« オーストリア旅行(2)オーストリアアルプス最高峰へ | トップページ | とうもろこし »

2007年6月26日 (火)

オーストリア旅行(3)ザルツブルク

<3日目:6月16日ーザルツブルク>

1motuarutonoseika 昨年モーツァルト生誕250年の記念放送の「毎日モーツァルト」で何十回と観たザルツブルク(塩の城)に遂にやってきた。
黄色の壁の[モーツァルトの生家] 幼いモーツァルトがここに居たのかと思うと感慨深かった。各部屋は広く、モーツァルトの使った楽器や自筆の楽譜や手紙を見ることができた。台所も当時のままで薄暗い。
宮廷に出入りする人はそれなりに派手にしなくてはならなかったそうで、ウィーンで借金を重ねた晩年のモーツァルトの生活に納得がいった。

2daiseidou

ザルツブルクを1000年にわたって支配してきた歴代の大司教の宮殿がレジデンツであり、司教座が置かれていたのが[大聖堂]である。モーツァルトもこの教会で洗礼を受けた。この中にあるパイプオルガンはヨーロッパ最大で6000本のパイプがあるが、モーツァルトはこのオルガン奏者もつとめた。
ザルツブルク人であったモーツァルトもこの大司教と意見が合わずに喧嘩してウィーンに行ってしまったのだ。

ここでは50年たった木は切ってはいけないそうで、この家には屋根を貫いて木が高々と繁っている。

3yanewoturanukuki ミーハーだが映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台も映画を思い出しながら訪ねた。
下の画像左のホーエンザルツブルク城塞が見える[ミラベル庭園]は噴水と彫像と花壇が美しい。(ドレミの歌のフィナーレの場面)
画像右の[ミラベル宮殿]は大司教が商人の娘である愛人のために建てたもので15人の子をもうけた。聖職者はこれまた絶大な権力を握っていたのである。3枚目はアーチ

4miraberuteien 5miraberukyuuden_1

Ati

左[モーツァルト小橋](マリアが子ども達と歌いながら渡った)
右[馬洗い池](ピクニックに行く途中に通った)

6motuarutokobasi 7umaaraiike

8ongakusaikaizyoumae_1 9seipetakyoukaiboti_1

右上[音楽祭会場前](トラップ一家が感動的なエーデルワイスを歌いあげた)
上[聖ペーター教会の墓地](ナチスに追われて一家が隠れた)

下左[ノンベルク修道院](マリアがいた) 
下右[メンヒスベルク](ドレミの歌を練習した)

10nonberukusyuudouin 11menhisuberku_1

Konnsatonopuroguramu_2 夜は120mの小山の上に聳える最初の頃の大司教の隠れ家である[ホーエンザルツブルク城塞]で食事と室内コンサートを10時まで楽しんだ。モーツァルトとバッハとドボルザーク。
昨年までこうしたときの服装があまりに貧弱だったので、今年はデパートに出向いて買ったのを着ていったのだが、そんなに立派でもないのに、一人浮いてしまって気恥ずかしかった。

左がホーエンザルツブルク城塞    右が城塞から見下ろした夜景

12siro 13yakei

|

« オーストリア旅行(2)オーストリアアルプス最高峰へ | トップページ | とうもろこし »

コメント

改めまして、お帰りなさい!
一気にここまで読ませて頂きました。
お写真を見る限り、お天気に恵まれたようで何よりです。
せっかくの豊かな風景です。
晴れ渡った空の下で堪能したいものですよね。
私の憧れの一つに映画の舞台になった場所に足を運ぶというのがあるのです。
邦画で地元近くのロケ地なら幾つか足を運んでその気分を味わったのですが海外となるとなかなか。
「サウンド・オブ・ミュージック」をまたご覧になりたくなったのではないでしょうか(笑)
コンサートも楽しまれたのですね。
アハハ、お洋服浮いちゃいましたか~どんまい!
どの写真も素晴らしいですが、旅行記(2)の一枚目の山をバックにした教会の写真は特に素晴らしくため息が出ましたよ。
続きも楽しみにしてます!

