« 『スギ林はじゃまものか』 | トップページ | インディアン料理 »

2007年7月23日 (月)

タマアジサイ

東京の西、神奈川県との境にある高尾山(599m)は植物、鳥、昆虫など自然豊かな国定公園である。
この山に年に1人で20回近く登るというコーラスの友人は、その理由に足腰丈夫で寝込まないように予防するためと言っている。
現に70半ばというのに、医者は歯医者以外に通ったことがなく、背中は真っ直ぐ、歩くのも早く、世界を殆ど回り、子どもはいても自立心旺盛である。
「最後は病院に入れてね・・」とか言ってどこかで甘えているわが身を深く反省し、少しでもあやかりたく、友人に付いて下から登った。

Keburukaeki このケーブルカー駅の所は標高203mである。いつもこれに乗ってしまっていた。
8つある登山道のうち、駅の横からの1号路を登る。

地蔵や祠など祀られている。

Zizou Hokora

1号路の圧巻はタマアジサイである。
シャクヤクみたいな蕾をたくさんつけた小さい木が一体なんであるのかわからなかったが、説明板で判明した。
山地の渓谷や沢沿いにあり、他のアジサイより遅れて8月から9月が開花時期である。したがって殆ど咲いていなかったのだが、この玉のような蕾がガクアジサイ風に開いていく様子が見られた。8月に来たらきれいでしょう!

1tamaazisaitubomi

     タマアジサイの蕾(開花まで1ヶ月かかる)

2tubomihiraku_1

             まわりが開花

3zennbuhiraku

           装飾花が全部開いた

4hana

          中心の両性化も開いた

Mogura Kannbatu

      モグラの掘った後      登山道沿いの杉が伐採されていた 

Hanaikada ハナイカダ、綺麗な蝶々やリス、長い蛭も見かけた。頂上からの富士見100選の富士山は曇りのため、見えなかったのは残念であった。
たった400mであったが、平らな道を歩くのとちがって確かに足腰鍛えるにはよさそうな気がする。少なくとも1ヶ月に1度は登りたいものです。

|

« 『スギ林はじゃまものか』 | トップページ | インディアン料理 »

コメント

tonaさん、こんにちは(^-^)
こちらは梅雨明けしました…早くも猛暑の兆しが(>_<)…

良いお友だちがおられて…良いですね~♪
でも、そこまで出かけられるエネルギーはすごい!と思います…高尾といえども…
一人で登るのは危険です…尤も私は奥には入ったことがないのですが(^^;
高尾(中央線)は良く行っていましたのに(友だちが住んでいました)…
本当に残念です(>_<)当時は子どもも小さかったので…そちらに興味があっても、
登ることなど…到底…考えられなかったでしょうね…(^^;
今なら自由に行けるのに…と思いつつ…一人ではねぇ(^^;…上手く行きませんね…

私も先日「タマアジサイ」を初めて見ました~♪
切り花は昨年戴きましたが挿し木は失敗!しました…(^^;
「ハナイカダ」は見たことがありません…いつか出会いたいお花です~♪
一ヶ月に一回は行かれるのですか(・・?)…愉しみになります(^-^)V~♪

投稿: orangepeko | 2007年7月23日 (月) 17:58

★orangepekoさま、こんばんは。

北九州と四国、山口と梅雨明けと放送されていました。そうなんですか。猛暑の兆しですね。千楽ちゃんがぐったりしないか心配ですね。
こちらは朝、晩、しょぼしょぼと降って、洗濯物も乾きません。湿度が85%ですから。
今週一杯曇りだそうです。私には暑いよりいいです。
私は美術館とかなら1人でもいいのですが、登山となると勇気が出ません。その友人が行くときに都合がよければ行きたいと願望してます。
orangepekoさんもこれからがチャンスでしょうか。植物の探索にはよくお出かけですよね。
orangepekoさんもタマアジサイをご覧になったのですね。蕾が玉なんて面白いです。
挿し木が失敗とのことですが、他のアジサイより難しいのでしょうね。
ハナイカダのこの緑の実は段々黒くなるのですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月23日 (月) 21:47

