« 立春の卵 | トップページ | 背中の絵 »

2007年7月15日 (日)

大賀ハス

先日、雨がちょっとやんだ午前中に、隣の市、東村山市の北山公園に友人とハスを見に行ってきました。
ここのは大賀ハスです。大賀博士が1952年に咲かせた2000年以上前のハスの分根されたものです。
ハスの花の命はわずか4日間で、色の濃い美しい花は2日目と3日目です。
大きなハスの葉には雨水が残っていてゆらすといろいろな形になって楽しい。まるでクリスタルのように美しく輝く。

Oogahasu1

Oogahasu2 Hasunoha

元休耕田だったところですから、水が張られた足元には田の植物がありました。初めてです。植物に詳しい友人に教えていただいた名前です。
タカサブロウ、イヌクグ、スカシタゴボウ、アゼナ、タガラシ、コナギ、ヤノネグサなどを観察できました。
Takasaburou Inukugu

        タカサブロウ               イヌクグ

Sukasitagobou Sumokuturi

      スカシタゴボウ       帰り道にスモークツリー 初めてです

すぐそばにあったのが東京都内唯一の国宝建造物「正福寺 千体地蔵堂」です。鎌倉幕府の執権、北条時頼が1278年建てたと伝えられる禅宗様建築です。手彫りの厄除け小地蔵が千体位安置されている。屋根の形が素晴らしいそりを見せている。正福寺の入口には13仏が新しく作られ安置されていました。
Sentaizisoudou 13butu

Nasu_1 途中の農家で買った緑色の茄子です(100円)

焼き茄子、煮物用。濃い味でした。

|

« 立春の卵 | トップページ | 背中の絵 »

コメント

いよいよ蓮の花も咲き始める頃となりましたか。
蓮の花って、蓮華とも言うらしいですね。
そう言えば仏壇に飾る蓮は蓮華って言っていたのを思い出しました。
今度は私も蓮の写真を撮りに行かなくちゃ^^

ナスに驚き!!
緑色のナスは初めて見ました@@;
作ってみたいですね~
もちろん食べてもみたいです!

投稿: pochiko | 2007年7月15日 (日) 21:52

★pochikoさま

おはようございます。福島県の方も随分雨が降ったようですね。
こちらは用心したわりには幸い、何でもなく普通の雨でだけでした。
ハスはpochikoさんにおまかせ、と言う感じをもっていました。
それに田の雑草のことは大変ですよね。やれ、初めてだなんて愛でている場合ではないと思います。

緑の茄子、pochikoさんも初めてですか。ふわふわしてなくて、身が固いくらいしっかりしています。

投稿: tona | 2007年7月16日 (月) 08:32

大賀ハス、小石川が本家でしたっけ?古代からの、といっても地球上の命の歴史からすればホンのちょっと前のことかもしれませんが、やはり不思議な感覚を呼びおこします。

投稿: saheizi-inokori | 2007年7月16日 (月) 10:09

大賀ハスですか?
ピンク色できれいですね。2000年も前の
分根とはすごいです。
見てみたいと思います。

緑色のナス、珍しいですね。
こちらでは白いナスがありますが、美味しいらしいです。
作ったことはないのですが。

台風は、こちらは何事もなく過ぎたのですが
各地では被害もあって、と思ってるうちに
大きな地震があり、心配です。
そちらも揺れたのでは、ないでしょうか?

投稿: もみじママ | 2007年7月16日 (月) 11:53

大賀ハス、昨日テレビで見ましたが、本当にピンクで綺麗ですね。
奈良の万葉植物園でも育てていますが、その時期に行ったことがありません。
見たいなぁとおもいます。
緑のナス、初めてみました。
美しいですね。
お味も勿論いいのでしょう。

投稿: anikobe | 2007年7月16日 (月) 13:50

★saheizi-inokoriさま

大賀博士が千葉県検見川で発掘した3粒を、府中の自宅で発芽させたそうですが、その大賀ハスのもとが府中市の修景池にあるときいたのですが、どうなんでしょうか。
小石川にもあるのですね。
本当に2000年も眠っていたのが、こうして見られるのが不思議ですね。

投稿: tona | 2007年7月16日 (月) 20:33

★もみじママさま

大賀ハスがきれいなピンク色なのを初めて知りました。
2000年前の人もこうして鑑賞していたのかと思うと感慨深いものがあります。

茄子、緑も初めてですが、白いのもあるのですか。美味しいのでしょうね。
見つけたら是非買ってみたいです。

台風お蔭さまで、こちらも全然被害なく普通の雨でした。
それなのに新潟は本当にお気の毒。数年前ダブルパンチを受けたばかりなのに、またですものね。関東でもちょっと揺れましたから現地はどんなだったでしょう。
お忙しいのにすみませんでした。

投稿: tona | 2007年7月16日 (月) 20:46

★anikobeさま

全国各地に分根大された大賀ハス、どこも今盛りなのですね。
奈良の万葉植物園でもさぞ綺麗でしょう!
ご覧になれるチャンスがあるといいですね。

緑のこの茄子は漬物には向かないのだそうですが、煮物と焼き茄子に最適と作った方が言ってました。作っている畑も見ましたが、茄子の花が白っぽかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月16日 (月) 20:53

花より団子?茄子の色にびっくり。
これで、完成の茄子なのですよね?
紫色ではない茄子、初めて見ました。

蓮の花、今年は写真でしか見ていません。
私の母校(高校)は、お堀の中にあったので、蓮の花を眺めながらの登校でした。

投稿: otayori | 2007年7月16日 (月) 22:47

★otayoriさま

そうなんです。これが完成品の茄子ですよ。
瓜みたいな色ですよね。
そちらにはいろいろなお野菜があるようですが、いつか見つかるでしょうかしら。

学校がお堀の中なんて素敵ですね。町中の学校に比べたら、その3年間は何ものにも変えがたいものが得られたでしょうね。子どもたちにもそういう場所の学校が選べたらベターだといつも思っていました。

