« 長野の高原で | トップページ | 特別展「花」 »

2007年6月 3日 (日)

東方世界の天使が

Gosikidokudami_1  『「天使」と「悪魔」がよくわかる本』 PHP文庫

「天使」は神と人をつなぐ仲介者、「悪魔」はもと天使ながら神に反逆して”悪”を信奉するようになった者。
これらには宗教別があるが、大きく2つに分類する。
西方世界(主にキリスト教)における天使(エンジェル)、大天使ミカエルや受胎告知のガブリエルが有名で、天使には翼がある。
東方世界(主に仏教)では仏に仕える使徒・天部衆が天使である。十二天の帝釈天や梵天、四天王の多聞天、八部衆の阿修羅王などである。
恐い顔の天部も天使であること思うと、慈悲や、やさしさを汲み取れるような気がします。

一方悪魔は、地獄に住んでいて、西方ではバール、東方ではカーリーが有名である。
又歴史上、天使と交わった人物を聖人(ジャンヌ・ダルクや聖ニコラウスなど)といい、悪魔と交わった人物を魔導師(ソロモンなど)と呼ぶそうである。

良い心がけで生活して、何とか天使に導かれて天国に行きたいものです。

|

« 長野の高原で | トップページ | 特別展「花」 »

コメント

人間界には色々な宗教があって、お互いにいがみ合って
戦争までしたりしていますが、ずっとずっと元を辿れば
人間の心に自然に芽生えた同じものなのかもしれないですよね。
天使はキリスト教に限らず仏教にも存在するということに、
その思いを強くしました。

投稿: ポージィ | 2007年6月 4日 (月) 11:14

阿修羅などは地獄に落とされているという話も聞きましたが?
私はどうやら天国にはいけそうもない罪深い人生です。セメテ最後だけはと思うのですが。

投稿: saheizi-inokori | 2007年6月 4日 (月) 12:26

★ポージィさま

コメントありがとうございました。
今、世界で行われている戦争は宗教と民族が殆どですね。
どうして私たちを救ってくれて心の拠り所となる神の教えの世界で争いが起こるのか、気の毒でもあり恐ろしくもあります。
日本は良かったの感を深くします。
天使は天の神や仏様のお使いだったわけで、私は仏様のお使いも天使ということを知りませんでした。もっと仏像の勉強をします。

投稿: tona | 2007年6月 4日 (月) 16:08

★saheizi-inokoriさま

コメントありがとうございました。

阿修羅は無限に続く戦いの世界の修羅道の主だそうですね。帝釈天と戦って敗れ、のちに仏法に帰依して、その使徒となったそうですから、一度悪役にされた善神が仏によって復権したことになり、戦ったときに地獄にも落とされたでしょうね。あの三面六臂の姿に会いたいです。
saheiziさんは今とても良いことをなさっていらっしゃるので、大丈夫、天国往きです。

投稿: tona | 2007年6月 4日 (月) 16:27

神とはなんぞや?人の心の持ちようによって現れたり、消えたりするもの。
「溺れるものは藁おもつかむ」人間は頼れるものがなくなったときに、「神様助けてください」と望む。勝手な考えだ。
報われた時に神様は存在したのだと感謝の思いをすればそれでよし。報われなければ俺には神様は存在しなかったのだと諦めればいいこと。
人々はこの世に存在しない心の中の神を拝み、心の安らぎを得ることによってのみ神の存在を信ずる。信仰は人の勝手。

悪魔も天使も人間が作り出した造形に過ぎない…と私は思っています…無神論者?

投稿: 夢閑人 | 2007年6月 4日 (月) 20:30

★夢閑人さま

コメントありがとうございました。
私も現在この年になってもまだどの宗教にも入信していません。
けれど、夢閑人さんではないけれど、困ったときや欲望がもたげたときに、あと、家族の健康と幸せを願って、仏壇の先祖さまにお願いをしています。

>人々はこの世に存在しない心の中の神を拝み、心の安らぎを売ることによってのみ神の存在を信ずる。
本当にぴったりのことをおっしゃってくださいました。
ベルギーでは神職者が足りなくて、修道士などもよその国から募集をしていると現地で聞いて、驚いたものでした。ヨーロッパも若い人を中心にして、教会へ足を向ける人が随分減ったそうですね。

投稿: tona | 2007年6月 5日 (火) 08:16

色々と思いつきのまま書いてしまいました。
人々は心のよりどころに神を求め、安らぎを得た時に神に感謝する。

私は、毎日寝る前には必ずご先祖様に今日一日を無事に過ごせたことを感謝し、明日も無事に過ごせるようお力をお貸しくださいと祈って一日を終わります。
そうすることによって安らぎ、一日の区切りが付きます。

眼の方、今のところ落ち着いています。
これもご先祖様のおかげと思っています。

投稿: 夢閑人 | 2007年6月 5日 (火) 12:57

★夢閑人さま

いろいろ有益なご意見をありがとうございました。
いつも整然といろいろな角度からまとめられる文章力とユーモアは私の師であります。

私は夕ご飯をご先祖さんにあげるときお願いと感謝をしています。

夢閑人さんの緑内障のことが心配でした。
でも悪性ではないようですね。
落ち着いておられる由、本当によかったです。
私も、涙目、いわゆる翼状片でいまのところは1ヶ月に1回通院で3種類の目薬を1日4回さしています。紫外線がいけないようですし、パソコンも30分を限度として目を休めなくてはならず、ブログも休もうかと思ったほどでした。しかしぼちぼちやればいいのではと娘の助言で、だらだらとメリハリもなくやっている状態です。宜しくお願いいたします。

投稿: tona | 2007年6月 5日 (火) 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/15300750

この記事へのトラックバック一覧です: 東方世界の天使が:

« 長野の高原で | トップページ | 特別展「花」 »