●40年前に私も…
私のブログに書いたことがありますが、昭和43年の確か秋に、同じ相模原(横浜線沿線)の独身寮にいた同期の連中と登りました。
もちろん、十代ですから「歩いて」!(笑)
当然、花や植栽などが目に入るはずもなく、ただ「有名な」高尾山に登る(あまりおカネがかからないし…笑)ということのためだけに、出かけたようなもんです。
相模原から八王子経由で高尾まで、中央線には「いい電車」が走ってるなぁ、などと貧乏サラリーマンが「行楽のまねごと」をした一日でした。

当時の横浜線は、オンボロ電車ばっかり。
7時前の電車で新子安(京浜東北線)の工場まで毎日通勤していました。
還らない日々です…

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2007年7月23日 (月) 22:30

★讃岐の団塊オヤジさま

昭和43年、娘が1歳、私は朝6時、茅ヶ崎から東京市ヶ谷まで通勤の日々でした。
同じ頃相模原から新子安まで通勤なさっていたのですね。
中央線が当時は「いい電車」で、横浜線が「オンボロ電車」だったとはね。横浜線は実家に帰るとき、八王子から橋本まで利用します。後は相模線(しゃがみ線・・単線でのろい)です。
高尾山、ちょっと金毘羅山に雰囲気が似たところがありますね。若くして登られたから、半分の時間であっという間だったでしょうね。オヤジさんの青春の1ページの高尾山を私は老いて登りました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月24日 (火) 08:42

なんだかなんだか、一時は出来るだけ横になってお過ごしにならなくては
いけない時期のあったtonaさんが、短い距離とはいえ登山まで
されたことに、とても感動してしまいました(^^)

高尾山、私はそばまで行ったことすらありませんが、夫は東京での
大学時代に、寮の行事で、夜、寮から歩いて登ったそうです。
夜じゃあんまり楽しくなかったでしょうに。
tonaさんはこれから毎月登られるのですか?

タマアジサイは写真でしか見た事がないのですが、蕾はほんと
芍薬のようですね。それがほぐれるように開いてガクアジサイの
形になっていく様が興味深いですね。
ハナイカダも同じく写真でしか見た事のない植物です。

投稿: ポージィ | 2007年7月24日 (火) 12:30

ホントにtonaさん、よかったね。
私も高尾山は未踏です。行ける内にいかなくちゃ。ヒルが苦手です。

投稿: saheizi-inokori | 2007年7月24日 (火) 15:10

昔、仕事をやっている頃、高尾山のケーブルカー駅の前は何度も通ったことがありますが、まだ高尾山には登ったことがない。

まだまだ自然の残るところ、植物に鳥類の貴重な宝庫。首都圏央道の建設で、自然保護か公共性重視かでもめるのも分かります。
いずれ高速道は通るでしょうけど、やはり何らかの影響は免れないと思います。

タマアジサイなんて初めてです。
あんな玉みたいな蕾から、顎紫陽花みたいな花が咲くのですね。

お友達に誘われて山道を登る。いいことじゃないですか。自然との触れ合いがあり、発見がある。
足腰の立つうちにぜひ一度登ってみたい。そしてタマアジサイに会ってみたい。

投稿: 夢閑人 | 2007年7月24日 (火) 15:53

★ポージィさま

ありがとうございます。お蔭さまでもう体操、運動なんでもです。登山したら、何と夜中の腰痛がストップしています。
ですからできるなら毎月でも登りたいと思いました。
ご主人様のかつてなさった夜の登山をどんなだったでしょうと想像してみました。
懐中電灯なんかをお持ちになって、修験者のようにもくもくと、恐かったでしょうかね。

