懐かしいですね。
昔は立派に庭に植えられていた花なのかもしれませんが今ではほとんど雑草扱いです。

でも赤や白のこの花が群生しておりところは本当に綺麗。わんこの散歩に出かけて一株抜いてきました。
増えるといいな、と思いつつ庭に植えたのですが、たまたま遊びに来た母いわく「お前はこんな花まで植えてるの?!」

だって、綺麗ですよね。

投稿: aost | 2007年5月31日 (木) 10:25

★aostaさま

今、ムシトリナデシコ満開ですね。
群生しているところがあるのですが、それはそれは綺麗で、雑草とは言えませんね。
お母様のおっしゃることもわからなくはないです。aostaさんの素敵な白い花が咲いている庭に?と思われたのでしょう。
お庭のひと隅に赤いコーナーが出来たところを想像しています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年5月31日 (木) 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/15232353

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな人(1):

« チャイニーズレストランEssence | トップページ | 長野の高原で »