投稿: ちょびママ | 2007年6月27日 (水) 10:30

tonaさん、こんにちは(^-^)
「ハイリンゲンブリート」の教会はステキですね~♪
パッ!と見て「ダビンチコード」を連想してしまいました(^^;関係ないですね(>_<)

こんな所でのんびりと過ごしてみたい!とつくづく思います…長閑で空気がきれいで~♪

たくさんのお花たちにも出会われたようですねヽ('-'*)~♪

「ザルツブルク」とは対照的な雰囲気ですね…でもどちらも…きれいです~♪
たくさんの画像を見ているだけでも…愉しいですねヽ('-'*)~♪
きれいな画像で…観光要のパンフに使えそうです~♪

駆け足ですね(^^;でも、tonaさんは余韻に浸っておられるのでしょうね~♪

投稿: orangepeko | 2007年6月27日 (水) 16:01

★ちょびママさま、ありがとうございます。

お蔭さまでお天気はこの後もずっと晴れでした。展望台での昼食の時、雨がざっときただけでした。
ちょびママさんもロケ地に足を運ぶという憧れがあるのですね。
きっと今に私の年よりもっと若くにザルツブルクにも行かれることでしょう。ちょびママさんのことだからどんなにか感激することでしょう!
勿論映画もう一度見たいですよ。

私も教会のあるあの景色がすごく気に入りました。
ちょっと一息ついてからまたあと3回続けますのでまた読んでいただければ嬉しいです。

投稿: tona | 2007年6月27日 (水) 20:07

★oranngepekoさま

今日もまたありがとうございました。
「ハイリゲンブルート」オーストリアで最も美しい村の1つ、なるほどと頷けました。
「ダビンチコード」読んだのですが、映画はまだなのですが、連想されるのですね。愉しみです。
本当に絵葉書の世界です。
数日でもいいから泊まれたら英気が養われること請け合いです。
orangepekoさんならきっとお花の探索に歩き回られることでしょうね。
パソコンやブログを見ていただけることで、写しっぱなしで復習することもなく、感動はご当地だけのものということがなくて、感謝しております。

投稿: tona | 2007年6月27日 (水) 20:23

憧れのザルツブルグ、とうとうその地を踏みましたね。MOZARTの生に触れ、感激ひとしおではなかったでしょうか。

サウンド・オブ・ミュージックに出てきた数々の場面の場所、あらためて感慨深く見さしていただきました。
その場面場面が走馬灯のように蘇ってきます。

投稿: 夢閑人 | 2007年6月27日 (水) 20:47

★夢閑人さま おはようございます。

室内楽のモーツァルトは「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と「ピアノ協奏曲第11番」でした。
いつも聞いているCDも生演奏には適いません。お客のマナーもいいですね。

街に出てみれば、どこもかしこも映画と結びついてしまいました。市場の場面を入れそこないましたのが残念。
実際にマリアが結婚式をあげたノンベルク修道院の教会は映画のようでなく、素朴な感じでした。
ありがとうございました。


投稿: tona | 2007年6月28日 (木) 08:39

はぁぁぁ… 溜息が出ます。
どの景色を見ても、こういうの好きとかステキと
思ってしまいます。こんなにいいなと思えるのは、
ひょっとしてヨーロッパで生きた過去生でも持っているのかしら(^^;)
グリーンをバックの教会、緑とカラフルなお花あふれる墓地、
のどかな風景、素適な庭園、建築物、(1)に登場した
店の看板、ほんとどれもが素適に見えます。
冬に雪に閉ざされることは忘れてこんな所に暮らしたい~とまで。

楽しいバスの運転士さんに当たりましたね。厠なんて言葉、
一体どこで知ったのやら~(^^)

投稿: ポージィ | 2007年6月28日 (木) 10:43

演歌好きの老春にとっては、夢の世界です。
「ザルツブルグ」初めてのことでした。
音楽通のtonaさんにとっては、ご自分の目で確かめられ、居心地はもう最高だったことでしょうね。モーツアルト、名しか知らない
老春にとっては、いい勉強をさせていただきました。
本当にありがとうございました。

投稿: 老春 | 2007年6月28日 (木) 13:53

★ポージィさま

>ヨーロッパで生きた過去生でも持っている
本当にそうかもしれませんね。冬は厳しいかもしれませんが、春と夏がいっぺんにやって来る風景の美しいこんな村でご主人様と仲良くお花を愛で、山を眺めて暮らしていたのか、はたまたどこかのお姫様としてお城に暮らしていたのかもしれませんね。
美しいヨーロッパは工場地帯さえ、日本よりずっときれいなのですから、一体どうなっているのでしょう。国中全部、あんなにきれいにしているのですから、ヨーロッパ人の過去は戦争ばかりで厳しかったけれども、日本人と全然違うのですね。不思議でなりません。

そうなんです。この運転手さん、日本の若い人さえ知らないのを何処で覚えたのでしょう?コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2007年6月28日 (木) 20:48