タマアジサイ、少ない開花ながら、各段階のがありましたので、面白かったです。1号路にはいっぱいあります。
ハナイカダの花は春でこれはもう実だったのです。家の方のお寺にあったのは消えてしまいました。なかなか見られない木なのですね。

投稿: tona | 2007年7月24日 (火) 16:48

★saheizi-inokoriさま

ありがとうございます。
行かれるうち、何でもそうですね。
残念ながら、家人が肺気腫で坂を登るのが困難なので、友達を探したり、あるいは1人で登ることを考えています。
蛭に噛まれたことはないですが、とても薄気味悪くて、蛇同様嫌いです。

投稿: tona | 2007年7月24日 (火) 16:53

★夢閑人さま

夢閑人さんも、まだ下から登ったことがなかったのですね。
圏央道は一部完成して、連絡がスムーズになって感激と言っている人がいました。
確かにそうだと車社会の人間であり、かつて車に乗っていたのでそうは思います。
しかし、この自然が何らかの形で破壊されることはとても残念です。

高尾山1号路は勾配がきつくなくて、たった400mをゆっくり速度で、2時間くらいかけて登るので、とても楽です。最後の階段のところだけが大変といえば大変ですが。
この道にタマアジサイがたくさんあるようです。8月から9月に咲くそうですが、丁度暑い時期ですね。山はでもひんやりしているでしょう。是非夢閑人さんもお出かけくださいね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月24日 (火) 17:03

高尾山は、ブログの友人というか、お師匠さんのような方がよく登っていらっしゃる山なので、とても親しみのあるところです。
手ごろに登れる、季節の花と沢山出会える山なのですね。
タマアジサイ、これからが楽しみのようで、健康確認のためと同時に、美しい花に触れるいい機会にとこれからも挑戦なさってください。
これ、昨日書いたのですが、送信しなかったようです。
ごめんなさいね。

投稿: anikobe | 2007年7月26日 (木) 11:36

★anikobeさま

こちらこそごめんなさい。昨日ココログのメンテナンスがあったようで、はっきり書いてなかったので、私が自分のブログに明記しなかったので、すまないことをしました。2度手間をおかけしました。

anikobeさんのお師匠様にいつかすれ違うかもしれませんね。登りが大変緩やかで、最後だけ階段があるということで、かなり年取っても登れそうです。足も全然痛くなりません。それに動植物の宝庫で何時行っても楽しめるようです。これからこの山を愛でて何度も足を運ぼうと思います。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月26日 (木) 19:51

すみません、こっちにコメントを入れるつもりだったんですけど、下の杉の木の方に入れちゃいました。

改めてこつらへ…
わぁ~ タマアジサイって不思議ですね!
ちょっとビックリです。
初めて見ました、タマが蕾かと思ったらそこから蕾が出て花が咲くんですね。
ちょっといただいて挿し木したくなりましたよ(笑)

tonaさんの方も梅雨明けですか?
今日はとても暑かったです。

tonaさん、下の方削除お願いします^^;

投稿: pochiko | 2007年7月26日 (木) 22:06

★pochikoさま

2度もすみませんでした。
タマアジサイ、最初山に咲くシャクヤクかと思ってしまいましたよ。
それにしては木が大きい。とそのうち、花が咲いているのが同じ木にあってへんと思ったのです。説明板がなかったらあやうく名前がわからないで帰るところでした。
アジサイ系って挿し木が成功しますが、これをやった人の話によりますとだめだったそうです。山や沢沿いに生えているせいでしょうか。

今週はずっとかんかん照りですから、梅雨が明けてしまったのと同じですね。
今日は33度だそうで、真夏日、暑いです。
ヒメちゃんたち、暑くてかわいそうですね。

投稿: tona | 2007年7月27日 (金) 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/15854352

この記事へのトラックバック一覧です: タマアジサイ:

« 『スギ林はじゃまものか』 | トップページ | インディアン料理 »