投稿: tona | 2007年7月17日 (火) 08:09

大賀蓮の花の色、可愛いピンクでステキですね。
蓮の花は写真で色々拝見するうちに、すっかり自分でも
見に行ったような気になっていましたが、よく考えてみると
まともに見たことが無いようなのです。いつの日か目の当たりで
実物もちゃんと見てみたいものです。
葉っぱの上の露を揺らしてしばし見とれて遊ぶtonaさんの
お姿を想像しましたよ。

緑のナス、そんなものがあるんですね!びっくりです。
紫のナスとは栄養成分も違うのかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2007年7月17日 (火) 11:29

tonaさん、こんにちは(^-^)
「大賀ハス」に出会われたのですね~♪私も一昨年の夏に初めて見ました\(^0^)/

「蓮」はこうあるべき!…と思えるくらい端正できれいなお花でしたヽ('-'*)~♪
大賀博士に感謝ですね~♪
「ツタンカーメンのエンドウ」などもそうですが…種というのはどの位保存が利くのでしょうね…
いろんな種を「タイムカプセル」に詰めて埋めておこうかしら(^O^)
遠~~い未来では…希少種になれるかもですね~♪

緑のナスは何処かで見た…と思うのですが…何だか触手が動きませんでした(^^;
おナスはだ~い好き!なのですが…100円はお安いですね~♪濃いお味…というのが…
今一つ解りませんが(・・?)今度見かけたら買ってみようかしら…ねヽ('-'*)~♪

投稿: orangepeko | 2007年7月17日 (火) 15:05

北山公園、花菖蒲が有名ですよね。蓮池もあったんですね。行ったことないです。
「はすの花」仏の花と言われるだけあって、色といい、何か奥ゆかしさを感じます。
何千年も遺跡に眠っていたはすの種から芽が出る。不思議な力を持った植物です。

正福寺、東村山に住んでいたころ、行くつもりではないのにプラプラと迷い込んでお参りしました。千体地蔵堂、すばらしいです。


投稿: 夢閑人 | 2007年7月17日 (火) 17:33

★ポージィさま

ピンクの色が目に焼きつきました。
私は大賀ハスは全く初めてです。
この間の昭和記念公園のハスはピンクが少し薄かったです。大賀ハスではないようです。
早朝に行って、ポンと言う音も聞いてみたい気がします。本当なのでしょうかね。
葉の撥水力には驚いてしまいました。

緑の茄子の栄養、成分表には当然ですが出ていませんでしたが、違うような気がします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月17日 (火) 17:38

★orangepekoさま

もう1昨年にご覧になっていらっしゃるのですね♪
本当にきれいで、お釈迦様が坐っているような錯覚を覚えました。
「ツタンカーメンのエンドウ」知りませんでした。調べてみました。大賀ハスより更に1500年以上古いのですね。いいことを教えていただきありがとうございました。
種子って不思議です。そんなに長い間、中で生きつづけていたなんて。

茄子って味がないといいますね。ですからどんなお料理にも合うと。和風、洋風、中華からエキゾチックなあらゆる料理に使われます
所以とか。この茄子はコクがあったのです。
でもほんのちょっとです。まずくはなかったです。漬物には向かないということは、むらさきより硬いからだと思われました。

投稿: tona | 2007年7月17日 (火) 17:53

★夢閑人さま

以前東村山に住んでおられたのですか。
北山公園の花菖蒲を見に以前行ったとき花菖蒲の中に、ハスがあるなんて気がつきませんでした。どうしてか頭をかしげています。
この不思議なハス、お釈迦さまにも関係があって、仏像でもこれから眺めていきたいと思いました。

千体地蔵堂が東京で唯一の国宝だったなんて今回初めて知りました。屋根の形がいいですね。年に2回しか、中が見られないそうですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月17日 (火) 18:02

tonaさんのブログを見て一寸驚いています。北山公園は花菖蒲だけかと思っていました。大賀ハスというのが見れるのですか?まだ間に合いますか?ぜひ行ってみたいと思います。帰り道にスモークツリー、ありましたね。我が家から比較的近いこともあり、なんだか嬉しくなりました。

投稿: 茂彦 | 2007年7月17日 (火) 20:30

★茂彦さま

私も花菖蒲だけと思い込んでいました。
真ん中辺にハスが咲いていますよ。
まだ充分大丈夫です。
さらに秋はこの公園は彼岸花、キバナコスモス、春には菜の花が咲くのだそうです。
正福寺には牡丹が咲くようです。
茂彦さんはスモークツリーのある場所も覚えていらっしゃるのですね。

私も電車で10分ですので簡単に行かれます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月17日 (火) 21:42

僕も今年、生まれて初めて大賀蓮を見ましたよ。でっかいですね~。こんな花を見たら、やっぱり神さま仏さまって気分になりますよね~。

僕もそのうちにブログに書こうと思って、暖めています。先をこされちゃいました。

(^_^;)
 

投稿: Papalin | 2007年8月 2日 (木) 23:42

★Papalinさん、ありがとうございます。

Papalinも初めてですか。私より20年も早くご覧になりました。
そうです。仏様が坐っていらっしゃるようにみえますね。なかなか素晴らしい花だと思いました。
ブログには、美しいハスの花がUPされるでしょうね。楽しみにしています。

投稿: tona | 2007年8月 3日 (金) 08:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/15767175

この記事へのトラックバック一覧です: 大賀ハス:

« 立春の卵 | トップページ | 背中の絵 »