★老春さま

こちらにもありがとうございました。
モーツァルト、好きな音楽家の1人なんです。全部演奏されているCDを今でも夕飯を作る時聴いています。
生の演奏会は日本の場合なかなか高くて行かれません。図らずも生演奏を聴くことができてとても良かったです。
いい思いをさせていただいたことに、老春さんがお祈りしてくださったことと、そして神様に感謝いたします。

投稿: tona | 2007年6月28日 (木) 20:57

モーツアルトの足跡を訪ねられたのですね。
画像と説明で、tonaさんの感動一緒に伝わってきます。
サウンド・オブ・ミュージックの舞台となった、風景がこうして拝見できてとても嬉しいです。
ヨーロッパの諺に「天使が旅をすれば、太陽が微笑む」ってあるのですって。
tanaさんたちも「天使のような心」を持って旅をなさったのでしょう。

投稿: anikobe | 2007年6月29日 (金) 12:00

お帰りなさい。

ゆっくり拝見しています。
ドライバーの達者な日本語には顔がゆるみました。
厠 別腹 信じられな~い。

緊張感が取れますね。

投稿: オヤジな私 | 2007年6月29日 (金) 18:50

★anikobeさま

こちらにもコメントいただきありがとうございました。

サウンド・オブ・ミュージックのツアーもあるそうです。
飾ってあるモーツァルトの小さい頃の肖像画の服装は、ウィーンに行ってみて、ハプスブルグ皇帝一家の洋服をもらったということがわかりました。あの服装は最上級の礼服であったので、普通の小さな音楽家がそうそう着られるものではなかったのです。家の中を見て、いろいろなエピソードを思い出しました。
ヨーロッパの諺、私は知りませんでした。
これからそういう天使の心を持って旅したいものだと思いました。教えていただいて感謝します。

投稿: tona | 2007年6月29日 (金) 19:50

★オヤジな私さま

この達者なドライバーさんも、オヤジな私さんにはとても適いませんね。
しかし、なんかオヤジな私さんとオット-さん(と言います)が鉢合わせしたらとても仲良くなってしまいそうな雰囲気です。
バスから降りるときや、バスに帰ったときに一人ひとりに話しかける言葉も豊富で全員に違った言葉で話しかけたのにも驚きました。
確かに心和むバス旅になりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年6月29日 (金) 19:59

こんばんは。

>黄色の壁の[モーツァルトの生家]
この写真を見ただけでオーストリアだ!と思ってしまいました。
こうした色が自然に溶け込んでいる町並み、あこがれてしまいます。
マリア・テレジアのシェーン・ブルン宮殿の外壁も明るいイエローですよね。いつかオーストリアを旅して、この目で見てきたいものです。

ザルツブルグ、どのお写真からもサウンド・オブ・ミュージックの懐かしい場面が蘇ってきました。
マリアが暮らしていたノンベルク修道院、あの愉快な三人の修道女を思い出します。
そして「すべての山に登れ」とマリアを励ました修道院長の毅然とした姿を。

余談ですが、映画でトラップ大佐を演じたクリストファー・プラマーにぞっこんでした。
今思い出してもドキドキしてきます。
あの修道院での結婚式の美しく感動的だったこと!海軍の制服姿のトラップ大佐の凛々しかったこと!

投稿: aosta | 2007年6月29日 (金) 21:55

★aostaさま おはようございます。

こちらにもコメントいただいてありがとうございます。
そうなんですね。日本では黄色はかなり勇気のいる、使い方の難しい外壁の色ですね。それが、外国では不思議とマッチしていて、しかもマリア・テレジアの顔まで重なってくるんですね。
ノンベルク尼僧院は今は修道院になってしまって、あの映画に出てくる尼僧の姿は見られなくなりました。
私もジュリー・アンドリュースは別格ですが、クリストファー・プラマーと修道院長さんと末っ子の子どもがたまりません。
今回映画のロケの教会は行かれませんでしたが、実際に行われた教会に入れて感無量でした。
aostaさんの何時の日かのオーストリアの旅がどんなものになるか、私も愉しみです。

投稿: tona | 2007年6月30日 (土) 08:56

ザルツブルグに一泊だったかしたときに夜一人で町を歩いたのですが道に迷って言葉がまったく通じなくて焦りました。英語が駄目、ドイツ語の響きは懐かしい(第二外国語だった)けど響きで中身が分かるわけじゃなし。
迷ったから結構町の様子を思い出せます。モーツアルトの家も懐かしいです。

投稿: saheizi-inokori | 2007年6月30日 (土) 09:42

★saheizi-inokoriさま ありがとうございます

夜お1人で歩かれるなんて、随分お元気だったのですね。
ドイツの響きは懐かしいのに中味が分からないには大笑いです。第二外国語のドイツ語、本当に挨拶が2、3分かるだけです。
迷うという深刻なことがないともう、どの町だか分からなくなってしまうのがオチですね。あの3角形の道は方向がわからなくなります。
モーツアルトの家の中は、アメリカだかの現代アーティストによって陳列がされたため、受け入れがたく興ざめでした。

投稿: tona | 2007年6月30日 (土) 19:32

読んできましたよ~ 遅くなりましたが、おかえりなさい。

お天気が続いたようで良かったですね。
なんと言っても観光で天気が悪いのはこまりものですから。
いつも思うのですが、写真の素晴らしさ景色の綺麗さ、珍しい建物…日本では見られないものです。
特に景色はさすが異国の地、スケールの大きさを感じさせます。
私にもいつか行ける日が来るのかしら…。

投稿: pochiko | 2007年6月30日 (土) 23:23

いいですねぇ。
ため息が止まりません。
.・゜゜・(/。\)・゜゜・.

モーツァルトとバッハとドボルザーク・・・といきたいところですが、ここはやっぱりモーツァルトに敬意を表しまして、一曲プレゼントさせて下さい。

楽しいアリアです。(ドイツ語です)

http://papalin.yas.mu/W903/M012/

投稿: Papalin | 2007年6月30日 (土) 23:34

★pochikoさま ありがとうございます

雨女なのに同行者(晴れ女の友人とか夫)によって、今まで晴れに恵まれています。
私はヨーロッパ以外はあまり出かけたことがありませんが、pochikoさんがしてきされた点でヨーロッパは本当に何処も美しいです。

私も旅行に出られるようになったのが遅く、また親が亡くなる前はそちらにかかりきりでした。pochikoさんもいつか出られるはずです。それまで、まずご主人様を教育し、もし一緒に出かけられそうも無かったら、留守番の教育をし、且つご一緒できる友人を見つけておくことです。一人参加は淋しいから。へそくりもたくさん作っておかなくては。

投稿: tona | 2007年7月 1日 (日) 09:00

★Papalinさま

素晴らしい歌のプレゼントありがとうございます。
私が現地でモーツァルトを聴く前日Papalinさんが歌っていらっしゃったのですね。
この歌劇はテレビでしかまだ観ていませんがモーツァルトの中でも好きです。
とても嬉しかったです。
再度ありがとう・・です。

投稿: tona | 2007年7月 1日 (日) 09:06

 はじめまして。
 Papalinさんに御紹介していただき、オーストリー旅行記、楽しく拝見させていただいてます。
 あこがれのインスブルックやザルツブルクの美しい写真を、たくさん見ることができて感激です。
(教会や山々、何気ない街の景色etc。どれもこれも夢の国のようです)
 過去の記事も拝見させていただきましたが、わたしが前から行きたいと思っていた公園等にもずいぶん行ってらっしゃるようなので、ぜひ参考にさせていただきます。
 これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Nora | 2007年7月 2日 (月) 15:28

★Noraさま

はじめまして。
おいで戴きましてありがとうございました。
また前のも読んでいただきありがとうございました。
Papalinさんには「インスブルックよ、さようなら」の曲をプレゼントしていただきました。
お蔭さまでインスブルックの観光が音楽つきとなりました。
オーストリアはスイスととても良く似ておりますが、ハプスブルク家の存在でもっと深みがあるかもしれません。
本当にヨーロッパはまだ行ってない所も多いですが、夢の国のようです。昨年参りましたギリシャやロシアはヨーロッパのはずれであまり似てはいなく、それはまた別の意味でよかったですが。
Noraさんは先ほどちょっと拝見させていただきましたが、音楽のこと詳しくっていらっしゃいますね。素晴らしいブログです。私は楽譜が読めないのにコーラスに2つも入っています。タダ楽しんでいる程度で、音楽に造詣が深いNoraさんを尊敬申し上げます。
まあ、こんなですがこちらこそ宜しくお願いいたします。
また後ほどゆっくり拝見させていただきますね。

投稿: tona | 2007年7月 2日 (月) 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/15567971

この記事へのトラックバック一覧です: オーストリア旅行(3)ザルツブルク:

« オーストリア旅行(2)オーストリアアルプス最高峰へ | トップページ | とうもろこし »